アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

LISP でネットワークを変革

ネットワークを拡張性とモビリティに優れたマルチテナントの仮想環境に変えることができます。(4:22 min)

Locator/ID Separation Protocol(LISP)は、IP アドレッシングの新しいセマンティクスを提供するルーティング アーキテクチャです。現在の IP ルーティングおよびアドレッシング アーキテクチャでは、IP アドレスという 1 つの番号空間によって、次の 2 つの情報を表現しています。

  • デバイス ID
  • デバイスとネットワークの接続方法

LISP ルーティング アーキテクチャの設計では、デバイスの ID を示す Endpoint Identifier(EID)とその場所を示す Routing Locator(RLOC)を 2 つの異なる番号空間に分離します。EID 機能と RLOC 機能を分離することで、いくつかのメリットが得られます。

ルーティング運用の簡素化

LISP は企業とサービス プロバイダーに次のメリットをもたらします。

  • マルチホーム ルーティングの簡素化
  • エニーツーエニーのスケーラブルな WAN 接続の実現
  • データセンターの仮想マシン モビリティのサポート

拡張性およびサポートの向上

LISP ルーティング アーキテクチャには、次のようなメリットもあります。

  • RLOC の集約性を高め、ルーティング システムの拡張性を向上
  • IPv4 ホストと IPv6 ホスト両方の IP ルーティングを最適化
  • 運用を簡素化

LISP は、ネットワーク エンドポイントまたはホストに影響を与えることなく、既存の IP ネットワークに段階的に導入できます。

LISP は、オープン スタンダードとして推奨されているシスコのイノベーションです。シスコは、IETF LISP ワーキング グループなどの標準化団体に参加し、LISP アーキテクチャの開発を行っています。

注目のコンテンツ

  • Cisco Nexus 7000 と LISP
  • Cisco Nexus 7000 と LISP を活用して、ワークロード モビリティ、クラウド コンピューティング、および IPv6 への移行を実現する方法を説明します。

  • Cisco LISP VM-Mobility ソリューション (PDF - 4.86 MB)
  • IP アドレスを変更することなく Cisco LISP VM-Mobility ソリューションを設定できます。

Contact Cisco