Cisco Unified Operations Manager

イントロダクション


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

包括的なモニタリングおよび診断ツール

Cisco Unified Operations Manager 2.0 は、スムーズなユニファイド コミュニケーション システムの稼働を支援します。このツールにより、複数のアプリケーションおよび根幹となっているトランスポート インフラストラクチャ(IP ファブリック)を含めたユニファイド コミュニケーション システム全体に対して、包括的なモニタリングおよび診断を実行することができます。


シスコ ユニファイド コミュニケーション管理製品の 1 つである Cisco Unified Operations Manager は、そのまま使用できるサービスレベルのモニタリング機能を特長とし、システムの全要素をリアルタムでモニタリングします。この機能により、システム全体で自動検出機能が実行され、迅速なトラブルシューティングを行えるように状況に即した診断が出されます。Cisco Unified Operations Manager では、ルールを書き込んだり、しきい値を設定したり、時間のかかる広範な初期設定を行ったりする必要がありません。


主な特長

  • ユニファイド コミュニケーション システム全体をリアルタイムに視覚化してモニタリングすることで、効率的なモニタリングとトラブルシューティングを実行できます。
  • サービスがアクティブかつ確実に実行されるので、デバイスとアプリケーションはスムーズに動作し、サービスに影響が及ぶ前に障害やパフォーマンス上の問題を検知することができます。
  • パワフルな診断テストおよびトラブルシューティング機能により、障害が迅速に隔離され、生産性が向上します。
  • 音声サービスの品質データとアラートの相関関係、分析、およびプレゼンテーションでは、Cisco Unified Service Monitor(導入されている場合)で入手できる情報が利用されます。
  • コンポーネントおよび変更をモニタリングすることで、ユニファイド コミュニケーション デバイスおよび IP Phone コンポーネントの詳細をすべて追跡できます。

Cisco Unified Operations Manager 2.0 では、モニタリング対象のデバイスにエージェント ソフトウェアを導入する必要がないので、システム オペレーションを中断せずに導入することができます。

製品資料

お問い合わせ