Cisco MDS 9000 シリーズ

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタ


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco MDS 9500 シリーズ をご覧ください。

 

データ シート





Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタ



図 1

図 1

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタ - ハイ パフォーマンスのコアにインテリジェント機能を集積し、徹底したハイ アベイラビリティ、セキュリティ、スケーラビリティ、管理の容易さ、および新技術のシームレスな統合を実現します。

Cisco MDS 9509 の特徴

  • ハイ アベイラビリティ ディレクタ: Cisco MDS 9509 は、中断のないソフトウェア アップグレード、ステートフルなプロセス再始動/フェールオーバー、およびすべての主要なコンポーネントの完全冗長性により、ディレクタクラスのアベイラビリティにおける新しいスタンダードを提示します。1 つのシャーシで最大 256 個の 1 および 2 Gbps 自動識別ファイバ チャネル ポートをサポートし、1 つのラックで最大 768 のファイバ チャネルをサポートします。1.44 Tbps の内部システム帯域幅により、将来における 10 Gbps モジュールのスムーズな統合を保証します。

  • TCO 重視の設計: Cisco MDS 9509 は、Total Cost of Ownership(TCO; 総所有コスト)を最小限に抑えるための、高度な管理ツールを提供します。 物理的なインフラストラクチャの安全な共有、さらなる TCO の削減のために、一つの物理ファブリック内で、ハードウェアによって強化され、分離された環境向けに Virtual SAN(VSAN)を導入します。

  • マルチプロトコル/マルチトランスポート: Cisco MDS 9509 のマルチレイヤ アーキテクチャでは、あらゆるプロトコルに対応するスイッチ ファブリックにより、一貫した機能セットを維持できます。1 つのシステム内でファイバ チャネル、iSCSI、および FCIP をシームレスに統合します。 柔軟なアーキテクチャは、将来のストレージ プロトコルにも対応します。

  • インテリジェント ネットワーク サービス: Cisco MDS 9509 は、VSAN テクノロジー、ハードウェアベースのインテリジェント フレーム処理を実現する Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)、および Forward Congestion Control(FCC)やファブリック全体を対象とする QoS などの高度なトラフィック管理機能により、個々に孤立した SAN からマルチレイヤ ストレージ ネットワークへの移行を可能にします。

  • インテリジェント ストレージ サービスのためのオープン プラットフォーム: Cisco MDS 9509 は、ネットワークベースの仮想化や複製などのインテリジェント ストレージ サービスをホスティングするためのオープン プラットフォームを提供します。

  • 包括的なセキュリティ フレームワーク: Cisco MDS 9509 は、RADIUS 認証、SNMPv3、ロールベース アクセス制御、SSH、SFTP、FC-SP、VSAN、ハードウェア強制ゾーニング、LUN ゾーニング、および ACL をサポートします。

  • 高度な診断: 業界初のインテリジェント診断、プロトコル デコーディング、ネットワーク分析ツール、および統合された Call Home 機能により、信頼性の向上、問題解決の迅速化、およびサービス コストの削減を実現します。

  • 統合されたストレージ管理: Cisco MDS 9509 にはストレージ ネットワーク管理機能が組み込まれており、すべての機能を CLI または Cisco Fabric Manager(複数のスイッチおよびファブリックの管理を簡素化する中央集中管理ツール)から利用できます。

  • 業界最高のパフォーマンスを誇る Inter Switch Link(ISL): Cisco MDS 9509 は、1 つの PortChannel で最大 16 の 2 Gbps リンクをサポートします。リンクにはシャーシ内の任意モジュールの任意ポートを含めることができるため、高いスケーラビリティと復元力が得られます。

  • 柔軟性と投資保護: MDS 9509 は、すべての Cisco MDS 9500 シリーズ製品および MDS 9216 マルチレイヤ ファブリック スイッチと、同じスイッチング モジュールを共有します。


Cisco MDS 9509 - マルチレイヤ ディレクタの特徴

Cisco MDS 9500 シリーズの一つである Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、ディレクタクラス スイッチの水準を高めます。 業界最高のアベイラビリティ、スケーラビリティ、セキュリティ、および管理を提供する Cisco MDS 9509 は、ハイ パフォーマンスなストレージエリア ネットワークを、きわめて低い総所有コストで展開することを可能にします。 Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、あらゆるプロトコルに対応する高性能なスイッチ ファブリックに豊富なインテリジェント機能を集積しており、徹底したハイ アベイラビリティ、セキュリティ、スケーラビリティ、管理の容易さ、新技術のシームレスな統合といった、大規模なデータセンター ストレージ環境の厳しい要件に応えます。

ハイ アベイラビリティ

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、ハイ アベイラビリティを実現するために一から設計されています。 Cisco MDS 9509 のソフトウェア アーキテクチャは、中断のないソフトウェア アップグレード、重要性の高いハードウェア コンポーネントの冗長構成などの基本的な要件を満たすだけでなく、比類のないレベルのアベイラビリティを提供します。 Cisco MDS 9500 スーパーバイザ モジュールは、失敗したプロセスを自動的に再始動する独自の機能を備えており、きわめて高い堅牢性を実現しています。 万が一スーパーバイザ モジュールがリセットされた場合でも、アクティブなスーパーバイザ モジュールとスタンバイ スーパーバイザ モジュールとの同期が完全な同期であるため、トラフィックへの影響が発生しないステートフルなフェールオーバーが保証されます。

ハイ アベイラビリティは、業界最高の堅牢性とパフォーマンスを誇る ISL により、ファブリック レベルから実現されます。 PortChannel 機能により、ユーザは最大 16 の物理リンクを 1 つの論理バンドルに集約できます。 バンドルはシャーシ内の任意ポートから構成できるため、あるポート、ASIC、またはモジュールに障害が発生した場合も、バンドルはアクティブなままでいることが可能です。 どの物理リンクに障害が発生しても、バンドルはリセットを引き起こすことなく持続できます。 また、Fabric Shortest Path First(FSPF)マルチパシングにより、最大 16 の等コスト パス同士をロード バランシングし、スイッチの障害発生時にはトラフィックを動的に再ルーティングすることが可能です。 Cisco MDS 9509 はハイ アベイラビリティを新たなレベルに引き上げ、今日最も厳しい環境の要件であるアップタイム ファイブナイン(99.999 %)を上回る、非常に高いハイ アベイラビリティを保証します。

投資を最大限保護する高い拡張性

Cisco MDS 9509 は、9 スロットのモジュラ シャーシで 16 ~ 224 個の 1 および 2 Gbps 自動識別ファイバ チャネル ポート、および 8 ~ 48 個の 1 Gbps イーサネット ポート(iSCSI または FCIP にユーザ設定可能)をサポートするため、Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチング モジュールを効率よく活用できます。 Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、1 つのラックで最大 448 個のファイバ チャネル ポートを提供します。 1.44 Tbps の内部帯域幅を持つ Cisco MDS 9509 は、将来の 10 Gbps 統合にも対応します。

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、最高レベルのシステム共通性を誇ります。 Cisco MDS 9509 の電源は、電源管理機能により Cisco MDS 9500 シリーズのシャーシ間で切り替えることができます。 Cisco MDS 9000 ファミリのすべてのスイッチング モジュールは、Cisco MDS 9500 シリーズの各マルチレイヤ ディレクタと互換性があります。 Cisco MDS 9509 はストレージ環境とともに成長するように設計されており、スムーズな移行、予備部品の共用、および卓越した投資保護が可能です。

VSAN の導入

もう 1 つの業界初の技術として、Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタでは VSAN が導入されています。VSAN は一つの SAN ファブリック内にハードウェアベースの分離された環境を作成することによって、SAN の使用効率を高めます。 それぞれの VSAN は通常の SAN としてゾーニング可能で、独自のファブリック サービスを維持できるため、高いスケーラビリティと復元力が得られます。 VSAN を使用すれば、トラフィックの完全な分離とセキュリティが保証され、VSAN ごとに独立して設定を制御できるほか、SAN インフラストラクチャのコストを多くのユーザの間で分担できます。

投資を保護するマルチプロトコル インテリジェンス

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタは、きわめて柔軟性に富む独自のアーキテクチャにより、新しい転送プトロコルをシームレスに統合できます。 ファイバ チャネル、iSCSI、FCIP をはじめとして、Cisco MDS 9509 は複数のプロトコルに強力に対応し、ストレージ ネットワーク コストの最適化を実現します。 今日のユーザは、ハイ パフォーマンス アプリケーションには 2 Gbps のファイバ チャネルを、共有ストレージ プールへの低コスト接続には iSCSI over Ethernet を、データセンター間の接続には FCIP をそれぞれ実装できます。 Cisco MDS 9509 は、ユーザが機能、サービス、および管理ツールの一貫性を維持しながら新しいテクノロジーにシームレスに移行できるように、将来のストレージ プロトコルもサポートするように設計されています。

包括的なセキュリティ

ストレージ ネットワークにおける強固なセキュリティの必要性を見据え、Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタでは、攻撃を受ける可能性があるすべてのポイントで広範なセキュリティ対策を講じています。 不正管理アクセス対策には、SSH、RADIUS、SNMPv3、およびロール ベース アクセス制御が採用されています。 制御トラフィックの保護には、Fibre Channel Security Protocol が用いられています。 Fibre Channel Security Protocol は、ファブリック全体の機密性、データ発信元認証、およびコネクションレス インテグリティを提供します。 データ プレーン トラフィックは、共有ファブリックを全域でトラフィックの分離を保証する VSAN、および VSAN 内部のトラフィックの分離を保証するゾーニングによって保護されます。 ハードウェアベースの ACL により、さらに高度できめ細かなセキュリティ オプションが提供されます。 Cisco MDS 9509 は、世界最高水準の機密データ ネットワークを保護してきたシスコの経験を活用し、業界最高水準の安全性を誇るストレージ ネットワーキング プラットフォームを提供します。

高度な診断およびトラブルシューティング ツール

Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタのマルチレイヤ インテリジェンスには、高度なネットワーク分析およびデバッグ ツールが含まれます。 大規模なストレージ ネットワークにおける障害管理のため、Cisco MDS 9509 では、フローの正確な経路およびタイミングの詳細を入手する FC Traceroute などのコマンドや、ネットワーク トラフィックを効果的に捕捉する Switched Port Analyzer(SPAN; 交換ポート アナライザ)を提供します。 キャプチャされたトラフィックは、組み込みのファイバ チャネル アナライザである Cisco Fabric Analyzer によって分析できます。 さらに、統合された Call Home 機能により、信頼性の向上、問題解決の迅速化、およびサービス コストの削減が可能になります。 Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタにおいて、シスコはストレージ ネットワークのトラブルシューティングと分析のための最も包括的なツールセットを提供します。

容易な管理

SAN の確実性を実現するいうことは、管理機能の実現を意味します。 Cisco MDS 9509 マルチレイヤ ディレクタでは、すべてのユーザのニーズを満たすため、Cisco MDS 9000 ファミリ Command Line Interface(CLI; コマンド ライン インターフェイス)、Cisco Fabric Manager、およびサードパーティ製ストレージ管理ツールとの連携という 3 種類の主要な管理モードを提供しています。

Cisco MDS 9509 は、ユーザに一貫性のある論理的な CLI を提供します。 Cisco MDS 9000 ファミリ CLI は、広く知られている Cisco IOS(R) CLI の構文に準拠しており、学習が容易で広範な管理機能を備えています。 Cisco MDS 9000 ファミリ CLI は、企業環境の管理者に最適な機能を提供するように設計された、きわめて効率的でダイレクトなインターフェイスです。

Cisco Fabric Manager は、応答性が高く使いやすい Java アプリケーションで、複数のスイッチおよびファブリックを横断する管理を容易にします。 Cisco Fabric Manager によって、管理者はトポロジ ディスカバリ、ファブリックの設定および検証、プロビジョニング、モニタリング、障害解決などの重要タスクを実行できます。 すべての機能は安全なインターフェイスから利用できるため、どこにいてもリモートで管理作業を行うことができます。

Cisco Fabric Manager は独立して使用することも、サードパーティ製管理アプリケーションと連携して使用することもできます。 シスコでは、サードパーティ製およびユーザ開発の管理ツールと連携するための広範な API を提供しています。

仕様

アベイラビリティ

  • オンラインでの、中断のないソフトウェア アップグレード

  • ステートフルなスーパーバイザ モジュール フェールオーバー

  • ホットスワップ可能な冗長スーパーバイザ モジュール

  • ホットスワップ可能な 1+1 冗長電源

  • 温度管理と電源管理が統合されたホットスワップ可能なファン トレイ

  • ホットスワップ可能な Small Form-Factor Pluggable(SFP)光カード

  • ホットスワップ可能なスイッチング モジュール

  • ステートフルなプロセス再始動

  • 任意モジュール、任意ポート構成による PortChannel

  • ファブリックベースのマルチパシング

  • VSAN ごとのファブリック サービス

  • 受動バックプレーン

  • オンライン診断



パフォーマンスおよびスケーラビリティ

  • ポート速度: 1 および 2 Gbps 自動識別(オプションで設定も可能)

  • バッファ クレジット: ポートあたり最大 255 個

  • シャーシあたりポート数: 1 および 2 Gbps FC ポート 16 ~ 224 個、1 Gbps イーサネット ポート最大 48 個

  • ラックあたりポート数: 1 および 2 Gbps ファイバ チャネル ポート 448 個

  • PortChannel: 2 Gbps ポート最大 16 個(チャネルはシャーシ内の任意のモジュールの任意のポートを包含可能)

  • サポートされる光カード、メディア、および伝送距離:



光カード メディア 距離
1 Gbps - SW、LC SFP 50/125 ミクロン マルチモード 500 m
1 Gbps - SW、LC SFP 62.5/125 ミクロン マルチモード 300 m
1 Gbps - LW、LC SFP 9/125 ミクロン シングルモード 10 km
2 Gbps - SW、LC SFP 50/125 ミクロン マルチモード 300 m
2 Gbps - SW、LC SFP 62.5/125 ミクロン マルチモード 150 m
2 Gbps - LW、LC SFP 9/125 ミクロン シングルモード 10 km



セキュリティ

  • Virtual SAN(VSAN)

  • ゾーニング

    • N_Port WWN

    • N_Port FC-ID

    • F_Port

    • SCSI LUN

  • Fibre Channel Security Protocol(FC-SP)

  • 管理アクセス

    • SSH v2

    • SNMP v3



互換性

  • ファイバ チャネル プロトコル

    • FC-PH、リビジョン 4.3

    • FC-PH-2、リビジョン 7.4

    • FC-PH-3、リビジョン 9.4

    • FC-GS-2、リビジョン 5.3

    • FC-GS-3、リビジョン 7.01

    • FC-FLA、リビジョン 2.7

    • FC-FG、リビジョン 3.5

    • FC-SW-2、リビジョン 5.3

    • FC-AL、リビジョン 4.5

    • FC-AL-2、リビジョン 7.0

    • FC-PLDA、リビジョン 2.1

    • FC-VI、リビジョン 1.61

    • FCP、リビジョン 12

    • FCP-2、リビジョン 7a

    • FC-SB-2、リビジョン 2.1

    • FC-BB、リビジョン 4.7

    • FC-FS、リビジョン 1.7

    • FC-PI、リビジョン 13

    • FC-MI、リビジョン 1.99

    • FC-Tape、リビジョン 1.17

  • IP over Fibre Channel(RFC 2625)

  • 拡張 IETF 標準に基づく TCP/IP、SNMP v3、および RMON MIB

  • クラス オブ サービス: Class 2、Class 3、Class F

  • ファイバ チャネル標準ポート タイプ: E、F、FL

  • ファイバ チャネル拡張ポート タイプ: SD、TE、TL



ファブリック サービス

  • ネームサーバ

  • Registered State Change Notification(RSCN)

  • ログイン サービス

  • プライベート ループ

  • パブリック ループ

  • 変換ループ

  • ブロードキャスト

  • 順次送信

  • ネームサーバ ゾーニング



診断およびトラブルシューティング ツール

  • Power-On-Self-Test(POST)診断

  • オンライン診断

  • 内部ループバック

  • SPAN

  • FC Traceroute

  • FC Ping

  • FC Debug

  • Cisco Fabric Analyzer

  • Syslog

  • オンライン システム ヘルス

  • ポートレベルの統計情報



ストレージ管理

  • アクセス方式

    • アウトオブバンド 10/100 イーサネット ポート

    • RS-232 シリアル コンソール ポート

    • インバンド IP-over-FC

    • DB-9 COM ポート

  • アクセス プロトコル

    • CLI - コンソールおよびイーサネット ポート経由

    • SNMPv3 - イーサネット ポートおよびインバンド IP-over-FC アクセス経由

  • セキュリティ

    • RADIUS ベースの AAA 機能を使用したロールベースのアクセス制御

    • SSHv2

    • SNMPv3

  • 管理アプリケーション

    • Cisco MDS 9000 ファミリ CLI

    • Cisco Fabric Manager

    • CiscoWorks 2000 Resource Manager Essentials

  • 管理ファイルのオンボード ストレージ用に、スーパーバイザ モジュールあたり 1 つのコンパクト フラッシュ ドライブ



サービス性

  • 中断のないソフトウェア アップグレード

  • コンフィギュレーション ファイル管理

  • Call Home

  • 電源管理

  • ポート ビーコニング

  • システム LED

  • アラート用 SNMP トラップ

  • ネットワーク ブート



動作環境

  • 動作環境温度

    • 0 ~ 40°C(32 ~ 104°F)

  • 非動作環境および保管温度

    • -40 ~ 70°C(-40 ~ 158°F)

  • 動作環境湿度(RH)(結露なし)

    • 10 ~ 90 %

  • 非動作環境および保管湿度(RH)(結露なし)

    • 5 ~ 95 %

  • 動作高度

    • 海抜 2000 m(6500 フィート)以下



物理特性

  • 寸法(高さ x 幅 x 奥行)

    • 25.5 x 17.25 x 18.8 x 43.1 x 46.0 cm - 15 RU

    • ケーブルガイドを含むシャーシの奥行は 55.0 cm(21.64 インチ)。 全ユニットを標準の 19 インチ EIA ラックにラックマウント可能。

  • 重量

    • シャーシのみ: 25 kg(55 ポンド)

    • スーパーバイザ/ファブリック モジュール x 2、スイッチング モジュール x 7、および 2500 W 電源 x 2 をすべて装備したシャーシ: 78 kg(170 ポンド)



電源および冷却

  • 電源(2500 W AC)
    • 入力:    公称 100 ~ 240 VAC(フルレンジの場合±10 %)
      最大 16 A
      公称 50 ~ 60 Hz(フルレンジの場合±3 Hz)
      出力: 1300 W(100 VAC @ 16 A)
      2500 W(200 VAC @ 16 A)
      入力:    -48 to -60 VDC(連続)@ 80 A
      出力:  2500 W(-48~-60 VDC)
  • 通気
    • 300 lfm1(システム ファン アセンブリ)
    • 過熱を防ぐため、シャーシの通気口と壁の間は6.4 cm(2.5 インチ)以上、また2台のシャーシの間は15.2 cm(6 インチ)以上離してください。

安全準拠

  • CE マーキング

  • UL 60950

  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950

  • EN 60950

  • IEC 60950

  • TS 001

  • AS/NZS 3260

  • IEC60825

  • EN60825

  • 21 CFR 1040



EMC 準拠

  • FCC Part 15(CFR 47)Class A

  • ICES-003 Class A

  • EN 55022 Class A

  • CISPR 22 Class A

  • AS/NZS 3548 Class A

  • VCCI Class A

  • EN 55024

  • EN 50082-1

  • EN 61000-6-1

  • EN 61000-3-2

  • EN 61000-3-3



EMC、安全および環境標準規格

  • GR-63-Core NEBS Level 3

  • GR-1089-Core NEBS Level 3

  • ETS 300 019 Storage Class 1.1

  • ETS 300 019 Transportation Class 2.3

  • ETS 300 019 Stationary Use Class 3.1

  • ETS 300 386



発注情報

部品番号 説明
DS-C9509 MDS 9509 シャーシ
DS-X9530 MDS 9500 スーパーバイザ 1
DS-X9530/2 MDS 9500 スーパーバイザ 1(冗長)
DS-CAC-2500W MDS 9500 電源モジュール、2500 W AC
DS-CAC-2500W/2 MDS 9500 電源モジュール、2500 W AC(冗長)
DS-CDC-2500W MDS 9500 電源モジュール、2500 W DC
DS-CDC-2500W/2 MDS 9500 電源モジュール、2500 W DC(冗長)
スイッチング モジュール、SFP
DS-X9016 Cisco MDS 9000 ファミリ 16 ポート 1 および 2 Gbps FC モジュール、SFP/LC
DS-X9032 Cisco MDS 9000 ファミリ 32 ポート 1 および 2 Gbps FC モジュール、SFP/LC
DS-SFP-FC-2G-SW 1 および 2 Gbps ファイバ チャネル-SW、Small Form Factor Pluggable、LC
DS-SFP-FC-2G-LW 1 および 2 Gbps ファイバ チャネル-LW、Small Form Factor Pluggable、LC
スペア コンポーネント
WS-C9509= MDS 9509 シャーシ(スペア)
WS-X9530= MDS 9500 スーパーバイザ 1(スペア)
WS-9SLOT-FAN= MDS 9509 ファン モジュール(スペア)
WS-CAC-2500W= MDS 9509 電源モジュール、2500 W AC(スペア)
WS-CDC-2500W= MDS 9509 電源モジュール、2500 W DC(スペア)
DS-X9016= Cisco MDS 9000 ファミリ 16 ポート 1 および 2 Gbps FC モジュール、SFP/LC(スペア)
DS-X9032= Cisco MDS 9000 ファミリ 32 ポート 1 および 2 Gbps FC モジュール、SFP/LC(スペア)
DS-SFP-FC-2G-SW= 1 および 2 Gbps ファイバ チャネル-SW、Small Form Factor Pluggable、LC(スペア)
DS-SFP-FC-2G-LW= 1 および 2 Gbps ファイバ チャネル-LW、Small Form Factor Pluggable、LC(スペア)




お問い合わせ