IP Next-Generation Networks

Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2015 〜 2020 年アップデート

ホワイト ペーパー





Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2015 〜 2020 年アップデート




2016 年 2 月 3 日

「Cisco® Visual Networking Index(VNI):全世界のモバイル データ トラフィックの予測アップデート」は、ビジュアル ネットワーキング アプリケーションが世界中のネットワークに及ぼす影響を追跡および予測することを目的とした、継続的なイニシアティブ「Cisco VNI Forecast」の一環として実施されました。このホワイト ペーパーでは、世界の主要なモバイル データに関するシスコの予測と、そのトラフィックの増加の傾向について述べます。


エグゼクティブ サマリー


2015 年のモバイル ネットワーク


2015 年は、全世界のモバイル データ トラフィックが 74 % 増加しました。全世界のモバイル データ トラフィックは、2014 年末の 1 ヵ月あたり 2.1 エクサバイトから増加し、2015 年末には 1 ヵ月あたり 3.7 エクサバイトに到達しました。

モバイル データ トラフィックは、過去 10 年間で 4,000 倍、過去 15 年間ではほぼ 4 億倍に増加しました。モバイル ネットワークのトラフィックは、2000 年の時点で 1 ヵ月あたり 10 ギガバイト未満、2005 年の時点では 1 ヵ月あたり 1 ペタバイト未満でした (1 エクサバイトは、10 億ギガバイト、および 1000 ペタバイトに相当します)。

2015 年、第 4 世代(4G)のトラフィックが初めて第 3 世代(3G)のトラフィックを超えました。2015 年の時点では、モバイル接続に占める 4G 接続の割合はわずか 14 % でしたが、4G 接続によるモバイル データ トラフィックの割合はすでに 47 % に達しています。一方、3G 接続の割合は、モバイル接続数では 34 %、モバイル データ トラフィックでは 43 % でした。2015 年には、4G 接続では 4G 以外による接続に比べて平均 6 倍のトラフィックが生成されています。

2015 年、モバイル オフロードが初めてセルラー トラフィックを超えました。また、モバイル データの総トラフィックの 51 % が Wi-Fi またはフェムトセルで固定ネットワークへオフロードされました。固定ネットワークにオフロードされたモバイル データ トラフィックは、全体で毎月 3.9 エクサバイトに上ります。

2015 年、5 億超(5 億 6300 万)のモバイル デバイスとモバイル接続が追加されました。こうした成長の大部分を占めたのがスマートフォンでした。2014 年に 73 億だった全世界のモバイル デバイスとモバイル接続の数は、2015 年には 79 億にまで増加しました。

スマート デバイスは 2015 年の全世界のモバイル デバイスとモバイル接続の 36 % を占め、モバイル データ トラフィックの 89 % はスマート デバイスによるものでした (この調査の目的上、「スマート デバイス」とは、3G 以降の接続機能を持ち、高度なマルチメディア機能とコンピューティング機能を搭載したモバイル接続を指します)。2015 年にスマート デバイスが生成した 1 台あたりの平均トラフィック量は、スマート デバイス以外のデバイス 1 台あたりの 14 倍に相当します

2015 年、モバイル ネットワーク(セルラー)の接続速度は 20 % 高速になりました。2015 年の全世界のモバイル ネットワークのダウンストリームの平均速度は、2014 年の 1,683 キロビット/秒(kbps)から 2,026 kbps に向上しました。

2015 年、モバイル ビデオ トラフィックがモバイル データ トラフィック全体の 55 % を占めました。モバイル ビデオ トラフィックは現在、モバイル データ トラフィック全体の過半数を占めています。

モバイル データ加入者の上位 1 % が生成するモバイル データ トラフィックは、2014 年 6 月の 18 % から減少し、7 % になりました。シスコが実施したモバイル データの利用量に関する調査によると、モバイル ユーザの上位 20 % が生成するモバイル データ トラフィックは 59 % になり、上位 1 % のユーザがトラフィックの 7 % を生成しています。

2015 年、スマートフォンで利用される平均トラフィックは 43 % 増加しました。2015 年には、スマートフォン 1 台あたりの平均トラフィック量が、2014 年の 648 MB/月から 929 MB/月に増加しました。

2015 年、(ファブレットを含む)スマートフォンの台数は、全世界のハンドセットのわずか 43 % でしたが、トラフィックについては全世界のハンドセットの 97 % を占めました。2015 年、一般的なスマートフォンが生成したモバイル データ トラフィック(929 MB/月)は、基本的な機能を持つ一般的な携帯電話が生成したモバイル データ トラフィック(わずか 23 MB/月)の 41 倍になりました。

2015 年、全世界で 9700 万台のウェアラブル デバイス(Machine-to-Machine(M2M)カテゴリのサブセグメント)が、15 ペタバイト/月のトラフィックを生成しました

iOS モバイル デバイス(スマートフォンやタブレット)のユーザあたりのデータ利用量は、Android モバイル デバイスのユーザあたりのデータ利用量をわずかに上回りました。2015 年末までに、北米と西ヨーロッパにおける iOS の平均利用量が Android の平均利用量を超えました。

2015 年の時点で、モバイル デバイスの 34 % が IPv6 に対応可能であったと推測されます。この推測は、ネットワーク接続速度と OS の機能に基づくものです。

2015 年には、モバイル接続タブレットの数が 1.3 倍の 1 億 3300 万台に増加しました。各タブレット PC が生成したトラフィック量は、スマートフォンの平均生成量の 2.8 倍に相当します。2015 年のタブレット 1 台あたりのモバイル データ トラフィックは 2,576 MB/月で、スマートフォン 1 台あたりでは 929 MB/月でした。

2015 年、1 億 2500 万台の PC がモバイル ネットワークに接続されました。各 PC が生成したトラフィックはスマートフォンの平均トラフィックの 2.9 倍に相当します。2015 年の PC 1 台あたりのモバイル データ トラフィックは 2.7 GB/月でした。

2015 年、スマートフォン以外の携帯電話の平均利用量は、2014 年の 16 MB/月から 23 MB/月に増加しました。依然として、基本的なハンドセットがネットワーク上のハンドセットの過半数(57 %)を占めています。

2020 年までのモバイル ネットワーク


モバイル データ トラフィックは今後 5 年以内に以下のようなマイルストーンを達成する見込みです

  • 2020 年までに、全世界のモバイル データ トラフィックが 30.6 エクサバイト/月になります。
  • 2020 年までに、1 人あたりのモバイル接続デバイスの数が 1.5 台に達します。
  • 2017 年までに、全世界のモバイルの平均接続速度が 3 Mbps を超えます。
  • 2020 年までに、(ファブレットを含む)スマートフォンの総数が、全世界のデバイスおよび接続の約 50 % を占めます。
  • スマートフォンの利用増により、2020 年までにスマートフォンのモバイル データ トラフィックが全体の 5 分の 4 を超えます。
  • 2020 年までに、モバイル タブレットのトラフィックが 2.0 エクサバイト/月を超えます。
  • 2020 年までに、全モバイル接続の中で 4G 接続の占める割合が最も高くなります(40.5 %)。
  • 2016 年までに、4G トラフィックが全モバイル トラフィックの半分を超えます。
  • 2015 年に、携帯電話ネットワークから(Wi-Fi に)オフロードされたトラフィックが、携帯電話ネットワークに残るトラフィックを上回りました。
  • 2020 年までに、全世界のモバイル データ トラフィックの 4 分の 3(75 %)がビデオになります。

2015 年から 2020 年の間に、全世界のモバイル データ トラフィックが約 8 倍増加します。2015 年から 2020 年までのモバイル データ トラフィックの年平均成長率(CAGR)は 53 % と予測され、2020 年までに 30.6 エクサバイト/月に達する見込みです。

2020 年までに、1 人あたりのモバイル デバイスの数が 1.5 台になります。2020 年までに、モバイル接続デバイスの数が 116 億台になると予想されます(M2M モジュールを含む)。この数字は、同時期の世界の推計人口(78 億人)を超えます。

2020年までに、モバイル ネットワークの接続速度は 3 倍以上に向上します。モバイル ネットワークの平均接続速度(2015 年は 2.0 メガビット/秒(Mbps))は、2020 年までに約 6.5 Mbps に到達します。2017 年までに、モバイル ネットワークの平均接続速度は 2.0 Mbps を超えます。

2020 年までに、4G が接続の 40.5 %、トラフィック全体の 72 % を占める見込みです。2020 年までに、4G 接続が 4G 以外の接続の平均 3.3 倍のトラフィックを生成するようになります。

2020 年までに、モバイル ネットワークに接続されるすべてのデバイスの 5 分の 3 以上が「スマート」デバイスになる見込みです。全世界のモバイル デバイスに占めるスマート デバイスの割合は、2015 年の 36 % から増加し、2020 年までに 67 % になります。こうしたスマート デバイスから生成されるモバイル データ トラフィックは、2015 年の 89 % から増加し、2020 年までにモバイル データ トラフィックの大部分(98 %)を占めるようになります。

2020 年までに、全世界のすべてのモバイル デバイスの 66 % が IPv6 モバイル ネットワークに接続可能になると推定されます。2020 年までに、IPv6 対応デバイスの数は 76 億台になります。

2020 年までに、全世界のモバイル データ トラフィックの 4 分の 3 がビデオになります。モバイル ビデオは 2015 年から 2020 年の間に 11 倍に増加し、この予測期間末までにモバイル データ トラフィック全体の 75 % を占めるようになります。

2020 年までに、モバイル接続タブレットが生成するトラフィックが、2015 年の約 8 倍になります。2020 年までにタブレットが生成するモバイル データ トラフィック量(2.6 エクサバイト/月)は、2015 年の 7.6 倍(CAGR 50 %)になります。

2020 年までに、平均的なスマートフォンは 1 ヵ月あたり 4.4 GB のトラフィックを生成するようになります。これは、2015 年の平均トラフィックである 929 MB/月の約 5 倍に相当します。2020 年までに、スマートフォンの合計トラフィックが現在の 8.8 倍になり、CAGR は 54 % になる見込みです。

2015 年までに、モバイル接続デバイスの総トラフィックの半数超(約 3.9 エクサバイト)が、毎月 Wi-Fi デバイスとフェムトセルで固定ネットワークへオフロードされる見込みです。Wi-Fi デバイスとフェムトセルによるオフロードがなければ、2015 年から 2020 年の間のモバイル データ トラフィックの合計は、予測される CAGR 53 % ではなく CAGR 55 % になると思われます。

モバイル データ トラフィックの増加率が最も高い地域は中東およびアフリカで、CAGR は 71 % になると見込まれます。 アジア太平洋の 54 % と中央および東ヨーロッパの 52 % がこれに続きます。

VNI Mobile の予測の詳細なデータと予測方法については、付録 A を参照してください。

2015 年の総括


2015 年は、全世界のモバイル データ トラフィックがおよそ 74 % 増加しました。増加率は各地域で大きく異なり、最も増加率が高かった中東およびアフリカ(117 %)に続き、アジア太平洋(83 %)、中南米(73 %)、中央および東ヨーロッパ(71 %)となります。北米の増加率はおよそ 55 %で、非常に低かった 2014 年の 26 % からの回復が見られました。北米のすぐ後に続いたのが西ヨーロッパで、2015 年の増加率は 52 % でした(図 1 を参照)。国レベルでは、インドネシア、中国、インドの増加率がそれぞれ 129 %、111 %、89 % となり、全世界の増加率を引き上げました。

図 1.	2015 年のモバイル データ トラフィックの増加

図 1. 2015 年のモバイル データ トラフィックの増加

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


全世界のモバイル データ トラフィック 2015 年 〜 2020 年


2020 年までに、モバイル データ トラフィックの合計は、1 ヵ月あたり 30.6 エクサバイト(2015 年の 8 倍)まで増加すると予測されています。2015 年から 2020 年の間に、モバイル データ トラフィックは CAGR 53 % まで増加する見込みです(図 2)。

図 2.	シスコは 2020 年までにモバイル データ トラフィックが 30.6 エクサバイト/月になると予測

図 2. シスコは 2020 年までにモバイル データ トラフィックが 30.6 エクサバイト/月になると予測

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


2020 年までに、全世界のモバイル トラフィックに占めるアジア太平洋の割合が 45 % になると見込まれています。これは図 3 に示すように、他の地域を大きく引き引き離す最大の割合となっています。2015 年のトラフィックに占める割合が次に多かった北米は、中央および東ヨーロッパと中東およびアフリカに抜かれ、2020 年までに 4 番目になると思われます。中東およびアフリカでは CAGR が最高(71 %)となり、この予測期間で約 15 倍に増加する見込みです。アジア太平洋では CAGR が第 2 位(54 %)となり、この予測期間で約 9 倍に増加する見込みです。

図 3.	全世界のモバイル データ トラフィックの予測(地域別)

図 3. 全世界のモバイル データ トラフィックの予測(地域別)

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


世界のモバイル ネットワーキングの主なトレンド


以降のセクションでは、モバイル データ トラフィックの増加要因となる主なトレンド 7 項目について説明します。

  1. よりスマートなモバイル デバイスへの適応
  2. セル ネットワークの進化の定義 — 2G、3G、および 4G(5G に関する予測)
  3. モバイル IoE の導入評価 — M2M およびウェアラブル デバイスの出現
  4. Wi-Fi 増加のトラッキング
  5. モバイル アプリケーションの利用および帯域幅使用パターンのプロファイル
  6. モバイル ネットワークの速度向上率の比較
  7. 段階的価格設定の見直し — データ無制限プランと共有プラン

トレンド 1:よりスマートなモバイル デバイスへの適応


モバイル ネットワークにアクセスするワイヤレス デバイスは世界中で増え続けており、これが、全世界のモバイル トラフィックを増加させる主な要因の 1 つとなっています。毎年、多様な形状の新しいデバイスが市場に登場し、これらは機能やインテリジェンスも強化されています。シスコでは今年、トラッキングするデバイス カテゴリに独立したカテゴリとしてファブレットを追加しました。2015 年には、5 億超(5 億 6300 万)のモバイル デバイスとモバイル接続が追加されました。2014 年に 73 億だった全世界のモバイル デバイスとモバイル接続の数は、2015 年には 79 億にまで増加しました。全世界のモバイル デバイスとモバイル接続は、2020 年までに 116 億に増加し、CAGR は 8 % となる見込みです(図 4)。2020 年までに、ハンドヘルドまたはモバイル対応のパーソナル デバイスは 82 億台に到達します。また、車載 GPS システム、運輸および製造部門のアセット トラッキング システム、患者の記録や健康状態をより迅速に入手できるようにする医療アプリケーションなどの M2M 接続の数は 32 億に到達します。モバイル デバイスとモバイル接続の増加率が最も高い地域は北米と西ヨーロッパで、2015 年から 2020 年までの CAGR はそれぞれ 22 % と 14 % になる見込みです。

図 4.	全世界のモバイル デバイスとモバイル接続の増加

図 4. 全世界のモバイル デバイスとモバイル接続の増加

カッコ内の数値は 2015 年と 2020 年のデバイスの割合を示しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


スマートフォン以外の携帯電話の市場シェアは 2015 年の 50 %(39 億台)から急激に減少し、2020 年までに 21 %(24 億台)となる見込みです。最も著しい増加を示すのは M2M 接続で、タブレットがそれに続きます。M2M モバイル接続は、2020 年までにすべてのデバイスおよび接続の 4 分の 1 超(26 %)を占めるようになります。2015 年から 2020 年までの期間に、M2M カテゴリは CAGR 38 % のペースで、また、タブレットは同期間に CAGR 23 % のペースで増加する見込みです。もう 1 つの大きなトレンドとしては、(ファブレットを含む)スマートフォンの増加があり、すべてのデバイスと接続に占める割合が 2015 年の 38 % から、2020 年までに約 50 %(48 %)に達する見込みです。モバイル デバイスとモバイル接続の数が全体的に増加する中、デバイス タイプの比率には明らかな変化が見られます。今年は、新しいデバイス カテゴリである(スマートフォンのカテゴリに含まれる)ファブレットの拡大により、ラップトップが減少し、タブレットの増加にさらなる鈍化が見られます。

トラフィックの点では、スマートフォンとファブレットが引き続きモバイル トラフィックの大部分(81 %)を占める一方、2020 年までに、M2M カテゴリの割合が増加し続けると見込まれます(図 5 を参照)。


図 5.	全世界のモバイル トラフィックの増加(デバイス タイプ別)

図 5. 全世界のモバイル トラフィックの増加(デバイス タイプ別)

カッコ内の数値は 2015 年と 2020 年のデバイスの割合を示しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


予測期間を通じて、デバイスのスマート化が進み、高度なコンピューティング リソースやネットワーク接続機能を持つデバイスの数が増加します。これにより、インテリジェントな高機能ネットワークに対するニーズが拡大しつつあります。シスコは、高度なコンピューティングおよびマルチメディア機能と 3G 以降の接続機能を持つものを、スマート デバイスおよびスマート接続と定義しています。全体に占めるスマート デバイスとスマート接続の割合は、2020 年までに 2015 年の 36 % から 3 分の 2 を超える 67 % となり、予測期間中に約 3 倍に増加する見込みです(図 6)。

図 6.	全世界のスマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加

図 6. 全世界のスマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加

パーセンテージはデバイスおよび接続の割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


この分析には、Low Power Wide Area(LPWA)接続が含まれています。このワイヤレス ネットワーク接続は、低帯域幅と幅広い地理的範囲が要求される M2M モジュールに特化したものです。このモジュールは非常に低い帯域幅の要件を持つ、高遅延を許容する設計であるため、スマート デバイスとスマート接続のカテゴリには含めていません。北米など、LPWA の大幅な増加が見込まれる地域では、これをカテゴリに含めると、スマート デバイスおよびスマート接続の割合に誤差が生じる可能性があります。そのため、地域別に比較できるように、LPWA をカテゴリから除外しています。図 7 に、全世界のスマート デバイスとスマート接続に対する、非スマート デバイスと非スマート接続の割合の比較を示します(LPWA を除く)。

図 7.	全世界のスマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加(LPWA を除く)

図 7. 全世界のスマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加(LPWA を除く)

パーセンテージはデバイスおよび接続の割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


LPWA M2M 接続を除外すると、全世界のスマート デバイスとスマート接続の割合が高くなり、2020 年までに 72 % に到達する見込みとなります。

このデバイス タイプの比率の変化は世界的な現象ですが、変化の速度は地域によって異なります。2020 年末までに、北米ではインストール ベースの 95 % がスマート デバイスとスマート接続に移行し、次いで西ヨーロッパでも 86 % がスマート デバイスとスマート接続に移行すると予測されます(表 1)。

表 1. スマート デバイスとスマート接続の地域別割合(地域の合計に占める割合)

地域 2015 2020
北米 74 % 95 %
西ヨーロッパ 59 % 86 %
中央および東ヨーロッパ 43 % 84 %
アジア太平洋 35 % 72 %
中南米 34 % 70 %
中東およびアフリカ 12 % 52 %

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


図 8 は、モバイル スマート デバイスとモバイル スマート接続の増加が全世界のトラフィックに与える影響を示したものです。全世界のスマート トラフィックがモバイル トラフィック全体に占める割合は、89 % から増加し、2020 年までに 98 % になる見込みです。この割合は、スマート デバイスとスマート接続の割合(2020 年までに 67 %)をはるかに上回っています。これは、スマート デバイスが生成する平均トラフィック量が非スマート デバイスよりはるかに多いためと考えられます。2015 年に全世界のスマート デバイスが生成したトラフィック量は、非スマート デバイスの 14 倍に相当します。また 2020 年までに、スマート デバイスが生成するトラフィック量は、約 23 倍になると見込まれます。

図 8.	スマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加がトラフィックに与える影響

図 8. スマート モバイル デバイスとスマート モバイル接続の増加がトラフィックに与える影響

パーセンテージはトラフィックの割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


IPv6


複数のスマート デバイスの急激な普及が現実となる中、各デバイスに他のデバイスやインターネットとの通信、および場所の定義に使用する、固有かつ一意のアドレスが必要となりつつあります。デバイスがインターネットでの通信に使用する、現在のプロトコルである IPv4 アドレスは、全世界で使い果たされ、今日ではアフリカのインターネット レジストリにごく少数が残されるのみとなっています。十分な数を超えるアドレスを提供して IPv4 アドレスの枯渇問題を解決することに加え、より新しく優れた IPv6 プロトコルに移行することにより、すべてのデバイスにインターネット上でグローバルにルーティング可能なパブリック IP アドレスが提供されるという、さらなるメリットがもたらされます。そのため、スマート デバイスと Internet of Everything(IoE)を実現へと導く、340 X 1036 のアドレスを持つ IPv6 への移行が、単なるニーズではなく強く必要とされています。

新世代のデバイスの急増に伴って、モバイル ネットワークの利用量やデータ トラフィックが増加する中、こうしたデバイスの接続と管理に役立つ IPv6 への移行が本格化しています。そのため、Cisco VNI では引き続き IPv6 に重点を置き、「Cisco VNI:モバイル データ トラフィックの予測、2015 〜 2020 年」で、IPv6 対応のモバイル デバイスとモバイル接続、および IPv6 モバイル データ トラフィックの見込みに関する最新の情報を提供しています。

シスコは、モバイル デバイス セグメントの中でスマートフォンとタブレットの増加率が高いことに注目し、全世界で 2020 年までにスマートフォンとタブレットの 92 %(55 億台)が IPv6 対応になると予測しています(2015 年の時点では、スマートフォンとタブレットの 65 %(20 億台)が IPv6 対応でした。図 9 を参照)。これは、OS(主に Android と iOS)による IPv6 のサポート状況や、IPv6 に対応した高速モバイル ネットワーク(3.5G 以上)への移行が加速していることに基づく予測結果です (この予測は、IPv6 対応モバイル デバイスの台数予測を目的としたもので、インターネット サービス プロバイダー(ISP)が積極的に設定している IPv6 接続を使用するモバイル デバイスを対象としたものではありません)。

図 9.	全世界の IPv6 対応のスマートフォンとタブレット

図 9. 全世界の IPv6 対応のスマートフォンとタブレット

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


すべてのモバイル デバイスとモバイル接続について、全世界の IPv6 対応数は 2015 年の 34 %(27 億)から増加し、2020 年までに 66 %(76 億)に到達すると予測されます(図 10 を参照)。M2M は IPv6 対応デバイスが増加している主要セグメントであり、予測期間中に 11 倍に増加して、2020 年までに 15 億台に到達します。IP アドレスの大幅な拡張と複雑なネットワークの管理を可能にする IPv6 は、現在そして今後の IoE のサポートに重要な役割を果たします (デバイスの詳細については、付録 C の表 8 を参照)。

地域の状況としては、アジア太平洋がこの予測期間を通して他をリードし、IPv6 対応デバイスおよび接続の数は、2020 年までに世界最高の 38 億に達する見込みです。この予測期間の増加率が最も高いのは中東およびアフリカで、CAGR は 35 % になると見込まれます (地域別の詳細については、付録 C の表 9 を参照)。

図 10.	全世界の IPv6 対応モバイル デバイス

図 10. 全世界の IPv6 対応モバイル デバイス

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


モバイル デバイスの IPv6 接続がもたらす可能性の大きさを考慮し、Cisco VNI Mobile の予測では IPv6 ネットワークに接続される IPv6 対応デバイスの割合の段階的な増加に基づいて、IPv6 ネットワーク トラフィックの予測を示しています。2020 年については、IPv6 対応デバイスの約 60 % が IPv6 ネットワークに接続されると仮定して、全世界の IPv6 トラフィックは 16.6 エクサバイト/月(モバイル データ トラフィック全体の 54 %)となり、2015 年から 2020 年にかけて 34 倍に増加すると予測しています(図 11)。

図 11.	IPv6 モバイル データ トラフィックの予測(2015 〜 2020 年)

図 11. IPv6 モバイル データ トラフィックの予測(2015 〜 2020 年)

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


最新の IPv6 の導入のトレンドに関するその他の情報については、Cisco 6Lab サイト [英語] をご覧ください。Cisco 6Lab の分析には、IPv6 プレフィックスの導入、IPv6 Web コンテンツの提供状況、および IPv6 ユーザの予測に関する現在の国別の統計情報が含まれています。IPv6 デバイスの機能、コンテンツの提供、および大規模なネットワークの導入に関する検討が進み、IPv6 の議論は、「仮定」や「導入時期」から IPv6 がサービス プロバイダーとエンド ユーザにもたらす「可能性の実現方法」へとシフトしています。

トトレンド 2:セル ネットワークの進化の定義 — 2G、3G、および 4G(5G に関する予測)


モバイル デバイスおよびモバイル接続では、コンピューティング機能のスマート化が進むだけでなく、ネットワーク接続も旧世代(2G)からより新世代のネットワーク接続(3G、3.5G、4G、LTE)へと進化しつつあります。デバイスの高機能化と帯域幅の拡大、そしてよりインテリジェントなネットワークという要因が組み合わさることで、高度なマルチメディア アプリケーションが普及し、結果的にモバイルおよび Wi-Fi のトラフィックが増加します。

モバイル アプリケーションが急増し、エンド ユーザがモバイル接続を驚異的なペースで導入する一方、帯域幅の管理を最適化し、ネットワークを収益化する必要性から、全世界で 4G の導入と採用が拡大しつつあります。世界中のサービス プロバイダーが次々と 4G ネットワークに参入し、移動中の通信の帯域幅の拡大、セキュリティの強化、および接続の高速化に対するエンド ユーザの需要の高まりに対応しようとしています(付録 B)。

世界的に見て、3G および 3.5G 対応のデバイスと接続の相対比率は、2017 年までに 2G 対応のデバイスと接続を上回る見込みです。そして 2020 年には、4G がその他すべての接続タイプの割合を上回ります。2020 年までに、全世界のデバイスと接続の 40.5 % が 4G 対応になります(図 12)。全世界のモバイル 4G 接続は、2015 年の 11 億から、CAGR 34 % で増加し、2020 年までに 47 億に達する見込みです。

図 12.	2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル デバイスとモバイル接続

図 12. 2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル デバイスとモバイル接続

パーセンテージはデバイスおよび接続の割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


この分析には、Low Power Wide Area(LPWA)接続も含まれています。このタイプの超狭帯域ワイヤレス ネットワーク接続は、低帯域幅と広範なカバレッジが必要とされる M2M モジュールに特化したものです。この接続は、広い範囲をカバーしながら、電力消費量、モジュール、および接続コストを低く抑えます。そのため、携帯電話ネットワークだけでは対応できなかったであろう、モバイル ネットワーク事業者(MNO)向けの新しい M2M の使用例が実現します。この例として、住宅の公共料金メーター、電源接続のないガスや水道のメーター、街路灯、ペットまたは個人用のアセット トラッカーなどがあります。LPWA 接続(すべて M2M)の割合は、2015 年の 1 % 未満(2160 万)から 2020 年までに 7.4 %(8 億 5900 万)に増加する見込みです。

図 13 および 14 に示すように、より高度なネットワークへの進化が、エンド ユーザのデバイス セグメント全体と M2M 接続カテゴリ内の両方で起きています。

M2M カテゴリを除外すると、4G の増加がより顕著になり、2020 年までに 4G のデバイスが 43 % を占めるようになります。

図 13.	2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル デバイス(M2M 接続を除く)

図 13. 2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル デバイス(M2M 接続を除く)

パーセンテージはデバイスの割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


M2M 機能も、エンド ユーザのモバイル デバイスと同様に、より高度なネットワークへ移行しつつあります(図 14)。一方、4G 接続の割合は 2015 年の 10 % から 2020 年までに 34 % に増加します。また、LPWA は 2015 年の 4 % から 2020 年までに 28 % へと大幅に増加すると見込まれます。LPWA は帯域幅を大量に消費せず、高遅延を許容します。これは、MNO が M2M 市場を拡大できるオーバーレイ戦略です。

図 14.	2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル M2M 接続

図 14. 2G、3G、および 4G 別の全世界のモバイル M2M 接続

パーセンテージは M2M 接続の割合を表しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


2G から 3G または 4G の導入への移行は世界的な現象です。実際、北米では、2020 年までにモバイル デバイスとモバイル接続の 59 % が 4G 対応となり、3G 対応のデバイスおよび接続を上回ると予測されます。2020 年までに 4G 接続の比率が北米に次いで高い地域は西ヨーロッパ(53 %)になります(付録 B)。国レベルで見ると、2020 年までに、オーストラリアでは全接続の 63 % が 4G に、日本では 60 % が 4G になる見込みです。全世界のすべての 4G 接続に占める割合の面では、中国とそれに次ぐ米国が世界をリードし、2020 年までに全世界の 4G 接続のうち、中国が 28 %、米国が 12 % を占めると予測されます。

4G の増加とともに、高帯域幅、低遅延、およびセキュリティの向上が実現し、各地域ではモバイル ネットワークと固定ネットワークのパフォーマンスのギャップが解消されます。その一方で、LPWA ネットワークの導入により、M2M セグメントでモバイル プロバイダーが提供するサービスの範囲が拡大します。このような状況により、エンド ユーザによるモバイル テクノロジーの導入がさらに加速し、任意の場所や Internet of Everything(IoE)から、あらゆるデバイス上のコンテンツにアクセスすることがより持続可能なものとなります。


トラフィックに対する 4G の影響


2015 年に 3G トラフィックを上回った 4G トラフィックは、現在、ネットワーク タイプ別のモバイル データ トラフィックで最も高い割合を占めています。2015 年の時点でトラフィックの 47 % を占めていた 4G(3G は 43 %)は、今後も他のネットワークより速いペースで増加を続け、その割合は 2020 年までにすべてのモバイル データ トラフィックの 72 % に達すると予想されます(図 15)。

現在、4G 接続は 4G 以外の接続と比較して、6 倍のトラフィックを生成しています。4G においてデバイスあたりの使用量が多くなる理由は 2 つあります。第 1 に、現在の 4 G 接続の多くはハイエンド デバイス向けであるため、平均利用量が多くなります。第 2 に、高速であるため、大きな帯域幅を消費するアプリケーションの導入と利用が進んでいます。たとえば、4G ネットワークのスマートフォンは 3G または 3.5G ネットワークの同じモデルのスマートフォンより生成するトラフィックが著しく増大する傾向があります。4G 接続に占めるスマートフォンの割合が大きくなるにつれ、4G デバイスと 4G 以外のデバイスの平均トラフィックの差は縮まります。それでも、2020 年までに 4G 接続のトラフィックは 4G 以外の接続の 3 倍になる見込みです。

図 15.	全世界のモバイル トラフィック(接続タイプ別)

図 15. 全世界のモバイル トラフィック(接続タイプ別)

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


5G に関する予測


5G は、次のフェーズのモバイル テクノロジーです。4G と比較した 5G の主な改善点としては、高帯域幅(1 Gbps 超)、カバレッジの拡大、超低遅延化が挙げられます。4G は、デバイスの急増と動的な情報アクセスに支えられてきましたが、5G は主に IoE アプリケーションが推進力になると考えられます。5G では、コンテンツ、ユーザ、および場所の認識に基づいてリソース(チャネル)が割り当てられますが、 このテクノロジーにより、頻繁に発生するライセンスおよびスペクトル管理の問題が解決されると見込まれます。一部の事業者が実地試験を進めてはいますが、5G の導入が大きく推進されるのは、2020 年以降と考えられています。導入を阻むいくつかの要因として、規制基準の承認、スペクトルの利用可能性とオークション、新しいインフラストラクチャの移行と導入に関連する投資を正当化するための投資回収率(ROI)戦略などが挙げられます。


トレンド 3:モバイル IoE の導入評価 — M2M およびウェアラブル デバイスの出現


よりスマートなエンドユーザ デバイスと M2M 接続の驚異的な増加は、IoE の成長を明確に示しています。IoE によって、人、プロセス、データ、モノがつながり、ネットワーク接続はより適切で価値あるものになります。このセクションでは、M2M 接続の継続的な増加と、ウェアラブル デバイスという新しいトレンドについて説明します。M2M とウェアラブル デバイスによって、コンピューティングと接続性は私たちの日々の生活に深く浸透し始めています。

M2M 接続(家庭およびオフィスのセキュリティと自動化、スマート メーターとユーティリティ、メンテナンス、ビルディング オートメーション、自動車、医療、家庭用の電子機器など)は、広範な業界とコンシューマ セグメントで活用されています。リアルタイムの情報監視は、新しいビデオベースのセキュリティ システムを導入する企業や、患者の病状を遠隔監視する病院や医療従事者にとって役立つもので、M2M 接続において帯域を大量に消費する利用形態の普及が加速しています。全世界の M2M 接続は、2015 年の 6 億 400 万からの CAGR 38 % で増加し、2020 年までに 5 倍の 31 億になる見込みです。先のトレンドで述べたとおり、M2M の機能は、エンド ユーザのモバイル デバイスと同様に、2G から 3G および 4G のテクノロジーへと進化を遂げつつあります(図 16)。

図 16.	Machine-to-Machine の世界的増加と 2G から 3G および 4G への移行

図 16. Machine-to-Machine の世界的増加と 2G から 3G および 4G への移行

2015 年には、全世界のモバイル M2M 接続の 10 % を 4G が占め、4 % を LPWA が占めています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


ウェアラブル デバイスは、IoE の普及を促す重要な要因であり、高い成長性を秘めたカテゴリです。ウェアラブル デバイスとは、その名が示す通り、人が身に着けることのできるデバイスです。セルラー ネットワークとの接続に対応する組み込みのセルラー接続機能によって直接、または Wi-Fi や Bluetooth、その他のテクノロジーを使って別のデバイス(主にスマートフォン)経由で、ネットワークに接続し、通信する機能を備えています。これらのデバイスにはさまざまな形状のものがあり、スマート ウォッチ、スマート グラス、ヘッドアップ ディスプレイ(HUD)、医療およびフィットネス用トラッカー、ヘルス モニタ、ウェアラブル スキャナ、ナビゲーション デバイス、スマート クロージングなど多岐にわたります。こうしたデバイスの増加は、(デバイスを着用できるレベルにまで軽量化するための)コンピューティングやその他の電子機器の小型化をサポートするテクノロジーの強化によって促進されてきました。ウェアラブル デバイスは、家庭用の電子機器セグメントに特徴的な個人のスタイルに合ったファッション性に加え、ネットワークの向上や、ロケーションベースのサービス、拡張現実などのアプリケーションの増加が要因となり、進化を続けています。テクノロジーの大幅な改良によって重要なデバイス カテゴリとしてウェアラブル デバイスを実現する取り組みが行われてきましたが、依然として、組み込みのセルラー接続機能の大規模な可用性には、一部のアプリケーションの克服を阻む障壁があります。たとえばテクノロジーの制約、規制の制約、健康に関する懸念事項などがあります。

2015 年には全世界で 9700 万台であったウェアラブル デバイスの数は、2020 年までに 5 倍増の 6 億 100 万台に達する見込みです(CAGR 44 %)(図 17)。前述のとおり、この予測期間中には、ウェアラブル デバイスへのセルラー接続機能の組み込みは限定的なものとなります。セルラー接続機能が組み込まれたウェアラブル デバイスは 2015 年の 3 % から増加するものの、2020 年までではわずか 7 % にとどまる見通しです。現時点では、ウェアラブルを単独のデバイスおよび接続カテゴリにしていません。まだ初期の段階であるため、M2M カテゴリと重複しているためです。今後もこのセグメントを注視し、カテゴリが成長して重要性が増していけば、今後の予測で独立したカテゴリにする可能性もあります。

図 17.	接続されている全世界のウェアラブル デバイス

図 17. 接続されている全世界のウェアラブル デバイス

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


地域別に見ると、アジア太平洋がウェアラブル デバイスの地域的な割合で他をリードし、2015 年の 31 % から 2020 年には 32 % にまで増加する見込みです(付録 B)。その他の地域では、北米もかなりの割合を占め、2015 年には 40 % を示しています。ただし、この割合は 2020 年までに 30 % に低下する見通しです。

ウェアラブル デバイスのカテゴリはモバイル トラフィックに確実に影響を及ぼします。セルラー接続機能が組み込まれなくても、スマートフォンを介してモバイル ネットワークに接続できるためです。全世界のウェアラブル デバイスのトラフィックは、2020 年までにスマートフォンのトラフィックの 1.3 %(335 ペタバイト/月)を占める見込みです(図 18)。全世界のウェアラブル デバイスのトラフィックは 2015 年から 2020 年にかけて 23 倍に増加すると予測されます(CAGR 87 %)。全世界のウェアラブル デバイスのトラフィックは、2015 年末の時点でモバイル データ トラフィック全体の 0.4 % を占めていましたが、2020 年までに 1.1 % に拡大します。

図 18.	全世界のウェアラブル デバイスがトラフィックに与える影響

図 18. 全世界のウェアラブル デバイスがトラフィックに与える影響

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


トレンド 4:Wi-Fi 増加のトラッキング


オフロード


モバイル データはユーザの自宅でも活発に利用されています。自宅で固定ブロードバンドや Wi-Fi アクセス ポイントを利用するユーザ、または通信業者が所有するフェムトセルやピコセルのサービスを受けるユーザによって、モバイル デバイスとポータブル デバイスから生成されるトラフィックのかなりの部分がモバイル ネットワークから固定ネットワークにオフロードされます。この調査では、オフロードという用語を、セルラー接続と Wi-Fi 接続の両方をサポートする(ラップトップを除く)デュアルモード デバイスから Wi-Fi やスモール セル ネットワークを介して伝送されるトラフィックに使用しています。オフロードは、ユーザまたはデバイス レベルで、セルラー接続から Wi-Fi またはスモール セル アクセスへの切り替えが行われたときに発生します。このモバイル オフロードの予測には、公共ホットスポットと家庭用 Wi-Fi ネットワーク両方からのトラフィックが含まれます。

すべてのモバイル接続デバイスのモバイル データ トラフィック全体に占めるモバイル オフロードの割合は、2015 年の時点で 51 %(3.9 エクサバイト/月)でしたが、2020 年までに 55 %(38.1 エクサバイト/月)に増加する見込みです(図 19)。オフロードがなければ、全世界のモバイル データ トラフィックの増加率は CAGR 57 % ではなく 62 % になったと考えられます。オフロードの規模は、スマートフォンの普及率、ハンドセットにおけるデュアルモードの割合、家庭でモバイル インターネットを利用する割合、家庭で Wi-Fi を利用して固定回線でインターネットにアクセスできるデュアルモード スマートフォンの所有者の割合によって決まります。

図 19.	2020 年までにモバイル データ トラフィック全体の 55 % がオフロードされる見込み

図 19. 2020 年までにモバイル データ トラフィック全体の 55 % がオフロードされる見込み

オフロードという用語は、(ラップトップを除く)デュアルモード デバイスから Wi-Fi やスモール セル ネットワークを介して伝送されるトラフィックの意味で使用されています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


2020 年までに、スマートフォンからオフロードされるトラフィック量は 56 %、タブレットからオフロードされるトラフィック量は 71 % になると予測されます。

4G ネットワークが導入されると、高速化と豊富な帯域幅によって Wi-Fi へのオフロードは抑制されると推測する向きもあります。ただし、4G ネットワークによって高度なスマートフォンやタブレットなど、トラフィック量の多いデバイスが増加してきたため、4G プランにも 3G プランと同様のデータ上限が適用されると思われます。こうした理由から、シスコでは、現在そして将来も、低速のネットワークより 4G ネットワークの方が Wi-Fi へのオフロード量が多くなると予測しています。4G からオフロードされるトラフィックの量は、2015 年末の 56 % から 2020 年までに 58 % に増加する見込みです(図 20)。2020 年までに、3G からオフロードされるトラフィック量は 48 % に、2G からオフロードされるトラフィック量は 36 % になると予測されます。

図 20.	モバイル データ トラフィックとオフロード トラフィック、2019 年

図 20. モバイル データ トラフィックとオフロード トラフィック、2019 年

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


Wi-Fi ホットスポットの増加


全世界の(ホームスポットを含む)公共 W-Fi ホットスポットの総数は、2015 年から 2020 年にかけて 7 倍に増加し、2015 年の 6420 万から 2020 年までに 4 億 3250 万になる見込みです(図 21)。W-Fi ホットスポットの総数は、2020 年までに 2015 年の 5660 万から 4 億 2320 万に増加すると予測されます。ホームスポットまたはコミュニティ ホットスポットは、公共 Wi-Fi 戦略の重要な要素の 1 つとなっています。公共 Wi-Fi ホットスポットには、公共 Wi-Fi 商用ホットスポットとホームスポットが含まれます。

図 21.	グローバル Wi-Fi ホットスポット戦略と 2015 〜 2020 年の予測

図 21. グローバル Wi-Fi ホットスポット戦略と 2015 〜 2020 年の予測

出典:Maravedis、Cisco VNI Mobile、2016 年


商用ホットスポットには、購入するか、月額使用料または手数料を支払って設置する、固定および MNO のホットスポットが含まれます。商用ホットスポットは、有料と無料両方のインターネット Wi-Fi アクセスを提供するようにセット アップできます。ホットスポットは、カフェやレストラン、小売店チェーン、ホテル、空港、飛行機、電車などで、お客様やゲストに公共 Wi-Fi を提供するために設置されます。カフェ、小売店、公共施設、オフィスなどでは通常、ゲストや訪問者に無料の Wi-Fi サービス セット識別子(SSID)が提供されます。商用ホームスポットは、公共 Wi-Fi ホットスポット全体に関する予測のわずかな部分を占める程度ですが、2020 年までに 2015 年の 750 万から 930 万に増加する見込みです。

ホームスポットまたはコミュニティ ホットスポットは、公共 Wi-Fi において重要となる可能性がある 1 つの要素として普及してきました。このモデルでは、加入者は一時的な使用のために自身の家庭用ゲートウェイの容量の一部を開放します。ホームスポットには 2 つの SSID があり、事業者が加入者のホーム ゲートウェイにソフトウェアをダウンロードします。これにより、外部のユーザはホットスポットなどの SSID の 1 つを使用できます。このモデルは、ゲスト Wi-Fi とモバイル オフロード、およびコミュニティで Wi-Fi を使用するその他の新しいsモデルを促進するために使用されています(図 22)。

図 22.	全世界の公共 Wi-Fi ホットスポット:2020年までに、アジア太平洋が全世界のホットスポットの 37 % を占めて首位となる

図 22. 全世界の公共 Wi-Fi ホットスポット:2020年までに、アジア太平洋が全世界のホットスポットの 37 % を占めて首位となる

* 中東およびアフリカは、2020 年までに全世界の公共 Wi-Fi ホットスポットの 1 % を占めます。

出典:Maravedis、Cisco VNI Mobile、2016 年


VoWi-Fi


近年、複数の世界的なモバイル キャリアが Voice over Wi-Fi(VoWi-Fi)サービスを発売したり、発売を発表したりしています。Voice over Wi-Fi は新しい概念ではありません。しかし、これまでのソリューションには、導入、そして最終的にはエンドユーザ エクスペリエンスに影響を及ぼすいくつかの制約がありました。それ以来、VoWi-Fi にいくつかの改良が施され、現在では、キャリアグレードのユーザ エクスペリエンスが実現されています。このサービスは現在、Wi-Fi 対応のデバイスであれば、ハードウェアの性能に関係なく提供され、Wi-Fi のみを使用するタブレットのような非 Subscriber Identity Module(SIM)デバイスでも利用できるようになっています。

VoWi-Fi は、セルラーではカバーできない可能性のある屋内のカバレッジに対応する、コスト効率と拡張性に優れた高品質のソリューションを提供できるようにすることで、MNO のサービスの範囲を拡大します。また VoWi-Fi により、MNO はオーバーザトップ プロバイダー(OTTP)の Voice over IP(VoIP)製品の展開に伴う収益の減少を食い止めることもできます。VoWi-Fi は Voice over LTE(VoLTE)を補完するサービスにも位置付けられており、IP マルチメディア システム(IMS)ベースであるうえ、豊富な付加価値サービスを提供することが可能です。実際、VoWi-Fi を活用すれば、モバイル ユーザが屋内で使用するサービスのアクセシビリティと品質の維持に関する課題を解決するとともに、ローミングの請求を減らすことができます。

図 23 に示すように、VoWi-Fi は利用時間に関して、2016 年までに VoLTE を、2018 年までに VoIP を上回る見込みです。モバイル IP 音声に占める VoWi-Fi の割合は、2020 年までに 2015 年の 16 % から 53 % に増加します。VoLTE の利用時間は、2019 年までに VoIP を上回ると予測されます。

図 23.	モバイル音声の利用時間 — VoWi-Fi、VoLTE、VoIP

図 23. モバイル音声の利用時間 — VoWi-Fi、VoLTE、VoIP

カッコ内の数値は 2015 年と 2020 年の利用時間の割合を示しています。

注:VoLTE と VoIP はモバイル固有であり、VoWi-Fi は任意の Wi-Fi 接続のものであると考えられます。回線交換モバイル音声は除外しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


VoWi-Fi はネイティブ アプリケーションであるため、高速かつ高品質のパフォーマンスを備えているという点で VoIP よりも優れているうえ、キーパッドと連絡先一覧の統合も提供します。VoWi-Fi は非 SIM デバイスでも提供可能なため、VoLTE と比較してカバレッジが大きく広がり、利用量もはるかに多くなります。図 24 は、Wi-Fi 接続のタブレットと PC の台数が、セルラー接続をどれだけ上回るのかを示したものです。

図 24.	2020 年までに、Wi-Fi 接続のタブレットと PC の台数がセルラー接続の 3 倍超となる

図 24. 2020 年までに、Wi-Fi 接続のタブレットと PC の台数がセルラー接続の 3 倍超となる

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


Wi-Fi アクセスは MNO によって世界中に広く行き渡っており、トラフィック オフロードを目的とする補完ネットワークとして進化を遂げてきました。これにより、コストのかかる携帯電話ネットワークから、コストの低いビット単位の Wi-Fi ネットワークへのオフロードが進んでいます。データと音声を比較すると、音声でも同様の進化を予測できます。VoWi-Fi は、携帯電話の音声通話を補足するものとして進化を遂げており、屋内や、Wi-Fi ホットスポットへのより広範囲かつ最適なアクセスを確保できるエリア内で、音声通話に Wi-Fi を利用することにより、携帯電話ネットワークのカバレッジを広げています。


全体的な Wi-Fi トラフィックの増加


(Wi-Fi のみのデバイスからのトラフィックを含む)Wi-Fi トラフィックをより広い観点で見ると、Wi-Fi とモバイルの両方が固定トラフィック(イーサネットを通じてネットワークに接続されているデバイスからのトラフィック)より速いペースで増加していることがわかります。IP トラフィック全体に占める固定トラフィックの割合は、2019 年までに 2014 年の 55 % から 34 % に低下する見込みです。モバイルとモバイル デバイスからのオフロードは、2019 年までに IP トラフィック全体のほぼ 30 % を占めるようになりますが、これはトラフィック全体における、モバイル デバイスおよびモバイル ライフスタイルの大幅な増加と大きな影響を示すものと言えます。モバイル デバイスと Wi-Fi のみのデバイス両方からの Wi-Fi トラフィックが IP トラフィック全体に占める割合は、2014 年の 41 % から 2019 年までに半数超(53 %)に増加する見込みです(図 25)。

(確定した予測にはまだ 2020 年の情報が含まれていないため、この予測は 2019 年までのものとなっています。)

図 25.	IP トラフィック(アクセス テクノロジー別)

図 25. IP トラフィック(アクセス テクノロジー別)

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


トレンド 5:モバイル アプリケーションの利用および帯域幅使用パターンのプロファイル


モバイル ビデオ コンテンツのビット レートは他の種類のモバイル コンテンツよりはるかに高いため、モバイル ビデオは 2020 年までのモバイル トラフィックの増加における大きな要因となる見込みです。モバイル ビデオは、2015 年から 2020 年の間に、モバイル トラフィック全体の CAGR を平均した 53 % を上回る 62 % のペースで増加すると予測されています。2020 年までに、モバイル ネットワークのトラフィックは 1 ヵ月あたり 30.6 エクサバイトとなり、そのうちの 23.0 エクサバイトがビデオによるトラフィックとなる見込みです(図 26)。モバイル ビデオは 2012 年以降、全世界のモバイル データ トラフィックの半数超を占めており、将来だけでなく、現在すでにトラフィックに影響を与えています。

図 26.	モバイル ビデオは 2020 年までにモバイル データ トラフィックの 4 分の 3 を占める見込み

図 26. モバイル ビデオは 2020 年までにモバイル データ トラフィックの 4 分の 3 を占める見込み

カッコ内の数値は 2015 年と 2020 年のトラフィックの割合を示しています。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


固定とモバイルの両方においてビデオが増えることで、平均トラフィックが増加し、混雑時のトラフィックが高速化されます。ビデオは、1 日中利用される一般的な Web とは異なり、夜間の「プライム タイム」に利用される傾向があります。そのため、ビデオの利用が増えると、1 日のピーク時のトラフィックがさらに増加することになります。全世界のモバイルの最繁時のトラフィックは、2020 年までに平均時のトラフィックより 88 % 高くなると見込まれています(2015 年は 66 %)。ピーク時のトラフィックは、2015 年から 2020 年の間に、平均トラフィックの CAGR が 53 % であるのに対し、56 % のペースで増加すると予測されています(図 27)。

図 27.	混雑時と平均時の比較

図 27. 混雑時と平均時の比較

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


モバイル ネットワークでのビデオの利用量が増加する重要な理由としては、モバイル ネットワークにおけるハイエンドのハンドセット、タブレット、および PC の急増が挙げられ、ユーザがこうしたプラットフォームで、より多くの帯域幅を必要とするコンテンツやアプリケーションを利用する傾向が、これらのデバイスのトラフィックの平均量を増加させているのは明らかです。図 28 からわかるように、1 台のスマートフォンで生成されるトラフィックは基本的な機能を持つ携帯電話の 41 台分に相当します。また、1 台のタブレットは 113 台分、1 台の PC は 118 台分に相当します。

図 28.	ハイエンド デバイスによるトラフィックの大幅な増加

図 28. ハイエンド デバイスによるトラフィックの大幅な増加

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


表 2 に示すとおり、予測期間中にデバイスあたりの平均トラフィックが急増すると見込まれています。

表 2. デバイスあたりの利用量の拡大(MB/月):抜粋

デバイス タイプ 2015 2020
スマートフォン以外の携帯電話 23 MB/月 116 MB/月
M2M モジュール 164 MB/月 670 MB/月
ウェアラブル デバイス 153 MB/月 558 MB/月
スマートフォン 929 MB/月 4,406 MB/月
タブレット 2,576 MB/月 7,079 MB/月
PC 2,679 MB/月 5,232 MB/月

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


デバイスあたりの利用量は、デバイス台数の増加率を超えるペースで増えています。表 3 に示すとおり、新しいデバイスのモバイル データ トラフィックの増加率は、ユーザ数の増加率の 2 〜 5 倍となっています。

表 3. 全世界のデバイス台数の増加率と全世界のモバイル データ トラフィックの増加率の比較

デバイス タイプ デバイスの増加率
(2015 〜 2020 年の CAGR)
モバイル データ トラフィックの増加率
(2015 〜 2020 年の CAGR)
スマートフォン 13.1 % 54.3 %
タブレット 22.6 % 50.0 %
PC 7.7 % 23.2 %
M2M モジュール 38.5 % 83.4 %

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


平均利用量の増加を促進する主な要因には、次のようなものがあります。

  • モバイル ネットワークの接続速度の向上に伴い、モバイル ネットワークでアクセスされるコンテンツの平均ビット レートが高くなります。高解像度(HD)ビデオの利用が増加し、サイドローディングされたコンテンツと比較して、ストリーミング配信されるコンテンツの割合も、モバイル ネットワークの平均接続速度が向上するのに合わせて増加すると予想されます。
  • オンデマンド ビデオへの移行は、固定ネットワークと同様にモバイル ネットワークにも影響します。ビデオの総視聴時間が比較的一定であっても、トラフィックは大幅に増加する可能性があります。
  • モバイル ネットワークのキャパシティが向上し、複数のデバイスを使用するユーザが増加するにつれ、価格と速度の点で固定ブロードバンドに匹敵するモバイル ブロードバンド パッケージが事業者から提供される可能性が高まります。このような状況により、固定ブロードバンドの代替としてのモバイル ブロードバンドの利用が進み、モバイル ブロードバンドの利用量が大幅に拡大する可能性があります。
  • モバイル デバイスにより、個人がネットワークに接続している時間が増えます。接続時間が増えることで、ユーザ 1 人あたりの利用時間全体も増えると予測されます。しかし、モバイル データ トラフィックが増加する原因は、固定ネットワークからモバイル ネットワークへのトラフィックの移行だけではありません。位置情報と連動したサービス、モバイル専用ゲーム、モバイル コマース アプリケーションなど、モバイル独自のアプリケーションが次々に登場していることも要因となっています。

トレンド 6:モバイル ネットワークの速度向上率の比較


2015 年の全世界のモバイル ネットワークの平均接続速度は、2.0 Mbps でした。平均速度は CAGR 26 % で向上し、2020 年までに約 6.5 Mbps に到達する見込みです。スマートフォンの速度(一般に 3G 以上)は、2020 年までにモバイル接続全体の平均速度の約 2 倍になります。2020 年までに、スマートフォンの速度は約 2 倍の 12.5 Mbps に達する見込みです。

速度の向上が利用量の増加につながることは事例から明らかですが、速度が向上してから利用量が増加するまでに時間差が生じることは多く、その差は数ヵ月から数年になる場合もあります。しかし、データ利用量に明確な上限を設けている成熟した市場では、速度の向上がモバイル データの利用量の増加につながらないこともあるという事実が示されています。Cisco VNI Mobile の予測では、アプリケーションのビット レートを各国の平均速度に関連付けています。トラフィックに関する予測結果のトレンドの多くは、速度の予測にも見られ、先進地域より発展途上の国や地域の方が向上率が高くなっています(表 4)。

表 4. 全世界および各地域でのモバイル ネットワーク接続の平均速度の予測(単位:kbps)

  2015 2016 2017 2018 2019 2020 CAGR
(2015 〜 2020 年)
全世界
全世界での平均速度:すべての携帯端末 2.0 2.4 3.1 3.9 5.1 6.5 26 %
全世界での平均速度:スマートフォン 7.5 8.3 9.2 9.9 11.1 12.5 11 %
全世界での平均速度:タブレット 11.6 12.8 13.9 15.0 15.6 16.2 7 %
地域
アジア太平洋 2.4 3.6 4.6 5.7 7.0 8.6 29 %
中南米 1.5 1.9 2.5 3.1 3.9 4.9 27 %
北米 5.9 7.9 9.9 12.1 13.7 15.3 21 %
西ヨーロッパ 4.1 6.1 8.3 10.5 12.2 14.1 28 %
中央および東ヨーロッパ 2.3 3.4 5.6 7.8 9.1 10.6 36 %
中東およびアフリカ 0.8 1.3 1.9 2.6 3.6 4.8 45 %

現在および過去の速度は、Ookla の Speedtest のデータに基づいています。今後のモバイル データ速度の予測は、2020 年までのモバイル接続における 2G、3G、3.5G、および 4G の相対的な比率に関するサードパーティの予測に基づいたものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


モバイル デバイスに出入りするデータの速度に影響を及ぼす可能性があるのは、デバイス外部のインフラストラクチャの速度性能と、デバイス内部のネットワーク機能に起因する接続速度です(図 29)。予測における速度は、実際のモデル化されたエンド ユーザの速度であり、そのデバイス、接続、またはテクノロジーが提供できる理論上の速度ではありません。モバイル接続の性能は、さまざまな国や地域での 2G、3G、および 4G の展開、基地局で使用されるテクノロジー、スペクトルの利用可能性、地形、信号強度、基地局を共有するデバイスの数など、いくつかの変数に左右されます。また、エンド ユーザが使用するアプリケーションの種類も重要な要因となります。ダウンロード速度、アップロード速度、および遅延特性は、ビデオ、無線、インスタント メッセージなどのアプリケーションの種類によって大きく異なります。

図 29.	デバイス別のモバイル速度

図 29. デバイス別のモバイル速度

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


4G の速度は 2020 年までにモバイルの平均接続速度の 4 倍になります。これに対し、3G の速度は 2020 年までにモバイルの平均接続速度の 1.2 倍になる見込みです(図 30)。

図 30.	 テクノロジー別のモバイル速度:2G、3G、および 4G の比較

図 30. テクノロジー別のモバイル速度:2G、3G、および 4G の比較

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


トレンド 7:段階的価格設定の見直し — データ無制限プランと共有プラン


データ無制限プランから段階的なモバイル データ パッケージに移行しつつあるサービス プロバイダーが世界中で増加しています。シスコは、段階的な価格設定がトラフィックの増加に与える影響を推定するために、北米の Tier 1 および Tier 2 サービス プロバイダー数社のデータに基づいてケース スタディを繰り返しました。このケース スタディでは、4 年前に段階的な価格設定が導入されて以降のデータ利用量を追跡しています。調査結果は、サードパーティのデータ分析企業によって提供されたデータをシスコが分析したものです。この分析企業は、ボランティアの参加者が提供する、データ利用量(GB)を含めたモバイル サービスの請求書を参照しています。このケース スタディのデータには、(2014 年 6 月から 2015 年 11 月までの)デバイスの利用量が反映されています。また、長期的なトレンドを予測するために、前回のアップデート時の調査も参照しています。全体の調査期間は 4 年間に及びます。シスコでは、価格プラン、オペレーティング システム、デバイス、およびユーザの分類に加え、デバイスの特性に関するサードパーティからの関連情報の収集や、探索的データ分析および統計的データ解析を組み合わせてデータを分析しました。調査結果は、北米市場の Tier 1 および Tier 2 モバイル データ通信事業者数社の実際のデータを示したものですが、新興市場やその他のプロバイダーを含めた全世界の予測では推定値が下がる可能性があります。

無制限プランが 2013 年 10 月から 2014 年 6 月まで一時的に復活し、Tier 2 の通信事業者による無制限プランのサービスが増加しました。2015 年 11 月の時点では、データ プランの 73 % が段階的プランで、27 % が無制限プランでした。段階的プランと無制限プラン両方のデータ利用量が増加し、 段階的プランのデバイスの平均利用量は、2014 年 6 月の 1.1 GB から 2015 年 11 月には 2.7 GB に増えました。無制限プランの利用量はさらに速いペースで増加し、2014 年 6 月の 2.6 GB から 2015 年 11 月には 6.4 GB になりました。段階的価格プランは多くの場合、最も利用量の多いモバイル データ ユーザ(特にモバイル データ ユーザの上位 1 %)に制約を設けることを目的としています。

平均的な上位 1 % のモバイル データ ユーザによる 1 ヵ月あたりの利用量は、利用量全体に対して確実に減少しています。4 年間の調査の開始当初は、トラフィックの 52 % が上位 1 % によって生成されていました。調査中、Tier 2 の通信事業者が無制限プランを再導入し、プロモーションを行ったことにより、2014 年 6 月までに上位 1 % が生成した月間トラフィックは全体の 18 % に増加しました。2015 年 11 月までに上位 1 % のユーザが生成したトラフィックは、わずか 7 % でした(図 31)。

図 31.	2010 年 1 月に上位 1 % のユーザが生成した月間トラフィックの割合は 52 %(2015 年 11 月は 7 %)

図 31. 2010 年 1 月に上位 1 % のユーザが生成した月間トラフィックの割合は 52 %(2015 年 11 月は 7 %)

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


調査期間中、モバイル ユーザの上位 20 % がモバイル データ トラフィックの 59 % を生成し、上位 5 % のユーザがモバイル データ トラフィックの 28 % を利用していました(図 32)。

図 32.	上位 20 % がモバイル データ トラフィックの約 59 % を利用

図 32. 上位 20 % がモバイル データ トラフィックの約 59 % を利用

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


さまざまなモバイル データ プランと、新しい大画面のスマートフォンやタブレットの登場により、すべての上位階層で 1 ユーザの 1 ヵ月あたりのデータ利用量が増加し続けています(図 33)。

図 33.	平均的なユーザの上位 20 % が 1 ヵ月あたり 11 ギガバイトを利用

図 33. 平均的なユーザの上位 20 % が 1 ヵ月あたり 11 ギガバイトを利用

調査は北米の少数の Tier 1 および Tier 2 通信事業者に限定したものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


調査期間中、1 ヵ月に 2 ギガバイトを超えるトラフィックを生成したモバイル ユーザの割合は、2015 年末の時点で 51 % でした。また、2015 年 11 月までに 1 ヵ月あたり 10 ギガバイトを超えるモバイル データを利用したユーザは、7 % でした(図 34)。

図 34.	モバイル ユーザの半数超が 1 ヵ月に 2 GBを超えるデータを利用

図 34. モバイル ユーザの半数超が 1 ヵ月に 2 GBを超えるデータを利用

調査は北米の少数の Tier 1 および Tier 2 通信事業者に限定したものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


iOS がデータ使用量で Android をわずかに上回る


段階的な価格設定についての 4 年間のケース スタディを開始した当初、Android のデータ利用量は、他のスマートフォン プラットフォームより多くはないものの、同程度でした。ところがそれ以降、Apple ベースのデバイスが互角になり、接続利用時の 1 ヵ月あたりのトラフィック(MB)では、Android デバイスよりデータ利用量がわずかに多くなっています(図 35)。

図 35.	オペレーティング システム別の月間トラフィック(MB)

図 35. オペレーティング システム別の月間トラフィック(MB)

調査は北米の少数の Tier 1 および Tier 2 通信事業者に限定したものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


段階的プランの数は無制限プランを上回っていますが、データ利用量では無制限プランが引き続きリードしています。Tier 1 通信事業者の無制限プランの数は減少していますが、Tier 1 通信事業者のユーザが、無制限プランで 1 ヵ月に利用するデータの平均量は多くなっています(図 36)。

図 36.	段階的プランと無制限プランの比較

図 36. 段階的プランと無制限プランの比較

調査は北米の少数の Tier 1 および Tier 2 通信事業者に限定したものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


現在、通常プランと比較して、共有プランの数は過半数を占めており、 共有プランの平均データ利用量は、通常プランに近づきつつあります(図 37)。

図 37.	共有データ プランと通常データ プランの比較

図 37. 共有データ プランと通常データ プランの比較

調査は北米の少数の Tier 1 および Tier 2 通信事業者に限定したものです。

出典:Cisco VNI Mobile、2016 年


まとめ


モバイル データ サービスは、多くのネットワーク ユーザにとって必要不可欠なものになろうとしています。ほとんどの人がすでにモバイル音声サービスを必需品と見なし、モバイル音声、データ、およびビデオ サービスは、急速な勢いでコンシューマの生活に欠かせない要素となりつつあります。コンシューマだけでなく企業でも幅広く利用され、先進市場と新興市場の両方で驚くべき普及を見せているモビリティは、明らかに変革をもたらしてきました。モバイル加入者の数は急激に増加し、データおよびビデオ用の帯域幅の需要が拡大しています。モバイルでの M2M 接続は引き続き増加します。今後 5 年間はモバイル ビデオの普及の勢いは衰えないと予測されています。バックホールのキャパシティの増大に伴い、モバイル ブロードバンド、データ アクセス、ビデオのサービスが進化し、一般ユーザの利用傾向への効果的な対応や、モバイル インフラストラクチャのコストの抑制が可能になります。

次世代モバイル ネットワークの導入には、サービスのポータビリティと相互運用性の向上が必要です。モバイル デバイスとポータブル デバイスの急増により、このようなデバイスをネットワークに透過的に接続できるようにするとともに、ネットワークで高性能コンピューティングと高度なリアル タイム ビデオおよびマルチメディアを提供できるようにすることが急務となっています。こうしたオープン姓は、共有可能なアプリケーションとサービスを拡大し、モバイル ブロードバンドの可能性を拡大します。ワイヤレス環境の拡大によって、モバイル ネットワークを利用する一般ユーザが増加し、スケール メリットと、ビットあたりのコスト低減に対するニーズが高まります。

新しい形のアドバタイジング、メディアとコンテンツの関係、モバイル サービス(M2M、ライブ ゲーム、拡張現実など)とともに多くのビジネス モデルが出現する中、サービス プロバイダーとオーバーザトップ プロバイダーの両者に有益な状況を形成することが求められています。モバイル事業者、コンテンツ プロバイダー、アプリケーション開発者などは、モバイル ネットワークのビデオ トラフィックを収益化する方策を模索しています。これを実現するには、新しいパートナーシップ、エコシステム、戦略の統合が必要となります。事業者はインフラストラクチャへの設備投資を増やす一方、ビデオ トラフィックから効率的に利益を上げるという課題を解決する必要があります。また、俊敏性を高めて、迅速な対応を可能にするとともに、Web 3.0 ユーザに革新的なサービスを提供できるようにすることも必要です。ネットワークの中立性に関する規制プロセスと事業者のビジネス モデルは進展していますが、最高レベルの品質と速度を求めるコンシューマの要求はまだ満たされていません。以前は有線ネットワークを利用しないと実現できなかったエクスペリエンスをワイヤレス テクノロジーで提供するためには、今後数年間が事業者およびサービス プロバイダーにとって重要となります。この間に、将来のネットワーク導入計画を策定し、今後多様なモバイル対応デバイスやアプリケーションを導入できるような適応力の高い環境を構築する必要があります。


関連情報


お問い合わせは traffic-inquiries@cisco.com 宛にお送りください。


付録 A:Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィック予測


表 5 は、「Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィックの予測」の詳細なデータを示したものです。この予測には、セルラーのトラフィックのみが含まれ、デュアルモード デバイスから Wi-Fi およびスモール セルにオフロードされたトラフィックは除外されています。「その他のポータブル デバイス」のカテゴリには、リーダー、携帯ゲーム機、およびセルラー接続機能が組み込まれたその他のポータブル デバイスが含まれています。ウェアラブル デバイスは「M2M」カテゴリに含まれます。

表 5. 全世界のモバイル データ トラフィック(2015 〜 2020 年)

  2015 2016 2017 2018 2019 2020 CAGR
(2015 〜 2020 年)
アプリケーション カテゴリ別(TB/月)
Web、データ、VoIP 1,323,168 1,968,121 2,779,705 3,605,388 4,427,061 5,158,487 31 %
ビデオ 2,031,425 3,643,337 6,232,592 9,977,073 15,410,948 22,963,742 62 %
オーディオ ストリーミング 279,209 462,019 722,780 1,034,665 1,398,055 1,788,347 45 %
ファイル共有 51,263 106,541 196,021 317,269 472,307 653,641 66 %
デバイス タイプ別(TB/月)
スマートフォン以外の携帯電話 89,630 116,220 149,247 191,088 229,720 278,748 25 %
スマートフォン 2,818,199 4,829,911 7,872,495 11,907,415 17,419,671 24,680,894 54 %
PC 335,456 424,821 527,909 648,242 784,194 950,573 23 %
タブレット 341,492 576,053 907,033 1,341,790 1,913,915 2,594,619 50 %
M2M 99,222 232,037 473,628 845,228 1,360,348 2,058,795 83 %
その他のポータブル デバイス 1,065 975 786 633 524 588 -11 %
地域別(TB/月)
北米 557,237 831,457 1,199,309 1,700,159 2,327,596 3,208,203 42 %
西ヨーロッパ 432,322 707,537 1,045,171 1,477,156 2,060,788 2,795,362 45 %
アジア太平洋 1,578,865 2,676,873 4,422,785 6,725,446 9,771,677 13,712,874 54 %
中南米 276,416 447,991 714,540 1,065,744 1,521,312 2,091,703 50 %
中央および東ヨーロッパ 545,750 946,263 1,510,630 2,242,669 3,249,449 4,442,281 52 %
中東およびアフリカ 294,476 569,895 1,038,661 1,723,221 2,777,550 4,313,794 71 %
合計(TB/月)
モバイル データ トラフィック合計 3,685,066 6,180,017 9,931,098 14,934,395 21,708,372 30,564,217 53 %

出典:シスコ、2016 年


Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィックの予測は、Ovum、Machina、Strategy Analytics、Infonetics、Gartner、IDC、Dell’Oro、Synergy、ACG Research、Nielsen、comScore、Verto Analytics、国際電気通信連合(ITU)、CTIA、および VNI の対象となる各国の電気通信規制機関が公表したデータを一部使用しています。

Cisco VNI の予測方法では、最初に接続とデバイスの数および増加率を示し、アプリケーションの普及率を適用します。次に、アプリケーションのユーザ ベースに対して、シスコが推定した分単位の使用時間と、そのアプリケーションの 1 分あたりの KB を乗算します。この手法によって基本的要因に密接に関連した予測が可能になりました。また、シスコ固有のデータ ソースを使用し、アプリケーション、セグメント、地域、デバイスに関しても、より詳細な予測が行えるようになりました。

  • 基本的要因の包含:固定 IP トラフィックの予測と同様に、「Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィックの予測」の各アップデートでは、主要な前提と基本的要因(利用可能な接続の速度、接続とデバイスの価格設定、コンピュータの処理能力、画面サイズと解像度、デバイスのバッテリ寿命など)の関連性が密になっています。このアップデートでは、予測モデルにおけるモバイルの接続速度と、1 分あたりの KB の前提との関係に焦点を当てています。
  • デバイス中心のアプローチ:モバイル ネットワーク上で利用されるデバイスの台数と種類が増え続けているため、接続レベルではなく、デバイス レベルでトラフィックをモデル化することが不可欠になっています。この「Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィックの予測」のアップデートでは、スマートフォン、スマートフォン以外の携帯電話、ラップトップ、タブレット、ネットブック、電子ブック リーダー、デジタル スチール カメラ、デジタル ビデオ カメラ、デジタル フォト フレーム、車載エンターテイメント システム、および携帯用ゲーム機のトラフィックの詳細を示しています。
  • トラフィック オフロードの影響の予測:「Cisco VNI:全世界のモバイル データ トラフィックの予測」モデルは、デュアルモード デバイスとフェムトセルがハンドセットのトラフィックに及ぼす影響を定量化したものです。オフロードの影響のモデル化には、USC Institute for Communication Technology Management の年次モバイル調査のデータが使用されています。

付録 B:全世界の 4G ネットワークと 4G 接続


表 6 と表 7 はそれぞれ、地域別の 4G 接続の増加とウェアラブル デバイスの増加を示したものです。

表 6. 4G 接続の増加(地域別)

  2015 2020
  4G 接続の数
(単位:千)
接続全体に占める割合 4G 接続の数
(単位:千)
接続全体に占める割合
アジア太平洋 600,965 15 % 2,472,262 43 %
中央および東ヨーロッパ 30,415 5 % 385,707 42 %
中南米 31,376 4 % 328,422 32 %
中東およびアフリカ 37,513 3 % 316,619 17 %
北米 230,249 47 % 608,419 59 %
西ヨーロッパ 143,355 23 % 600,376 53 %
全世界 1,073,873 14 % 4,711,805 40 %

出典:シスコ、2016 年


表 7. ウェアラブル デバイスの増加(地域別)

  2015 2020
  ウェアラブル デバイスの数
(単位:千)
全世界に占める割合 ウェアラブル デバイスの数
(単位:千)
全世界に占める割合
アジア太平洋 30,403 31.4 % 194,669 32.4 %
中央および東ヨーロッパ 5,006 5.2 % 45,850 7.6 %
中南米 1,828 1.9 % 26,083 4.3 %
中東およびアフリカ 4,087 4.2 % 25,416 4.2 %
北米 38,645 40.0 % 180,963 30.1 %
西ヨーロッパ 16,748 17.3 % 127,644 21.3 %
全世界 96,717 100.0 % 600,625 100.0 %

出典:シスコ、2016 年


付録 C:IPv6 対応デバイス(2015 〜 2020 年)


表 8 と表 9 はそれぞれ、デバイス タイプ別の IPv6 対応デバイスの区分と、地域別の IPv6 対応予測の詳細を示したものです。

表 8. デバイス タイプ別の IPv6 対応デバイス(2015 〜 2020 年)

デバイス(単位:千) 2015 2016 2017 2018 2019 2020 CAGR
(2015 〜 2020 年)
全世界 2,674,225 3,530,721 4,435,021 5,383,711 6,473,049 7,648,803 23 %
ラップトップ 107,262 117,603 130,020 143,925 158,687 174,788 10 %
M2M 135,054 282,560 501,861 788,571 1,132,268 1,519,097 62 %
スマートフォン以外の携帯電話 378,052 454,883 465,755 434,243 425,316 450,773 4 %
その他のポータブル デバイス 11,021 8,708 7,923 8,494 10,120 12,518 3 %
スマートフォン 1,926,731 2,516,710 3,137,851 3,769,490 4,453,279 5,139,693 22 %
タブレット 116,106 150,256 191,609 238,988 293,379 351,934 25 %

出典:シスコ、2016 年


表 9. 地域別の IPv6 対応デバイス(2015 〜 2020 年)

デバイス(単位:千) 2015 2016 2017 2018 2019 2020 CAGR
(2015 〜 2020 年
全世界 2,674,225 3,530,721 4,435,021 5,383,711 6,473,049 7,648,803 23 %
アジア太平洋 1,261,150 1,710,865 2,159,819 2,624,540 3,170,574 3,751,988 24 %
中央および東ヨーロッパ 272,566 358,322 443,894 527,417 604,191 688,174 20 %
中南米 282,892 361,964 441,000 519,943 608,391 698,334 20 %
中東およびアフリカ 225,646 323,218 440,998 580,988 777,282 1,019,597 35 %
北米 288,209 356,850 442,066 530,749 618,900 706,901 20 %
西ヨーロッパ 343,762 419,502 507,245 600,075 693,710 783,808 18 %

出典:シスコ、2016 年