コラボレーション ソリューション

市民サービスの改善

さまざまなコミュニケーション オプションを提供して市民の権限を強化し、コストを削減

市民の発言力が強まっている今、政府にも、販売業者や金融機関などの民間企業と同じレベルのサービスを提供することが期待されています。求められているのは、任意のコミュニケーション チャネルやデバイスを使用して、情報やサービスに 24 時間アクセスできる環境です。

コラボレーション テクノロジーを使用すれば、市民と政府が重要なリソースに便利かつ柔軟にアクセスできるようになります。そのため、市民による作業の完了、問題解決、政府への参加がスムーズになり、 政府が部門内や部門間のやり取りをサポートできるほか、市民とのコミュニケーション向上を図ることができます。

コラボレーションにより市民の権限を強化する方法

  • コール センターの効率性の向上:コンタクト センターの仮想化により、 エージェントあたりの契約数を増やし、待機時間と放棄呼率を削減して、シングル ナンバー戦略を推進します。
  • サービス コストの削減:コールやコールの一部を自動化し、音声自動応答装置(IVR)や音声認識を使用します。この自動化機能により、24 時間の情報アクセスが可能になるため、サービス コストを削減し、サービスを向上させることができます。
  • インタラクションの拡大と強化:Web、ビデオ、ソーシャル メディアなどの新たなコミュニケーション チャネルを追加します。これにより、市民や企業のコラボレーション エクスペリエンスが拡大し、強化されるほか、既存のアクセス問題を解消できます。
  • 迅速な問題解決:コール センター エージェントに対して、ワークフロー内で適切な情報に適時アクセスできるツールを提供します。これにより、チームワークが向上し、問題解決時間が短縮されて、専門知識の拡充と知識の移転を図ることができます。

< コラボレーション ソリューションに戻る

お問い合わせ