高速 WAN インターフェイス カード

Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 高速 WAN インターフェイス カード

データ シート





Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 高速 WAN インターフェイス カード



Cisco® 4 ポート クリア チャネル T1/E1 高速 WAN インターフェイス カードは、コンパクトなフォーム ファクタで複数の T1/E1 接続を可能にし、Cisco 2800、3800、2900 および 3900 シリーズ サービス統合型ルータの導入コストと管理コストを削減します。


ブランチ オフィスでのデータ サービスや音声サービスの利用が増えると、WAN 帯域幅のニーズも比例して高まります。マルチリンク PPP とマルチリンク フレームリレーは、単一の T1/E1 専用回線から複数の T1/E1 回線への拡張を可能にし、ニーズの増加に合わせて帯域幅を追加できます。Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 高速 WAN インターフェイス カード(HWIC)は、4 つの T1/E1 ポートをシングル幅の HWIC に搭載し、コンパクトなフォーム ファクタで複数の T1/E1 接続を可能にします(図 1)。

図 1 Cisco 4 ポート T1/E1 クリア チャネル高速 WAN インターフェイス カード

図 1 Cisco 4 ポート T1/E1 クリア チャネル高速 WAN インターフェイス カード


チャネル サービス ユニット(CSU)とデータ サービス ユニット(DSU)を内蔵することにより、顧客宅内機器の統合も可能です。このモジュールは平衡型と不平衡型の両方の E1 接続をサポートするとともに、G.703 および G.704 規格に準拠し、非フレーム化およびフレーム化 E1 モードに対応します。T1 モードと E1 モードの両方をサポートし、ソフトウェア設定で選択できます。

機能一覧


  • RJ-48 コネクタ 4 ポート
  • T1 動作または E1 動作の設定が可能な Cisco IOS® ソフトウェア
  • 各ポートに CSU/DSU を内蔵
  • 平衡型と不平衡型の E1 終端を 1 つのモジュールで提供
  • 非フレーム化およびフレーム化 E1 モード(G.703 および G.704)
  • 各ポートで独立したクロッキング
  • 同一モジュールまたは異なるモジュールの T1/E1 ポートのマルチリンク PPP またはマルチリンク フレームリレー(FRF.16)に対応

主な利点


省スペース

1 ポートまたは 2 ポートの T1/E1 モジュールを複数使って T1/E1 接続を複数化している場合、Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC なら 1 モジュールで対応します。また、HWIC スロットを他のインターフェイスやサービスに使用できます。現在 1 つの T1/E1 を使用していて将来は最大 4 つの T1/E1 モジュールに拡張する予定の場合は、現時点で 4 ポートの HWIC を導入して、必要になったときに未使用の T1/E1 ポートを有効にできます。

導入における柔軟性

Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC は、ソフトウェアで設定することで、E1 動作と T1 動作、平衡型と不平衡型の E1 終端、および CSU/DSU の切り替えが可能です。T1 サポート用に専用モジュールを購入し、E1 接続用には別のカードを購入するといった必要はなくなります。世界各国にブランチ オフィスがある場合も、発注、インベントリ、管理が格段に簡素化されます。

信頼性

外部 E1/T1 終端デバイス(CSU/DSU)の統合により、システム全体の信頼性が向上します。2 台目の電源装置やファン、ケーブルを追加する必要をなくして、「ツー ボックス」化を伴う機器を減らすことで、潜在的な障害ポイントを削減します。こうした信頼性の向上によってサービス プロバイダーは、より容易かつコスト効率よく顧客のサービス レベル契約(SLA)要件を満たすことができ、最大限の機器稼働時間を顧客企業に提供できます。

製品番号と発注情報


表 1 に、Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC と平衡型および不平衡型 E1 用ケーブルの製品番号を示します。

表 1 Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC と E1 コンバータ ケーブルの製品番号

製品番号 説明
HWIC-4T1/E1 4 ポート クリア チャネル T1/E1 高速 WAN インターフェイス カード
CAB-E1-RJ45BNC RJ-45 からデュアル BNC への E1 ケーブル(不平衡型)


対応プラットフォーム


ソフトウェアとメモリの要件

ソフトウェアとメモリの要件については、ソフトウェア リリース ノートまたは Cisco IOS Software Upgrade Planner を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。表 2 に、各プラットフォームの Cisco IOS ソフトウェア最小要件を示します。

表 2 Cisco IOS ソフトウェア最小要件

  Cisco 2821、2851、3800 シリーズ Cisco 2911、2921、2951、3900 シリーズ
最低限必要な IOS リリース 12.4(20)T 15.0(1)M
最低限必要な IOS テクノロジー パッケージ IP Base IP Base


サポートされるプラットフォームと各プラットフォームのモジュール数

表 3 に、サポートされるプラットフォームと、各プラットフォームでサポートされる Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC の最大数を示します。

表 3 各プラットフォームでサポートされる Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC の数

Cisco サービス統合型ルータ プラットフォーム Cisco 2821、2851 Cisco 2911 Cisco 2921、2951 Cisco 3825、3845 Cisco 3925、3945 Cisco 3925E、3945E
サポートされる 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC の数 2 1 2 4 4 3


ソフトウェアおよび管理機能


表 4 に、Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC のソフトウェアおよび管理機能を示します。

表 4 Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC のソフトウェアおよび管理機能

機能 説明
診断ループバック サポート
  • E1 ループバック モード
  • コントローラ ローカル ループバック
  • インターフェイス ローカル ループバック
  • T1 ループバック モード
  • インターフェイス ローカル ループバック
  • インターフェイス リモート ループバック
  • コントローラ ローカル ループバック
  • コントローラ リモート ループバック
  • T1 CSU 用 CSU ループバック モード
  • Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)ループバック
  • ネットワーク ループバック
  • ペイロード ループバック
アラーム検出
  • 黄アラーム:ネットワークから受信、またはネットワークへ送信
  • 青アラーム:ネットワークから Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)を受信
  • 赤アラーム:ネットワーク信号喪失
関連する MIB サポート
  • RFC1406-MIB
  • CISCO-ICSUDSU-MIB
リモート管理
  • Cisco WAN Access Performance Management System(WAPMS)でサポート
  • Cisco CNS 2100 シリーズ Intelligence Engine(IE2100)
  • CiscoWorks
シグナリング デバッグ
  • ISDN Q.921 および Q.931 デコード
  • その他、適用可能なすべての既存 Cisco IOS ソフトウェア デバッグ


ハードウェア仕様


表 5 に、Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC のハードウェア仕様を示します。

表 5 Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC のハードウェア仕様

機能 説明
寸法(高さ X 幅 X 奥行) 1.91 X 7.82 X 12.04 cm (0.75 X 3.08 X 4.74 インチ)
重量 0.09 kg(0.20 ポンド)
動作温度 0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
-10 〜 55 °C(14 〜 131°F、MWR-2941-DC にインストール時)
保管温度 -40 〜 70 °C(-40 〜 158°F)
相対湿度 5 〜 95%(結露しないこと)
LED 各ポートの LED:
  • キャリア検知/ループバック(CD/LP):
    • オフ = キャリア検知なし
    • 緑点灯 = キャリア検知
    • 黄点灯 = ポートはループバック モードで動作中
  • アラーム(AL):
    • オフ = アラームなし
    • 黄点灯 = ポートはアラーム モードで動作中
ポート RJ-48C コネクタに 4 x T1/E1 ポート
ライン ビット レート(ポートあたり)
  • E1:2.048 Mbps
  • T1:1.544 Mbps
ライン コーディング
  • E1:High Destiny Bipolar 3(HDB3; 高密度バイポーラ 3)
  • T1:Alternate Mark Inversion(AMI; 交互マーク反転)および Bipolar 8-Zero Substitution(B8ZS; バイポーラ 8 ゼロ置換)
フレーミング フォーマット
  • E1:Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)
  • T1:Super Frame(SF; スーパー フレーム)および Extended Super Frame(ESF; 拡張スーパーフレーム)
出力レベル
  • E1:ショートホール/ロングホール
  • T1(Line Build-Out [LBO; ライン構築]):-0、-7.5、または -15 dB


規制への準拠、安全性、エミッション、および EMC イミュニティ


表 6 に、規制への準拠と安全性データの一部を示します。

表 6 規制への準拠および安全性データ(一部1

機能 説明
テレコム関連の適合規格
  • 米国:FCC Part 68 および TIA-968A
  • カナダ:Industry Canada CS-03
  • 欧州連合:TBR 4、TBR 12 および TBR 13
  • オーストラリア:AS/ACIF S038 および AS/ACIF S016
  • 日本:JATE Gray Book
  • 香港:HKTA 2027 および HKTA 2015
  • 台湾:IS6100
  • シンガポール:IDA TS ISDN PRA
  • 韓国:MIC No.2004-15
テレコミュニケーション インターフェイス業界規格
  • ITU-T G.703
  • G.704
  • G.706
  • G.823
  • ANSI T1.403
安全性
  • 米国:UL60950
  • カナダ:C22.2 No.60950
  • ヨーロッパ:EN60950
  • オーストラリアおよびニュージーランド:AS/NZS3260 および TS001
  • その他の国々:IEC60950
Network Equipment Building Standards(NEBS)
  • GR-63
  • GR-78
  • GR-1089-CORE タイプ 1/3
EMC エミッションとイミュニティ 47 CFR Part 15:
  • CISPR22:2005
  • EN300386:V1.3.3:2005
  • EN55022:1994 [+ amd 1 & 2]
  • EN55022:1998
  • EN61000-3-2:2000 [Inc amd 1 & 2]
  • EN61000-3-3:1995 [+ amd 1:2001]
  • ICES-003 Issue 4:2004
  • KN 22:2005
  • VCCI:V-3/2006.04
  • CISPR24:1997 [+ amd 1 & 2]
  • EN300386:V1.3.3:2005 EN50082-1:1992
  • EN50082-1:1997
  • EN55024:1998 [+ amd 1 & 2]
  • EN61000-6-1:2001

1詳細については、シスコの適合規格ホームページ(本書の「各国のサポート」セクションに記載)を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。


安全性、EMC、テレコム、ネットワーク ホモロゲーション、電力、環境要件、および適合規格


Cisco 4 ポート クリア チャネル T1/E1 HWIC を Cisco 2800、2900、3800、3900 シリーズのサービス統合型ルータに装着しても、ルータ自体の規格(安全性、EMC、テレコム、ネットワーク ホモロゲーション、電力、環境要件、適合規格)に変更はありません。機械仕様、環境要件、および適合規格に関する詳細については、Cisco 2800 および 3800 シリーズのデータ シートを参照してください。

Cisco 3900 シリーズ

http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c3900isr/index.html

Cisco 2900 シリーズ

http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c2900isr/index.html

Cisco 3800 シリーズ

http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c3800isr/index.html

各国のサポート


国ごとの認証情報については、下記の URL を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください(Cisco.com へのログインが必要です)http://www.ciscofax.com ログイン [英語]。

シスコとパートナーによるブランチ オフィス向けサービス


シスコとシスコ認定パートナーが提供するサービスが、ブランチ オフィスにおけるボーダレス ネットワークの活用を促進し、ビジネスの革新と成長を実現します。シスコとパートナーは、複製可能で最適化されたわかりやすいブランチ ネットワークの構築に向けて、さまざまなテクノロジーに関する幅広い専門知識を提供します。計画および設計サービスが、お客様のビジネスの目標に合ったテクノロジーの選定をサポートし、導入の正確性、速度、および効率を向上させます。テクニカル サービスは、運用効率の向上、費用の削減、およびリスクの緩和に貢献します。また最適化サービスは、パフォーマンスの継続的な向上を支援し、お客様が新しいテクノロジーを使用して成功を収められるよう設計されています。詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/services/ を参照してください。