エンタープライズ ネットワーク

ワイヤレス メッシュ ネットワーキング

ソリューションの概要





ワイヤレス メッシュ ネットワーキング


メッシュ ネットワーキングにより、都市またはキャンパス全体にまたがる Wi-Fi ネットワークを低コストで展開することができます。


シスコ ワイヤレス メッシュ ネットワークでは、ワイヤレス ホットスポットをそれぞれプロバイダーの有線 LAN に接続する必要はありません。代わりに、メッシュ ネットワーク内のワイヤレス アクセス ポイントが互いを自動的に検出し、システムのキャパシティを最大化して遅延を最小限に抑えるための最良のパスを選択します。リンクが劣化している場合、アクセス ポイントはより最適なパスが存在するかどうかを判断し、そのパスにトラフィックを再ルーティングします。

シスコ ワイヤレス メッシュ ネットワーキング ソリューションは、新しいワイヤレス ルーティング プロトコルに基づいており、次の特徴を備えています。

  • ワイヤレス ネットワークの到達距離を多数の場所に簡単かつ低コストで拡張することを可能にします。
  • 既存の屋内の有線ネットワークまたはワイヤレス ネットワークに容易に接続し、ユーザが再接続を行うことなく、あるエリアから別のエリアにローミングできるようにすることが可能です。
  • 管理者は、すべての環境で機能する 1 つのアクセス ポリシーを設定し、セキュリティを向上させるとともに、システム全体のネットワーク インフラストラクチャの管理性を向上させることができます。


ワイヤレス アクセスに対する広範な需要

Wi-Fi ホットスポットだけでも地域全体に必要なキャパシティを提供することは可能ですが、メッシュ テクノロジーを使用しなければ、複数のホットスポットを使って到達距離を広げるのは困難であり、費用もかかります。携帯電話網の場合は、数百人または数千人のユーザに共有データ サービスを提供するために使用することはできず、また所有と運用に高い費用がかかります。

一方で、Gartner Research は次のように指摘しています。「さまざまアプリケーションでのメッシュ ネットワーキングが、自治体にとっての低コストな選択肢として台頭しています。市町村では、データ通信を強化し、公共安全の相互運用性を向上させるために、メッシュ テクノロジーを評価する必要があります。メッシュ ネットワーキングの展開には、生産性が向上し、導入しやすく、陸上の移動無線システムの何分の 1 かの運用コストを実現できるというメリットがあります。」

技術的な機能

シスコ ワイヤレス メッシュ ネットワーキング ソリューションは、安全な屋外ワイヤレス LAN 用に設計された Wi-Fi(802.11/a/b/g)メッシュ ネットワーク アクセス ポイントである Cisco Aironet 1500 シリーズをに基づいており、シスコが特許出願している Adaptive Wireless Path Protocol を使用します。このソリューションは次の機能を提供します。

  • 容易な展開:設定の簡素化により、オンサイトでの設定を行わずに、新しいアクセス ポイントを追加できます。このソリューションでは、Power over Ethernet(PoE)を含む複数の電源オプションと、垂直または水平ポール取り付けオプションが使用できます。
  • 管理性:メッシュ ネットワークは、既存のシスコ有線屋内ネットワークと統合し、中央集中型の設定と、同一のポリシー管理を実現することができます。またシスコ メッシュ ネットワークは、干渉や停止からの自己回復能力を備えています。
  • スケーラビリティ:このソリューションのアーキテクチャでは、カバレッジを容易に拡大できます。アクセス ポイントの密度を高めたり、有線接続、コントローラ、および無線を追加したり、高出力で高感度なデュアル無線と多彩な高利得アンテナを使用することができます。
  • セキュリティ:マルチレイヤ セキュリティが組み込まれています。これには、IEEE 802.11i、バックホール リンクでの AES 暗号化、アクセス ポイント認証、アクセス ポイントとコントローラの間のセキュアな制御トラフィック、および機密性の高いメッシュ クライアント トラフィックのための IPSec VPN が含まれます。管理者は、異なるユーザ タイプまたはロケーション ベースのトラフィック用のセキュリティ ポリシーを作成することができます。
  • 信頼性:堅牢なエンクロージャにより、悪天候や暴風または交通による振動から保護されます。このネットワークは、自己回復機能、WLAN コントローラにまたがる自動ロード バランシング、および衝突発生時のチャネルまたはコントローラの再割り当て機能を備えています。
  • パフォーマンス:シスコ メッシュ ネットワークは、新しいセクタが追加されたときの動的なパス最適化、復元性、および干渉緩和を利用して、高度なパフォーマンスを提供します。
  • 柔軟性:アクセス ポイントは、IEEE 802.11a および 802.11b/g のデュアル帯域の同時サポートと、4.9 GHz 公共安全帯域のハードウェア サポートを備えています。複数 WLAN サポートにより、1 つのアクセス ポイントで、異なるユーザ タイプ(警察、消防、一般など)に複数のサービスを提供することができます。
  • モビリティ:Wi-Fi クライアントは、メッシュ ネットワーク全体でレイヤ 2 および 3 モビリティを備えます。ユーザは、同一または異なるコントローラ上のアクセス ポイント間、および Cisco WLAN とメッシュ ネットワークの間をローミングすることができます。


シスコ パートナーからのサポート

シスコ パートナーは、計画から導入に至るまで、ソリューション全体を管理するためのトレーニングを受けており、稼働中のネットワークを継続的に管理することもできます。認定リセラーのグローバル ネットワークに加えて、Cisco CCIE プロフェッショナルと Technical Assistance Center(TAC)も包括的な設計およびサポートを提供します。