サーバ/ユニファイド コンピューティング

ユニファイド コンピューティング テクノロジー

Cisco Unified Computing System は、従来のアーキテクチャを大幅に簡素化し、さらに購入、配線、設定、電力供給、冷却、セキュリティ、および管理が必要なデバイスの数を大幅に減らします。このソリューションは、仮想化環境のエンドツーエンドでの最適化を実現する一方で、物理環境にある従来の OS およびアプリケーション スタックの俊敏性をも新たに達成できるようなサポート能力を維持しています。

ユニファイド コンピューティング テクノロジー

Cisco Unified Computing System は、統合されたモデルベースの管理により自動的に設定される統合システムであり、ベアメタルな仮想化されたクラウド コンピューティング環境内で実行されるエンタープライズクラスのアプリケーションおよびサービスの展開を簡素化します。主な差別化要因は次のとおりです。

  • プログラム可能なインフラストラクチャ:サーバおよび I/O リソースの特性、設定、接続性をまとめたサービス プロファイルによって実施します。
  • 統合されたモデルベース管理:特性を適用し、管理プロセスが自動化されるようにサーバおよび I/O リソースを設定します。
  • Cisco Port Extender テクノロジー:3 つのネットワーク レイヤを 1 つに統合することでシステムを簡素化し、ブレード シャーシとハイパーバイザベースのスイッチを排除し、すべてのトラフィックを単一ポイントにまとめて効率的かつ一貫した管理ができるようにします。

将来に対する備え

Cisco Unified Computing System は、今日のニーズを満たしつつ、将来のテクノロジー(さらに高性能になったプロセッサや高速になったイーサネット規格)が利用可能になったときに即座に対応できるように設計されています。

コストの削減と運用スピードの向上を同時に実現

このシステムは、ジャストインタイムのプロビジョニングを可能にするサービス プロファイルを使用することでタスクを自動化し、総所有コストを削減します。サービス プロファイルを使用すると、ポリシー駆動型の再利用可能な方法で、急速に変化するビジネス ニーズやワークロード要件に合わせてコンピューティング リソースを迅速に調整できます。

パフォーマンスの向上

Cisco Unified Computing System は、統合型データセンター向けの簡素化されたアーキテクチャです。このアーキテクチャは、サーバ、ストレージ アクセス、ネットワーク、および仮想化テクノロジーを統合して、データセンター インフラストラクチャの価値と俊敏性をまったく新しいレベルにまで高めます。

Cisco UCS の業界ベンチマークを見る

Cisco UCS のアプリケーション パフォーマンス レポートを見る

システムの構成は次のとおりです。

  • 業界リーダー企業各社によってサポートされている標準ベースのユニファイド ネットワーク ファブリック
  • Cisco VM-FEX による仮想化のサポート
  • Cisco 拡張メモリ テクノロジー

Cisco Unified Computing System を使用すると、データセンター リソースを効率化し、サービス デリバリを拡張し、設定、管理、電力/冷却、および配線が必要なデバイスの数を大幅に削減できます。

お問い合わせ