Software Defined Networking(SDN)

アプリケーションの導入の促進

ビジネスのスピードに合わせてアプリケーションを導入

データセンター環境におけるアプリケーションのニーズは急速に変化しています。IT 組織では、アプリケーションの配信を迅速化し、運用コストを削減し、ビジネスの俊敏性を高めるためにクラウド自動化ツールおよび Software Defined Networking(SDN)アーキテクチャに注目しています。

シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)および Cisco Evolved Services Platform を利用すると、単一の自動化されたフレームワークの下で、さまざまな IT とネットワーク ドメイン(計算、ストレージ、セキュリティ、ネットワークを含む)を連携させることができます。このフレームワークは、特定のアプリケーションをサポートするために必要なリソースおよびサービスすべてに対処します。これによって、従来のサイロが解体され、運用が簡素化され、導入時間が削減されます。

ビジネスのスピードに合わせてアプリケーションを導入

ACI によって導入の時間と手間を削減

ビジネスおよびクラウドベースの導入では、俊敏性の高い IT インフラストラクチャが必要です。IT 組織の真価は、急速に変化するビジネス要件、収益機会、およびネットワーク ボトルネックを調整する能力にかかっています。

ACI によって、ワークロードの配置、ネットワークとサービスのプロビジョニング、およびエンドツーエンドのアプリケーションの配信に関連するワークフローが自動化されます。組織およびアプリケーションの要件に整合されたポリシーベースの自動化により、アプリケーション環境の複雑さに応じて、配信までの期間が数週間から数時間、ときには数分間にまで短縮されます。アプリケーション ポリシーは集中管理されて Application Policy Infrastructure Controller(APIC)に格納され、モバイル アプリケーション ポリシーを簡単かつ効率的に適用するために、ネットワークとセキュリティ デバイスに配布されます。

単一の一元化されたポリシー言語とモデルによって、多数のアプリケーションと潜在的に何百台にものぼるデバイスをまたがるポリシーの持続的な管理と変更が簡単で直感的になり、大幅にスケーラブルになります。

ビジネスのスピードに合わせてアプリケーションを導入

ACI によって実現されること

ビジネスのスピードに合わせてアプリケーションを導入

ビジネスのスピードに合わせてアプリケーションを導入するために Cisco ACI が役立ちます。

お問い合わせ