IEEE 802.1 データセンター ブリッジング

イントロダクション

イーサネット ブリッジングに向けた標準ベースの機能拡張

IEEE 802.1 データセンター ブリッジングは、従来のイーサネットに対する標準ベースの拡張機能の集合です。これらの拡張機能によってロスレス(無損失)のデータセンター トランスポート レイヤが実現し、LAN と SAN を 1 つのユニファイド ファブリックに集約できます。Fibre Channel over Ethernet(FCoE)がサポートされるだけではなく、iSCSI やネットワーク接続ストレージ(NAS)などのビジネスに不可欠なトラフィックの運用能力も高まります。


データセンター ブリッジングは柔軟なフレームワークであり、データセンター ファブリックにスイッチやエンドポイントを組み込むのに必要な機能を定義します。主な機能は次のとおりです。

  • 優先度ベース フロー制御(PFC; IEEE 802.1Qbb)
  • 拡張伝送選択(ETS; IEEE 802.1Qaz)
  • 輻輳通知(IEEE 802.1Qau)
  • Data Center Bridging Capability Exchange Protocol(DCBX)プロトコルへの対応を可能にする、Link Layer Discovery Protocol(LLDP)標準(IEEE 802.1AB)の機能拡張

関連するスタンダード トラック(標準化過程)活動によって、データセンター ブリッジングに準拠する標準の定義が進行しています。その一例がレイヤ 2 における等コスト マルチパス化ですが、これに関する標準には次のようなものがあります。

  • 最短パス ブリッジング(SPB)(IEEE 802.1aq)
  • TRILL(Transparent Interconnection of Lots of Links)(IETF ワーキング グループ)

シスコは、IEEE、IETF、および ANSI T.11 の各標準化団体においてデータセンター ブリッジングの主要概念としくみの開発を先導しています。その目的は、マルチベンダー型の相互運用可能なデータセンター ソリューションを促進することです。


注目のコンテンツ

データセンター インフラストラクチャの簡素化
データセンターのインフラストラクチャとケーブル管理の簡素化は、電力供給と冷却のコスト削減につながります。


データセンターの変革
シスコ ユニファイド コンピューティング システムは、ネットワーク、サーバ、および仮想化のリソースを 1 つのシステムに集約します。その結果、総所有コストが削減されるとともに、ビジネスの俊敏性が向上します。


データセンター ネットワークのためのシスコの技術革新
ユニファイド ファブリックによって、データセンター インフラストラクチャの柔軟性と効率がさらに高まります。

お問い合わせ