コネクテッド ライフ

Global Cloud Index(GCI)

GCI 予測レポート 2014 - 2019

2019 年までのデータセンターおよびクラウドのトラフィック増加率を予測する最新レポート。

シスコをフォロー

クラウド トラフィックがデータセンターの大部分を占める

Cisco Global Cloud Index(GCI)レポートでは、2014 年から 2019 年にかけての主要なトレンドに加えて、データセンターとクラウドのトラフィックに関する見通しを示しています。概要は次のとおりです。

  • データセンターおよびクラウドのトラフィックの増加率に関する予測(世界レベルおよび地域別)
  • 従来型 IT ソリューションからクラウド ソリューションへのワークロードの移行(仮想化)(世界レベルおよび地域別) 

GCI レポートでは、ブロードバンド パフォーマンスをネットワーク コンシューマとビジネス ユーザによるクラウド サービス導入の先行指標として使用して、地域別、国別にクラウドへの対応準備状況* を評価します。

* クラウドへの対応準備状況の調査では、世界全体の固定接続とモバイル接続について、ネットワークの速度と遅延の平均値を比較し、サンプルとなるクラウド サービス に対する各地域または国の対応能力を評価します。

予測

2015 年 10 月、シスコは「Cisco Global Cloud Index, 2014 - 2019」を発表しました。主な予測結果は次のとおりです。

  • 世界のデータセンター トラフィックは約 3 倍に増加する
  • 2019 年までに世界のデータセンター トラフィックは 10.4 ZB/年に到達する
  • 2019 年までにデータセンターの全トラフィックの 83 % をクラウド トラフィックが占める
  • 2019 年までにデータセンター ワークロードの 5 分の 4 がクラウドで処理される

Cisco Global Cloud Index の地域別予測によると、2019 年までにクラウド トラフィックの増加率が最も高くなるのは中東およびアフリカ(CAGR 41 %)で、次いで中央および東ヨーロッパ(CAGR 38 %)、北米(CAGR 33 %)となります。

詳細については、シスコのプレス リリースをご覧ください。

ツールの紹介

GCI ハイライト ツール

GCI ハイライト ツール

世界全体、地域別、国別の予測を確認できます。

GCI ハイライト ツールの起動 [英語]
Cisco Cloud Readiness ツール

Cisco Cloud Readiness ツール

地域および国ごとのクラウドへの対応準備状況について詳細を確認できます。

Cloud Readiness ツールの起動 [英語]