IP Next-Generation Networks

Cisco Visual Networking Index(VNI):トラフィックとサービスの普及に関する予測(2015 〜 2020 年) Q&A

Q&A





Cisco Visual Networking Index(VNI):トラフィックとサービスの普及に関する予測(2015 〜 2020 年)



2016 年 6 月

Q.シスコはなぜ Cisco Visual Networking Index(Cisco VNI)の予測調査を実施しているのですか。

A.近年のインターネット トラフィックの急速な増加がさまざまな問題をもたらしていることから、シスコは、多様な階層とソースから収集された実データや将来の展望に基づく現実に即した予測が必要だと考えました。この予測データは、シスコにとって興味深いものであるだけでなく、弊社のあらゆる業種のお客様と業界全体にとっても利益となると期待しています。

Q. ビジュアル ネットワーキングとは何ですか。

A.コンシューマ ユーザにおいてもビジネス ユーザにおいても IP ネットワーキングのトレンドを生み出しているのは、Web 2.0 テクノロジーなどのビデオ、ソーシャル ネットワーキング、およびコラボレーションです。この組み合わせをビジュアル ネットワーキングと呼んでいます。ビジュアル ネットワーキング体験は、テレプレゼンス ミーティングのほか、TV、PC タブレット、スマートフォンといった任意のコンシューマ デバイスへのビデオ配信など多様です。

Q. シスコのグローバルな IP トラフィック予測はいつ始まったのですか。

A.Cisco VNI(Visual Networking Index)は 2006 年に始まりました。この年のレポートは社内で発表し、その予測や予想の内容は既存のお客様や商談中のお客様にのみ公表していました。この最初のレポートには高い関心と大きな反響が寄せられたことから、2007 年にから予測結果を社外にも発表するようになりました。

Q. Cisco VNI(Visual Networking Index)はどのような方法論を基礎としているのですか。

A.この予測は、インターネット ユーザ、ブロードバンド接続、ビデオ視聴者、モバイル接続、インターネット アプリケーションの導入に関するアナリストの予想に基づいています。シスコでは、SNL Kagan、Ovum、Ookla Speedtest.net、IDC、IHS、Gartner、AMI、Strategy Analytics、Infonetics、Dell’Oro、Synergy、comScore、Nielsen Media Partners Asia、Machina、Verto など、さまざまなソースに基づき、信頼性の高い予測分析を構築しています。

さらにシスコは多数のサービス プロバイダーとネットワーク トラフィック データやトレンドを共有しており、ベースとなる予測モデルの使用状況の前提条件の検証や調整にこのデータが使用されています。

Q. 前回以降、予測方法に何か変更はありましたか?

A.前回のアップデート以降、方法論に対する大幅な変更は行われていません。

Q.最新の予測アップデートで使用されている IP トラフィックの基本的な前提条件や主な影響に変更はありますか。

A.最新の予測アップデートでは、前提条件や主な影響に大きな変化はありません。

M2M(Machine-to-Machine)は、全世界におけるデバイスおよび接続の成長を牽引しています。PC セグメントの成長鈍化とスマートフォンの成長は、全世界で引き続き確認されています。全世界で固定ネットワークとモバイル ネットワークの両方の速度が向上しており、ビデオは引き続き IP トラフィックの成長を主導しています。

今回初めて、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃や、その他のセキュリティに関する問題が、全世界の IP トラフィックに与える影響を分析することになりました。アプリケーションの観点からは、ビデオ アプリケーションおよびマルチメディア アプリケーションについて、さらに詳細な分析を実施しています(たとえば、ビデオ監視、仮想現実など)。

Q.IP トラフィックとインターネット トラフィックの違いは何ですか。

A.Cisco VNI IP トラフィックにはインターネット トラフィックとマネージド IP または非インターネット IP トラフィックの両方が含まれます。「インターネット トラフィック」にはインターネット バックボーンを横断するすべての IP トラフィックが含まれ、その多くは、異なるサービス プロバイダーやコンテンツ配信ネットワーク プロバイダーによって運営されているネットワークを横断します。「マネージド IP トラフィック」は送信元から宛先まで単一のサービス プロバイダーによって管理され、単一のネットワークのみを横断する IP トラフィックに限定されます。マネージド IP トラフィックには、一般消費者向けのビデオ オン デマンド(VoD)の IP トランスポートや、企業の IP WAN トラフィックなどがあります。予測メトリックの多くは、マネージド IP トラフィックやインターネットのみのトラフィックが含まれるかどうかで大きく異なります。たとえば、Wi-Fi トラフィックが全世界の IP トラフィック(マネージド IP を含む)に占める割合は 2019 年までに 52 % になると予測されます。これと比べて、マネージド IP を含めない場合、Wi-Fi トラフィックが全世界のインターネット トラフィックに占める割合は 2019 年までに 62.8 % に達すると推測されます。IP 全体のほうが Wi-Fi の割合が低いのは、セットトップ ボックスなど、IP VoD トラフィックを生成する有線接続型デバイスが数多く普及しているためです。

Q. 最新の予測アップデートでは、過去のトラフィック予測に変更がありましたか。

A. シスコは毎年、最も正確と思われるデータと方法を使用して予測をアップデートしています。前回のアップデート以降の変更は以下のとおりです。

中南米に対して、ボリューム調整が実施されました。ボリューム調整が該当するのは過去と将来の値の両方(成長率はそのまま維持)で、過去の成長の予測または初来の成長予測を表すものではありません。これらの調整は、新しい測定(これらの国で報告された、より包括的かつ詳細なトラフィックの測定結果など)が利用可能になったことに基づき、トラフィック総計の正確性を高めるために行われています。中南米のトラフィック量に対するボリューム調整により、トラフィック量は 16 % 減少しました。これらの調節に基づき、これまでの 2014 年の中南米の IP トラフィックの合計は昨年の報告より低下しましたが、2014 年の成長と以前の予測との整合性に変化はありません。

Q.アップデートされた予測から、将来の IP トラフィックのどのような展望が予想されますか。

A.A. 全体として、世界における成長率は、前年の予測と比較するとわずかに増加しています。ほとんどの地域で、成長率は増加するか、変化がない状態でした。モバイルが IP トラフィック総計において大きな比率を占めるようになるにつれ(2015 年には全世界の IP トラフィックの 4 % でしたが、2020 年には 14 % に成長する見込み)、全体的な成長率に、モバイル セグメントの高い成長率が反映されるようになってきています。

2020 年までに、2 ゼタバイトの時代が確実に到来します(図 1)。Cisco VNI による全世界の予測(2015 〜 2020 年)における主要な所見は以下のとおりです。

  • 2015 〜 2020 年の間に全世界の IP トラフィックは約 3 倍に増加する(年平均成長率 22 %)。
  • 全世界における 1 ヵ月の IP トラフィックは 2020 年には 194.4 エクサバイトに到達し、今までに作成されたすべての動画に相当するギガバイト(GB)量が、2 分ごとに全世界の IP ネットワークを通過する。
  • 世界の IP トラフィックの年間ランレートは、2015 年末の 870.3 エクサバイトが 2020 年末には 2.3 ゼタバイトに達する。
  • 2020 年までに、全世界の IP トラフィックの 35 %(1 ヵ月に 67.8 エクサバイト)がアジア太平洋地域で生成され、 最も割合が高くなる。2017 年までには、北米を上回り、全世界で最も高い比率を占めるようになる。一方、2015 〜 2020 年の間に IP トラフィックが最も急速に増大する地域は中東およびアフリカである(約 6 倍の増加。予測期間の CAGR は 41 %)。同じカテゴリで次に急増している地域は中央および東ヨーロッパである(3 倍以上の増加。CAGR は 27 %)。
  • 2020 年までに、PC 以外のデバイスから生成される IP トラフィックは全体の 71 % を占めるようになる。これは、Web 対応 TV やタブレット、スマートフォンを使ってインターネットにアクセスして利用する一般消費者ユーザが増えることを表している。
  • モバイル データ トラフィックが全世界の IP トラフィックに占める割合は 2015 年は 5 % であったが、2020 年には 16 % を超えると予想される。

Q. 「エクサバイト」、「ゼタバイト」とは何ですか?

A.1 エクサバイトは 10 億ギガバイトです。1 ゼタバイトは 1,000 エクサバイトです。図 1 にエクサバイトとゼタバイトの規模に達するデータの例を紹介します。

図 1.    ゼタバイトのスケール


Q. 予想はどれくらい正確ですか。

A.Cisco VNI の予測は、一部の業界アナリストや学者によって控えめであると見なされてきました。全体として、実際の成長率は予測された成長率の 10 % 以内でした。2011 年時点、当社は 2010 〜 2015 年の成長率は 31.8 % と予測していました。現在の当社によるその期間の実際の成長率の予測は 31.6 % です。

Q.主要アプリケーションのカテゴリはどのように定義されたのですか。

A.Cisco VNI フレームワークでは、主要アプリケーションのカテゴリとその定義を次のように定めています。

  • ファイル共有:BitTorrent や eDonkey などの広く認められたすべての P2P システムのほか、ファイル共有やワンクリック ファイルホスティング(Rapidshare など)のその他の手段で生成されるピアツーピア(P2P)トラフィックを指します。
  • PC 視聴のインターネット ビデオ:PC の画面上で視聴するためにダウンロードやストリーミング配信が行われるオンライン ビデオを指します。P2P ダウンロードや、セットトップ ボックスなどのデバイスを使用して TV 画面に配信されるインターネット ビデオは対象外です。PC 視聴のインターネット ビデオには、映画や TV 番組などの長めの商用コンテンツのほか、ユーザが作成した無料のビデオ クリップのような短いコンテンツがあり、量が増え続けています。
  • テレビ視聴のインターネット ビデオ:インターネット対応のセットトップ ボックスなどのデバイスを使用し、インターネットを介してテレビ画面に配信されるビデオです。このタイプのコンテンツを配信するデバイスとサービスには、ユーザが映画や TV コンテンツをダウンロードできる Web 対応の TV や Blu-ray ディスク プレーヤー、Roku box、Apple TV、ゲーム コンソールなどがあります。
  • Web とデータ:Web ブラウジング、電子メール、インスタント メッセージ、ニュースグループ、ファイル転送が含まれますが、P2P、iTunes などの商用ファイル転送は除きます。これはデータ転送(HTTP や FTP を使用したファイル転送)やその他のインターネット アプリケーションを対象とした全般的なカテゴリです。
  • ビデオ オン デマンド:従来型の商用 TV サービスで生成されるマネージド IP 転送(単一のサービス プロバイダーのネットワーク内を出ないトラフィック)。標準解像度(SD)、高解像度(HD)、3 次元(3D)のケーブルおよびインターネット プロトコル TV(IPTV)の VoD があります。

Q.この予測の特定の変数セットを使ってカスタマイズする方法はありますか。

A.はい。固定ネットワーク用(CT-SPAN:www.cisco.com/go/span/)とモバイル ネットワーク用(MSPAN:www.cisco.com/go/mspan/)の 2 つのツールがあり、指定した入力値に基づいて予測をカスタマイズできます。これらのツールは Cisco VNI の前提条件をデフォルトで使用しており、ユーザの入力値に基づいてカスタマイズされた予測を作成することができます。

Q.この予測には信号トラフィックが含まれますか。

A.いいえ。信号トラフィックは対象外です。ただし、IP 信号トラフィックはベアラ トラフィックの約 3 % という基準によって推測することは可能です。

Q.トラフィックのパターンは時間の経過とともに対称化しますか。

A.いいえ。一般消費者ユーザが自作したコンテンツをアップロードしたり、コンテンツ プロバイダーが長時間のコンテンツをオンラインで提供するケースが増えているにもかかわらず、ダウンロードの量はアップロードを上回っており、トラフィック パターンは次第に非対称化しています。

Q.予測には、アップリンクとダウンリンクの両方が含まれますか。

A.ほとんどのサービスについては、ダウンリンクとアップリンクのトラフィックが数値に反映されています。二重カウントを防ぐために、アップリンクの P2P、VoIP、インスタント メッセージ、ビデオ通話を除外しています。つまり、あるユーザのアップロードが別のユーザのダウンロードとなるすべてのアプリケーションのアップリンク トラフィックを除外しました。

ただし、サーバへのアップロード(YouTube など)は対象に含まれます。

Q.Cisco VNI は将来を見通すデータに焦点を当てているようですが、 インターネット トラフィックがこれまでどのように発展してきたかを示すデータはありますか。

A.はい。全世界と米国の インターネット トラフィックに関する過去データがあります。過去のインターネット トラフィックには、コンシューマとビジネスのインターネット トラフィックが含まれますが、ビジネス用 IP WAN とプライベート ネットワークおよびモバイル ネットワーク上のトラフィックは含まれません。

Q.衛星ビデオ トラフィックについてはどうですか。

A.衛星放送は 1 対多のサービスという点でブロードキャストとよく似ているため、予測の対象から衛星放送を除外しても大きな違いはないと考えています。ただし、直接放送衛星(DBS)の事業者は VoD を模したセットトップ ボックス サービスを導入するようになっています。上位 25 のプログラムを夜中の間にセットトップ ボックスに送信し、比較的人気の低いコンテンツについては加入者のインターネット接続を通じたオンデマンド アクセスをサポートします。このようなオンデマンド ストリーミングが今後トラフィックに影響を与えるのは確実であり、インターネット ビデオの前提条件に組み込まれています。

Q.地上デジタル放送のビデオ トラフィックについてはどうですか。

A.衛星放送と同様に地上デジタル TV 放送(DTT)も 1 対多のサービスであるため、DTT を除外しても予測の正確性に実質的な影響はないと思われます。また有料地上デジタル放送のプロバイダーも衛星サービス事業者プロバイダーと同様に、視聴者の家庭とのブロードバンド接続を確立している場合があり、オンデマンド コンテンツ、インターネット コンテンツ、インタラクティブ コンテンツを提供することができます。予測対象期間を通して地上デジタル放送の普及は低いままであったため、このようなシナリオはこの予測には含まれていません。今後の予測には含まれる可能性があります。

Q.地域別のトラフィックの数値を算定するのに使用されたアプリケーションレベルのトラフィック データと国別データを入手できますか。

A.この予測方法の主要な基礎データである個別のソース データは提供しておりません。ただし、ユーザ要件に基づいて Cisco VNI データをカスタマイズするインタラクティブなツールは提供しています。Cisco VNI 予測ツールはオープンに提供されているオンライン リソースです。セグメント、地域、国などのパラメータを指定して、独自の Cisco VNI 予測チャートを作成できます。予測ツールは http://www.cisco.com/c/dam/m/en_us/solutions/service-provider/vni-forecast-widget/forecast-widget/index.html で提供しています。また、さらに高度なハイライト ツールも用意しています。このツールは、調査対象の各地域や国について、IP トラフィックとモバイルデータトラフィックから重要な予測を作成します
http://www.cisco.com/c/m/en_us/solutions/service-provider/vni-forecast-highlights.html [英語] を参照)。

VNI サービス普及予測


Q.Cisco Visual Networking Index(Cisco VNI)のサービスの普及に関する予測とは何ですか。また、提供されるデータの関連性について説明してください。

A.Cisco VNI サービスの普及に関する予測とは、対象の家庭向けサービス、コンシューマ モバイル向けサービス、ビジネス向けサービスとアプリケーションの世界全体および地域別の普及率と、そのベースとなる有効市場(加入者とユーザ)および予測の基礎となる関連デバイスと接続を予測するものです。この調査は、厳選された 24 のエンド ユーザ アプリケーションとサービスの普及率を、家庭向け、コンシューマ モバイル、ビジネス向けの 3 つの主要なユーザ カテゴリに分類し、将来の動向を予測しています。

表 1 は、この調査で扱う 24 のサービスをセグメントごとに示しています。

表 1.Cisco VNI:サービスの普及に関する予測」のカテゴリとサービス

家庭向けサービス コンシューマ モバイル サービス ビジネス サービス
デジタル テレビ コンシューマ マルチメディア メッセージ サービス(MMS) 会議室型のビデオ会議
パーソナル ビデオ録画 コンシューマ モバイル E メール デスクトップ ビデオ会議
ビデオ オン デマンド(VoD) モバイル ゲーム 音声会議
Voice over IP(VoIP) モバイル ミュージック Web 会議(ビデオなし)
オンライン ゲーム モバイル ビデオ ビジネス IP テレフォニー
オンライン ミュージック モバイル ソーシャル ネットワーキング ビジネス モバイル LBS
オンライン ビデオ コンシューマ モバイル ロケーション ベース サービス(LBS) ビジネス モバイル E メール
ソーシャル ネットワーキング モバイル コマース ビジネス モバイル ショート メッセージ サービス(SMS)

Q.Cisco VNI サービスの普及に関する予測は、シスコの他の Thought Leadership プログラムと関連していますか?

A.Cisco VNI サービスの普及に関する予測は、全世界のネットワークの帯域幅使用量に着目した Cisco VNI 固定およびモバイル IP トラフィック予測、およびクラウドベースの IP トラフィックの増加を予測する Cisco® Global Cloud Index(GCI)と密接に関連しています。サービス普及とトラフィックのいずれの調査も、世界および各地域の人口、ネットワーク ユーザと加入者、デバイスと接続についての同じ推定値を使用します。

Q.Cisco VNI サービスの普及に関する予測の対象となるサービスの選択条件は何ですか?

A.Cisco VNI サービスの普及に関する予測は、サービス プロバイダー ネットワークの収益に影響を与えるサービスに焦点を当てています。収益化の可能性、またはネットワークおよびインフラストラクチャのプロビジョニングやメンテナンス コスト、あるいは収益化とコストの両面からの影響が考えられます。すべてのサービスについて、アプリケーションやコンテンツを提供するのが通信事業者でない場合でも、最適なエンドユーザ エクスペリエンスを提供するうえで不可欠なのは、サービス プロバイダーのネットワークです。選ばれたサービスは、デジタル テレビやビジネス向けの SMS などの普及率が高いサービスから、デスクトップ ビデオ会議やロケーション ベースのモバイル サービスなど急増している次世代サービスまで、多様なエンドユーザ アプリケーションを代表するものです。

Q.Cisco VNI サービスの普及に関する予測にはどのような方法論とデータ ソースが使用されていますか?

A.Cisco VNI サービスの普及に関する予測は厳格な方法論に従って、先進的なサービスとデバイスの世界中のエンドユーザへの普及を推測し予想しています。またこの調査には次の多様なデータ ソースが利用されています。

  • 国連人口部、国際労働機関(ILO)、世界銀行などの国際機関や国家機関が公表したデータ
  • 監督機関および政府の報告書(CNNIC、NIC.br、ACMA、OfCom などの情報関連の省庁)
  • IDC、IHS、Gartner、Machina Research、Media Partners Asia、IHS/Screen Digest、Strategy Analytics、SNL Kagan、comScore、Ovum、Wainhouse Research など、実績ある調査会社による独自の研究および調査データ

Cisco VNI アナリストが開発した広範なデータ モデリング技法を使って、テクノロジー製品の出荷といった供給側データと、ユーザの導入や好みなどの供給側データを合わせて分析します。このアプローチがもたらす一貫した信頼性の高い方法を用いて、世界および各地域の人口、有効市場、デバイスと接続、そしてサービス普及率が予測対象期間にどれだけ成長するかを予想します。

まず世界および 6 つの地域(北米、中南米、西ヨーロッパ、中央および東ヨーロッパ、中東およびアフリカ、アジア太平洋)における人口、世帯数、就業者数の者数を推定します(図 2)。

図 2.   Cisco VNI:サービスの普及に関する予測」で使用したパラメータ:Outside-In アプローチ


次に、アナリストが下記の主要ユーザ カテゴリごとに世界および地域の有効市場を特定します。

  • 家庭(テレビ保有世帯と固定インターネット ユーザ)
  • コンシューマ モバイル(モバイル加入者)
  • ビジネス(ビジネス インターネット ユーザおよびビジネス モバイル加入者)

最後に、アナリストは 24 のサービスとアプリケーションについて、世界全体および各地域の人口と有効市場のパラメータに基づく普及率を予測します。表 1 に、「Cisco VNI:サービスの普及に関する予測」のカテゴリとサービスを示します。

Q.Cisco VNI サービスの普及に関する予測には、なぜデバイスと接続の予測データが含まれるのですか?

A.サービス普及率に大きな影響を与えるのは、モバイル ネットワークと固定ネットワークおよびコンシューマ セグメントとビジネス セグメント全体でデバイスと接続が世界的に急増することです。デバイスと接続の予測データを提供することで、サービス普及率の拡大に影響を与える市場トレンドを理解しやすくなります。

Q.最新の予測アップデートでは、基本的な前提やサービス普及に影響を与える要素に変更が加えられましたか?

A.この予測自体は更新の対象であり、数値は入手可能な最新の調査データに基づいて改訂されています。ただし、基本前提または分類などについては今年は変更されていません。

Q.そのほかに、Cisco VNI サービスの普及に関する予測のどのようなリソースが提供されますか?

A.Cisco VNI サービスの普及に関する予測のデータをより詳しく調査するためのさまざまなツールを用意しています。たとえば次のようなものがあります。

  • ハイライト ツール [英語]:主たるデータである人口、サービス普及率、デバイスのトレンドを複数の地域にわたって詳しく知ることができます。
  • グラフ ツール [英語]:Cisco VNI サービス普及予測データの表示をカスタマイズし、エクスポートして記事やレポートに使用できます。
  • サービス ゲージ[英語]:対象の先進的なサービスの帯域幅要件を比較します。
  • 導入事例 [英語]:グローバルなサービス プロバイダーが独自の市場でどのように革新的なサービスを提供しているかを紹介します。

家庭向け、一般消費者向けモバイル、およびビジネス向けの 3 つのセグメントについてのサービス採用トレンドの詳細は、統合された VNI のホワイトペーパーである『ゼタバイト時代:トレンドと分析』 に記載されています。

Q.Cisco VNI の予測データは、シスコ以外の組織または個人が使用あるいは公開することができますか?

A.はい。シスコは、報道関係者、アナリスト、サービス プロバイダーなど、ビジネス、法規制、学問の分野で本データに関心をお持ちの他の業界関係者による本データの使用と公開を歓迎するとともに奨励しています。Cisco VNI による予測はこれまで、資本投資調査、S-1 登録届出書、IPO(新規株式公開)および米国証券取引所(SEC)の申請書類、目論見書で引用されました。公開したデータは、政府の規制当局、報道関係者、業界アナリスト、学術団体、技術会議、定期刊行物、およびその他のメディア ソースに提供されています。私的か公的か、あるいは印刷媒体か電子媒体かを問わず、Cisco VNI データを公開または共有する場合は必ず、データがシスコに帰属する旨を適切に表明することを義務付けています(例:「出典:Cisco Visual Networking Index(または VNI)全世界の IP トラフィック予測、2015 〜 2020 年」)。それ以外の署名や同意の必要はなく、シスコが公開しているホワイト ペーパー、レポート、Web ベースのツールに言及していただけます。シスコは自社のデータがどのようなコンテキストで使用されるのかについて関心を寄せており、弊社コンテンツをご利用いただく場合は、Cisco VNI データを引用した成果物のコピーを頂けると幸いです。頂ける場合は、traffic-inquiries@cisco.com 宛てにお送りください。

Q.Cisco VNI の予測に関する質問がある場合はどのように問い合わせればよいですか。

A.ご不明な点につきましては、traffic-inquiries@cisco.comまでお問い合わせください。

関連情報


詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/vni/ を参照してください。お問い合わせは traffic-inquiries@cisco.com 宛てにお送りください。または、http://www.cisco.com/go/vni/ のフィードバックセクションからご質問やご意見をお寄せいただくこともできます。