Cisco FireSIGHT Management Center

イントロダクション


優れた可視性と状況判断力

ネットワーク上のすべてのものを可視化しましょう。Cisco FireSIGHT Management Center は、Cisco ASA with FirePOWER Services および Cisco FirePOWER ネットワーク セキュリティ アプライアンスのネットワーク セキュリティと運用機能を集中管理するほか、 情報を自動的に集約し、関連付けます。また、運用方法を合理化し、共通して繰り返し行われる数多くのセキュリティの分析および管理タスクを自動化することにより、コストを削減します。

シスコの新しい次世代ファイアウォールのご紹介

シスコの新しい次世代ファイアウォールのご紹介

Cisco ASA with FirePOWER Services を導入して、業界トップクラスの脅威に重点を置いた防御機能をご活用ください。(04:04 min)

ビデオを観る
データ シート

セキュリティのマイルストーンが明らかに

脅威に重点を置いた初めての次世代ファイアウォール、Cisco ASA with FirePOWER Services をご覧ください。

ビデオを観る

特長と機能

Cisco FireSIGHT Management Center には次の機能があります。

エンタープライズ クラスの管理

  • デバイス、ライセンス、イベント、およびポリシーのロールベースの一元管理
  • ユーザー設定のテンプレートに基づくレポートおよびアラートを使用してカスタマイズが可能なダッシュボード
  • ハイパーリンク テーブル、グラフ、チャートに表示されるイベント情報とコンテキスト情報
  • ネットワークの動作とパフォーマンスのモニタリング
  • 関連付けおよび修復機能によるリアルタイムでの脅威への対応

業界最先端の高い可視性と状況判断力

  • セキュリティ ポスチャを追跡するためのトレンドとハイレベルの統計情報
  • コンプライアンスと原因究明をサポートするイベントの詳細情報

物理ホストおよび仮想ホスト、オペレーティング システム、アプリケーション、サービス プロトコル、ユーザー、地理位置情報、コンテンツ、ネットワーク動作、脅威、およびマルウェアに対するコンテキスト認識機能が備えられています。

セキュリティを自動化して動的な防御を実現

  • 関連性と影響に優先順位を付けるための自動脅威アセスメント
  • 関連付けおよび修復機能によるリアルタイムでの脅威への対応
  • 新しい脅威からの保護を目的とした、自動ポリシー調整機能
  • 保護と対策を最適な状態に維持

柔軟な導入オプション

  • 物理または仮想アプライアンス(VMware)として導入可能
  • 物理アプライアンスでは、集中管理できるセンサーとイベント ストレージの数が増加
  • 仮想アプライアンスでは、既存のインフラストラクチャでのプロビジョニングが容易に
最先端のマルウェアへの対抗策

最先端のマルウェアへの対抗策

NSS ラボとシスコが、拡張ネットワークの違反検知システムを評価します。

オンライン セミナーに登録

仕様の概要

Cisco FireSIGHT Management Center アプライアンス モデル

モデル FireSIGHT FS750 FireSIGHT FS1500 FireSIGHT FS3500 FireSIGHT FS-VMW-SW
管理できるデバイスの最大数 10 35 150 25
IPS イベントの最大数 0.2 億 0.3 億 1.5 億 -
イベント
ストレージ
100 GB 125 GB 400 GB -
最大ネットワーク マップ(ホスト/ユーザ) 2000/2000 50,000/50,000 300,000/300,000 -
最大フロー レート 1 秒あたり 2000 フロー (fps) 6000 fps 10,000 fps -
高可用性 Lights Out Management (LOM) RAID 1、LOM、高可用性ペアリング RAID 5、LOM、高可用性ペアリング -

(注)センサーが機能するためには、Cisco FireSIGHT Management Center アプライアンスが必要です。センサーのすべてのライセンスと管理は、Cisco FireSIGHT Management Center によって処理されます。

製品資料


モデル比較
この製品シリーズのモデルの共通点と相違点をご説明します。

データ シート

お問い合わせ