Cisco Business Edition 6000

イントロダクション

電話のように簡単なコラボレーションを実現

よりシンプルで高速かつ優れたコミュニケーション方法で、カスタマー エクスペリエンスを変革します。

stanford_fcu_100x80

関係者へのアクセスを強化

Stanford Federal Credit Union が従業員と顧客間のコミュニケーションを改善したケースをご紹介します。(3:56 min)[英語]

ビデオを観る
mc-pc-video-telep-pinp-360px

WebEx Meeting Center を無料で提供

Business Edition 6000 をご利用のお客様限定のお得なキャンペーンです。

詳細を見る [英語]

機能と特長

Cisco Business Edition 6000 は、実証済みのテクノロジーを基盤とし、従業員数 25 〜 1,000 人の企業に専用のコラボレーション プラットフォームを手頃な価格で提供できる製品ファミリです。Business Edition 6000 の各パッケージでは、簡単に導入、管理、使用できる単一のプラットフォームでコミュニケーションの複雑な課題を解決し、また、ビジネスの成長に応じた拡張が可能です。

機能

フル機能を搭載:エンドツーエンドのコラボレーション機能には、あらゆるユーザを対象とした、音声、ビデオ、メッセージング、インスタント メッセージングおよびプレゼンス、モビリティなどが含まれています。

独自のコミュニケーション機能:高いコスト効率と品質を持つマルチパーティ ビデオ会議により、従業員、顧客、パートナーの密接な連携が実現します。

導入と管理のシンプル化:構成済みの仮想化サーバに、すぐに利用できる仮想化ソフトウェアとコラボレーション アプリケーションが搭載されているため、短時間で簡単にセットアップできます。

相互運用が可能なオープン アーキテクチャ:革新的なプラットフォーム モデルにより、サードパーティ製アプリケーションや、既存のテレプレゼンス、ビデオ エンドポイントを透過的にサポートします。

スケーラブルで可用性の高いプラットフォーム:ビジネスの成長に合わせて拡張、変更が可能な専用プラットフォームを提供します。

お客様のメリット

Cisco Business Edition 6000 は、組織全体にわたってビジネス プロセスとコラボレーションを向上させます。

  • インタラクティブで直感的かつ使いやすいため、コラボレーションのエクスペリエンスが向上します。
  • 効率的で安全性の高い、接続されたワークスペースにより生産性を向上させます。
  • シンプルで管理が容易なプラットフォームにより、複雑さが軽減されます。
  • 運用のコスト効率が向上し、時間が節約されるため、総所有コストが低減します。
  • 成長に応じて拡張可能な設計により、投資を保護します。

レポートと導入事例

コラボレーション テクノロジーのメリットに関するエキスパートとお客様の意見をご確認ください。

ビジネスにおける必須条件

コラボレーション テクノロジーを使って主要なビジネス目標を達成する方法を探しましょう。

簡単でコスト効率の高い展開

Cisco Unified Workspace Licensing を利用すると、コラボレーション機能一式をユーザに提供できます。

ユニファイド コミュニケーション、ビデオ会議、およびコンタクト センターを Business Edition 6000 上で展開する方法については、テスト済み設計、検証済み設計、および推奨される設計 [英語] をご覧ください。

アプリケーションを Business Edition 6000 に簡単かつ迅速に展開する方法については、シスコ ユニファイド コラボレーション コンフィギュレータ [英語] をご覧ください。

広範なコラボレーション エンドポイント ポートフォリオ

Business Edition 6000 ファミリは、さまざまなコラボレーション エンドポイントをサポートしています。

仕様の概要

ソリューション設計
  • 拡張可能な単一プラットフォーム ソリューション
  • 冗長性および高可用性のために 2 台目のサーバを追加
サーバ キャパシティ
  • S モデル:統合ゲートウェイの機能を持つ Cisco 2921 サービス統合型ルータ(ISR)および Cisco UCS E160D M2 で構成したシステムに、シスコ ユニファイド コミュニケーションを導入します。最大 150 人のユーザ、300 台のデバイスをサポートし、ポイントツーポイント ビデオ コール機能を提供します。
  • M モデル:Cisco UCS C220 M3/M4 ラック サーバで構成されるシステムに Cisco Unified Communications を導入し、最大 1,000 人のユーザ、1,200 台のデバイス、および 100 人のコンタクト センター エージェントをサポートします。
  • H モデル:Cisco UCS C220 M3/M4 ラック サーバ上の Cisco Unified Communications は、最大 1,000 人のユーザ、2,500 台のデバイス、および 100 人のコンタクト センター エージェントをサポートします。
アプリケーション キャパシティ
  • S モデル:合計 5 つのアプリケーション(音声、メッセージング、IM およびプレゼンス、ページングと 1 つのプロビジョニングまたは管理アプリケーション)
  • M モデル:合計 5 つのアプリケーション(選択した 4 つのコラボレーション アプリケーション(音声、メッセージング、IM およびプレゼンス、ビデオ、コンタクト センター、会議など)と 1 つのプロビジョニングまたは管理アプリケーション)
  • H モデル:合計 9 つのアプリケーション(選択した 8 つのコラボレーション アプリケーション(音声、メッセージング、IM およびプレゼンス、ビデオ会議スイート(4 つ)、B2B、コンタクト センター、ページングなど)と 1 つのプロビジョニングまたは管理アプリケーション)
ライセンス オプション
  • Cisco Unified Connect License(UCL)
  • Cisco Unified Workspace License(UWL)
  • Cisco Personal Multiparty Advanced(PMA)
ソフトウェア いずれのサーバ モデルも、輸出規制対象ソフトウェアまたは輸出規制対象外ソフトウェアとともに使用できます。
collab-to-people-100-80

最大 1,000 人のコラボレーション

お客様の組織に最適な規模および価格のソリューションを見つけてください。

今すぐアクセス [英語]

関連リソース

お問い合わせ