Cisco Data Mobility Manager

イントロダクション

データ移行を簡略化

Cisco MDS Data Mobility Manager(DMM)は、送信元デバイスから宛先デバイスにデータ ブロックを移行できる SAN ファブリックベースのソフトウェアです。以下に対処することができます。

  • アレイのリース期限の到来
  • キャパシティ プランニング
  • 階層型のストレージ方式の実装

Cisco MDS DMM は、Cisco MDS 9000 シリーズ スイッチの Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチサービス モジュール、Cisco MDS 9222i マルチサービス モジュラ スイッチ、または Cisco ストレージ サービス モジュール(SSM)ライン カードに実装されます。SSM については、Cisco MDS 9000 SAN-OS ソフトウェア バージョン 3.2 以降が必要です。Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチサービス モジュールおよび MDS 9222i マルチサービス モジュラ スイッチについては、Cisco MDS 9000 NX-OS ソフトウェア バージョン 4.1 以降が必要です。

透過的なデータの挿入

Cisco MDS DMM の最も魅力的な特徴は、データを透過的に挿入できる点です。これによって管理者は、データの移行を行う際に以下のメリットを得ることができます。

  • ホスト、SAN、アレイに対する設定の変更が不要
  • アプリケーションの中断が最小限で済む
  • システム、データベース、アプリケーションの各管理者のサポートが不要

Cisco MDS DMM には、レート制御機能や検証機能など、いくつかの管理機能が備えられています。これらの機能はすべて、データの移行作業を簡素化する使いやすい GUI ウィザードを使用して管理できます。

お問い合わせ