アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

シスコ スマート アカウント

IT資産管理をスマートに

紙やPDFのライセンス証書は、スマート ライセンス(電子ライセンス)へ移行します。

スマート アカウントは、このスマート ライセンスをご利用になるのに必要なお客様のアカウントです。

シスコ スマート アカウントは、お客様所有のシスコ製品ならびにライセンス資産を一元化し、シンプルにかつスマートにサポートします。

シスコ スマート アカウントのメリット

  • ライセンス証書にまつわる業務負荷を軽減

  • PAK(プロダクト アクティベーション キー)のペーパー管理や PDF のファイル管理がなくなり、Webプラット フォームから一元管理ができます。余剰ライセンスの別機器への流用や機器故障時のライセンス リホストなど、お客様自身で迅速な対応が可能です。

  • コンプライアンス強化

  • コンプライアンスの順守期限が切れる(切れた)ライセンスの一覧化や、メール通知が可能です。気づかずに起こるソフトウェアの不正使用を防止し、コンプライアンスを強化します。

  • IT 資産管理をサポート

  • お客様のスマートアカウントステータスはいつでもWeb プラットフォームから確認ができます。お客様の シスコ製品資産を”見える化”し、ライセンス更新時期や機器の買替時期などの検討や予算化をサポートします。

シスコ スマート アカウント作成方法

スマート アカウントをすでにお持ちのお客様

スマート アカウントをお持ちのお客様は、スマート ライセンス システムにより、ライセンスのPAK(プロダクト アクティベーション キー)管理が不要になります。 スマート ソフトウェア ライセンスは、ライセンスの所有権と使用状況を可視化し、お客様が所有するライセンスとその使用状況を簡単に確認できます。運用コストを削減し、ライセンスの自動アクティベーションにより、導入の容易さをご実感ください。
 

スマート ライセンス モデルの特長:

  • シンプル:ライセンスの購入、導入、および管理がシンプルです。デバイスは自動登録され、PAK(プロダクト アクティベーション キー)が不要になります。
  • フレキシブル:ライセンスは、スマート アカウントにプールされます。必要に応じて、ネットワーク経由でライセンスを自由に移動できます。
  • スマート:ライセンスの所有権と使用状況をリアルタイムに把握でき、ライセンス展開を管理できます。

スマート アカウントの機能:

Smart Software Manager(SSM):使いやすい直感的なインターフェイスを介して企業全体の資産を可視化します。

Smart Software Manager satellite:直接インターネット接続を使用してインストール ベースを管理したくないお客様に、特別なセキュリティを提供します。

 

主なスマート ライセンス対応製品

ライセンス購入時にスマート アカウントを必要とする主な製品です。
 

  • Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco ASR 5000 シリーズ
  • Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco 4000 シリーズ サービス統合型ルータ(ISR4000)
  • Cisco 5921 エンベデッド サービス ルータ 
  • Cisco 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco ASR 900 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco ASR 920 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco cBR シリーズ コンバージド ブロードバンド ルータ
  • Cisco Cloud Services Router 1000V シリーズ
  • シスコ サービス統合型仮想ルータ(ISRv)
  • Cisco WAN Automation Engine(WAE)
  • Cisco Catalyst 3850 シリーズ
  • Cisco Catalyst 3650 シリーズ
  • Cisco Catalyst 9300シリーズ
  • Cisco Catalyst 9400シリーズ
  • Cisco Catalyst 9500シリーズ
  • Cisco 3504 ワイヤレス コントローラ
  • Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス コントローラ
  • Cisco 8500 シリーズ ワイヤレス コントローラ
  • Cisco Virtual Wireless Controller
  • Cisco 適応型セキュリティ仮想アプライアンス(ASAv)
  • ASA 5500-X with FirePOWER Services
  • Cisco Firepower 2100 シリーズ
  • Cisco Firepower 4100 シリーズ
  • Cisco Firepower 9000 シリーズ
  • Cisco Firepower Management Center
  • Cisco Identity Services Engine (ISE)
  • Cisco Stealthwatch Learning Network
  • Cisco UCS Central ソフトウェア
  • Cisco HyperFlex シリーズ
  • Cisco MDS 9000 シリーズ マルチレイヤ スイッチ
  • Cisco Nexus2000シリーズスイッチ
  • Cisco Nexus3000シリーズスイッチ
  • Cisco Nexus5000シリーズスイッチ
  • Cisco Nexus7000シリーズスイッチ
  • Cisco Nexus9000シリーズスイッチ
  • Cisco Unified Communications Manager Express(CME)
  • Cisco Unity Connection
  • Cisco Unity Express Virtual (vCUE)
  • Cisco Prime Collaboration Provisioning
  • Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

スマート アカウントの開設やスマート ライセンスに関するお問い合わせ先

 

E メールでのお問い合わせには以下事項をご記入ください。
1. 依頼者の Cisco.com ID(お持ちの場合)
2. 氏名
3. 会社名
4. 電話番号
5. メール アドレス
6. スマート アカウント ドメイン名(作成済の場合)
7. お問い合わせ内容

  • フリーダイヤル:0120 - 608 - 802
  • サポート受付時間 : 平日 9 : 00 - 17 : 00

FAQ

Q A
スマート アカウントとは? ご購入いただいた製品とライセンスの情報が登録される製品およびライセンス管理Webプラットフォームです。Smart Software Manager(SSM)で機器やデバイスに対するライセンスの管理、ライセンスの使用状況の監視、およびシスコのライセンス購入の追跡を行うことができます。
スマート アカウントのメリットは? ライセンス証書のペーパー管理や PDF のファイル管理がなくなり、Webプラット フォームから一元管理ができます。余剰ライセンスの別機器への流用や機器故障時のライセンスリ ホストなど、 シスコに問い合わせすることなく、お客様自身で迅速な対応が可能です。
コンプライアンスの順守期限が切れる(切れた)ライセンスの一覧化や、メール通知が可能です。気づかずに起こるソフトウェアの不正使用を防止し、コンプライアンスを強化します。
お客様のスマート アカウント ステータスはいつでもWeb プラットフォームから確認ができます。お客様の シスコ製品資産を”見える化”し、ライセンス更新時期や機器の買替時期などの検討や予算化をサポートします。
スマート アカウントの開設と使用には料金が発生しますでしょうか? 一切費用はかかりません。
スマート アカウントがないと製品購入ができないのでしょうか? 製品に依存します。スマート アカウント対象製品は、https://communities.cisco.com/docs/DOC-59102https://communities.cisco.com/docs/DOC-71451 でご確認ください。
ライセンスは紙やPDFなどでの提供でしたが、どのように変わるのでしょうか。 お客様のスマート アカウントへライセンス情報がご購入後、自動で登録されます。
これまでライセンス管理はシスコ パートナーに任せていますが、今後はパートナーに管理してもらえないのですか? パートナーによる管理は可能ですが、それにはまずはお客様のスマート アカウントを開設いただく必要があります。
スマート アカウント開設時の管理者メールアドレスにEメール エイリアスは設定できますか? Cisco.com IDはセキュリティの観点で個人での登録をお願いしていますが、メール エイリアス(メール リスト)で作成することも可能です。
複数人で 1 つのIDを共有することによって発生するセキュリティ リスク(退職者様や担当者様の移動等がでた場合など不正にアクセスされる危険性など)を理解したうえで、Cisco.com IDを注意深く管理してください。
バーチャル アカウントとは? 1 スマート アカウント配下に設定可能なサブ アカウントです。事業所や部署単位、パートナー単位などでサブ アカウントが作成でき、バーチャル アカウント間でのライセンスの移動が可能です。
1 スマート アカウントあたりいくつまでバーチャル アカウントは作成できますか? 制限はありません。
スマート アカウントのステータス確認と管理はどこでおこないますか? ライセンスのステータス及び管理は、Smart Software Manager(SSM) 
バーチャル アカウントの作成などスマート アカウントの管理は、Cisco Software Central(CSC) でおこないます。
既存のスマート アカウントを検索することはできますか? 可能です。Cisco Software Centralツール(software.cisco.com)の「既存のスマート アカウントへのアクセスを要求する」リンクから、スマート アカウントが存在するかどうかを判断できます。 アカウント ドメインIDを入力して送信ボタンをクリックするとそのドメインIDが紐づくスマート アカウントが既に存在するかどうかの確認ができます。管理者情報が必要な場合、japan-tac@cisco.com までお問い合わせください。
重複したスマート アカウントが作成されていないことをどのように確認しますか? スマート アカウント リクエスト プロセスでは、重複アカウントが作成されるのを防ぐためにチェック機能があります。重複したアカウント ドメインIDが要求された場合にはユーザーにメッセージします。

スマート アカウントにある 5 つの役割の違いは?


Smart Account Approver
Smart Account Administrator
Smart Account User
Virtual Account Administrator
Virtual Account User

Smart Account Approver(SA承認者)

承認者はスマート アカウントの合意書を承認することができる権限です。承認者はCisco Software Centralにアクセスできますが、SSM、LRP、およびEA Workspaceにはアクセスできません。したがって、ライセンス管理は実行できません。

Smart Account Administrator(SA管理者)

スマート アカウントのプロパティを編集したり、ユーザを追加/編集したり、バーチャル アカウントを追加/編集/削除したり、合意書を承認したり、イベント ログを表示することができます。 スマート アカウント管理者はCSCにアクセスでき、スマート アカウント全体のSSM、EA Workspace、およびLRPのすべてのライセンス管理を実行することもできます。
 

Smart Account User(SAユーザ)

Smart Account Administratorと同様に、このロールにより、すべてのツール(CSC、SSM、EA、LRP)のすべてのバーチャル アカウントにアクセスできます。 スマート アカウント ユーザはライセンス管理を実行できますが、新しいバーチャル アカウントを作成したり、
ユーザの追加/編集/削除管理を実行することはできません。
 

Virtual Account Administrator(VA管理者)

Smart Account Administratorに似ていますが、この役割は、割り当てられたバーチャル アカウントにユーザを追加/編集/削除したり、割り当てられたバーチャル アカウントのイベント ログを表示することを可能にします。 バーチャル アカウント管理者は、割り当てられたバーチャル アカウントに対して、SSM、EA、およびLRPのすべてのライセンス管理を実行できます。
 

Virtual Account User(VAユーザ)

Smart Account Userに似ていますが、ユーザが割り当てられているバーチャル アカウントに限られています。選択したバーチャル アカウントに対してライセンス管理を実行できますが、割り当てられたバーチャル アカウントに新しいユーザを追加することはできまん。

なぜシスコはソフトウェア ライセンス システムを変えるのですか? シスコはデジタル ネットワーク アーキテクチャ(DNA)のビジョンのもと、接続機器数が増加の一途をたどる環境下でのネットワーク運用の簡素化・セキュリティの高度化・マルチクラウド接続環境の最適化・データ集積による運用自動化といった真のSDNイノベーションをお客様にお届けすべく、ソフトウェア中心の事業構造への転換を全世界で取り組んでいます。

この一環として、シスコはお客様がシスコ製品のソフトウェア ライセンスを一元管理できる「スマート ライセンス」の枠組みおよび「スマート アカウント」システムを数年前に一部の製品群に対して試験的に導入し、今日まで段階的に適用範囲を拡大させてきました。個々のハードウェア製品にソフトウェアが付随する発想をもとに作られていた従来の仕組み(Product Authorization Key : PAK)と比べ「スマート ライセンス」はお客様が社内のソフトウェア資産を最大限に活用できるようにすることを主眼に設計されています。お客様は「スマート アカウント」システムを通じ、権利付与の状況と利用状況の全社的な把握や、ハードウェア交換にともなうソフトウェア ライセンスの転用などを飛躍的に容易に行うことが可能となります。
スマート ライセンスと従来のPAKライセンスの違いは? 従来のPAKはメールや紙で納品され、特定のシリアル番号と紐づけてLRPツールに登録することでライセンスが入手できます。
スマート ライセンスはスマート アカウントに直接振り込まれ、特定のシリアル番号には固定されず、ライセンス数と利用中の機器数のバランスで管理されるライセンス モデルです。
従来のPAKをスマート ライセンスに移行できますか? できます。スマート ライセンスをサポートしている製品では、従来のPAKベースのライセンスをスマート ライセンスに変換することができます。ライセンス変換は、ライセンス登録ポータル(LRP)とSmart Software Manager(SSM)の両方で実行できます。

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

関連資料集