Cisco Unified Service Monitor

Cisco Unified Service Monitor 8.5


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Unified Service Monitor 8.5



シスコ ユニファイド コミュニケーション


シスコ ユニファイド コミュニケーションは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションを統合して、いつでもどこからでも容易にコラボレーションを実現するソリューションです。ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ワイヤレス、管理、またはサード パーティ製のアプリケーションおよびライフサイクル サービスを含む包括的なソリューションの一部である、シスコ ユニファイド コミュニケーション管理ソリューションを利用すると、導入時間の短縮、コスト削減、生産性向上が可能になります。

製品概要


Cisco Unified Service Monitor(USM)は、Cisco Unified Provisioning Manager、Cisco Unified Operations Manager、Cisco Unified Service Monitor、および Cisco Unified Service Statistics Manager で構成される Cisco Unified Communications Management Suite のコンポーネントです。Cisco Unified Service Monitor は、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムによりサポートされるアクティブ コールを継続的に監視し、コールの音声品質がユーザ定義の品質しきい値を満たさない場合は、ほぼリアルタイムで通知を送信します(図 1 を参照)。音声品質の監視に加えて、Cisco Unified Service Monitor ではダイヤル プランに基づいてコール分類を実行できます。オンデマンドの Call-Detail-Record(CDR)レポートでは、コール分析のコール レコードを参照できます。

図 1 Cisco Unified Service Monitor:音声送信品質と最も影響を受けているエンドポイントのレポート

図 1 Cisco Unified Service Monitor:音声送信品質と最も影響を受けているエンドポイントのレポート
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco Unified Service Monitor は、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムのアクティブ コールに関連付けられたユーザ エクスペリエンス メトリックを監視、評価して、レポートを生成します。音声品質の問題のトラブルシューティングに役立つ、音声障害メトリックの包括的なリストを提供します。

音声品質の問題の影響を最も頻繁に受けるエンドポイント(電話やゲートウェイなど)のリストと詳細を示す、ユーザ エクスペリエンス レポートが生成されます。このレポートでは、Cisco Voice Transmission Quality(VTQ)機能から生成されたコール品質メトリックを通して、システム レベルでサービス品質を知ることができます。このレポートには、Cisco 1040 センサーおよび Cisco Network Analysis Module(NAM)4.0 以降によるリアルタイムのサービス品質に関する情報が表示されます。強化されたコール ストリーム相関レポート(図 2)には、Cisco 1040 センサーおよび Cisco Network Analysis Module の複数のインスタンスから収集された詳細なコール メトリックが表示されます。これにより、システム管理者はユーザ エクスペリエンスの品質が低いネットワーク セグメントを特定できます。

図 2 Cisco Unified Service Monitor:ストリーム相関レポート

図 2 Cisco Unified Service Monitor:ストリーム相関レポート
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


機能と利点


音声品質の測定とアラート

Cisco Unified Service Monitor は、Voice-over-IP(VoIP)ネットワークの音声品質測定を監視し、事前に設定されたしきい値を超えた測定に基づいてアラートを生成します。コーデックのタイプと特性、ジッター、およびパケット損失などの主要な音声コール特性が収集されて報告されます。

電話ベースの Cisco VTQ ソリューションでは、ネットワークのすべてのアクティブ コールの終わりにユーザ エクスペリエンス メトリックが用意されます。これは、Mean-Opinion-Score(MOS; 平均オピニオン評点)で計算された値として表されます。リアルタイムの MOS 値は、Cisco 1040 センサーおよび Cisco Network Analysis Module を使用して、監視対象のアクティブ コールに関して 60 秒ごとに生成できます。しきい値ベースのアラートは、Cisco Unified Operations Manager や Manager-of-Managers(MoM)アプリケーションなどのアップストリーム アプリケーションに送信されます。

しきい値

Cisco Unified Service Monitor では、デバイス タイプおよびコーデック タイプに基づいてしきい値を設定し、Cisco Unified Communications Manager 8.5 のサポートを組み込み、レポート データのエクスポートを含めることができます。アラートは、MOS しきい値に違反すると、Cisco Unified Operations Manager などのアップストリーム アプリケーションに送信されます。

コール分類

Cisco Unified Service Monitor では、ダイヤル プランに基づいてクラスタごとにコールを分類できます。コール分類には、システム定義のデフォルトのコール カテゴリがありますが、導入に合わせてコール カテゴリを定義することもできます。Cisco Unified Service Monitor は、ユーザがコール タイプに基づいてコールを追跡できるように、コールを複数のカテゴリに分類できます。オンデマンドの CDR レポートには、重要なコール情報を生成するフィルタ セットが豊富に用意されているので、詳細な分析を容易に行えます。

Cisco Unified Operations Manager との統合

Cisco Unified Operations Manager との統合により、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)トラップ、電子メール、ポケット ベル、および syslog メッセージを通してほぼリアルタイムのアラートを送信し、コール品質の低下を管理者に通知できます。Cisco Unified Operations Manager では、Cisco IOS® ソフトウェアの IP Service-Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)機能を使用して総合的な音声トラフィックをシミュレートすることや、ユーザ エクスペリエンスの低下を引き起こしているネットワークの問題のトラブルシューティングのために、エンドポイントが接続されたデバイス間でパス分析を実行することもできます。詳細は、http://www.cisco.com/jp/go/cuom/ を参照してください。

Cisco Unified Service Statistics Manager との統合

Cisco Unified Service Statistics Manager との統合により、シスコ ユニファイド コミュニケーション ネットワークの長期的な統計分析とレポートが生成されます。Cisco Unified Service Statistics Manager では、Cisco Unified Operations Manager および Cisco Unified Service Monitor により収集されたデータを使用して、シスコ ユニファイド コミュニケーション システム全体の重要なメトリック(コール量、サービス アベイラビリティ、コール品質、リソース使用率、およびキャパシティ)を示す、事前定義されたカスタマイズ可能なレポートを作成します。詳細は、http://www.cisco.com/go/cussm/ [英語] を参照してください。

Cisco 1040 センサー

エンドポイント(IP 電話、ゲートウェイ、またはボイスメール システム)の近くに導入された Cisco 1040 センサーは、コール品質を監視および評価し、アクティブ コールのこの情報をほぼリアルタイムで報告します。Cisco 1040 センサー(図 3)は、棚の上に置くタイプのユニットで、ネットワークに接続し、Cisco Catalyst® スイッチ経由で Power over Ethernet(PoE)を取得します。

図 3 Cisco 1040 センサー

図 3 Cisco 1040 センサー


Cisco Network Analysis Module


Cisco Network Analysis Module 製品ファミリは、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスに対する優れた可視性を実現するため、エンド ユーザにアプリケーションとサービスを一貫して効率的に提供するのに役立ちます。このファミリには、アプリケーションのパフォーマンスを管理して基になるネットワークの運用管理を強化するために不可欠な導入の柔軟性を実現する、総合サービス モジュールと完全独立型アプライアンスの両方があります。図 4 に、Cisco Network Analysis Module を示します。詳細は、http://www.cisco.com/jp/go/nam/ を参照してください。

図 4 Cisco Network Analysis Module

図 4 Cisco Network Analysis Module


表 1 に、Cisco 1040 センサーと Cisco Network Analysis Module の相違点を示します。

表 1 Cisco 1040 センサーと Cisco Network Analysis Module 4.0 以降の相違点

機能 Cisco 1040 Cisco Network Analysis Module
機能 音声品質を監視する機能 アプリケーション監視(音声を含む)、トラフィック分析、およびトラブルシューティングを組み合わせた高度な機能
フォーム ファクタ アプライアンス ブレードとアプライアンス
導入 ワイヤリング クローゼット ワイヤリング クローゼット、アクセス、ディストリビューション、およびキャンパス エッジ
スケーラビリティ 1 分あたり 100 の Rapid Transport Protocol(RTP; 高速トランスポート プロトコル)ストリーム Cisco Network Analysis Module プラットフォームに応じて 1 分あたり 100 〜 4,000 の RTP ストリーム
レポート 組み込みのユーザ インターフェイスなし 組み込みのリアルタイム ビューおよび履歴レポート
プロビジョニングと構成 Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバにアクセスして、必要な Cisco Unified Service Monitor 登録とコール品質転送のコンフィギュレーション ファイルを取得 CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)によりサポートされる、構成のための組み込みのユーザ インターフェイス
ポート 2 ポート:監視用ポートと管理用ポート Cisco Network Analysis Module ブレードではポートが使用されない。Cisco Network Analysis Module アプライアンスには、フォーム ファクタに基づいて 1 つの管理ポートと複数の監視ポートがある


機能と利点


表 2 に、Cisco Unified Service Monitor のその他の機能と利点を示します。

表 2 その他の機能と利点

機能 利点
音声メトリック
  • MOS、ジッター、最大ジッター、パケット損失、調整されたパケット損失、パケット損失率、コーデック タイプ、タイプ オブ サービス、および他の複数のメトリックは、音声品質の低下を引き起こしているネットワークの問題を識別するのに役立ちます。
相関レポート
  • 強化されたコール品質レポートによって、Cisco 1040 センサーおよび Cisco Network Analysis Module の 1 つ以上のインスタンスを通過するコールを追跡できます。
  • Cisco 1040 センサーと Cisco Network Analysis Module の機能を利用することで、Cisco Unified Service Monitor は、コールがユニファイド コミュニケーション ネットワーク セグメントを移動すると音声品質について報告できます。
  • レポートでは、Cisco 1040 センサーと Cisco Network Analysis Module からのメトリックと、Cisco Unified Communications Manager からの CDR を相関付けて、詳細な分析を行うことでコール品質の低下のトラブルシューティングを容易にします。
最も影響を受けているエンドポイントのレポート
  • このアプリケーションは、音声品質の問題が発生しているエンドポイントを特定および分離するのに役立ちます。
ノースバウンド インターフェイス
  • Cisco Unified Operations Manager または Manager-of-Manager(MoM)アプリケーションに送信可能な SNMP トラップがサポートされます。
強化されたレポート
  • 強化されたレポートおよびフィルタ ベースのレポートは、ネットワーク管理者のニーズに合わせることができます。
カスタマイズされたしきい値設定
  • 設定は、場所、コーデック、およびデバイス タイプに基づいています。
  • セットアップはすぐにアクティブになり、コーデックごとにデフォルトのしきい値が設定されます。
  • このアプリケーションでは、デバイス タイプに加えて、さまざまな場所のエンドポイントに基づいてカスタマイズされたしきい値設定を定義できます。
コール分類
  • クラスタごとのダイヤル プラン構成が可能です。
  • このアプリケーションには、システム定義とユーザ定義のコール カテゴリがあります。
  • コールごとに複数のカテゴリがあります。
  • コール カテゴリ、デバイス タイプ、成功したコールと失敗したコール(コール終了原因コードによりグループ化)など、複数のフィルタに基づいてオンデマンド レポートを取得できます。
スケーラビリティ
  • このアプリケーションでは、最大 45,000 台の Cisco Unified IP 電話がサポートされます。
Cisco 1040 センサー
  • 直接的な導入は、IP 電話の導入と似ています。
  • ユーザ エクスペリエンスが監視され、60 秒ごとに報告されます。
  • このアプリケーションでは、最大 100 個の同時 RTP ストリームがサポートされます。
  • 802.3af PoE に準拠しています。
  • ITU G.107 R 値を使用して MOS が計算されます。
  • 10/100 イーサネット インターフェイスが 2 つあります。管理ポートが 1 つと Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)ポートが 1 つです。
  • このアプリケーションでは、Cisco Discovery Protocol がサポートされます。
Cisco Network Analysis Module
  • このモジュールでは、統合サービス モジュールとスタンドアロン アプライアンスを選択でき、導入に柔軟性がもたらされます。
  • リアルタイムの音声監視が高度なトラブルシューティングと組み合わせられています。
  • このソリューションでは、ITU G.107 R 値ベースの MOS 値により正確な音声品質の特性化が行われます。
  • 導入に最も合うフォーム ファクタに基づいて、変化する同時 RTP ストリームがサポートされます。
  • このソリューションでは、音声品質の低下を事前に検出できるため、エンド ユーザへの影響が最小限に抑えられます。
  • 履歴トレンド分析が行われます。


システム要件


表 3 に、Cisco Unified Service Monitor の最小システム要件を示します。VMware プラットフォームの仕様については、Cisco Unified Service Monitor のインストール ガイドを参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6536/prod_installation_guides_list.html [英語]

表 3 システム要件

サーバ要件(VMware 以外。Cisco Unified Service Monitor の単一インスタンス)
コンポーネント 最小要件
ハードウェア 2.33 GHz を超えるデュアル コア プロセッサ 2 基または 2.33 GHz を超えるクアッド コア プロセッサ 1 基1
Windows ソフトウェア Windows Server 2003 Standard Edition または Enterprise Edition Service Pack 1 または 2
Windows Server 2008 Standard Edition または Enterprise Edition Service Pack 2(32 ビット サポートのみ)
VMware ESX 3.5 または ESXi 4.0
使用可能メモリ 4 GB の RAM および 4 GB の仮想メモリ
クライアント要件
プロセッサ 1 GHz 以上(PC または Mac)
メモリ 1 GB 以上の RAM
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 7 または 8
Firefox 3.6 以降
解像度 1024 x 768 以上

1 注:Cisco MCS 7845-H2 および MCS 7845-I2 はこれらの仕様を満たします。これらの製品には、Redundant Array of Independent Disk(RAID)1 + 0 を使用して構成された Serial Attached SCSI(SAS)ハード ドライブが 4 台搭載されています。

サポートされるデバイス


テストで認証されたデバイスおよび Cisco IP フォンモデルの具体的なバージョンについては、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps6536/products_device_support_tables_list.html [英語] を参照してください。

発注情報


Cisco Unified Service Monitor 8.5 はメジャー アップグレードであるため、既存のすべてのお客様がご利用になるにはアップグレード部分を購入する必要があります。基本製品番号には、指定された台数の電話のライセンスが含まれており、ライセンスが追加されるとサポートされる電話の台数が増加します(表 4)。Cisco Unified Service Monitor は、管理スイート バンドルの一部またはスタンドアロン製品として発注できます。Cisco 1040 センサーは、スタンドアロン コンポーネントとして発注できます。表 4 に示すように、2 パックおよび 5 パック バージョンとして提供されます。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。シスコの社員とパートナーが利用できる『Cisco Unified Communications Management Suite Ordering Guide(Cisco Unified Communications Management Suite 発注ガイド)』には、個々の製品価格が大幅に割り引きされることになる管理製品バンドルを発注する方法が記載されています。詳細は、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

表 4 発注情報

製品名 製品番号
OM8.x、SM8.x、SSM1.3、PM2.x Suite Bundle 1K IP Phone LIC-K9 L-UCMS-STE-B-1K
OM8.x、SM8.x、SSM1.3、PM2.x Suite Bundle 5K IP Phone LIC-K9 L-UCMS-STE-B-5K
OM8.x、SM8.x、SSM1.3、PM2.x Suite Bundle 10K IP Phone LIC-K9 L-UCMS-STE-B-10K
OM8.x、SM8.x、SSM1.3、PM2.x Suite Bundle 20K IP Phone LIC-K9 L-UCMS-STE-B-20K
OM8.x、SM8.x、SSM1.3、PM2.x Suite Bundle 30K IP Phone LIC-K9 L-UCMS-STE-B-30K
UC Management Suite Mon Bundle 500 LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON500
UC Management Suite Mon Bundle 1K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON1K
UC Management Suite Mon Bundle 2K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON2K
UC Management Suite Mon Bundle 5K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON5K
UC Management Suite Mon Bundle 10K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON10K
UC Management Suite Mon Bundle 20K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON20K
UC Management Suite Mon Bundle 30K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON30K
UC Management Suite Mon Bundle 45K LIC for OM 8.x および SM 8.x-K9 UCMS-B-MON45K
Unified Service Monitor 8.x up to 500 Phone License-K9 L-USM-B-500=
Unified Service Monitor 8.x up to 1K Phone License-K9 L-USM-B-1K=
Unified Service Monitor 8.x up to 2K Phone License-K9 L-USM-B-2K=
Unified Service Monitor 8.x up to 5K Phone License-K9 L-USM-B-5K=
Unified Service Monitor 8.x up to 10K Phone License-K9 L-USM-B-10K=
Unified Service Monitor 8.x up to 20K Phone License-K9 L-USM-B-20K=
Unified Service Monitor 8.x up to 30K Phone License-K9 L-USM-B-30K=
Unified Service Monitor 8.x up to 45K Phone License-K9 L-USM-B-45K=
Unified Service Monitor Upgrade 2.x 〜 8.x L-USM-B-UPG=
Cisco 1040 Sensor 2 Pack CUSM-1040-2PK
Cisco 1040 Sensor 5 Pack CUSM-1040-5PK


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービスは、セキュアで復元力のあるシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションを展開することで、コストの節約と生産性の向上を促進するサービスです。シスコまたは認定パートナーによって提供されるサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。シスコ独自のサービス ライフサイクル アプローチによって、テクノロジーのエクスペリエンスをより良いものにし、ビジネスの優位性を促進できます。シスコ サービスの詳細は、「シスコ テクニカル サポート サービス」または「シスコ アドバンスド サービス」を参照してください。

関連情報


Cisco Unified Service Monitor の詳細については、 http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/cwicsm/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、シスコ プロダクト マーケティング グループのアドレス (ask-ipc-management@cisco.com)まで電子メールをお送りください。

お問い合わせ