Cisco Unified Video Advantage

Cisco Unified Video Advantage 2.2


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Unified Video Advantage 2.2



Cisco® Unified Video Advantage は、Cisco Unified IP Phone ユーザのコミュニケーションにビデオ機能を提供します。Cisco Unified Video Advantage を使用すると、ビデオ テレフォニーを通常の電話のように簡単に利用できます。


シスコ ユニファイド コミュニケーションは、固定およびモバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合し、企業や政府機関など組織の作業環境を問わずにメディア リッチなコラボレーションを可能にします。これらのアプリケーションはいずれもネットワークをプラットフォームとして使用し、意思決定の迅速化、取引時間の短縮などを通して競争力を高めます。ネットワークのセキュリティ、復元力、スケーラビリティが向上すれば、使用するデバイスやオペレーティング システムに関係なく、あらゆる職場のユーザがいつでもどこでも、どんなメディアにも簡単に接続できるようになります。シスコ ユニファイド コミュニケーションは、ネットワーク インフラストラクチャ、セキュリティ、ワイヤレス、管理アプリケーション、ライフサイクル サービス、柔軟な導入、アウトソース管理オプション、サードパーティ製アプリケーションなど、すべてを網羅する包括的ソリューションです。

フェイスツーフェイスのインタラクティブ コミュニケーション


Cisco Unified Video Advantage を使用すると、Cisco Unified IP Phone(Cisco Unified IP Phone 6900 および 7900 シリーズ モデルと、Cisco IP Communicator ソフトウェア アプリケーション)でビデオ テレフォニー機能を利用できます。

このビデオ テレフォニー ソリューションは、Cisco Unified Video Advantage ソフトウェアと Cisco VT Camera III(ビデオ テレフォニー対応 USB カメラ)で構成され、ユーザが、通常の電話機のインターフェイスを使用して Cisco Unified IP Phone からコールを発信すると、ボタンを押したりマウスをクリックしたりしなくても、コールに連動したビデオが PC 上に表示されます。

Cisco Unified Communications Manager に Cisco Unified Video Advantage 対応の電話機を登録すると、IP ビデオフォンのすべての機能を利用できます。また、Cisco Unified Communications Manager がサポートしているすべてのビデオ エンドポイントで通話可能です。システム管理者は、他の Cisco Unified IP Phone と同じように、Cisco Unified Video Advantage を搭載した Cisco Unified IP Phone をプロビジョニングできるため、導入と管理は非常に簡単です。企業のお客様は、コスト効率の高い、スケーラブルで、ビジュアルなインタラクティブ IP コミュニケーション ソリューションを利用できます。

主な機能と利点


Cisco Unified Video Advantage は、ビデオ テレフォニーのコールを通常の電話とまったく同様に扱うことができる画期的な製品です。自動転送、コール転送、会議、保留などの機能をビデオでも使用でき、それらすべての機能を Cisco Unified IP Phone から開始できます。IP テレフォニーと IP ビデオ テレフォニーは、単一のシスコ ユニファイド コミュニケーション インフラストラクチャが提供する統一されたダイヤル プランと共通のディレクトリを使用して、すべての従業員に展開できます。

Cisco Unified Video Advantage でのビデオ コーデックと帯域幅の選択は、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Business Edition、または Cisco Unified Communications Manager Express によって完全に制御されるため、ユーザはビデオ機能や設定に関する特別な経験や知識を習得する必要がありません。また、コールの相手側がビデオ エンドポイントなのか電話機なのかを事前に確認する必要がなくなります。

デスクトップでインタラクティブなフェイスツーフェイス コミュニケーションを行うことで、生産性とコミュニケーションの質が向上し、ビジネスの意思決定が合理化され、チームワークが強化されます。実際に会って会議を行う必要性が少なくなるため、Cisco Unified Video Advantage を使用する企業は、出張費を節約したり、勤務形態を多様化できるだけでなく、会議のための移動による二酸化炭素排出量も削減できます(図 1 を参照)。Cisco Unified Video Advantage は、高度なコミュニケーション モードに対応するように設計されている一方で、既存のユニファイド コミュニケーションへの投資も保護します。

図 1 ローカルとリモートの画面図 1 ローカルとリモートの画面

図 1 ローカルとリモートの画面


最適化されたビジネス コミュニケーション


Cisco Unified Video Advantage は、今日の IP コミュニケーションで使用できる最新のテクノロジーと拡張機能を搭載しています。企業は IP ネットワークを最大限に活用して、エンタープライズクラスの音声やビデオを組織内のすべてのユーザにまで拡張できます。Cisco Unified Video Advantage は、システム機能の進歩に伴って拡張できるように設計されたダイナミックなソリューションです。

Cisco Unified Video Advantage の機能


Cisco Unified Video Advantage は、使いやすいボタン操作により、豊富な機能を容易に利用できます。

  • 使用する電話機の選択:Cisco Unified Video Advantage のビデオ コールは、Cisco Unified IP Phone と Cisco IP Communicator のどちらからでも発信できます。
  • カメラのオン/オフ:カメラをオフにして、「受信のみ」に切り替えられます。
  • ビデオのプレビュー:コールを発信または受信する前に、ビデオの映り具合を確認できます。
  • ビデオ送信の確認:オプションとしてビデオ送信前に確認メッセージを表示できます。
  • 音声ミュート時のビデオ ミュート オプション:電話の音声をミュート状態にすると、音声のミュートが解除されるまでビデオも自動的にミュート状態になります。
  • ビデオ コントロールへの簡単なアクセス:コンソール、ビデオ ウィンドウ オプション、およびビデオ ウィンドウの位置を表示するコントロールに、ビデオ ウィンドウから簡単にアクセスできます。
  • ビデオ信号インジケータ:着信および発信ビデオ信号の品質が、グラフィカルに表示されます(図 2 を参照)。
  • 接続およびステータス インジケータ:関連付けられている電話機およびカメラへの接続状態とアベイラビリティがグラフィカルに表示されます。ミュート状態のコールやビデオ使用不可の状態なども表示されます。
図 2 Cisco Unified Video Advantage のコンソール

図 2 Cisco Unified Video Advantage のコンソール


ビデオ機能


Cisco Unified Video Advantage は、実績ある IP ビデオ テレフォニー パートナーが提供する、ほとんどのサードパーティ製 H.323 ビデオ ターミナルと相互動作が可能です。また、次のビデオ機能も提供します。

  • H.263 および H.264 ビデオ コーデック:50 kbps 〜 1.5 Mbps のビット レート
  • ビデオ形式(1 秒あたり最大 30 フレーム):352 × 288、320 × 240、176 × 144、および 160 × 120

Windows XP を使用する場合のコンピュータの最小要件


  • Windows XP Professional(Service Pack 3)
  • Pentium P4 互換プロセッサー 2.4 GHz 以上(Streaming Single Instruction Multiple Data [SIMD] Extensions のサポートが必要)、P4 2.8 GHz 以上を推奨
  • 最小 512 MB の RAM、(1 GB 以上を推奨)
  • 200 MB のディスク空き容量
  • 解像度 800 × 600、16 ビット カラー以上のビデオ対応グラフィックス カード(解像度 1024 × 768、16 ビット カラー以上を推奨)
  • USB 2.0
  • Cisco VT Camera III またはサードパーティ製 USB カメラ
  • 10/100/1000BASE-T イーサネット ケーブルによる Cisco Unified IP Phone PC ポートとの接続

Microsoft Vista を使用する場合のコンピュータの最小要件


  • Microsoft Vista Business Edition、Enterprise Edition、または Ultimate Edition
    • Windows エクスペリエンス インデックスのスコアが 3 以上の Windows Vista Premium-Ready PC(Microsoft Vista USB 2.0 についての詳細は、Microsoft の Web サイトを参照してください)。

システムの最小要件


  • Cisco Unified Communications Manager
    • 4.3
    • 6.0、6.1
    • 7.0、7.1
    • 8.0
  • Cisco Unified Communications Manager Express
    • 4.0 [IOS 12.4(4.XC4)]
    • 4.1 [IOS 12.4(15)T]
  • 次に示すビデオ対応 Cisco Unified IP Phone のアクセス ポートに接続され、Cisco Unified Video Advantage が搭載された PC*
    • Cisco Unified IP Phone 7940 シリーズ
    • Cisco Unified IP Phone 7960 シリーズ
    • Cisco Unified IP Phone 7970 シリーズ
    • Cisco Unified IP Phone 6921、6941、6961 モデル**

注: Cisco Unified Video Advantage を Cisco IP Communicator で使用する場合は、Cisco IP Communicator 7.0 が必要です。

*Cisco Unified Video Advantage は、Cisco IP Communicator で使用できるほか、Skinny Client Control Protocol(SCCP)が稼動し、PC とのコロケーション用の 10/100/1000 イーサネット スイッチが内蔵され、ビデオをサポートするファームウェアが搭載されたすべての Cisco Unified IP Phone で使用できます。Cisco Unified Video Advantage は、Session Initiation Protocol(SIP)が稼動している Cisco Unified IP Phone では使用できません。電話機のファームウェアが、Cisco Discovery Protocol および Cisco CAST をサポートしている必要があります。Cisco Unified Video Advantage の最新のサポート情報については、Cisco Unified IP Phone のデータシートおよびリリース ノートを確認してください。
** これらの電話機モデルでの CAST に対応した Cisco Unified Communications Manager フォン ファームウェアの具体的なバージョンについては、Cisco Unified Video Advantage のリリース ノートを参照してください。

Cisco VT Camera III の仕様


付属の Cisco VT Camera III を使用すると、コミュニケーション機能の拡張、インストールの簡略化、および管理サポート要件の削減が可能になります。Cisco VT Camera III の仕様は次のとおりです。

  • 2 メガピクセルのセンサー
  • 固定焦点レンズ
  • USB 2.0 準拠のインターフェイス。6 フィート(約 1.8 メートル)のケーブル付属
  • 送信インジケータ ライト
  • 多様な場所および条件でカメラを固定できる汎用スタンド
  • Restriction of Hazardous Substances(RoHS; 有害物質の使用規制)に準拠

Cisco VT Camera III の準拠規格および安全性


表 1 に、Cisco VT Camera III の準拠規格と安全性の仕様を示します。

表 1 Cisco VT Camera III の準拠規格および安全性仕様

仕様 説明
準拠規格 次の安全性および EMC 規格を含む、2006/95/EC および 2004/108/EC 指令への適合を示す CE マーキング
安全性 UL
  • UL 60950
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950
  • EN 60950
  • IEC 60950
  • AS/NZS 60950
EMC
  • FCC Part 15(CFR 47)クラス B
  • ICES-003 クラス B
  • EN55022 クラス B
  • CISPR22 クラス B
  • AS/NZS CISPR22 クラス B
  • CISPR24
  • VCCI クラス B
  • EN55024
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • KN22
  • KN24

発注情報


Cisco Unified Video Advantage ソフトウェアは、Cisco Unified Workspace Licensing の一部です。Cisco Unified Workspace Licensing の詳しい情報、およびこのプログラムがお客様のニーズに適しているかどうかの判断については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/uwl/index.html を参照してください。

表 2 に、Cisco Unified Video Advantage の発注情報を示します。

表 2 Cisco Unified Video Advantage の発注情報

説明 製品番号
Cisco Unified Video Advantage および Cisco VT Camera III CUVA-V3=
Cisco Unified Video Advantage および VT Camera III 24 ユニット パック CUVA-V3-24BUN=
Cisco Unified Video Advantage 2.x(ソフトウェアのみ) CUVA-SW-2.X
Cisco VT Camera III 24 ユニット パック(カメラのみ) UPC-CAMERAS-V3-24=

注: Cisco VT Camera III が発注に含まれる場合は、Cisco VT Camera III キットが付属します。システム管理者は、Cisco Unified Video Advantage アプリケーション ソフトウェアを http://www.cisco.com/ [英語] からダウンロードする必要があります。詳細な手順については、アドミニストレーション ガイドを参照してください。

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス


シスコと認定パートナーは、セキュリティと耐障害性に優れたシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションの導入をお手伝いし、厳しい導入スケジュールを実現してビジネスの優位性を高めます。シスコのサービス ポートフォリオは、固定およびモバイル ネットワーク上に音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションを統合する実証済みの手法に基づいています。

ソリューションのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティは、サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチによって定義されています。計画立案および設計のカスタマイズ サービスは、お客様のニーズに合うソリューションの作成に重点を置いており、受賞実績のあるテクニカル サポートが業務効率を向上させます。またリモート管理サービスによって日々の業務が簡素化され、さらに最適化サービスによって、お客様のビジネス ニーズの変化に応じてソリューションのパフォーマンスを向上させることができます。

関連情報


Cisco Unified Video Advantage の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/iptel/vta/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

お問い合わせ