Cisco Prime LAN Management Solution

Cisco Prime LAN Management Solution 4.1

データ シート





Cisco Prime LAN Management Solution 4.1



製品概要


Cisco Prime LAN Management Solution(LMS)は、シスコ ネットワークの構成、管理、モニタリング、およびトラブルシューティングを簡素化して、強力なネットワーク ライフサイクル管理機能を提供します。この革新的なソリューションの導入により、メディアネット、TrustSec、EnergyWise など、ビジネスに不可欠なテクノロジーのエンドツーエンドな管理が可能となります。Cisco Prime LMS 4.1 では、ユーザ エクスペリエンスが全般的に改善され、機能区分に基づいた新しいワークフローが提供されます。これらのワークフローは、ネットワーク オペレータの業務方法に合わせて調整できます。一度インストールすれば、あらかじめパッケージされたモニタリング ダッシュボードやトラブルシューティング ダッシュボードがすぐに利用可能になり、ネットワーク問題の特定および修復のために実施可能な情報が得られ、サービスに影響を与えずに済みます。また、Template Center を使用することで、かつてないほど容易にネットワークの構成や更新を実行できるようになりました。Template Center には、Cisco Validated Design に基づく Cisco Smart Business Architecture(SBA)テンプレートが組み込まれているため、簡単にプラットフォームやテクノロジーを導入することができ、エラーが生じる可能性も軽減されます。さらに、Work Center は各種のガイド付きワークフローを利用できる共通のコンポーネントです。操作手順が順番に示されるので、オペレータはメディアネット、EnergyWise、TrustSec/Identity、Auto Smartports、Smart Install など、シスコの新しい付加価値テクノロジーやソリューションのプロビジョニング、モニタリング、管理をすぐに実行できます。図 1 を参照してください。

図 1 Cisco Prime LMS 4.1

図 1 Cisco Prime LMS 4.1
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


Cisco Prime 製品の概要


企業およびサービス プロバイダー向けの管理製品で構成される Cisco Prime ポートフォリオは、ネットワーク サービス管理の基盤に基づいたシスコのアーキテクチャやテクノロジーの総合的なライフサイクル管理に対応しています。Cisco Prime 製品は、ワークフローに基づいた直観的なユーザ エクスペリエンスを基盤としており、ネットワーク サービス、インフラストラクチャ、およびエンドポイントの革新的な管理ソリューションを提供することで、IT の生産性を向上させ、運用コストを削減します。Cisco Prime の詳細については、http://www.cisco.com/go/prime/ [英語] を参照してください。

新しい管理パラダイム


個別製品の集まりだった Cisco Prime LMS は、ネットワーク管理者の業務方法に合わせて管理機能がシームレスに統合された集合体へと進化を遂げました。管理機能に基づいて製品が構成されているため、1 つの管理タスクを完了させるのに複数のアプリケーションが必要となる煩雑さが解消され、全体的なユーザ エクスペリエンスが簡素化されました。ワークフローは完全独立型で、必要な機能はすべて 1 つの機能範囲内に含まれています。表 1 は、主要な機能範囲の一覧です。

表 1 Cisco Prime LAN Management Solution の主要な機能範囲

機能範囲 説明
モニタリングとトラブルシューティング
  • エンドユーザやサービスに影響を及ぼす前に、ネットワークの問題をすばやく特定し、修復できます。
  • 集中管理型の障害およびイベント ブラウザ(統合化、syslog、トラップ、イベント、アラーム)
  • すばやいナビゲーションと「ホバーオーバー」で問題範囲を識別
  • 組み込み型のトラブルシューティング ワークフローにより、すばやく問題を切り分けて修復
  • Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)ベースのポーリングにより、可用性やパフォーマンスの問題を識別
  • メディアネット ダッシュボードを通じて、メディアネットのエンドポイントやデバイスに関する障害および可用性の統計情報を確認
  • IPSLA ビデオ操作によって、ネットワークがビデオやリッチ メディア アプリケーションに対応できるかどうかを検証
  • Smart Interaction により、コンテキストに応じたシスコ サービス リクエストの作成や Cisco Support Community の検索を実行
構成管理
  • 構成のバックアップ、ソフトウェア イメージの管理、コンプライアンス、ネットワーク デバイスの維持や更新に必要な変更管理を実行できます。
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート:Cisco Validated Design および Cisco Smart Business Architecture の推奨事項に基づいて、構成のすべてまたは一部を導入
  • 動的なガイド付きワークフローによってエラーの可能性を軽減
  • SBA テンプレートなどの拡張可能な構成ライブラリ、新規更新、構成テンプレートを、Cisco.com から簡単にダウンロード可能
  • Cisco Configuration Professional と統合されているため、Cisco Configuration Professional で生成された構成ファイルを、LMS の構成テンプレートやスケジューラを通じて複数のデバイスに導入可能
インベントリ
  • すべてのシスコ機器(シャーシ、モジュール、インターフェイス)を網羅する詳細なインベントリを提供します。
  • ディスカバリ ステータス、デバイス ステータス、ユーザ トラッキング、およびインベントリの各ダッシュボードを単一メニューから利用可能
  • 600 を超えるシスコ デバイス タイプをサポート
  • 機器設置当日からのデバイス サポートにより、プラットフォームの出荷日に新しいデバイス パッケージをダウンロード可能
レポート
  • すべてのレポートを単一メニューから利用できるので、詳細なレポートや情報へのアクセスおよびナビゲーションが簡素化されます。
  • インベントリ、EoS(販売終了)、Cisco Product Security Incident Response Team(PSIRT)、構成とコンプライアンス、ユーザ トラッキングなど、すべての Cisco Prime LMS レポートを、統合された単一のメニューから表示可能
  • 即時、毎日、毎週、または毎月のレポート スケジュールの作成や、レポートのオンライン表示とファイルまたは Comma-Separated Values(CSV)ファイルへのエクスポートを簡単に実行
ワーク センター
  • シスコの付加価値テクノロジーのエンドツーエンド ライフサイクル管理:メディアネット、EnergyWise、TrustSec/Identity、Auto Smartports、Smart Install を導入、モニタリング、管理します。
  • 開始ワークフローによって、シスコ テクノロジーのインフラストラクチャの構成と設定を簡素化
  • ダッシュボードを通じて、構成やインベントリの最新ステータスの確認や、トラブルシューティングを目的としたモニタリングが可能
管理業務
  • 強化された開始ワークフローにより、アプリケーションの設定と管理が簡素化されます。
  • アプリケーションの設定や構成などの管理機能がすべて一元化されているため、アクセスが容易


Cisco Prime LMS 4.1 を使用したボーダレス ネットワークの管理


任意のシスコ プラットフォームを好きな時に好きな場所から管理できること、新しいシスコ テクノロジーやサービスを導入できること、およびサードパーティの管理プラットフォームと統合できることは、全体的な運用コストを削減しつつ、ネットワークの可用性を向上させるために重要な機能です。Cisco Prime LMS 4.1 は、次のような点でボーダレス ネットワーク管理の簡素化に役立ちます。

運用コストを削減:従来のネットワーク管理は、その複雑さや高い保守費が大きな負担となっていました。管理ソフトウェアのインストール、プラットフォームの構成と設定、ネットワークの検出などの必須作業に加え、保守費用のかさむ複数の異なるアプリケーションが必要なこともあり、ほとんどの企業ユーザは管理作業に多大な時間とコストを費やしていました。その結果、お客様の多くはこの状況に不満を感じながらも改善をあきらめ、利用可能な機能を活用できなかったり、運用コストの全体的な削減を実現できずにいます。Cisco Prime LMS 4.1 では、ガイド付きの開始ワークフローを利用して簡単に初期設定を実行できるので、製品を稼動させるまでの所要時間が短縮されます。また、自動モニタリング機能により、インストール後ただちにリアルタイム ダッシュボードが使用可能になり、ネットワークやデバイスに関連する問題の切り分けやトラブルシューティングを実行できます。

新しいテクノロジーの導入を簡素化:シスコのハードウェア プラットフォームは、競合製品にはない独自の優れた機能を特長としています。こうした独自の機能は導入や管理が難しいため、その本来の価値が十分に活かされていない場合があります。さらに、シスコの新しいスイッチングおよびルーティング プラットフォームには、メディアネット、EnergyWise、TrustSec/Identity、Smart Install、Auto Smartports などの新機能が導入されおり、これらの機能によって、競合他社との差別化はさらに強化されます。Cisco Prime LMS は、「ワーク センター」という新たな考え方を取り入れることで、こうした新テクノロジーの導入作業を簡素化します。ワーク センターを通じ、新しいシスコ テクノロジーの導入や包括的なライフサイクル管理の作業を単一の場所から簡単に実行できます。

広範なデバイスに対応:ボーダレス ネットワークを効果的に管理するためには、デバイスがどこにあっても管理対象としてカバーできなければなりません。Cisco Prime LMS は、800 シリーズ ルータから Cisco Nexus® スイッチや CRS-1 まで、600 以上ものシスコ ハードウェア プラットフォームをサポートしています。シスコのプラットフォームをこれだけ幅広く深くサポートする製品は、業界でも類を見ません。また、Cisco Prime の機器設置当日からのデバイス サポート プログラムにより、新しいプラットフォームがシスコから出荷されると同時に、Cisco Prime LMS でそのプラットフォームを管理できるようになります。

包括的なライフサイクル管理:ボーダレス ネットワークに関連する多様なサービスを維持管理するには、コア ネットワーク インフラストラクチャや、ライフサイクル管理の日常的なタスクを処理する優れた基盤が必要です。Cisco Prime LMS には、ディスカバリ、モニタリングとトラブルシューティング、構成や変更の管理、自動修復、インベントリやコンプライアンスのレポートなど、日常的なタスクの実行に必要な機能が備わっています。

Cisco Prime LMS 4.1 の特長、機能、利点


表 2 に、Cisco Prime LMS 4.1 の特長、機能、利点を示します。

表 2 Cisco Prime LMS 4.1 の特長、機能、利点

特長 機能 利点
簡素化されたインストールとセットアップ
  • 新しい Linux ベースの仮想アプライアンスを含む、柔軟なサーバ OS サポート
  • 無人インストール
  • 開始ワークフロー
  • ガイド付きウィザード
  • 事前定義されたデフォルト設定
  • 自動モニタリング(「機器設置当日からの」デフォルト ポーリングの実行)
  • 導入時間の短縮とインストール時に多いエラーの軽減によって、迅速かつエラーのない導入を実現
  • ユーザによる操作や設定をほとんど必要としない、すぐに役立つ機能の提供
ユーザ エクスペリエンスの向上
  • Cisco Prime ユーザ インターフェイス
  • デバイスや製品の機能をすばやく検出する拡張検索機能
  • 機能指向のナビゲーションと操作
  • 既存の LMS ユーザ向けのナビゲーション補助:レガシー メニュー
  • ユーザ中心のワークフロー
  • 導入を簡易化する機能
  • 直感的で単純なユーザ エクスペリエンスを通じて重要な管理データにすばやくアクセスし、製品の理解や頻繁に使用するタスクの実行にかかる時間を短縮
  • 操作の統一とガイド付きワークフローによる迅速な投資回収(ROI)
  • ビデオ オン デマンドの機能を備えた包括的なヘルプにより、トレーニングの必要性が軽減されて製品理解に必要なコストと時間を節約
拡張性
  • Web ベースの柔軟なポータル フレームワーク
  • ユーザ定義ビューの作成
  • 軽量 HTML インターフェイス
  • 運用上の要件やエンド ユーザ管理の要件に応じたエンドユーザによるカスタマイズや、他の Web ベース管理製品との統合を実現
リアルタイム モニタリング
  • ダッシュボードによるリアルタイムのパフォーマンスおよびイベント モニタリング
  • 統合されたアラーム ブラウザ
  • 問題点への事前対応を促す通知により、サービスやユーザに影響する前に問題を迅速に解決
トラブルシューティング
  • ガイド付きワークフローによるトラブルシューティング補助
  • 補足的なトラブルシューティング ツールや Telnet、Device Center、CiscoView にすばやくアクセスできる「ホバー オーバー」機能
  • Smart Interaction:コンテキストに応じた TAC ケースの作成や Cisco Support Community の利用が可能
  • トラブルシューティングが簡素化され、ネットワーク関連問題の修復に必要な時間が短縮
  • すばやく簡単にアクセスできるため、問題の切り分けと修復を行う他のツールを迅速に起動可能
  • Cisco Support Community のナレッジ ベースや TAC のサポートを効率的に利用可能
構成
  • 構成アーカイブと変更管理
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート
  • ダイナミック ガイド付きワークフロー
  • Cisco Smart Business Architecture テンプレート
  • 拡張可能な構成ライブラリ、新規更新、構成テンプレートは Cisco.com から追加可能
  • 包括的な構成および変更管理機能により、エラーが生じやすいタスクを減らし、変更をすばやく識別してネットワークの可用性を確保
  • シスコのベスト プラクティスをすばやく確実に利用可能
  • Cisco Validated Design によって構成変更の整合性が確保され、エラーの可能性を軽減
ワーク センター
EnergyWise
TrustSec/Identity
Auto Smartports
Smart Install
メディアネット
  • 開始:概要と初期構成
  • ステータスおよびモニタリング用のダッシュボード
  • 対応状況の評価と修復
  • Day-1-to-N 管理タスク
  • シスコの最新テクノロジー導入が簡素化されるため、専門知識がなくてもすばやく導入可能
  • ネットワークの準備状況の詳細な評価により、新しいテクノロジーやソリューションの導入に向けた効果的な計画やアップグレードが可能
包括的なデバイス サポート
  • 600 を超えるシスコ プラットフォームの詳細なネットワーク インベントリと管理
  • 機器設置当日からのデバイス サポート
  • 出荷当日から新しいプラットフォームを管理できるため、新デバイスの導入後すぐに管理機能を利用してデバイスをサポート可能
オープンで拡張可能なフレームワーク
  • Open Database Connectivity(ODBC)インターフェイス
  • オープン API
  • 他のサードパーティ製管理アプリケーションとの統合が可能
  • レポート作成やその他の目的でデータへのオープンなアクセスが可能


オペレーティング システムの要件


Cisco Prime LMS 4.1 では、表 3 のオペレーティング システムがサポートされています。

表 3 Cisco Prime LMS 4.1 でサポートされるオペレーティング システム

オペレーティング システム 要件
仮想アプライアンス LMS 4.1 仮想アプライアンスには、次のいずれかの仮想化システムが必要です。
  • VMware ESX server 4.1
  • VMware vSphere Hypervisor(ESXi server 4.1)
Windows LMS 4.1 は、次の Windows システムをサポートしています。
  • Windows 2008 Server Standard Edition Release 1(Service Pack 1 および Service Pack 2)
  • Windows 2008 Enterprise Edition Release 1(Service Pack 1 および Service Pack 2)
注:上記の各バージョンについては、32 ビットと 64 ビットの両方のオペレーティング システムをサポートしています。
  • Windows Server 2008 R2 Standard Edition
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition
注:上記の各バージョンについては、64 ビットのオペレーティング システムのみをサポートしています。
LMS 4.1 は、次の Windows 用仮想システムをサポートしています。
  • VMware ESX server 3.0.x
  • VMware ESX Server 3.5.x
  • VMware ESX Server 4.0.x
  • VMware ESX Server 4.1
  • VMware ESXi Server 4.0
  • VMware vSphere Hypervisor(ESXi Server 4.1)
  • Hyper V Virtualization(Windows 2008 にインストール可能なもの)
注:LMS 5000 および LMS 10,000 デバイス ライセンスでは、VMware および Hyper V 仮想化システムはサポートされません。
注:CiscoWorks LAN Management Solution 4.1 は次のロケールのみサポートします。
  • US-English
  • 日本語
Solaris LMS 4.1 は、次の Solaris 10 リリースをサポートしています。
  • Solaris 10、10/09 リリース
  • Solaris 10、05/09 リリース
  • Solaris 10、10/08 リリース
  • Solaris 10、05/08 リリース
  • Solaris 10、08/07 リリース
  • Solaris 10、11/06 リリース
Solaris Zones(Solaris 10 によるサポート)
  • LMS 4.1 は、デフォルトで Solaris 10 オペレーティング システムのグローバル ゾーンにインストールされます。
LMS 4.1 は、グローバル ゾーン以外の Whole Root ゾーンにインストールすることもできます。
Sparse Root ゾーンには対応していません。
ゾーンのサポートに関して、特別なハードウェアまたはソリューションの要件はありません。非グローバル ゾーンにインストールされても、LMS はグローバル ゾーンの場合と同様に機能します。
LMS 4.1 は、Logical Domain(LDOM; 論理ドメイン)および ZFS ファイル システムもサポートしています。
これらのオペレーティング システムにインストールされる Solaris パッチについては、LMS 4.1 のインストレーション ガイドを参照してください。
注:このリリースには、Linux ベースの仮想アプライアンスが導入されています。これに伴って、今後の Cisco Prime LMS リリースでは、Solaris オペレーティング システムのサポートが廃止されます。この製品の Solaris バージョンを使用中のお客様は、今後の移行に備えて仮想アプライアンス バージョンの検証をご検討ください。


サーバおよびクライアント システムの要件については、LMS 4.1 のインストレーション ガイド(http://www.cisco.com/go/lms/)[英語] を参照してください。

Cisco Unified Computing System(UCS)のサポート


Cisco Prime LMS 4.1 は、Cisco Unified Computing System(UCS)B シリーズ ブレード サーバ(B200-M1/M2 および B250-M1/M2)と C シリーズ ラックマウント サーバ(C200-M1/M2、C210-M1/M2、C250-M1/M2、および UCS C460)でサポートされています。UCS ブレード サーバおよびラックマウント サーバにおけるサーバ要件は、Windows システムにおけるサーバ要件と同じです。

UCS B シリーズのブレード サーバでサポートされるプロセッサは、Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズです。詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_b/prodlit/data_sheet_c78-524797.html を参照してください。

UCS C シリーズのラックマウント サーバでサポートされているプロセッサは、Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズのプロセッサです。対応プロセッサは明示的に記載されています。詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_c/ds_list.html を参照してください。

LMS 4.1 のインストレーション ガイド(http://www.cisco.com/go/lms/)[英語] も参照してください。

発注情報


Cisco Prime LMS 4.1 は、世界各国の正規シスコ製品販売チャネルを通じて購入いただけます。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

Cisco Prime LMS 4.1 の提供開始時期、発注、ライセンス オプションについては、Cisco Prime LMS 4.1 の製品速報(http://www.cisco.com/go/lms/)[英語] を参照してください。

サービスとサポート


シスコとそのパートナーが提供するサービス

シスコおよびパートナー各社は、テクノロジーへの投資を最大限にご活用いただけるように、スマートでパーソナライズされたサービスを提供しています。ネットワークに対する深い専門知識と幅広いパートナー エコシステムに支えられたシスコのサービスを利用することで、ネットワークを強力なビジネス プラットフォームとして計画、構築、運用できます。顧客の高い期待に応える新しい機会の迅速な獲得、運用効率の向上によるコストの削減、リスクの軽減、成長の加速など、サービスをご利用いただく理由はさまざまですが、シスコは必ずお客様に適したサービスを提供します。

保証範囲とテクニカル サービスのオプション


Cisco Prime LMS 4.1 には、シスコによる 90 日間のソフトウェア保証が付いています。アプリケーション サポート サービスを購入すると、メンテナンス アップデートやマイナー アップデート、オンライン リソース、Technical Assistance Center のサポート サービスなど、保証に含まれないサービスもご利用いただけます。表 4 に、Cisco Prime LMS 4.1 で利用できるテクニカル サービスを示します。

保証の詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ [英語] をご覧ください。

シスコのテクニカル サービスについては、http://www.cisco.com/jp/go/services/ を参照してください。

表 4 Cisco Prime LMS 4.1 のシスコ テクニカルサービス

テクニカル サービス
Cisco Software Application Support(SAS)
  • アプリケーション ソフトウェアのメンテナンス アップデートとマイナー アップデート
  • アプリケーション ソフトウェアのエキスパートである Cisco TAC エンジニアへの世界各地からの 24 時間アクセス
  • Cisco.com の豊富なリソース、コミュニティ、ツールへの無制限のアクセス


関連情報


Cisco Prime LAN Management Solution の詳細については、http://www.cisco.com/go/lms/ [英語] を参照してください。または、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、製品マーケティンググループ(ask-lms-team@cisco.com)まで E メールでお問い合わせください。