Cisco Prime LAN Management Solution

CiscoWorks LAN Management Solution 4.0

データ シート





CiscoWorks LAN Management Solution 4.0



製品の概要


CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)は、シスコのネットワークの設定、管理、モニタリング、およびトラブルシューティングを簡素化する、統合型管理機能スイートです。CiscoWorks LMS を使用することにより、オペレータはネットワーク内部のどこからでも、いつでもアクセス可能なブラウザベースのインターフェイスを使用して、ネットワークを管理することができるようになります。CiscoWorks LMS 4.0 は、ユーザ エクスペリエンス全般を向上させたメジャー リリースで、ネットワーク オペレータが業務を行う方法に合わせた機能区分に基づくワークフローを提供します。一度インストールすれば、モニタリング ダッシュボードやトラブルシューティング ダッシュボードがすぐに利用可能になり、ネットワーク問題の特定および修復のために実施可能な情報が得られ、サービスに影響を与えずに済みます。新しい Template Center を使用することで、ネットワークの設定と更新の展開はこれまでになく容易になりました。Template Center には、Cisco.com から最新の設定テンプレートをダウンロードするためのリンク、および Cisco Validated Design が組み込まれており、これらによってプラットフォームやテクノロジーの展開を容易にし、エラーの発生機会を減少させることができます。新しい「ワーク センター」では、一つの場所で EnergyWise、TrustSec/Identity、Auto Smartport、Smart Install などのシスコの新しい付加価値テクノロジーをすばやくプロビジョニングし、モニタし、管理できるよう、ガイド付きのワークフローにわかりやすく手順が示されます。図 1 を参照してください。

図 1 CiscoWorks LMS 4.0 ホーム ページ

図 1 CiscoWorks LMS 4.0 ホーム ページ

CiscoWorks LMS は、CiscoWorks ファミリ製品の一部で、タスクの自動化、簡素化、統合化を通じて IT 組織の効率を向上させる、包括的なネットワーク管理ソリューションです。CiscoWorks LMS は、電子的にまたは物理メディア(DVD)として配布され、Windows および Solaris の両方のオペレーティング システムをサポートします。

新しい管理パラダイム

個別製品の集まりだった CiscoWorks LMS 4.0 は、ネットワーク管理者が業務を行う方法に基づいて管理機能をシームレスに統合した集合体へと進化を遂げました。管理機能に基づいて製品をまとめることにより、特定の管理タスクを完了するために複数のアプリケーションを使用する必要性が減少し、全体的なユーザ エクスペリエンスが簡素化されています。ワークフローは完全独立型で、必要な機能はすべて 1 つの機能範囲内に含まれています。表 1 は、主要な機能範囲の一覧です。

表 1 CiscoWorks LAN Management Solution 4.0 の主要な機能範囲

機能範囲 説明
モニタリングとトラブルシューティング エンドユーザやサービスに影響を及ぼす前に、先手を打ってすばやくネットワーク問題を切り分けて修復します。
  • 中央集中型の障害およびイベント ブラウザ(統合、syslog、トラップ、イベント、アラーム)。
  • すばやいナビゲーションと「ホバーオーバー」で問題範囲を識別。
  • すばやく問題を切り分けて修復するための、組み込みのトラブルシューティング用ワークフロー。
  • 可用性とパフォーマンスの問題を識別するための、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)ベースのポーリング。
  • 詳細なパフォーマンス分析とトラブルシューティング(パケット段階でのデコード、プロトコル解析、Top Talkers など)を行うための、Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)との統合。
構成管理 構成のバックアップ、ソフトウェア イメージの管理、コンプライアンス(法令順守)、ネットワーク デバイスの維持と更新に必要な変更管理。
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート - Cisco Validated Design の推奨事項に基づく全構成または部分構成の展開。
  • ダイナミックなガイド付きワークフローによる、エラー発生の可能性減少。
  • 拡張可能な構成ライブラリ、新規更新、構成テンプレートは Cisco.com から簡単にダウンロード可能。
  • Cisco Configuration Professional との統合は、マルチデバイスの Cisco Configuration Professional で生成された構成ファイルの導入を支援し、LMS 構成テンプレートおよびスケジューラを活用します。
インベントリ すべてのシスコ機器の詳細かつ徹底したインベントリ(シャーシ、モジュール、インターフェイス)。
  • ディスカバリ ステータス、デバイス ステータス、ユーザ トラッキング、およびインベントリの各ダッシュボードの単一メニューを提供。
  • 560 を超えるシスコ デバイス タイプのサポート。
  • 「機器設置当日からのデバイス サポート」により、プラットフォームが出荷された当日から新しいデバイス パッケージのダウンロードが可能です。
レポート すべてのレポートが単一メニュー内に集中しており、詳細なレポートおよび情報へのアクセスとナビゲーションが簡素化されます。
  • インベントリ、EoS(販売終了)、Cisco Product Security Incident Response Team(PSIRT)、構成とコンプライアンス、ユーザ トラッキング、その他すべての CiscoWorks レポートは、統合されたメニューに表示されます。
  • レポートは、即時、日ごと、週ごと、月ごとに実行するように簡単にスケジュール可能で、オンラインで表示したり、ファイルまたは CSV(Comma-Separated Values)ファイルにエクスポートすることが可能です(オプション)。
ワーク センター シスコの付加価値テクノロジーのエンドツーエンド「ライフサイクル」管理 - EnergyWise、TrustSec/Identity、Auto Smartport、Smart Install の導入、モニタリング、および管理。
  • 開始ワークフローを使用して、シスコ テクノロジーのインフラストラクチャの構成と設定を簡素化できます。
  • ダッシュボードを使用して、構成やインベントリの最新ステータスを知ることができるほか、トラブルシューティング目的のモニタリングを行うことができます。
管理業務 強化された開始ワークフローにより、アプリケーションの設定と管理が簡素化されます。
  • アプリケーションの設定と構成の管理機能はすべて集中化されており、アクセスが容易です。


CiscoWorks LMS 4.0 を使用したボーダレス ネットワークの管理


新しいシスコ テクノロジーとサービスを導入するために、任意のシスコ プラットフォームをいつでもどこででも管理し、サードパーティの管理プラットフォームと統合する機能は、全体的な運用コスト(OpEx)を削減し、ネットワークの可用性を向上させるために重要です。CiscoWorks LMS は、次のような方法でボーダレス ネットワーク管理の簡素化を促進します。

運用コストの削減:従来のネットワーク管理は、複雑すぎることや保守費がかさむことに悩まされてきました。管理ソフトウェアのインストール、プラットフォームの構成と設定、ネットワークのディスカバリなどの必要な作業に、メンテナンス費用のかさむ複数の異なるアプリケーションが必要なことが相まって、ほとんどの企業ユーザにとってネットワーク管理は時間とコストが非常に多くかかるものとなっています。その結果、顧客の多くはあきらめるか、利用可能な機能を活用できず、全体の運用コスト削減を実現できないままです。CiscoWorks LMS 4.0 では、ガイド付きの開始ワークフローを利用して初期設定を簡素化し、製品が運用可能になるまでの所要時間を削減できます。自動監視機能により、インストール後ただちにリアルタイム ダッシュボードでネットワークやデバイスに関連する問題をすばやく切り分け、トラブルシューティングを行うことができ、すぐに役立ちます。

新しいテクノロジーの導入を簡素化:シスコは、競合他社とのさらに明確な差別化を実現する、ハードウェア プラットフォームの最高の機能と能力を提供します。差別化された機能の導入や管理の難しさから、十分に活用できていないお客様もいらっしゃいます。シスコの新しいスイッチング プラットフォームの発表に伴い、EnergyWise、TrustSec/Identity、Smart Install、Auto Smartport などの新機能が導入されており、これらの機能によってシスコは競合他社に対してさらに差別化されます。CiscoWorks は、「ワーク センター」と呼ばれる新概念を使用して、これらの新テクノロジーの導入を簡素化します。ワーク センターを使用することで、新しいシスコ テクノロジーの導入と充実したライフサイクル管理を、単一の統合化されたユーザ エクスペリエンスで行うことができます。

包括的な対応デバイス範囲:ボーダレス ネットワークを効果的に管理するためには、デバイスの設置場所にかかわらず、対応デバイスの範囲が重要です。CiscoWorks は、800 シリーズのルータから CRS-1 までの全製品を含む、560 を超えるさまざまなシスコのハードウェア プラットフォームをサポートしています。シスコのプラットフォームをこれだけ幅広く深くサポートする製品は、業界でも他にありません。CiscoWorks LMS の「機器設置当日からのデバイス サポート」プログラムに従い、シスコから新プラットフォームが出荷されると同時に、CiscoWorks の管理機能を利用することができます。

充実したライフサイクル管理:ボーダレス ネットワークに関連する多くのサービスを維持管理するには、核となるネットワーク インフラストラクチャ、およびライフサイクル管理に関する日々のタスクを処理する優れた基盤が必要です。CiscoWorks LMS には、ディスカバリ、モニタリングとトラブルシューティング、構成と変更の管理、自動修復、インベントリとコンプライアンス レポートなど、日々のタスクの実行に必要な機能が備わっています。

CiscoWorks LMS 4.0 の特長、機能、利点


表 2 に示すのは、CiscoWorks LMS 4.0 の特長、機能、利点です。

表 2 CiscoWorks LMS 4.0 の特長、機能、利点

特長 機能 利点
簡素化されたインストール
  • 開始ワークフロー
  • ガイド付きウィザード
  • 無人インストール
  • 事前定義されたデフォルト設定
  • 自動モニタリング(「機器設置当日からの」デフォルト ポーリングの実行)
  • 導入時間を短縮し、インストールに通常伴うエラーを減らして、迅速でエラーのない導入を実現
  • わずかなユーザ操作と設定で、すぐに役立つ機能の提供
ユーザ エクスペリエンスの向上
  • 効率化されたユーザ インターフェイスとユーザ エクスペリエンス - メガメニュー
  • デバイスや製品機能をすばやく見つけ出す新しい「検索」
  • 機能指向のナビゲーションと操作
  • 既存の LMS ユーザ向けナビゲーション補助 - レガシー メニュー
  • ユーザ中心のワークフロー
  • 導入のしやすさを向上させる機能
  • 重要な管理データに素早くアクセスできる直感的で単純なユーザ エクスペリエンスにより、製品を理解したり、頻繁に使用するタスクを実行したりするために必要な時間を削減
  • 操作の統一とガイド付きワークフローによる迅速な投資回収(ROI)
  • ビデオ オン デマンドを装備した包括的なヘルプによる、トレーニングの必要性減少と製品理解に必要なコストと時間の節約
拡張性
  • Web ベースの柔軟なポータル フレームワーク
  • ユーザ定義ビューの作成
  • 軽量 HTML インターフェイス
  • エンドユーザによるカスタマイズを促進することにより、運用上およびエンドユーザ管理の要件を満たし、また他の Web ベースの管理製品との統合が可能に
リアルタイム モニタリング
  • ダッシュボードによるリアルタイムのパフォーマンスとイベントのモニタリング
  • 統合化されたアラーム ブラウザ
  • 問題点への事前対応を促す通知により、サービスやユーザに影響する前に問題を迅速に解決
トラブルシューティング
  • ガイド付きフローによるトラブルシューティング補助
  • 「ホバー オーバー」により、補足的なトラブルシューティング ツール、Telnet、Device Center、CiscoView にすばやいアクセスが可能
  • トラブルシューティングの簡素化、ネットワーク関連の問題を修復するために必要な時間の短縮
  • 問題切り分けと修復用の他のツールをすばやく起動するための、早く簡単なアクセス
構成
  • シスコのベスト プラクティス構成テンプレート
  • ダイナミック ガイド付きワークフロー
  • 拡張可能な構成ライブラリ。新規更新、構成テンプレートは Cisco.com から追加可能
  • 優れた構成および変更管理を提供することにより、エラーを起こしやすいタスクを減らし、変更をすばやく識別してネットワークの可用性を向上
  • Cisco Validated Design によって構成変更の完全性を確実にし、エラーの発生機会を削減
ワーク センター
  • 開始 - 概要と初期構成
  • ステータスとモニタリング用ダッシュボード
  • 対応状況の評価と修復
  • 機器設置当日から運用終了までの管理タスク
  • EnergyWise、TrustSec/Identity、Auto Smartport、Smart Install など、シスコの新しい付加価値テクノロジーの導入を簡素化することによる、所要時間とコストの削減
  • ネットワークの準備状況を詳細に評価することにより、計画の品質を向上させ、新テクノロジーとソリューション導入に備えたアップグレードが可能
包括的なデバイス サポート
  • 560 を超えるシスコ プラットフォームの詳細なネットワーク インベントリと管理のサポート
  • 機器設置当日からのデバイス サポート
  • 出荷された当日から新しいプラットフォームを即時管理できることで、新デバイス導入の際に素早く役に立ち、サポートすることが可能
オープンで拡張可能なフレームワーク
  • Open Database Connectivity(ODBC)インターフェイス
  • オープンな API
  • 他のサードパーティ製管理アプリケーションとの統合が可能
  • レポートその他の目的でデータへのオープンなアクセスが可能

  • オペレーティング システムの要件


    CiscoWorks LMS 4.0 は、次のようなオペレーティング システムをサポートしています。

    • Solaris
      • Solaris 10(11/06、08/07、05/08、10/08、05/09、および 10/09 リリース)

    CiscoWorks LMS 4.0 は、デフォルトでは Solaris 10 オペレーティング システムのグローバル ゾーンにインストールされます。CiscoWorks LMS 4.0 は、Whole Root の非グローバル ゾーンにもインストールすることができます。CiscoWorks LMS 4.0 は論理ドメイン(LDoms)および ZFS ファイル システムもサポートしています。ゾーンおよびパッチの最新情報については、Solaris 10 および Solaris パッチにおけるゾーンベースの仮想化(http://www.cisco.com/go/lms/ [英語])を参照してください。

    • Windows
      • Windows Server 2003 Standard Edition(サービス パック 2)
      • Windows Server 2003 Enterprise Edition(サービス パック 2)
      • Windows Server 2003 Standard Edition R2(サービス パック 2)
      • Windows Server 2003 Enterprise Edition R2(サービス パック 2)
      • Windows Server 2008 Standard および Enterprise Editions Release 1(サービス パック 1 および 2)

    上記の各バージョンでは、32 ビットおよび 64 ビット両方のオペレーティング システムをサポートしています。

    注:CiscoWorks LAN Management Solution 4.1 は次のロケールのみサポートします。

    • US-English
    • 日本語
    • 仮想化システム1
      • VMware ESX Server 3.0.1
      • VMware ESX Server 3.5.0
      • VMware ESX 4.0
      • VMware ESXi 4.0
      • Hyper-V による仮想化

    表 3 と 4 は、サーバとクライアントそれぞれのシステム要件です。システム構成はすべて最大負荷で試験済みです。パフォーマンスは、CPU のクロック速度とサーバにインストールされ実行されているアプリケーション機能によって異なります。試験の結果、Microsoft Windows では、マルチコア CPU またはシングルコアのマルチ CPU はともに似たようなパフォーマンス特性を示すのに対し、Solaris サーバでは、マルチ CPU の方がマルチコアよりも優れたパフォーマンスを示しました。詳細については、LMS 4.0 大規模展開ガイド(http://www.cisco.com/go/lms/ [英語])を参照してください。

    表 3 CiscoWorks LMS 4.0 システム要件:サーバ

    製品番号(SKU) Solaris
    (推奨するメモリとハードウェア)
    Microsoft Windows
    (推奨するメモリとハードウェア)
    CWLMS-4.0-SBE-K92
    CWLMS-4.0-100-K9
    サポート対象外 デュアル コア 1 CPU またはシングル コア 2 CPU、4 GB のメモリと 8 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、32 または 64 ビット OS
    CWLMS-4.0-300-K9 デュアル コア 1 CPU またはシングル コア 2 CPU、4 GB のメモリと 8 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、32/64 ビット デュアル スタック OS デュアル コア 1 CPU またはシングル コア 2 CPU、4 GB のメモリと 8 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、32 または 64 ビット OS
    CWLMS-4.0-750-K9 デュアル コア 2 CPU またはシングル コア 4 CPU、8 GB のメモリと 16 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、32/64 ビット デュアル スタック OS デュアル コア 2 CPU またはシングル コア 4 CPU、8 GB のメモリと 16 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、32 または 64 ビット デュアル OS
    CWLMS-4.0-1.5K-K9 デュアル コア 2 CPU またはシングル コア 4 CPU、8 GB のメモリと 16 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、64 ビット デュアル OS デュアル コア 2 CPU またはシングル コア 4 CPU、8 GB のメモリと 16 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、64 ビット デュアル OS
    CWLMS-4.0-2.5K-K9 クワッド コア 2 CPU またはデュアル コア 4 CPU、16 GB のメモリと 32 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、64 ビット OS クワッド コア 2 CPU またはデュアル コア 4 CPU、16 GB のメモリと 32 GB のスワップ領域、60 GB のディスク空き領域、64 ビット OS
    CWLMS-4.0-5K-K9
    CWLMS-4.0-10K-K93
    8 コア 2 CPU またはクワッド コア 4 CPU、16 GB のメモリと 32 GB のスワップ領域、120 GB のディスク空き領域、64 ビット OS 8 コア 2 CPU またはクワッド コア 4 CPU、16 GB のメモリと 32 GB のスワップ領域、120 GB のディスク空き領域、64 ビット OS
    サポートするプロセッサ
    • UltraSPARC IIIi プロセッサ
    • UltraSPARC IV プロセッサ
    • UltraSPARC IV+ プロセッサ
    • UltraSPARC T1 プロセッサ
    • UltraSPARC T2 プロセッサ
    • UltraSPARC T2+ プロセッサ
    • SPARC64 VI プロセッサ
    • Sparc64 VII プロセッサ

    注:プロセッサのクロック速度は最低でも 1.35 Ghz 以上が必要です
    Intel プロセッサ
    • Intel Xeon プロセッサ
    • Intel Core Duo プロセッサ T2600 - T2300
    • Intel Itanium プロセッサ(32 ビット OS のみ、1.7 Ghz 以上の CPU)
    • Intel-VT プロセッサ(VMware に最適化されたハードウェア)
    • Intel Xeon プロセッサ 5400 シリーズ
    • Intel Xeon プロセッサ 5300 シリーズ
    • Intel Xeon プロセッサ 7300 シリーズ
    • Intel Xeon プロセッサ 5500 シリーズ
    • Intel Xeon プロセッサ 5600 シリーズ
    AMD プロセッサ
    • Dual-Core AMD Opteron プロセッサ
    • AMD Opteron プロセッサ
    • AMD Athlon 64 FX プロセッサ
    • AMD Athlon 64 X2 Dual-Core
    • AMD -V

    注:プロセッサのクロック速度は最低でも 2.33 Ghz 以上が必要です。


    表 4 システム要件:クライアント

    説明 仕様
    メモリ 2 GB
    ハードウェアおよびソフトウェア
    • 2.33 Ghz 以上の CPU で実行するシングル CPU の Windows 互換システム
      • サービス パック 2 を適用した Windows Server 2003 Standard および Enterprise Edition(32 および 64 ビット)
      • サービス パック 2 を適用した Windows Server 2003 Standard R2 および Enterprise R2 Edition(32 および 64 ビット)
      • Windows XP(サービス パック 3)
      • サービス パック 1 およびサービス パック 2 を適用した Windows Server 2008 Standard および Enterprise Edition(32 および 64 ビット)
      • Windows 7(32 および 64 ビット)
    ブラウザ
    • Internet Explorer 7.0(Windows 7.0 OS を除く)
    • Internet Explorer 8.0
    • Windows 版 Firefox 3.6
    注:32 ビット版ブラウザのサポートのみ
    Java プラグイン
    • Java プラグイン バージョン 1.6.0_19 以降 1.6 アップデートのみ


    Cisco Unified Computing System(UCS)のサポート


    LMS 4.0 は、UCS B シリーズ ブレード サーバ(B200-M1 または M2、および B250-M1 または M2)および C シリーズのラック マウント サーバ(C200-M1 または M2、C210-M1 または M2、および C250-M1 または M2)でサポートされています。Cisco UCS サーバのサーバ要件は、上記の表 3 で Windows サーバの要件として指定されている項目と同じです。

    UCS B シリーズのブレード サーバでサポートされるプロセッサは、Intel Xeon 5500 シリーズのプロセッサです。詳細は次のリンク先の UCS データ シートを参照してください。

    http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_b/prodlit/data_sheet_c78-524797.html

    UCS C シリーズのラック マウント サーバでサポートされているプロセッサは、Intel Xeon 5500 シリーズのプロセッサです。対応プロセッサは明示的に述べられています。詳細は次のリンク先のデータ シートを参照してください。

    http://www.cisco.com/en/US/products/ps10493/products_data_sheets_list.html [英語]

    発注情報


    CiscoWorks LMS 4.0 は、通常のシスコのセールスと世界各国の流通経路を通じて購入できます。シスコ製品の購入方法については、「購入案内」を参照してください。

    CiscoWorks LMS のライセンス オプションについては、CiscoWorks LMS 製品速報(http://www.cisco.com/go/lms/ [英語])を参照してください。

    サービスおよびサポート


    シスコとそのパートナーは、シスコのライフサイクル サービスの考え方に基づいて、ネットワークの事業価値と投資回収率(ROI)を高めるために役立つ幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。このアプローチでは、シスコのテクノロジーの適切な導入と運用、およびネットワークの各ライフサイクルにおけるパフォーマンスの最適化に必要な最小限のアクティビティ セットを、テクノロジーとネットワークの複雑さに応じて定義します。

    関連情報


    CiscoWorks LAN Management Solution の詳細については、http://www.cisco.com/go/lms/ [英語] のリンク先を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、プロダクト マーケティング グループのアドレス(ask-lms-team@cisco.com)まで電子メールをお送りください。


    1:CWLMS-4.0-10K-K9(10,000 デバイス)SKU は、VMware および Hyper-V のサポート対象外です。
    2:CiscoWorks 4.0 Small Business Edition(デバイスが 50 以下のネットワーク用)
    3:CWLMS-4.0-10k-K9 でモニタリングとトラブルシューティング機能を有効にする場合は、マルチサーバの導入が必要になります。CiscoWorks LMS 4.0 の大規模導入についてのホワイト ペーパー(http://www.cisco.com/go/lms/ [英語])を参照してください。