ワイヤレス

ワイヤレス ネットワーク技術

ミッション クリティカルなワイヤレス環境

モバイル環境にある従業員、顧客、コミュニティのビジネス アプリケーションを強化します。古いワイヤレス デバイスを使用しても、最先端のワイヤレス デバイスを使用しても、シスコが提供している業界最高レベルのパフォーマンスと高度なテクノロジーで、エンドユーザのエクスペリエンスが改善されます。

シスコ ワイヤレス ネットワークは、ワイヤレスのモビリティと有線ネットワークのパフォーマンスを結合することで、従来の 802.11a/g ネットワークと比べて、各段にパフォーマンスを増強できます。シスコが提供する 802.11n および 802.11ac は、ビジネスに特化した広範なワイヤレスネットワークを効果的にサポートできる設計となっています。基本的な環境から現在最も要件の厳しい高密度環境まで対応できます。

モバイル ワークスペース

個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)によるアクセスにとどまらず、 ネットワーク、セキュリティ、管理用フレームワークを確立し、従業員がいつでも仕事ができる真のモバイル ワークスペースを構築することができます。

  • 統合されたマルチレベルのセキュリティ ポリシーを適用することで、ネットワークとデータを保護
  • 一貫性のあるポリシーの管理と適用
  • 単一の統合ソリューションによってアプリケーション、データ、コラボレーション サービスの提供を簡素化
  • アプリケーションの可視化と制御によってユーザ エクスペリエンスとセキュリティを強化
  • シスコおよびそのパートナーが提供するモビリティ サービスを通じて、必要な専門知識を入手

コネクテッド モバイル エクスペリエンス

シスコ コネクテッド モバイル エクスペリエンス(CMX)は、Mobility Services Engine(MSE)によって実現され、CMX ライセンスはシスコ ワイヤレス ネットワークと連動して機能します。CMX の Wi-Fi ロケーションベース サービスを利用することで、施設の所有者や小売り業者は、Wi-Fi ネットワークのモビリティやロケーション インテリジェンスを活用しながら、顧客の関心を引き付け、顧客についてよりよく理解できるようになります。Mobility Services Engine の CMS 機能によって次のことが可能になります。

  • ロケーションベースの Wi-Fi 分析による訪問者数、滞留時間、移動の把握
  • シンプルなゲスト アクセスとカスタマイズされたランディング エクスペリエンス
  • オンラインおよびソーシャル分析による顧客層とそのモバイル行動の把握
  • API と SDK によるロケーションベース アプリケーションおよびサービス生成の簡素化

CMX を利用すると、モバイル ユーザのエクスペリエンスをパーソナライズすることで、顧客との関係を強化できます。

Cisco High Density Experience

Cisco High Density Experience(HDX)は、ワイヤレスやモバイルの旧型デバイスと最先端のデバイスのパフォーマンスを高度なテクノロジーによって向上します。HDX は、Turbo Performance、80 MHz をサポートする CleanAir、ClientLink 3.0、Optimized Roaming で構成されています。

  • 802.11ac 対応の Cisco High Density Experience(HDX)(PDF - 261 KB)[英語]

    HDX は、高密度なワイヤレス ネットワークのパフォーマンス、負荷緩和、拡張性、ローミングを最適化します。

  • Turbo Performance(PDF - 251 KB)[英語]

    このテクノロジーによってアクセス ポイントはパフォーマンスを低下することなく、多数のクライアントをサポートできます。

  • CleanAir

    80 MHz をサポートするとともに、シリコン レベルのインテリジェンスによって、無線干渉の影響を軽減し、自己回復、自己最適化型ワイヤレス ネットワークの構築を可能にします。

  • ClientLink 3.0(PDF - 260 KB)[英語]

    アクセス ポイントがクライアント デバイスの混在(802.11a/g/n および ac)によって生じるカバレッジのギャップを解消できるように支援します。ワイヤレス エクスペリエンスを高めつつ、アクセスのパフォーマンスとレンジを拡大できます。

  • ローミングの最適化

    クライアントは、アクセス ポイント間のローミングをよりインテリジェントかつクリーンに実行することができます。デバイスの接続品質をモニタし、パフォーマンスが低下しているクライアント デバイスに対してよりよい接続の探索を事前に促すことにより、Wi-Fi ユーザのエクスペリエンスの低下を防ぎます。

Application Visibility and Control(AVC)

Cisco Application Visibility and Control(AVC)ソリューション(ワイヤレス ネットワーク向け)は、ディープ パケット インスペクション(DPI)を使用して、1000 以上のビジネス向けまたはコンシューマクラスのアプリケーションを識別します。管理者は、このようなアプリケーション トラフィックに対する優れた可視性を活用することで、将来優先順位を設定できるようにアプリケーションにマークを付けたり、セキュリティ上の理由でアプリケーションをブロックしたり、限りあるネットワーク帯域幅を節約したりすることができます。AVC には次のような利点があります。

エクスペリエンスの質の向上

事前予防的なモニタリングとエンドツーエンドのアプリケーションの可視化により、トラブルシューティングが迅速になり、ネットワークのダウンタイムが軽減されます。

ネットワーク管理の改善

アプリケーションの使用状況とパフォーマンスの可視性が強化されるため、ネットワーク容量の管理と計画が改善されます。

インテリジェントな優先順位付け

Cisco Jabber、Cisco WebEx、Microsoft Lync、Microsoft Skype、Apple FaceTime、Google Voice のようなユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション アプリケーションなど、ビジネスクリティカルなアプリケーションやサブフローに優先順位を指定します。

もっとインテリジェントなプラットフォームを

シスコ ユニファイド アクセスがネットワーク接続環境の最適な選択肢である理由をご確認ください。

詳細はこちら

次世代ワイヤレスへの移行

最新のワイヤレス標準 802.11ac による帯域幅の拡大と高速化

今すぐアクセス

Wi-Fi ネットワークの効率性

ワイヤレスに対するシスコ アプリケーションの可視性と制御の利点をご確認ください。

詳細はこちら

お問い合わせ