必要なときに必要な場所で医療を提供

より多くの場所でより多くの患者に医療を提供する手段を模索していた Mercy 社は、 テクノロジーにその答えを見出しました。バーチャル ケアの導入により Mercy Virtual の医療チームはいつ でもどこでも患者の状態を把握できるようになり、多くの人々の健康の増進を支援しています。

500,000

人以上の

患者1

600

人以上の

Mercy Virtual
社員

1

つのミッション

質の高い医療の提供

Mercy は、World Wide Technology(WWT)と協力して、従来の医療の枠組みを超える医療サービスを実現しました。たとえば、介護者が Mercy Virtual の Engagement@Home プログラム を利用することで、患者が診療所や病院からどれだけ離れていても状態を適切に把握できます。自宅から離れることなく質の高い医療が受けられるため、心身両面で患 者の健康状態が改善します。

最新の往診

Engagement@Home キットのあらゆるものが患者データと Mercy Virtual のネットワークを結び付けます。

130,000

米国における毎年の脳卒中による死亡者数。血圧モニ タにより、兆候をいち早く検出できます。22

58.1 分

米国における緊急治療室の平均待ち時間。iPad によ り、24 時間 365 日の迅速なトリアージが可能になります。3

90 %

酸素飽和度の最低安全レベル。パルス酸素濃度計によ り、危険なレベルに低下すると医師にアラートが送信されます。4

0.9 ~ 1.4 kg

突然の体重増加は体液貯留を示唆しています。体重計により、 日々の体重変動を把握できます。5

Mercy Virtual がバーチャル ケア センターを導入してから 1 年もしないうちに、次のような成果が現れ始めました。

50 %

Engagement@Home の利用者の予防措置のための再入 院が減少。

35 %

バーチャル ケアによって入院日数が減少。

60 %

遠隔治療を受けている患者の敗血症性ショックによ る死亡数が減少。

データ活用によって患者の結果はどのように変わるでしょうか。

ビデオを観る

真のイノベーションは容易には実現できない

既存の医療 IT ソリューションや医療データ ソリューションを統合および拡張し、そ れをすべて組織のネットワークで処理するには、どうすればよいでしょうか。専門家に相談するでしょう。WWT の支援により、Mercy はニーズの変化に遅れることなく 迅速にイノベーションを推進しました。

適切なパートナーを選ぶことで実現するデジタル変革について、次のビデオ でご確認ください。

ビデオを観る
WWT とシスコは世界最大の問題の解決に取り組んでいます。
詳しくはこちら
テクノロジーが医療業界を変革しています。
詳しくはこちら

あらゆるものを結び付ける

多くのソリューションが導入されていることで、医療ソフトウェアとアプリケーショ ンに数多くのギャップが潜んでいる可能性があります。Mercy は、WWT Asynchrony Labs の支援により、医療チームのあらゆる要求に対処できる、進化型のカスタム ソフトウェア インフラストラクチャを構築しました。

World Wide Technology asynchrony labs

パートナーシップの力

バーチャル ケアにおけるビッグデータと分析

THERE'S NEVER BEEN A

BETTER TIME