Cisco Prime LAN Management Solution

Cisco Prime LAN Management Solution 4.2

データ シート





Cisco Prime LAN Management Solution 4.2



製品概要


Cisco Prime Infrastructure の一部として提供される Cisco Prime™ LAN Management Solution(LMS)は、シスコ ネットワークの構成、コンプライアンス、モニタリング、トラブルシューティング、および管理を簡素化して、強力なネットワーク ライフサイクル管理機能を提供します。この革新的なソリューションの導入により、Medianet、Cisco TrustSec™、Cisco EnergyWise™ など、ビジネスに不可欠なテクノロジーのエンドツーエンドな管理が可能となります。Cisco Prime LMS では、ユーザ エクスペリエンスが全般的に改善され、機能区分に基づいた新しいワークフローが提供されます。これらのワークフローは、ネットワーク オペレータの業務方法に合わせて調整できます。一度インストールすれば、あらかじめパッケージされたモニタリング ダッシュボードやトラブルシューティング ダッシュボードがすぐに利用可能になり、ネットワーク問題の特定および修復のために実施可能な情報が得られ、サービスに影響を与えずに済みます。さらに、アップグレードやカスタマイズが可能なコンプライアンス エンジンにより、多岐にわたる規制、IT および企業ガバナンス、テクノロジー ポリシーに照らし合わせてデバイスの構成が確認されます。また、Template Center を使用することで、容易にネットワークの構成や更新を実行できるようになりました。Template Center には、Cisco Validated Design に基づく Cisco Smart Business Architecture(SBA)テンプレートが組み込まれているため、簡単にプラットフォームやテクノロジーを導入することができ、エラーが生じる可能性も低くなります。さらに、ワーク センターは各種のガイド付きワークフローを利用できる共通のコンポーネントです。操作手順が順番に示されるので、オペレータは Medianet、Cisco EnergyWise、Cisco TrustSec、Auto Smartports、Smart Install など、シスコの新しい付加価値テクノロジーやソリューションのプロビジョニング、モニタリング、管理をすぐに実行できます。詳細については、図 1 を参照してください。

図 1 Cisco Prime LMS 4.2

図 1 Cisco Prime LMS 4.2
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco Prime および Cisco Prime Infrastructure の概要


Cisco Prime for Enterprise は、IT 部門によるネットワーク管理とサービスの提供をより効率的に行うための管理製品ポートフォリオであると同時に、革新的な戦略でもあります。Cisco Prime 製品はネットワーク サービス管理基盤および一連の共通属性に基づいて構築されています。シスコのアーキテクチャ、テクノロジーおよびネットワーク全体において、直感的なワークフロー指向のユーザ エクスペリエンスを提供します。Cisco Prime 製品は、ネットワーク管理の簡素化、運用効率の向上、エラーの削減に貢献し、ネットワーク サービスの提供をより予測可能なものにします。Cisco Prime の詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/prime/ を参照してください。

Cisco Prime Infrastructure 1.1 は、キャンパス スイッチ、ブランチ、コア ルーティング、およびワイヤレス LAN の管理機能を発注しやすい単一のソリューションにバンドルし、企業がトップ レベルの運用効率と投資保護を実現できるようにします。このバンドルには次の製品が含まれています。

  • Cisco Prime LAN Management Solution:シスコ ボーダレス ネットワークの管理を簡素化し、ネットワーク管理機能をネットワーク オペレータの業務方法に合わせて調整することで運用コストを削減します。
  • Cisco Prime Network Control System:ユーザ管理とアクセス管理を統合して充実したワイヤレス LAN 管理を実施し、ブランチ ルータのライフサイクル管理を統合します。

Cisco Prime Infrastructure の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_infra/index.html を参照してください。

新しい管理パラダイム


個別製品の集まりだった Cisco Prime LMS は、ネットワーク管理者の業務方法に合わせて管理機能がシームレスに統合された集合体へと進化を遂げました。管理機能に基づいて製品が構成されているため、1 つの管理タスクを完了させるために複数のアプリケーションが必要となる煩雑さが解消され、全体的なユーザ エクスペリエンスが簡素化されました。ワークフローは完全独立型で、必要な機能はすべて 1 つの機能範囲内に含まれています。表 1 は、主要な機能範囲の一覧です。

表 1 Cisco Prime LAN Management Solution の主要な機能範囲

機能範囲 説明
モニタリングとトラブルシューティング エンドユーザやサービスに影響を及ぼす前に、ネットワークの問題をすばやく特定し、修復できます。
  • 事前対応型の状態および障害管理を行います。
  • 中央集中型の障害およびイベント ブラウザ(syslog、イベント、アラームを統合)を備えています。
  • すばやいナビゲーションと「ホバーオーバー」で問題範囲を識別します。
  • すばやく問題を切り分けて修復するための、組み込みのトラブルシューティング用ワークフローが用意されています。
  • 可用性とパフォーマンスの問題を識別するため、Simple Network Management Protocol(SNMP)ベースのポーリングを行います。
  • Medianet ダッシュボードで、Medianet エンドポイントおよび Medianet デバイスの障害と可用性の統計情報を提供します。
  • IP サービスレベル契約(IP SLA)のビデオ操作により、ネットワークがビデオやリッチメディア アプリケーションに対応しているかどうかの確認をサポートします。
  • Smart Interaction により、コンテキストに応じたシスコ サービス リクエストの作成や Cisco Support Community の検索を実行します。
インベントリ すべてのシスコ機器の詳細かつ徹底したインベントリ(シャーシ、モジュール、インターフェイス)です。
  • ディスカバリ ステータス、デバイス ステータス、ユーザ トラッキング、およびインベントリの各ダッシュボードの単一メニューを用意しています。
  • 600 を超えるシスコ デバイス タイプをサポートします。
  • 機器設置当日からのデバイス サポートにより、新しいデバイスが出荷された当日から新たなデバイス パッケージをダウンロードできます。
構成管理 構成のバックアップ、ソフトウェア イメージの管理、コンプライアンス、ネットワーク デバイスの維持や更新に必要な変更管理を実行できます。
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート:Cisco Validated Design および Cisco Smart Business Architecture の推奨事項に基づいて、構成のすべてまたは一部を導入します。
  • ダイナミックなガイド付きワークフローによって、エラー発生の可能性を低下させます。
  • SBA テンプレートなどの拡張可能な構成ライブラリ、新規更新、構成テンプレートを、Cisco.com から簡単にダウンロードできます。
  • Cisco Configuration Professional と統合されているため、Cisco Configuration Professional で生成された構成ファイルを、LMS の構成テンプレートやスケジューラを通じて複数のデバイスに導入できます。
監査およびコンプライアンス管理 カスタマイズ可能なコンプライアンス エンジンにより、業界、企業、IT、およびテクノロジー ポリシーの幅広いモデリングが可能です。
  • ポリシーに対するネットワークのコンプライアンスを可視化します。
  • 重要なリスクや違反を特定します。
  • コンプライアンス違反の優先順位を判断します。
  • ベスト プラクティスに基づいて、推奨される既知の違反セットの修正方法を提示します。
レポート すべてのレポートを単一メニューから利用できるので、詳細なレポートや情報へのアクセスおよびナビゲーションが簡素化されます。
  • インベントリ、構成および規制に対するコンプライアンス、サービスと機能、ユーザ トラッキングのほか、販売終了、契約管理、Cisco Product Security Incident Response Team(PSIRT)などのライフサイクル レポートと、その他の Cisco Prime LMS レポートを統合メニューから表示できます。
  • レポートは、即時、日ごと、週ごと、月ごとに実行するように簡単にスケジュール可能で、オンラインで表示したり、ファイルまたはカンマ区切り値(CSV)ファイルにエクスポートすることが可能です(オプション)。
ワーク センター シスコの付加価値テクノロジーのエンドツーエンド ライフサイクル管理により、Cisco EnergyWise、Cisco TrustSec、Auto Smartport、Smart Install の導入、モニタリング、管理を行います。
  • Getting Started ワークフローを使用して、シスコ テクノロジーのインフラストラクチャの構成と設定を簡素化できます。
  • ダッシュボードを使用して、構成やインベントリの最新ステータスを把握できるほか、トラブルシューティング目的のモニタリングを実施できます。
管理業務 強化された Getting Started ワークフローにより、アプリケーションの設定と管理が簡素化されます。
  • アプリケーションの設定と構成の管理機能はすべて集中化されており、アクセスが容易です。


Cisco Prime LMS 4.2 を使用したボーダレス ネットワークの管理


任意のシスコ プラットフォームを好きな時に好きな場所から管理できること、新しいシスコ テクノロジーやサービスを導入できること、およびサードパーティの管理プラットフォームと統合できることは、全体的な運用コストを削減しつつ、ネットワークの可用性を向上させるために重要な機能です。Cisco Prime LMS 4.2 は、次のような点でボーダレス ネットワーク管理の簡素化に役立ちます。

運用コストの削減:従来のネットワーク管理は、複雑すぎることや保守費がかさむことに悩まされてきました。管理ソフトウェアのインストール、プラットフォームの構成と設定、ネットワークの検出などの必須作業に加え、保守費用のかさむ複数の異なるアプリケーションが必要なこともあり、ほとんどの企業ユーザは管理作業に多大な時間とコストを費やしていました。その結果、お客様の多くはこの状況に不満を感じながらも改善をあきらめ、利用可能な機能を活用できなかったり、運用コストの全体的な削減を実現できずにいます。Cisco Prime LMS 4.2 では、ガイド付きの開始ワークフローを利用して簡単に初期設定を実行できるので、製品を稼動させるまでの所要時間が短縮されます。また、自動モニタリング機能により、インストール後ただちにリアルタイム ダッシュボードが使用可能になり、ネットワークやデバイスに関連する問題の切り分けやトラブルシューティングを実行できます。

新しいテクノロジーの導入を簡素化:シスコは、競合他社とのさらに明確な差別化を実現する、ハードウェア プラットフォームのトップレベルの機能と能力を提供します。こうした独自の機能は導入や管理が難しいため、その本来の価値が十分に活かされていない場合があります。シスコの新しいスイッチングおよびルーティング プラットフォームには、Medianet、Cisco EnergyWise、Cisco TrustSec、Smart Install、Auto Smartports などの新機能が導入されており、これらの機能によって、競合他社との差別化はさらに強化されます。Cisco Prime LMS は、「ワーク センター」という新たな考え方を取り入れることで、こうした新テクノロジーの導入作業を簡素化します。ワーク センターを通じ、新しいシスコ テクノロジーの導入や充実したライフサイクル管理の作業を単一の場所から簡単に実行できます。

包括的な対応デバイス範囲:ボーダレス ネットワークを効果的に管理するためには、デバイスの設置場所にかかわらず、対応デバイスの範囲が重要です。Cisco Prime LMS は、800 シリーズ ルータから Cisco Nexus® スイッチや CRS-1 まで、600 以上ものシスコ ハードウェア プラットフォームをサポートしています。シスコのプラットフォームをこれだけ幅広く深くサポートする製品は、業界でも類を見ません。また、Cisco Prime の機器設置当日からのデバイス サポート プログラムにより、新しいプラットフォームがシスコから出荷されると同時に、Cisco Prime LMS でそのプラットフォームを管理できるようになります。

充実したライフサイクル管理:ボーダレス ネットワークに関連する多くのサービスを維持管理するには、核となるネットワーク インフラストラクチャ、およびライフサイクル管理に関する日々のタスクを処理する優れた基盤が必要です。Cisco Prime LMS には、ディスカバリ、モニタリングとトラブルシューティング、構成や変更の管理、自動修復、インベントリやコンプライアンスのレポートなど、日常的なタスクの実行に必要な機能が備わっています。

Cisco Prime LMS 4.2 の特長、機能、利点


表 2 に、Cisco Prime LMS 4.2 の特長、機能、利点を示します。

表 2 Cisco Prime LMS 4.2 の特長、機能、利点

特長 機能 利点
簡素化されたインストールとセットアップ
  • 新しい Linux ベースの仮想アプライアンスを含む、柔軟なサーバ OS サポート
  • 無人インストール
  • Getting Started ワークフロー
  • ガイド付きウィザード
  • 事前定義されたデフォルト設定
  • 自動モニタリング(「機器設置当日からの」デフォルト ポーリングの実行)
  • 導入時間を短縮してインストールに通常伴うエラーを減らし、迅速でエラーのない導入を実現します。
  • わずかなユーザ操作と設定を行うだけで、すぐに役立つ機能が提供されます。
ユーザ エクスペリエンスの向上
  • Cisco Prime ユーザ インターフェイス
  • デバイスや製品の機能をすばやく検出する拡張検索機能
  • 機能指向のナビゲーションと操作
  • 既存の LMS ユーザ向けナビゲーション補助:レガシー メニュー
  • ユーザ中心のワークフロー
  • 導入のしやすさを向上させる機能
  • 重要な管理データにすばやくアクセスできる直感的で単純なユーザ エクスペリエンスにより、製品を理解したり、頻繁に使用するタスクを実行したりするために必要な時間を削減します。
  • 操作の統一とガイド付きワークフローにより、迅速な投資回収(ROI)を実現します。
  • ビデオ オン デマンドを装備した包括的なヘルプにより、トレーニングの必要性を削減して製品理解に必要なコストと時間を節約します。
拡張性
  • Web ベースの柔軟なポータル フレームワーク
  • ユーザ定義ビューの作成
  • 軽量 HTML インターフェイス
  • エンドユーザによるカスタマイズを促進することにより、運用上の管理とエンドユーザ管理の要件を満たし、他の Web ベースの管理製品と統合できるようにサポートします。
リアルタイム モニタリング
  • ダッシュボードによるリアルタイムのパフォーマンスとイベントのモニタリング
  • 統合化されたアラーム ブラウザ
  • 問題点への事前対応を促す通知により、サービスやユーザが影響を受ける前に問題をすばやく修正します。
トラブルシューティング
  • ガイド付きワークフローにより、トラブルシューティングを支援します。
  • 詳細を「ホバー オーバー」することにより、補足的なトラブルシューティング ツール、Telnet、Device Center、CiscoView への迅速なアクセスが可能になります。
  • Smart Interaction により、コンテキストに応じた Cisco Technical Assistance Center(TAC)ケースの作成や、Cisco Support Community でのコミュニケーションを実行します。
  • トラブルシューティングを簡素化し、ネットワーク関連の問題を修復するために必要な時間を短縮します。
  • 問題切り分けと修復を行うその他のツールにすばやく簡単にアクセスし、迅速に起動します。
  • Cisco Support Community のナレッジ ベースや TAC のサポートを効率的に利用できます。
構成およびコンプライアンス管理
  • 構成アーカイブと変更管理
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート
  • ダイナミック ガイド付きワークフロー
  • Cisco Smart Business Architecture テンプレート
  • 拡張可能な構成ライブラリ。新規更新、構成テンプレートは Cisco.com から追加できます。
  • カスタム構成テンプレート作成用の組み込みツール
  • HIPAA、SOX、IOS/IEC 27002、NSA、PCI、DHS、DISA、CIS などの規格に照らし合わせて規制に対するコンプライアンスを確認できるように、アップグレードすることができます。
  • 業界、企業、IT、およびテクノロジーに固有のコンプライアンス ポリシー
  • 優れた構成および変更管理機能を提供することにより、エラーが発生しやすいタスクを減らして変更をすばやく識別し、ネットワークの可用性を向上させます。
  • シスコのベスト プラクティスをすばやく確実に利用できます。
  • Cisco Validated Design によって構成変更の完全性を確実にし、エラー発生の可能性を低下させます。
  • 修正オプションによってコンプライアンス違反を迅速に可視化できるように、アップグレードすることができます。
サービスおよびライフサイクル管理レポート
  • サービスおよび機能レポート
  • 販売終了、サポート終了、契約、および PSIRT をカバーするライフサイクル管理レポート
  • ネットワーク資産の機能を可視化して、その機能で有効なさまざまなサービスを把握できます。
  • 契約管理の複雑さを軽減し、ネットワーク資産の販売終了およびサポート終了情報を可視化します。
  • PSIRT 製品速報でレポートされた脆弱性の影響を受けるデバイスを把握して対処する簡単な方法を提供します。
ワーク センター
Cisco EnergyWise
Cisco TrustSec
Auto Smartports
Smart Install
Medianet
  • Getting Started:概要と初期構成
  • ステータスとモニタリング用のダッシュボード
  • 対応状況の評価と修復
  • Day-1-to-N 管理タスク
  • シスコの最新テクノロジーの導入が簡素化されるため、専門知識がなくてもすばやく導入できます。
  • ネットワークの準備状況を詳細に評価することにより、計画の品質を向上させ、新しいテクノロジーとソリューションの導入に備えてアップグレードすることができます。
包括的なデバイス サポート
  • 600 を超えるシスコ プラットフォームの詳細なネットワーク インベントリと管理のサポート
  • 機器設置当日からのデバイス サポート
  • 出荷された当日から新しいプラットフォームを即時管理できるため、新しいデバイスを導入する際に便利ですばやいサポートが可能になります。
オープンで拡張可能なフレームワーク
  • Open Database Connectivity(ODBC)インターフェイス
  • オープンな API
  • 他のサードパーティ製管理アプリケーションと統合できます。
  • レポートその他の目的によるデータへのオープンなアクセスが可能になります。


システム要件


Cisco Prime LMS 4.2 では、表 3 のオペレーティング システムがサポートされています。

表 3 Cisco Prime LMS 4.2 のシステム要件

システムのタイプ 要件
仮想アプライアンス LMS 4.2 仮想アプライアンスには、次のいずれかの仮想化システムが必要です。
  • VMware ESX server 4.1
  • VMware vSphere Hypervisor 4.1(ESXi server 4.1)
  • VMware vSphere Hypervisor 5.0(ESXi server 5.0)
仮想アプライアンス導入におけるサーバの最小要件は、次のとおりです。
  • Cisco Prime LMS 標準仮想アプライアンス(最大 500 台のネットワーク デバイスをサポート)
    • プロセッサ:2.26 GHz 以上の仮想 CPU X 2 基
    • RAM:4 GB 以上(推奨:8 GB)
    • ハード ディスク空き容量:256 GB 以上
  • Cisco Prime LMS ミディアム仮想アプライアンス(最大 1500 台のネットワーク デバイスをサポート)
    • プロセッサ:2.26 GHz 以上の仮想 CPU X 4 基
    • RAM:8 GB 以上(推奨:12 GB)
    • ハード ディスク空き容量:256 GB 以上
  • Cisco Prime LMS ハイエンド仮想アプライアンス(最大 1500 台のネットワーク デバイスをサポート)
    • プロセッサ:2.26 GHz 以上の仮想 CPU X 8 基
    • RAM:16 GB 以上
    • ハード ディスク空き容量:256 GB 以上
    • すべての機能を使用する場合は、最大 5000 台のネットワーク デバイスをサポート。インベントリ、構成、コンプライアンス、イメージ管理、および syslog 管理機能のみを使用する場合は、最大 10,000 台のネットワーク デバイスをサポート
ソフトウェア アプライアンス LMS 4.2 ソフトウェア アプライアンス バージョンは、次の推奨ハードウェアにインストールできます。
  • Cisco Prime Network Control System(NCS)アプライアンス
  • Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS™)C250M2、C460M2
  • すべての機能を使用する場合は、最大 5000 台のネットワーク デバイスをサポート。インベントリ、構成、コンプライアンス、イメージ管理、および syslog 管理機能のみを使用する場合は、最大 10,000 台のネットワーク デバイスをサポート
Windows LMS 4.2 は、次の Windows システムをサポートしています。
  • Windows 2008 Server Standard Edition R 1(Service Pack 1 および Service Pack 2)
  • Windows 2008 Enterprise Edition R 1(Service Pack 1 および Service Pack 2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard Edition
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition
注:上記の各バージョンについては、64 ビットのオペレーティング システムのみをサポートしています。参
サーバの最小要件は、次のとおりです。
  • 最大 300 台のネットワーク デバイス
    • デュアル コア CPU X 1 基、またはシングル コア CPU X 2 基
    • 4 GB の RAM と 12 GB のスワップ領域(推奨:8 GB の RAM と 16 GB のスワップ領域)
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 最大 1000 台のネットワーク デバイス
    • デュアル コア CPU X 2 基、またはシングル コア CPU X 4 基
    • 8 GB の RAM と 16 GB のスワップ領域(推奨:12 GB の RAM と 24 GB のスワップ領域)
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 最大 2500 台のネットワーク デバイス
    • クワッド コア CPU X 2 基、またはデュアル コア CPU X 4 基
    • 16 GB の RAM と 32 GB のスワップ領域
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 2500 台を超えるデバイス
    • 8 コア CPU X 2 基、クワッド コア CPU X 4 基
    • 16 GB の RAM と 32 GB のスワップ領域
    • 120 GB のディスク空き容量
LMS 4.2 は、次の Windows 用仮想化システムをサポートしています。
  • VMware ESX Server 3.0.x
  • VMware ESX Server 3.5.x
  • VMware ESX Server 4.0.x
  • VMware ESX Server 4.1
  • VMware ESXi Server 4.0
  • VMware vSphere Hypervisor(ESXi Server 4.1)
  • VMware vSphere Hypervisor(ESXi Server 5.0)
  • Hyper V Virtualization(Windows 2008 にインストール可能なもの)
注:VMware および Hyper V 仮想化システムは、LMS 5000 および LMS 10,000 デバイス ライセンスでサポートされていません。これらのシステムは 16 基の CPU コアを必要とするため、仮想マシン(VM)インスタンスごとに割り当てることができないからです。
Solaris LMS 4.2 は、次の Solaris 10 リリースをサポートしています。
  • Solaris 10、10/09 リリース
  • Solaris 10、05/09 リリース
  • Solaris 10、10/08 リリース
  • Solaris 10、05/08 リリース
  • Solaris 10、08/07 リリース
  • Solaris 10、11/06 リリース
サーバの最小要件は、次のとおりです。
  • 最大 300 台のネットワーク デバイス
    • デュアル コア CPU X 1 基、またはシングル コア CPU X 2 基
    • 4 GB の RAM と 12 GB のスワップ領域(推奨:8 GB の RAM と 16 GB のスワップ領域)
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 最大 1000 台のネットワーク デバイス
    • デュアル コア CPU X 2 基、またはシングル コア CPU X 4 基
    • 8 GB の RAM と 16 GB のスワップ領域(推奨:12 GB の RAM と 24 GB のスワップ領域)
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 最大 2500 台のネットワーク デバイス
    • クワッド コア CPU X 2 基、またはデュアル コア CPU X 4 基
    • 16 GB の RAM と 32 GB のスワップ領域
    • 60 GB のディスク空き容量
  • 2500 台を超えるデバイス
    • 8 コア CPU X 2 基、クワッド コア CPU X 4 基
    • 16 GB の RAM と 32 GB のスワップ領域
    • 120 GB のディスク空き容量
Solaris Zones(Solaris 10 によるサポート)の要件は、次のとおりです。
  • LMS 4.2 は、デフォルトで Solaris 10 オペレーティング システムのグローバル ゾーンにインストールされます。
  • LMS 4.2 は、グローバル ゾーン以外の Whole Root ゾーンにインストールすることもできます。
  • Sparse Root ゾーンには対応していません。
  • ゾーンのサポートに関して、特別なハードウェアまたはソリューションの要件はありません。非グローバル ゾーンにインストールされても、LMS はグローバル ゾーンの場合と同様に機能します。
LMS 4.2 は、論理ドメイン(LDoms)および ZFS ファイル システムもサポートしています。
これらのオペレーティング システムにインストールされる Solaris パッチの詳細については、LMS 4.2 のインストレーション ガイドを参照してください。


サーバおよびクライアント システムの詳細な要件については、LMS 4.2 のインストレーション ガイド (http://www.cisco.com/jp/go/lms/)を参照してください。

Cisco Unified Computing System のサポート


LMS 4.2 は、UCS B シリーズ ブレード サーバ(B200-M1 または M2、および B250-M1 または M2)と C シリーズ ラック マウント サーバ(C200-M1 または M2、C210-M1 または M2、C250-M1 または M2、および Cisco UCS C460)でサポートされています。

Cisco UCS B シリーズのブレード サーバでサポートされるプロセッサは、Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズです。詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs5100/ds_list.html を参照してください。

Cisco UCS C シリーズのラック マウント サーバでサポートされているプロセッサは、Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズです。対応プロセッサは明示的に記載されています。詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_c/ds_list.html を参照してください。

サーバのサイジングの詳細については、LMS 4.2 のインストレーション ガイド(http://www.cisco.com/jp/go/lms/)を参照してください。

発注情報


Cisco Prime LMS は、Cisco Prime Infrastructure バンドルの一部として販売されます。提供開始時期、発注、アップグレード、およびライセンス オプションについては、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_infra/index.html から Cisco Prime Infrastructure の発注ガイドを参照してください。

サービスおよびサポート


シスコとそのパートナーが提供するサービス

シスコおよびパートナー各社は、テクノロジーへの投資を最大限にご活用いただけるように、スマートでパーソナライズされたサービスを提供しています。ネットワークに対する深い専門知識と幅広いパートナー エコシステムに支えられたシスコのサービスを利用することで、ネットワークを強力なビジネス プラットフォームとして計画、構築、運用できます。顧客の高い期待に応える新しい機会の迅速な獲得、運用効率の向上によるコストの削減、リスクの軽減、成長の加速など、サービスをご利用いただく理由はさまざまですが、シスコは必ずお客様に適したサービスを提供します。

テクニカル サービスのオプション


Cisco Prime Infrastructure ソフトウェア製品には、シスコによる 90 日間のソフトウェア保証が付いています。Cisco Application Support plus Upgrades(SASU)サービスを購入すると、メンテナンス リリース、マイナー アップデートやメジャー アップデート、オンライン リソース、Technical Assistance Center(TAC)のサポート サービスなど、保証に含まれないサービスもご利用いただけます。

Cisco Prime 物理アプライアンス オプションには、シスコによる 90 日間ハードウェア保証が付いています。デバイス保証に Cisco SMARTnet® サービスなどのテクニカル サービスの契約を追加すると、Cisco Technical Assistance Center(TAC)へのアクセスが可能になり、重要な業務ニーズを満たす多様なハードウェア交換オプション、ライセンス対象のオペレーティング システム ソフトウェアのアップデート、Cisco.com の豊富なナレッジ ベースとサポート ツールへの登録アクセスも提供されます。

保証の詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ を参照してください。

シスコのテクニカル サービスについては、
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/serv_category_home.html を参照してください。

Cisco Software Application Support(SAS)をご契約済みの既存の LMS のお客様は、Cisco Prime Infrastructure を使用して新しい Cisco Software Application Support plus Upgrades(SASU)へ更新することをお勧めします。

関連情報


Cisco Prime Infrastructure および Cisco Prime LAN Management Solution の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_infra/index.html を参照してください。または、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、製品マーケティング グループ(ask-lms-team@cisco.com)まで E メールでお問い合わせください。