日本版 ニュースリリース

シスコとCTC、地方におけるネットワークエンジニアの育成を支援


2008年10月27日

シスコとCTC、地方におけるネットワークエンジニアの育成を支援

〜WebExのバーチャル教室によるシスコ認定トレーニングの提供を開始〜



シスコシステムズ合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者:エザード・オーバービーク、以下シスコ)は本日、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一、以下CTC)と共に、各自治体におけるソフトウェアセンターなどと協業し、ネットワークエンジニアのトレーニングをWebEx(注1)にて行い、地方における人材育成を支援することを発表しました。なお本ソリューションは、シスコ認定ラーニングソリューションズパートナーであるシーティーシー・テクノロジー株式会社(CTC100%子会社)から、本年11月5日より提供される予定です。

これまで地方におけるエンジニアのトレーニングは、機材の運搬に手間がかかるうえ、受講者数が少なく、集合研修を開催することが非常に難しい状況でした。また、地方で在住や在勤しているエンジニアは自主学習教材による独学、もしくは交通費や宿泊費を自己負担して、首都圏で開催されているシスコ認定トレーニングコースに参加しなくてはならないという状況でした。

WebExを使ったシスコ認定トレーニングでは、バーチャル教室を構築し、シームレスに首都圏にある教室を共有することができます。各地方ではPCとインターネット回線を備えるだけで、教室での受講と変わらない質の高いトレーニングを受けることが可能になります。また、ルータやスイッチなどのネットワーク機材の設定といった実機演習もインターネット経由で教室環境と同様の操作を行うことができます。

現在、各地方自治体と人材育成を進めるため協議を進め、北海道ソフトウェア技術開発機構、広島ソフトウェアセンター、石川県情報システム工業会、熊本ソフトウェアなどにおいてはいち早く賛同を得て、ネットワークエンジニアの基礎となるCCNA資格に対応したトレーニングやTCP/IP、Voice over IPのトレーニングなどを2008年10月から順次展開していく予定です。また、WebExを活用したシスコ認定トレーニングを今後さらなる地域へと拡大し、CTCでは初年度4,000人、3年後には10,000人のエンジニアの受講を目指します。

(注1) Cisco WebEx は、企業の様々な部門において、生産性向上やコスト削減のサポートをします。セールス、マーケティング、トレーニング、製品開発、製造、そしてサポートなど、あらゆる業務でリアルタイムマルチメディアコミュニケーションを可能にします。いつでもどこでも誰とでも、WebEx はソフトウェアやハードウェアへの新たな投資や設置を必要とせず、本当の双方向オンラインミーティングをご提供します。WebExの概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.webex.co.jp/

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0809R)

伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)について
CTCの事業内容は、コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポートなど多岐に渡っておりますが、教育サービスに関しても既に30年近くの歴史があり、最新のスクール環境の中で、Ciscoなどのベンダー認定トレーニングを中心に展開しています。CTCの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.ctc-g.co.jp


お問い合わせ