Cisco WAN Automation Engine(WAE)は、物理および仮想のマルチ ベンダ WAN インフラストラクチャのエンジニアリングと運用を自動化します。 WAN 環境を抽象化、シンプル化すると同時に、完全にオープンでプログラミング可能にすることで SDN によるメリットを WAN 環境でも実現します。

SDN におけるポイント:

【分析と予測モデル】

  • ネットワークから収集された情報を単に蓄積するのみでなく、分析と予測モデルの作成が可能
  • 予測されたトラフィックの状況を基に、さまざまなアプリケーションの作成が可能
  • 計画的メンテナンスなどの各種アプリケーションをシスコから提供

【オープンなプロトコルを実装】

  • 各種アプリケーションとの連携においては、REST API をノース バウンド インターフェイスとして提供し、外部アプリケーションとの連携が容易
  • 各ネットワーク機器とは、標準に基づき PCEP/BGP-LS をはじめさまざまなサウス バウンド インターフェイスを実装
  • OpenDaylight との連携により、対応機種の幅を拡大