アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

インテントベース ネットワーキング

IT とビジネスのイノベーションを実現するネットワーク プラットフォーム

今日の世界では、あらゆるものがネットワークでつながっています。ネットワークを活用すれば、IT およびビジネス プロセス全体にわたって適応・保護・情報提供を継続的に実施できます。しかし、それを実現するにはどうしたらよいのでしょうか。

それを可能にするものはただ 1 つ、インテントベースのネットワークしかありません。ビジネスの目的を把握し、それをネットワーク全体で有効化して保証することで、ビジネスのニーズとネットワーク機能の間のギャップを解消することができます。ただし、そのためには、ネットワークがオープン プラットフォームを基盤としていることが不可欠となります。

インテントベース ネットワーキングでできること

運用のシンプル化

ネットワーク ポリシー制御の一元管理、管理の自動化、IT ワークフローの統合を実現します。

ネットワーク全体のセキュリティ

どこでもリアルタイムで脅威を検出して封じ込めます。ネットワーク インテリジェンスでセキュリティ運用の負荷を軽減させます。

プロアクティブな管理

ネットワーク モニタリングと分析により、問題が発生する前に、問題点を特定・報告・修復します。

イノベーションのための投資

オープンなインテントベースのネットワーキング プラットフォームを基盤として、現在および将来にわたる IT とビジネスのイノベーションを実現します。

エキスパートの声

インテントベースのネットワーキングにはオープンなプラットフォームが必要

インテントベース ネットワーキングが組織全体のイノベーション エンジンおよび統合ポイントとなっていく様子をご確認ください。

インテントベース ネットワーキングに関する Gartner の分析

これらのソリューションにより、ネットワーク インフラストラクチャの提供時間を短縮し、ネットワークの停止を 50 % 以上削減する方法をご覧ください。

ビジネスと IT をつなぐ

シスコのビジョンにおける技術的な側面と、インテントベース ネットワークのアーキテクチャと利点について確認してください。

インテントベース ネットワーキングの新たなイノベーション

あらゆる側面でのエンタープライズ ネットワーク向け拡張性

IT ワークフローを合理化し、IT とビジネスの迅速性を推進します。自動化とアシュアランスというコア機能が従来の境界を超えて拡張および統合され、ネットワークがオープン プラットフォームへと変革します。

データセンター ネットワークの継続的な検証

常にアシュアランスを有効にすることで、ビジネスの目的を検証します。設定変更の影響を予測し、ネットワーク上のふるまいをプロアクティブに確認し、ネットワーク ポリシーとコンプライアンスの遵守を保証します。

ネットワーク アシュアランスに関する信頼できるアドバイザー

IT 運用を容易にし、ネットワークの中断を予測します。生産性を向上させ、リスクを軽減します。シスコ サービスの固有の専門性、実用的なインサイト、画期的なツール、ベスト プラクティスを活用してください。

ビジネスと IT のギャップを解消

IT リーダーがインテントベース ネットワーキングの力を借りて、意思決定を迅速化し、増大するセキュリティ脅威を緩和し、より多くの接続デバイスを管理する様子をご確認ください。

お客様の声

「DNA Center により、ユーザから問い合わせが入る前に、問題を見つけることができるようになりました。大部分がワイヤレスのネットワークですが、ネットワーク全体からデバイスを見つけ出し、分析の支援によって問題を迅速に解決することができます。」

Houston Methodist 病院、シニア ワイヤレス エンジニア Manuel Ortiz III 氏

「シスコの Network Assurance Engine により、実稼働ネットワークの中断のリスクを著しく減らすことができました。適切なタイミングで対応を行えることが増え、アプリケーションの移行も高い品質でできるようになっています。」

Bosch 社、データセンター チーム リード Jan Holzmann 氏

関連情報

DevNet でインテントベースのネットワークを構築

DNA Center プラットフォームで、オープン API を利用したコーディングを始めましょう。IT とビジネスのイノベーションを促進するアプリケーションを構築できます。

干し草の中から 1 本の針を探す

新しいネットワーク アシュアランス機能により、問題を特定し解決できるようになります。

データセンターにおけるインテントベース ネットワーキング

Roland Acra がインテントベース ネットワーキングに関するシスコの戦略と、ネットワーク アシュアランスとの適合性について説明します。

SDN とインテントベース ネットワーキング

なぜインテントベース ネットワーキングが Software Defined Networking(SDN)にとってプラスに働くのか、John Apostolopoulos が説明します。

インテントベースのネットワーキングとは

インテントベース ネットワークが、ビジネスと IT の間のギャップを解消します。ビジネスの目的を把握し、常にネットワーク全体をそのインテントに整合させます。インテントは、アプリケーション サービス レベル、セキュリティ ポリシー、コンプライアンス、運用プロセス、その他のビジネス ニーズに適用することができます。

 

インテントベース ネットワーキングが重要な理由

企業はより迅速に、確証をもって行動する必要があります。多くのネットワークは、今日のビジネス環境の規模の変動や複雑さ、脅威に対応できていません。インテントベース ネットワーキングには、大きく分けて次の 3 つの分野でビジネス上の利点があります。

  • スピードと俊敏性。ネットワークが組織のニーズに迅速に対応するため、手動での介入の必要はほとんどなくなります。
  • ビジネス上の価値。ネットワークの維持に必要な時間と労力が低減され、ビジネスに真の価値を提供する IT 革新のための時間が増えます。
  • リスクの低減。ネットワークの可視性、分析、自動化の向上により、より迅速な脅威検出、封じ込め、継続的なコンプライアンス、ダウンタイムの削減が実現します。

インテントベース ネットワーキングの仕組み

インテントベース ネットワーキングでは、ビジネスの目的が把握された上で変換されることで、ネットワーク全体への適用が可能となります。ネットワークが継続的な監視を行い、調整することによって整合性を確保します。これは、次のようなクローズドループ システムを通じて実現されます。

  • 変換:ビジネスの目的の把握と変換。
  • 有効化:自動でのポリシーの有効化。ネットワーク全体が対象。
  • アシュアランス:継続的なモニタリングと検証。

インテントベース ネットワーキングの性能をすべて発揮するために、これらの機能はプログラマブル ネットワーク インフラストラクチャ上に構築されます。


開始方法

  • まず、基本的なビジネス ケースとインテントベース ネットワークの技術要件を把握します。
  • 変換の利点を最も見いだせる分野(データセンター、キャンパス、WAN など)を特定します。
  • 既存のネットワーク インフラストラクチャにおいて、インテントベース アーキテクチャをサポートしている部分、またアップグレードが必要な部分について調査します。
  • インテントベース ネットワークの導入ロードマップを作成し、実施できる技術パートナーを選択します。

シスコが提供する支援を確認

データセンター:

エンタープライズ ネットワーク: