教育

教育

教育

和歌山市が教育現場でテレプレゼンスを活用

ICT を活用した教育を積極的に進めている和歌山市で、教育の総合的なシステムへの取り組みを「Cisco TelePresence」が支援しています。(7:13 min)

> 事例を読む(PDF - 970KB)

和歌山市が教育現場でテレプレゼンスを活用

このビデオを見るには、Adobe Flash Player の最新バージョン(JavaScript 有効)が必要です。

Adobe Flash Player をダウンロードする



いつも児童・生徒といたいから

学校の先生にとって、児童・生徒たちと向き合う時間は最も大切なもの。しかし、それ以外に多くの校務を抱えているのも現実です。


校務を少しでも効率化し、先生たちが心から望んでいる時間――児童・生徒たちと過ごす時間を増やす。シスコは、そのための校内環境づくりをサポートします。


無線 LAN で「校内ユビキタス環境」を実現しましょう

教室、職員室、図書室、体育館。校内のあらゆる場所からネットワークにアクセスできれば、教職員間の連絡や情報収集もスムーズに行うことができます。
ちょっとした事務作業のために職員室に戻ることも減り、これまで以上に児童・生徒たちと過ごす時間をつくることが可能になります。

"無線 LAN はセキュリティが心配" という方へ

ご安心ください。シスコの無線 LAN は、高度なセキュリティを求める国内外の企業や官公庁で多数の導入実績があります。

将来的には、こんなことも

無線 IC タグを備品に付けることで、探している備品が校内のどこにあるかをパソコン画面に表示することが可能になります。もう、備品を探して校内を右往左往することもありません。




育てたいのは、子どもの可能性

塾や予備校などとは異なり、総合学習の場である学校には、子どもの将来を考えた長期的な視野と、豊富な学習機会の提供が必要です。


子どもたちの純粋な興味をまっすぐ伸ばす環境づくりを、私たちシスコは応援します。


ICT 化で、授業スタイルの幅が広がる

たとえば、校内のウサギ小屋に Web カメラを設置して、いつでも、どこからでもウサギを観察することができたら。ウサギの成長記録をブログで公開する子どもが現れるかもしれません。その子が将来、世界的な動物学者や獣医さんになるかもしれません。

大切な子どもたちの大切な情報だから、管理もしっかりと

シスコは、先生用と児童・生徒用に別々のネットワークをご提供。成績や児童・生徒の個人情報などが先生以外の目に触れることはありません。

将来的には、こんなことも

Web カメラを導入している他の学校とネットワーク経由でグループワークを行ったり、遠く離れた国にいるネイティブの先生から外国語を学ぶこともできます。




子どもを守る盾になりたい

日本の安全神話が崩壊し、たとえ校内であっても「絶対に安全」とは言い切れなくなっています。


私たちシスコは、距離や場所などの制約を超えるネットワークのチカラで、子どもの安全を守ります。


子どもは監視するものではなく、見守るもの

私たちは、校内に設置するカメラを監視カメラとは呼びません。子どもは監視するものではなく、見守るものだと考えているからです。無線 LAN と Web カメラからなるシスコの「見守りシステム」が、先生たちのもうひとつの目となって、子どもたちを見守ります。

設置場所を選びません

シスコの「見守りシステム」は設置場所を選びません。校内に死角となる場所をつくらず、より高いレベルの安心感をもたらします。

将来的には、こんなことも

児童・生徒に無線 IC タグを配布することで、登下校の確認をパソコン画面から行うことができます。親御さんとネットワーク経由で連携すれば、子どもが学校内にいるか否かをスムーズに共有することが可能です。


お問い合わせ