Cisco HX Data Platform のインストール前チェックリスト

HyperFlex Edge 導入

Cisco HyperFlex Edge は、リモート オフィス/ブランチ オフィス(ROBO)環境およびエッジ環境にシンプルなハイパーコンバージェンスを提供します。

Cisco HX Data Platform リリース4.0 以降では、HyperFlex Edge の導入は、 2 ノード、 3 ノード、または4 ノードエッジ クラスタに基づいて行うことができます。Cisco HyperFlex Edge 展開を開始する前に理解し、設定する必要がある主要な要件とサポートされているトポロジについては、「Cisco HyperFlex Edge のインストール前チェックリスト」を参照してください。

チェックリストのインストラクション

これはお客様に送信する Cisco HyperFlex Systems セールス、サービス、パートナーのためのプレエンゲージメント チェックリストです。シスコは、このフォームを使用してお客様のシステムの初期設定用設定ファイルを作成し、タイムリーかつ正確にインストールできるようにします。


重要

HTML ページを使用してチェックリストに入力することはできません


チェックリストのダウンロード場所

次の場所から編集可能なチェックリストの PDF をダウンロードします。

Cisco_HX_Data_Platform_Preinstallation_Checklist_form.pdf

漏れなくフォームに入力した後、シスコ アカウント チームに送信します。

連絡先情報

顧客アカウント チームと連絡先情報

名前

役職

電子メール

電話

機器の出荷先住所

会社名

宛先の名前/部門

所在地住所 #1

所在地住所 #2

市区町村、都道府県、郵便番号

データセンター階および部屋番号

オフィスの所在地(出荷先住所と異なる場合)

会社名

宛先の名前/部門

所在地住所 #1

所在地住所 #2

市区町村、都道府県、郵便番号

HyperFlex ソフトウェアのバージョン

Cisco HX Data Platform インストーラCisco HX Data Platform、および Cisco UCS ファームウェアといった HX のコンポーネントは、さまざまなサーバにインストールされます。HX Storage Cluster とともに(またはその内部で)使用される各サーバの各コンポーネントに互換性があることを確認します。

  • HyperFlex は、UCS Manager および UCS Server Firmware バージョン 4.0(4a)、4.0(4b)、4.0(4c) をサポートしていません。


    重要

    これらのファームウェア バージョンにアップグレードしないでください。

    これらの UCS Manager のバージョンにアップグレードしないでください。


  • 事前設定された HX サーバと、インストールされている Cisco UCS サーバ ファームウェアのバージョンが同じであることを確認します。Cisco UCS ファブリック インターコネクト(FI)のファームウェア バージョンが異なる場合は、ファームウェアのバージョンを調整する手順について、『Cisco HyperFlex Systems Upgrade Guide』を参照してください。

    • M4:新しいハイブリッドまたはオール フラッシュ (Cisco HyperFlex HX240c M4 または HX220c M4)の導入の場合は、 Cisco UCS Manager 3.1(3k)、3.2(3i)、または 4.0(2b) がインストールされていることを確認してください。

    • M5: 新しいハイブリッドまたはすべてのフラッシュ(Cisco HyperFlex HX240c M5 または HX220c M5)を展開する場合は、推奨される UCS ファームウェア バージョンがインストールされていることを確認してください。


      重要

      SED ベース HyperFlex システムについては、A(インフラストラクチャ)、B(ブレードサーバ)および C(ラック サーバ)バンドルが、すべての SED M4/M5 システムに対して Cisco UCS Manager バージョン 4.0(2b) 以降です。詳細については、CSCvh04307 を参照してください。

      SED ベース HyperFlex システムでは、すべてのクラスタが HyperFlex リリース 3.5(2b) 以降であることも確認します。詳細については、Field Notice (70234) および CSCvk17250 を参照してください。


    • HX サーバを再インストールするには、サポートされている互換性のあるソフトウェアのバージョンをダウンロードします。要件と手順については『VMware ESXi 向け Cisco HyperFlex システム インストール ガイド』を参照してください。

  • エッジ クラスタの Cisco Intersight をサポートするには、HyperFlex (2.5.1) の最小バージョンをインストールしていることを確認します。


    重要

    4.0(1a) CIMC 以前のバージョンを実行している Intersight エッジ サーバについては、HUU にはファームウェアを更新するためのメカニズムが提案されます。
  • 推奨される FI/サーバ ファームウェアに関連するリリース ノートを確認してください。

表 1. M4/M5 サーバ (SED 以外) の HyperFlex のソフトウェア バージョン

HyperFlex リリース

M4 推奨 FI/サーバ ファームウェア

* (上記の重要な注意事項を必ず確認してください)

M5 推奨 FI/サーバ ファームウェア

* (上記の重要な注意事項を必ず確認してください)

4.0(1b)

4.0 (4d)

4.0 (4d)

4.0(1a)

4.0(2e)

4.0(2e)

3.5(2e)

4.0 (4d)

4.0 (4d)

3.5(2d)

4.0 (4d)

4.0 (4d)

3.5 (2c)

4.0(2d)

4.0(2d)

3.5 (2b)

4.0 (2d)、3.2 (3i)、3.1 (3k)

4.0(2d)

3.5(2a)

4.0(1c)、3.2(3i)、3.1(3k)

4.0(1c)

3.5(1a)

4.0(1b)、3.2(3h)、3.1(3j)

4.0(1a)

3.0(1i)

3.2(3h)、3.1(3j)

3.2(3h)

3.0(1h)

3.2(3h)、3.1(3j)

3.2(3h)

3.0(1e)

3.2(3h)、3.1(3j)

3.2(3h)

3.0(1d)

3.2(3g)、3.1(3j)

3.2(3h)

3.0(1c)

3.2(3g)、3.1(3h)

3.2(3h)

3.0(1b)

3.2(3d)、3.1(3h)

3.2(3d)

3.0(1a)

3.2(3d)、3.1(3f)

3.2(3d)

2.6(1c)

3.2(3d)、3.1(3f)

3.2(3d)

2.6(1d)

3.2(3d)、3.1(3c)

3.2(3d)

2.6(1b)

3.2(2d)、3.1(3c)

3.2(2d)

2.6(1a)

3.2(2d)、3.1(3c)

3.2(2d)

物理要件

物理サーバの要件

  • HX220c/HXAF220c クラスタ:

    • UCS 6248UP、6332UP、6332-16UP ファブリック インターコネクト(FI)に対して 2 台のラック ユニット(RU)、または UCS 6296UP FI に対して 4 台の RU

    • HX220c ノード には、それぞれ 1 台の RU が必要です。たとえば、3 ノードのクラスタには、3 台の RU が、4 ノードのクラスタには、4 台の RU が必要です。

    • インストール時にトップオブラックのスイッチが含まれている場合、スイッチに少なくとも 2 台分の RU スペースを追加します。

  • HX240c/HXAF240c クラスタ:

    • UCS 6248UP、6332UP、6332-16UP ファブリック インターコネクト(FI)に対して 2 台のラック ユニット(RU)、または UCS 6296UP FI に対して 4 台の RU

    • HX240c ノード には、それぞれ 2 台の RU が必要です。たとえば、3 ノードのクラスタには、6 台の RU が、4 ノードのクラスタには、8 台の RU が必要です。

    • インストール時にトップオブラックのスイッチが含まれている場合、スイッチに少なくとも 2 台分の RU スペースを追加します。

    隣接するラック スペースは必須ではありませんが、設置が簡単になります。

  • このシステムには、クラスタのデバイスあたり 15 AMP の回線に接続された 2 つの C13/C14 電源コードが必要です。少なくとも、3 つの HX ノードと 2 つの FI があり、8 つの HX ノード、2 つの FI とブレード シャーシまで拡張できます。

  • 最大で 2 つ - UCS ファブリック インターコネクトに対して 4x のアップリンク接続。

  • ベスト プラクティスによると、各 FI では、既存のネットワークへの 2 X 10 GB の光接続、または 2 X 10 GB の Twinax ケーブルが必要です。各 HX ノードでは、接続のために Twinax ケーブルが 2 本必要です(10 GB の光ファイバも使用できます)。6300 シリーズ FI と展開する場合、FI あたり 2 X 40GbE のアップリンクを使用し、各 HX ノードをデュアル ネイティブ 40GbE で接続します。

  • コンバージド ノードまたはコンピューティング専用ノードに対して 1 つの VIC のみ使用していること。追加の VIC または PCIe NIC はサポートされていません。


(注)  

シングル FI HX 展開はサポートされていません。


ネットワーク要件

お使いの環境で以下のベスト プラクティスが遵守されていることを確認してください。

  • ネットワークごとに異なるサブネットと VLAN を使用する必要があります。

  • 各ホストが 10 Gbps ケーブルを使用して UCS ファブリック インターコネクトに直接接続していることを確認します。

  • ネットワーキングの問題を引き起こす可能性があるので、特に Disjoint Layer 2 構成が使用されている場合は、デフォルトの VLAN である VLAN 1 を使用しないでください。別の VLAN を使用します。

  • 非ネイティブの VLAN に対応するように、アップストリーム スイッチを設定します。Cisco HX Data Platform インストーラ は VLAN をデフォルトで非ネイティブとして設定します。

VMware ESXi ホストには、以下の個別ネットワークが必要です。

  • 管理トラフィック ネットワークVMware vCenter から、ハイパーバイザ(ESXi サーバ)管理とストレージ クラスタ管理を処理します。

  • データ トラフィック ネットワーク—ハイパーバイザとストレージのデータ トラフィックを処理します。

  • vMotion ネットワーク

  • VM ネットワーク

4 つの vSwitch があり、それぞれ異なるネットワークを伝送します。

  • vswitch-hx-inband-mgmtESXi の管理およびストレージ コントローラの管理に使用されます。

  • vswitch-hx-storage-dataESXi のストレージ データおよび HX Data Platform のレプリケーションに使用されます。

    vswitch-hx-inband-mgmtvswitch-hx-storage-data の vSwitch は、割り当てられたスタティック IP アドレスでさらに 2 つのポート グループに分割され、ストレージ クラスタと ESXi ホスト 間のトラフィックを処理します。

  • vswitch hx-vmotion:VM およびストレージ VMware vMotion に使用されます。

    この vSwitch には管理用に 1 つのポート グループがあり、vCenter クラスタ内のすべてのホストに接続する VMware vSphere を介して定義されます。

  • vswitch-hx-vm-network:VM データ トラフィックに使用されます。

    Cisco UCS Manager の対応する vNIC テンプレートで VLAN の追加または削除を行い、vSwitch でポート グループを作成できます。


(注)  

  • HX Data Platform インストーラ は vSwitch を自動的に作成します。

  • HX Storage Cluster を作成した後、vSphere で以下のサービスを有効にします。

    • DRS(vSphere Enterprise Plus のみ)

    • VMotion

    • ハイ アベイラビリティ


ポート要件

ネットワークがファイアウォールの背後にある場合、標準的なポート要件の他に、VMwareVMware ESXiVMware vCenter 用のポートを推奨します。

  • CIP-M はクラスタ管理 IP 用です。

  • SCVM はコントローラ VM の管理 IP です。

  • ESXi はハイパーバイザの管理 IP です。

次のファイアウォール ポートが開いていることを確認します。

Time Server

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

123

NTP/UDP

各 ESXi ノード

各 SCVM ノード

UCSM

Time Server

双方向

HX Data Platform インストーラ

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

22

SSH/TCP

HX Data Platform インストーラ

各 ESXi ノード

管理アドレス

各 SCVM ノード

管理アドレス

CIP-M

クラスタ管理

UCSM

UCSM 管理アドレス

80

HTTP/TCP

HX Data Platform インストーラ

各 ESXi ノード

管理アドレス

各 SCVM ノード

管理アドレス

CIP-M

クラスタ管理

UCSM

UCSM 管理アドレス

443

HTTPS/TCP

HX Data Platform インストーラ

各 ESXi ノード

管理アドレス

各 SCVM ノード

管理アドレス

CIP-M

クラスタ管理

UCSM

UCSM 管理アドレス

8089

vSphere SDK/TCP

HX Data Platform インストーラ

各 ESXi ノード

管理アドレス

902

Heartbeat/UDP/TCP

HX Data Platform インストーラ

vCenter

各 ESXi ノード

なし

Ping/ICMP

HX Data Platform インストーラ

ESXi IPs

CVM IPs

管理アドレス

9333

UDP/TCP

HX Data Platform インストーラ

CIP-M

クラスタ管理

メール サーバ

クラスタ イベントへの電子メール サブスクリプションではオプションです。

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

25

SMTP/TCP

各 SCVM ノード

CIP-M

UCSM

メール サーバ(Mail Server)

任意

モニタリング

UCS インフラストラクチャをモニタリングするためのオプション。

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

161

SNMP Poll/UDP

モニタリング サーバ

UCSM

オプション

162

SNMP トラップ/UDP

UCSM

モニタリング サーバ

任意

Name Server

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

53(外部ルックアップ)

DNS/TCP/UDP

各 ESXi ノード

Name Server

管理アドレス

各 SCVM ノード

Name Server

管理アドレス

CIP-M

Name Server

クラスタ管理

UCSM

Name Server

vCenter

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

80

HTTP/TCP

vCenter

各 SCVM ノード

CIP-M

双方向

443

HTTPS (プラグイン)/TCP

vCenter

各 ESXi ノード

各 SCVM ノード

CIP-M

双方向

7444

HTTPS (VC SSO)/TCP

vCenter

各 ESXi ノード

各 SCVM ノード

CIP-M

双方向

9443

HTTPS (プラグイン)/TCP

vCenter

各 ESXi ノード

各 SCVM ノード

CIP-M

双方向

5989

CIM サーバ/TCP

vCenter

各 ESXi ノード

9080

CIM サーバ/TCP

vCenter

各 ESXi ノード

ESXi リリース 6.5 で導入されました

902

Heartbeat/TCP/UDP

vCenter

各 ESXi ノード

このポートは、各ホストからアクセス可能である必要があります。このポートが HX インストーラから ESXi ホストに開かれていない場合、インストールはエラーになります。

ユーザ

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

22

SSH/TCP

User

各 ESXi ノード

管理アドレス

各 SCVM ノード

管理アドレス

CIP-M

クラスタ管理

HX Data Platform インストーラ

UCSM

UCSM 管理アドレス

vCenter

SSO Server

80

HTTP/TCP

User

各 SCVM ノード

管理アドレス

CIP-M

クラスタ管理

UCSM

HX Data Platform インストーラ

vCenter

443

HTTPS/TCP

User

各 SCVM ノード

CIP-M

UCSM

UCSM 管理アドレス

HX Data Platform インストーラ

vCenter

7444

HTTPS (SSO)/TCP

User

vCenter

SSO Server

9443

HTTPS (プラグイン)/TCP

User

vCenter

SSO Server

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

7444

HTTPS (SSO)/TCP

SSO Server

各 ESXi ノード

各 SCVM ノード

CIP-M

双方向

ストレッチ ウィットネス

HyperFlex ストレッチ クラスタを展開する場合にのみ必要です。

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

2181

2888

3888

Zookeeper/TCP

ウィットネス

各 CVM ノード

双方向, 管理アドレス

8180

Exhibitor (Zookeeper lifecycle)/TCP

ウィットネス

各 CVM ノード

双方向, 管理アドレス

80

HTTP/TCP

ウィットネス

各 CVM ノード

潜在的な将来の必要条件

443

HTTPS/TCP

ウィットネス

各 CVM ノード

潜在的な将来の必要条件

Replication

ネイティブ HX 非同期クラスタからクラスタへの複製を構成する場合にのみ必要です。

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

9338

データ サービス マネージャ ピア/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

3049

CVM/TCP の複製

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

4049

クラスタ マップ/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

4059

NR NFS/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

9098

複製サービス

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

8889

コーディネーション用 NR マスター/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

9350

ハイパーバイザ サービス/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

SED クラスタ

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

443

HTTPS

各 SCVM 管理 IP(クラスタ管理 IP を含む)

UCSM(ファブリック A、ファブリック B、VIP)

ポリシーの設定

5696

TLS

各ノードからの CIMC

KVM サーバ

Key Exchange

UCSM

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

443

暗号化など/TCP

各 CVM ノード

CIMC OOB

各 UCS ノードの双方向

81

KVM/HTTP

ユーザ

UCSM

OOB KVM

743

KVM/HTTP

ユーザ

UCSM

OOB KVM 暗号化

その他

ポート番号

Service/Protocol

[Source]

ポート宛先

基本情報

9350

ハイパーバイザ サービス/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

双方向, クラスタ管理 IP アドレスを含める

9097

CIP-M フェールオーバー/TCP

各 CVM ノード

各 CVM ノード

その他の CVM への各 CVM の双方向

111

RPC バインド/TCP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

インストーラへの CVM アウトバウンド

8002

インストーラ/TCP

各 SCVM ノード

インストーラ

Service Location Protocol

8080

Apache tomcat/TCP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

stDeploy は 接続、uri/stdeploy の要求を行います

8082

認証サービス/TCP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

Uri/auth/ を使用した要求

9335

hxRoboControl/TCP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

Robo の導入

443

HTTPS/TCP

各 CVM 管理 IP (CIP を含む)

UCSM A/B および VIP

ポリシーの設定

5696

TLS/TCP

各ノードからの CIMC

KMS サーバ

Key Exchange

8125

UDP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

Graphite

427

UDP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

Service Location Protocol

32768 ~ 65535

UDP

各 SCVM ノード

各 SCVM ノード

SCVM のアウトバウンド通信


ヒント

標準構成がなく、別のポート設定が必要な場合は、環境のカスタマイズについて、表 C-5 ポート リテラル 値を参照してください。


HyperFlex 外部接続

外部接続

説明

IP アドレス/FQDN/ポート/バージョン

基本情報

Intersight デバイス コネクタ

サポートされている HX システムは、各システムの管理コントローラに組み込まれているデバイス コネクタを介して Cisco Intersight に接続されます。

HTTPSポート番号:443

1.0.5-2084 以降(Cisco Intersight によって自動的にアップグレード)

すべてのデバイス コネクタは svc.ucs-connect.com を適切に解決でき、かつポート 443 のアウトバウンドで開始される HTTPS 接続が許可されている必要があります。現在の HX インストーラでは、HTTP プロキシの使用がサポートされています。

ESXi 管理の IP アドレスは、インストーラから ESXi 管理に必要とされるすべてのポートを介して、Cisco UCS Manager から到達可能である必要があります。これにより、Cisco Intersight から ESXi 管理を展開できるようになります。

Auto Support

Auto Support(ASUP)は、HX Data Platform を通じて提供されるアラート通知サービスです。

SMTP ポート番号:25

Auto Support は、ノードのドライブ障害などのハードウェア問題が発生した際の診断に役立つハードウェア カウンタの履歴を提供するため、有効にすることを強く推奨します。

インストール後のスクリプト

インストール後のタスクを完了するために、インストーラ VM にインストール後スクリプトを実行できます。スクリプトは、すべてのネットワーク インターフェイス(管理、vMotion、およびストレージ ネットワーク)に ping を実行して、ファブリックが完全に利用できることを確認します。また、ノースバウンド スイッチで VLAN のタギングが正しいことと、ジャンボ フレーム設定を検証します。

HTTP ポート番号:80

インストール後のスクリプトでは、ポート 80(HTTP)経由でのhttp://cs.co/hx-scriptsへの名前解決が必要です。

導入情報

Cisco HX Data Platform を展開し、クラスタを作成する前に、システムに関する次の情報を収集します。

Cisco UCS ファブリック インターコネクト FI 情報

UCS クラスタ名

FI クラスタの IP アドレス

UCS FI-A IP アドレス

UCS FI-B IP アドレス

KVM IP アドレスのプール

(HX ノードあたり 1 個必要)

サブネット マスクの IP アドレス

デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

MAC Pool Prefix

(2 文字の 16 進数を指定)

00:25:B5:

UCS Manager のユーザ名

admin

Password

VLAN 情報

ファブリック インターコネクトに VLAN ID をタグ付けします。


(注)  

HX Data Platform、リリース 1.7:インストール前に FI で、すべての顧客 VLAN をネイティブとしてドキュメント化および設定します。

HX Data Platform、リリース 1.8以降:すべての顧客 VLAN のデフォルト設定は非ネイティブです。


ネットワーク

VLAN ID

VLAN 名

説明

次の各ネットワークにそれぞれ個別のサブネットと VLAN を使用します。

VMware ESXi 用 VLAN および Cisco HyperFlex (HX)管理

ハイパーバイザ管理ネットワーク

ストレージ コントローラ管理ネットワーク

ESXi、HX、および VMware vCenter 間の管理トラフィックに使用されます。ルーティングが可能である必要があります。

HyperFlex ストレージ トラフィック用 VLAN

ハイパーバイザ データ ネットワーク

ストレージ コントローラ データ ネットワーク

ストレージ トラフィック用に使用され、L2 が必要です。

VM VMware vMotion 用 VLAN

vswitch-hx-vmotion

該当する場合、VMotion VLAN に使用されます。

VM ネットワーク 用 VLAN

vswitch-hx-vm-network

VM/アプリケーション ネットワークに使用されます。

顧客の展開情報

OVF インストーラ アプライアンスを使用して、HX Data Platform を導入します。インストーラ アプライアンスをホストするには、vCenter HX Cluster のメンバーではない ESXi サーバが別途必要です。インストーラでは、管理ネットワークの IP アドレスが 1 つ必要です。

インストーラ アプライアンスの IP アドレスは、ハイパーバイザとストレージ コントローラ VM で使用される管理サブネットから到達可能である必要があります。インストーラ アプライアンスは、ESXi ホスト またはクラスタ インストールの一部ではない VM プレーヤー/VMware ワークステーションで実行する必要があります。さらに、HX Data Platform インストーラ VM の IP アドレスは HyperFlex ホストが追加されている Cisco UCS ManagerESXi、および vCenter の IP アドレスで到達可能であることも必要です。

インストーラ アプライアンスの IP アドレス

ネットワーク IP アドレス


(注)  

  • /24より大きいネットワークの 169.254.X.X の範囲にあるデータ ネットワーク IP はサポートされていないため、使用しないでください。

  • 169.254.254.0/24 の範囲にあるデータ ネットワーク IP アドレスは使用できません。


管理ネットワークの IP アドレス

(ルータブルであることが必要)

データ ネットワークの IP アドレス

(ルータブルである必要はない)

重要 

正常にインストールためには、データと管理ネットワークが異なるサブネット上にあることを確認します。

ESXi Hostname*

ハイパーバイザ管理ネットワーク

ストレージ コントローラ管理ネットワーク

ハイパーバイザ データ ネットワーク(Cisco Intersight では不要)1

ストレージ コントローラ データ ネットワーク(Cisco Intersight では不要)2

サーバ 1:

サーバ 2:

サーバ 3:

サーバ 4:

サーバ 5:

ストレージ クラスタ管理 IP アドレス

ストレージ クラスタ データ IP アドレス

サブネット マスクの IP アドレス

サブネット マスクの IP アドレス

デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

1 データネットワーク IP は、MAC アドレス プレフィックスに基づき、169.254.X.0/24 サブネットに自動的に割り当てられます。
2 データ ネットワーク IP は、MAC アドレス プレフィックスに基づき、169.254.X.0/24 サブネットに自動的に割り当てられます。

* ホストごとに DNS の転送レコードと逆引きレコードが作成されていることを確認します。DNS レコードが存在しない場合、ホストは FQDN の代わりに IP アドレスで vCenterに追加されます。

VMware vMotion ネットワーク IP アドレス

VMotion ネットワークの IP アドレス(ソフトウェアから設定されていない)

ハイパーバイザ クレデンシャル

root ユーザ名

root

root パスワード

VMware vCenter の設定


(注)  

HyperFlex は標準ポートを介して vCenter と通信します。ポート 80 はリバース HTTP プロキシに使用されます。ポート 443 は vCenter SDK へのセキュア通信に使用され、変更することはできません。


vCenter FQDN または IP アドレス

vCenter 管理ユーザ名

username@domain

vCenter 管理者パスワード

vCenter データセンター名

VMware vSphere コンピューティング クラスタおよびストレージ クラスタの名前

シングル サインオン(SSO)

SSO サーバ URL*

  • この情報は、SSO URL が到達可能でない場合のみ必要です。

  • これは、ESXi バージョン 6.0 以降では自動的に実行されます。

SSO サーバ URL は、vCenter[vCenter Server] > [Manage] > [Advanced Settings]にあるキー config.vpxd.sso.sts.uri で確認できます。

ネットワーク サービス


(注)  

  • 少なくとも 1 個の DNS および NTP サーバが、HX ストレージ クラスタの外部存在する必要があります。

  • 現時点では、信頼性の高いソースを提供するには、内部でホストされている NTP サーバを使用してください。


DNS サーバ

<Primary DNS Server IP address, Secondary DNS Server IP address, …>

NTP サーバ

<Primary NTP Server IP address, Secondary NTP Server IP address, …>

タイム ゾーン

例:米国/東部、米国/太平洋

コネクテッド サービス

[Enable Connected Services] (推奨)

「はい」または「いいえ」で回答する必要があります

サービス要求通知用の電子メール

例:name@company.com

Cisco TAC への連絡

問題解決時間を短縮するために Cisco Technical Assistance Center(TAC)のケースをオープンして、Cisco PRIME コラボレーション アプリケーションから直接効率的なサポートを受けることができます。

シスコ サービス契約が有効なお客様、パートナー、リセラー、ディストリビュータは、Cisco Technical Support で受賞暦のあるテクニカル サポート サービスを 24 時間体制で受けることができます。Cisco Technical Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコ テクノロジーに関する技術的な問題を解決するためのオンラインのドキュメントやツールをご利用いただけます。

http://www.cisco.com/techsupport

TAC Support Case Manager オンライン ツールを利用することで、最も素早く S3 および S4 のサポート ケースを開くことができます(S3 および S4 サポート ケースは、最小限のネットワーク障害の問題と製品情報リクエストから構成されます)。状況をご説明いただくと、TAC Support Case Manager が自動的に推奨する解決方法を提供します。推奨リソースを使っても問題を解決することができなかった場合、TAC Support Case Manager がお客様のサポート ケースを Cisco TAC のエンジニアに割り当てます。以下の場所から、TAC Support Case Manager にアクセスできます。

https://mycase.cloudapps.cisco.com/case

S1 または S2 のサポート ケースに関して、またはインターネット アクセスがない場合は、電話で Cisco TAC にご連絡ください(S1 または S2 サポート ケースは、著しいパフォーマンスの低下または停止などの製品のネットワークの問題から構成されています)。お客様の業務を円滑に続行できるように、S1 および S2 のサポート ケースは、迅速に Cisco TAC エンジニアに割り当てられます。

電話でサポート ケースを開く場合は、次のいずれかの電話番号をご利用ください。

  • アジア太平洋地区:+61 2 8446 7411

  • オーストラリア:1 800 805 227

  • EMEA:+32 2 704 55 5555

  • USA: 1 800 5532447

企業およびサービス プロバイダー製品に関する Cisco TAC の連絡先の一覧については、http://www.cisco.com/c/en/us/support/web/tsd-cisco-worldwide-contacts.html を参照してください。

Cisco Small Business Support Center(SBSC)の連絡先の一覧については、http://www.cisco.com/c/en/us/support/web/tsd-cisco-small-business-support-center-contacts.html を参照してください。