Cisco Aironet BR1300 シリーズ

Cisco Aironet 1300シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジ


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。

 

データ シート





Cisco Aironet 1300 シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジ


製品概要

Cisco® Aironet® 1300 シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジ(図 1)は、複数の固定またはモバイル ネットワークとクライアントとの間に高速でコスト効率の良い無線接続を提供する 802.11g アクセス ポイント/ブリッジです。Cisco Aironet 1300 シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジを使用してメトロポリタン エリア無線インフラストラクチャを構築すると、ネットワーク展開の担当者は柔軟で使いやすいソリューションを実現し、WAN 専門家の望むセキュリティ要件を満たすことができます。Cisco Aironet 1300 シリーズは、Autonomous アクセス ポイントまたはブリッジとして配置され、スタンドアロン デバイスとしてインテリジェントなネットワーク サービスを提供します。また、Cisco Aironet 1300 シリーズを Cisco Unified Wireless Network の一部として配置し、Cisco Wireless LAN Controller によって集中管理することもできます。

図 1 Cisco Aironet 1300 シリーズ

図 1 Cisco Aironet 1300 シリーズ

Cisco Aironet 1300 シリーズ屋外アクセス ポイント/ブリッジは、802.11g 標準をサポートし、実証済みのセキュア テクノロジーを用いて 54 Mbps のデータ レートを提供します。また、802.11b レガシー デバイスとの完全な下位互換性も維持しています。この製品では屋外環境への設置に適したコンパクトで耐久性の高い筐体を採用しており、2 つのバージョンが用意されています。一体型アンテナを備えた Cisco Aironet 1300 シリーズは、リモート サイトや複数のサイトに LAN ブリッジを提供する場合に迅速な設置が可能です。アンテナ コネクタを備えた 1300 シリーズは、シスコの各種 2.4 GHz アンテナをサポートし、多様な到達範囲およびカバレッジに対応します。

Cisco Aironet 1300 シリーズは、Cisco Unified Wireless Network の一部として、または Autonomous アクセス ポイント/ブリッジとして使用できます。Cisco Unified Wireless Network は、統合されたエンドツーエンドの有線および無線ネットワークを提供する包括的なソリューションです。Cisco Aironet 1300 シリーズは、Cisco Unified Wireless Network の無線およびネットワーク管理機能を活用して導入を簡素化することにより、有線ネットワークと同様のセキュリティ、スケーラビリティ、信頼性、および導入と管理の容易さを WLAN に提供します。統合型アクセス ポイントは、Lightweight Access Point Protocol(LWAPP)で動作し、Cisco Wireless LAN Controller および Wireless Control System(WCS)と連携します。LWAPP を使用した場合、Cisco Aironet 1300 シリーズは使用可能かつ最適な Cisco Wireless LAN Controller を自動的に検出し、適切なポリシーと設定情報を自動でダウンロードできます。

Autonomous アクセス ポイントは Cisco IOS® ソフトウェアで稼働し、オプションとして CiscoWorks Wireless LAN Solution Engine(WLSE)と連携して動作します。Autonomous アクセス ポイントと WLSE が提供するコア フィーチャ セットを必要に応じてフィールド アップグレードすることにより、Cisco Unified Wireless Network の利点を最大限に活用できます。Autonomous アクセス ポイント/ブリッジとして稼働する Cisco Aironet 1300 シリーズは、無線アクセス ポイント、ブリッジ、またはワークグループ ブリッジとして動作するように設定できます。


ユーザおよびアプリケーション

Cisco Aironet 1300 シリーズは、屋外での無線アクセスを提供し、専用回線にかかる費用を継続的に節減し、湖や高速道路などの物理的な障壁を伴うネットワークを接続する手法を提供します。また、通常、光ファイバなどのファシリティの導入までのネットワーク接続も、迅速に展開できます。Cisco Aironet 1300 シリーズの強みによって利益がもたらされる組織には、教育機関、企業、政府機関、医療機関、軍隊、公安機関、運輸関係、WLAN サービス プロバイダーなどがあります。これらの組織には、図 2 および以下に示すような多種多様なアプリケーションがあります。

キャンパス ネットワーク

展開先が典型的な大学の構内であれ複数のビルを持つ企業オフィスであれ、IT 専門家は各ビルの周辺やビル間で LAN を相互接続するという問題に直面します。これらの LAN には、WLAN 全体にわたってシームレスなモビリティを備えた、コスト効率の良い広帯域幅接続が必要です。また、新しいケーブル架設用のトレンチングを行わずに済むような、専用線では得られない柔軟性と制御機能も必要です。Cisco Aironet 1300 シリーズは屋外用のアクセス ポイントとして使用でき、Cisco Wireless LAN Controller および WCS と連携して動作する場合と、インテリジェントなアクセス ポイントとして自律的に動作する場合のいずれかの運用が可能です。また、離れた場所にあるビルを LAN に接続するための Autonomous 無線ブリッジとして使用することもできます。

ノマディック(遊動的、Nomadic)ネットワークとユーザ

「始終移動する」ネットワークの数はますます増加しています。バス、列車、救急車、パトカーなどの車両には、ノートブック、Personal Digital Assistant(PDA)、カメラ、スキャナなどの LAN をサポートする装置が装備されつつあります。このようなモバイル ネットワークによって、新たな旅客運輸サービスの提供、公共サービスの向上、および運用効率の改善が可能になります。しかし、情報を共有し、より詳細な情報に基づいて意思決定を下すためには、ネットワークを相互接続しなければなりません。Autonomous モードの Cisco Aironet 1300 シリーズは、サービス エリア全体において車載デバイスを固定の Cisco Aironet アクセス ポイントおよびブリッジに接続するためのワークグループ ブリッジとして機能します。

屋外におけるパブリック アクセス

WLAN ホットスポットの増設により、ユーザは、ホテル、空港、喫茶店にいる間も接続状態を維持できます。場所を問わず接続状態が維持されることを望むユーザが増えるにつれ、屋外のホットスポットも増設されています。その一部は、複数の市街地や都心にも設置されています。このような屋外のホットスポットは、Cisco Aironet 1300 シリーズの統合型または Autonomous アクセス ポイントを利用することによってコスト効率よく展開できます。

一時的なネットワーク

遠隔地での軍事行動、短期間のオフィスの賃貸、ハウストレーラなどの仮設の建物、駐車場でのテント販売などのアプリケーションを実現する各種の一時的なソリューションは無数にあります。これらを展開するには、頑丈で持ち運び可能なうえ、インストレーションが簡単で柔軟な一時的なネットワーク インフラストラクチャが必要です。Cisco Aironet 1300 シリーズには、包括的な機能を持つ一体型アンテナ付きバージョンと、リモート アンテナを選択して簡単に装着できるコネクタ付きバージョンがあり、迅速な導入が可能です。

図 2 Cisco Aironet 1300 シリーズの使用例

図 2 Cisco Aironet 1300 シリーズの使用例
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon


利点

業界トップのパフォーマンス

  • 2.4 GHz 周波数帯域で 54 Mbps のデータ レート
  • 11 Mbps で約 22 km までのブリッジ範囲をカバー
  • 総スループットは約 28 Mbps
  • 最大送信電力は 10 mW
  • 車両に搭載されている場合、12 および 24 Mbps で時速 100 km(128 バイト パケットで 1% の PER [パケット エラー レート])(ワークグループ ブリッジ モードで Cisco Aironet アクセス ポイント/ブリッジ接続時)
  • アンテナ ダイバーシティをサポート

安価な総所有コスト

  • ケーブルの架設や継続的な専用線の料金に比べ納得できる ROI(投資収益率)
  • 低コストのブリッジング システム
  • 低コストの屋外アクセス ポイント システム
  • 低いアップグレード コストで、既存の BR350 シリーズの設備の再利用可能(アンテナ、アンテナ ケーブルの共通性)
  • 将来的な Cisco IOS ソフトウェア アップグレードによる投資保護

柔軟で簡単なインストレーション

  • Cisco Unified Wireless Network は、RF 環境の明確な可視化および動的な制御を通じて、WLAN の導入と管理を簡素化
  • ブリッジでのアライメント フィードバック機能/診断用の便利な LED
  • 設置プロセスを簡易化するための迅速に装着可能なマウント ブラケット。天井および壁用マウント キットがさらに多数の取り付けオプションを提供
  • サードパーティのサービス プロバイダーや長期にわたるライセンスまたはトレンチング プロセスに依存することなく、迅速な展開、再展開、再運用テストを実現可能
  • 複数の設定可能な無線ネットワークとして動作し、ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイント ブリッジングを実現
  • 太陽熱発電、車載電源などの各種電源オプションに対応できる幅広い DC 電力入力範囲(+12 ~ +40 VDC)
  • 幅広い動作温度範囲をサポート(- 30 ~ +55°C [- 22 ~ +131°F])
  • 過酷な環境に対応する NEMA 4 および IP56 仕様に準拠
  • 取り付けを容易にするキャプチャ型アンテナ、および既存の Cisco Aironet 2.4 GHz アンテナを含む外部アンテナをサポート

定評あるセキュリティ

Cisco Aironet 1300 シリーズは、National Institute of Standards and Technology(NIST; 国立標準技術研究所)の FIPS 140-2 レベル 2 認定を取得しており、さらに National Information Assurance Partnership(NIAP; 全米情報保証パートナーシップ)プログラムの Common Criteria(CC; 共通基準)認定の申請中です。

Cisco Aironet 1300 シリーズは、802.11i、Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)、WPA、および各種 Extensible Authentication Protocol(EAP)をサポートしています。WPA および WPA2 は、相互運用性を備えた標準ベースの WLAN セキュリティに関する Wi-Fi Alliance 認定規格です。これらの認定規格は、IEEE 802.1X によるユーザベース認証、Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)による WPA 暗号化、および Advanced Encryption Standard(AES)による WPA2 暗号化をサポートしており、さまざまなベンダー製の Wi-Fi 認定 WLAN デバイス間の相互運用性を保証します。

Cisco Aironet 1300 シリーズのハードウェア アクセラレーションによる AES 暗号化は、パフォーマンスを犠牲にすることなく、エンタープライズ クラス/官公庁レベルの安全な暗号化を WLAN 上で実現します。また IEEE 802.1X 認証によって、権限のあるユーザに対してのみネットワークへのアクセスが許可されます。Cisco Aironet 1300 シリーズでは、TKIP(RC4 暗号化アルゴリズム)を実行する WPA クライアント デバイスとの下位互換性もサポートされています。

LWAPP で動作する Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイントは、Cisco Unified Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System(IDS/IPS; 侵入検知システム/侵入防御システム)をサポートしています。これは、シスコの自己防衛型ネットワークを構成する、業界初の有線および無線の統合ネットワーク セキュリティ ソリューションです。Cisco Unified IDS/IPS では、無線エッジ、有線エッジ、WAN エッジにおいて、さらにはデータ センターにわたって、セキュリティに対する包括的なアプローチを採用しています。信頼できるクライアントが悪意ある動作を行うと、シスコの有線 IDS が攻撃を検出し、Cisco Wireless LAN Controller に回避要求を送信します。Cisco Wireless LAN Controller では、この要求に基づきクライアント デバイスを切り離します。Cisco Unified IDS は、単なるファイアウォール以上の機能を備えています。特定のサーバへのアクセスを許可されたユーザが、そのサーバ上の特定のディレクトリへのアクセスを許可されない場合は、異常動作として検出され、緩和措置がとられます。

Autonomous または統合型の Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイントは、無線ネットワーク インフラストラクチャにより、802.11 管理フレーム認証に対応した管理フレーム保護をサポートしています。これにより、ネットワークでは、アクセス ポイントからスプーフィングされたフレームや、インフラストラクチャ アクセス ポイントを装った不正ユーザを検出できます。アクセス ポイントで不正な攻撃が検出された場合、アクセス ポイントによってインシデントが生成され、コントローラ、Cisco WCS、または CiscoWorks WLSE 上でレポート収集が実行されます。


製品アーキテクチャ

Cisco Aironet 1300 シリーズ、パワー インジェクタ、多数のアンテナ オプションおよび取り付けオプションを使用することで、柔軟な屋外ワイヤレス ブリッジ/アクセス ポイント ソリューションを提供します。図 3 に各装置の接続例を示します。

図 3 パワー インジェクタを用いたネットワークの図

図 3 パワー インジェクタを用いたネットワークの図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco Aironet 1300 シリーズ

Cisco Aironet 1300 シリーズは、アクセス ポイント機能またはブリッジ接続に対応した 802.11g インターフェイスを備えています。装置を屋外のアンテナに近い場所に設置することで、無線ケーブルの損失を最小限に抑え、それによってネットワーク範囲を最大化します。装置には一体型アンテナまたは外部アンテナ用のコネクタのいずれかが搭載されています(図 4)。高利得一体型アンテナは、ユーザがポイントツーポイント リンクやポイントツーマルチポイント ネットワークのノンルート ノードを Autonomous ブリッジとして簡単に設置できるように設計されています。非一体型アンテナ バージョンは、インストレーション担当者向けに、特定のアプリケーション要件に応じて、無指向性アンテナ、セクタ アンテナ、または高利得パラボラ アンテナを配備できる RP-TNC 型コネクタを備えています。

図 4 Cisco Aironet 1300 シリーズ コネクタ オプション

図 4 Cisco Aironet 1300 シリーズ コネクタ オプション

パワー インジェクタ

図 4 に示す Cisco Aironet ブリッジ パワー インジェクタは、天候の影響を受けないエリアに適した標準の 10/100BASE-T イーサネット インターフェイスを、過酷な屋外環境により適した同軸ケーブル対応のデュアル F 型コネクタ インターフェイスに変換します。また、パワー インジェクタは同じケーブルを介して屋外装置に電力を供給するとともに、電力検出機能とサージ保護を提供します。有線ネットワークのスイッチやルータからのケーブル稼働距離をより長くするために、パワー インジェクタを使用すれば、合計で最長 200 m までの稼働距離(カテゴリ 5+同軸)を実現できます。Cisco Aironet 1300 シリーズには、Cisco Aironet パワー インジェクタ LR2(図 5)と AC 電源が同梱されています。

図 5 Cisco Aironet パワー インジェクタ AIR-PWRINJ-BLR2/AIR-PWRINJ-BLR2T

図 5 Cisco Aironet パワー インジェクタ AIR-PWRINJ-BLR2/AIR-PWRINJ-BLR2T

オプションの Cisco Aironet パワー インジェクタ LR2T は、シスコでは提供されていない+12 ~ +40 VDC 電源からの電力を利用します。通常、DC 電源は接続された車載電源や太陽熱発電を電力源としています(図 6)。このパワー インジェクタは、AC 電源が使用できない場合にも柔軟に対応してインストレーションを遂行するために必要となります。

図 6 オプションのパワー インジェクタを使用したネットワークの図

図 6 オプションのパワー インジェクタを使用したネットワークの図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

取り付け用ハードウェアとアンテナ

シスコが提供している各種アンテナ以外にも、Cisco 1300 シリーズにはさまざまな取り付けオプションがあります(図 7)。これらのオプションのマウント キットは、天井、壁、またはポールへの取り付けに対応しています。迅速に装備可能なマウント ブラケットを使えば、たった 1 人でも設置できます。使用可能なアンテナの詳細については、Cisco Aironet アンテナおよびアクセサリのデータ シートとリファレンス ガイドを参照してください。

図 7 Cisco Aironet 1300 シ リーズの取り付け用ハードウェアとアンテナ

図 7 Cisco Aironet 1300 シ リーズの取り付け用ハードウェアとアンテナ


主な機能

Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイント/ブリッジは、次の機能を備えています。

アンテナ調整支援

Autonomous モードの Cisco Aironet 1300 シリーズは、Telnet、FTP(ファイル転送プロトコル)または SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を介して設定する必要なく、簡単にポイントツーポイント リンクを配備できる自動設定およびインストレーション モードを備えています。このモードでは、インストレーションおよび調整プロセスで使用される信号強度に関する情報を LED を介して示します。このため、インストレーション担当者は、Cisco IOS ソフトウェアやデータ ネットワーキングに関する知識がなくても、インストレーション プロセスを実行したりリンク品質を検証したりできます。

自動 RF 設定

Cisco Unified Wireless Network では、無線リソース管理により、Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイントなどのアクセス ポイント用の RF パラメータが自動的に設定されます。その結果、Cisco Wireless LAN Controller の範囲内にあるアクセス ポイントの組織的な RF 計画を作成することができ、他の RF デバイスの存在を認識することも可能になります。これにより、隣接するアクセス ポイント間の干渉が最小化され、最適なネットワーク容量を確保できます。

シームレスなレイヤ 2 およびレイヤ 3 ローミング

Cisco Aironet 1300 シリーズは、無線クライアントおよび Autonomous ノンルート ブリッジ/ワークグループ ブリッジの高速セキュア ローミングを提供します。モバイル デバイスの暗号化キーが統合型アクセス ポイントと Autonomous アクセス ポイントの両方でローカルにキャッシュされるため、モバイル デバイスはネットワークによって認証された状態のままアクセス ポイント間をローミングできます。これにより、各ロームで 4 ウェイ ハンドシェイクを実行する必要がなくなるため、ローミング時間が大幅に短縮されます。さらに、Autonomous ノンルート ブリッジおよびワークグループ ブリッジでは、バックグラウンドをスキャンして、モバイル デバイスのローミング先となる代替の Cisco Aironet アクセス ポイントおよびブリッジを検索するため、ローミング時間が短縮されます。

PAgP および Cisco Fast EtherChannel テクノロジーのサポート

Cisco Fast EtherChannel® テクノロジー、Port Aggregation Protocol(PAgP)、またはルーティング プロトコルを介して、各サイトの複数の Autonomous ブリッジを集約し、ブリッジド ネットワーク間の帯域幅を拡張できます。

無線リンク距離の調整

Autonomous モードの Cisco Aironet 1300 シリーズ デバイスでは、ユーザはリンク距離パラメータを使用して、使用中の特定の範囲の Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance(CSMA/CA)パラメータを調整し、パフォーマンスを最大化できます。

無線パケットの連結

サイズの小さいパケットを連結し 1 つのサイズの大きいパケットにすることで、Autonomous モードの Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイント/ブリッジは無線メディアをより効率的に使用し、データ スループット全体を向上させることができます。

無線プログラマブル CCA

プログラマブル Clear-Channel Assessment(CCA)を使用すると、Autonomous モードの Cisco Aironet 1300 シリーズ アクセス ポイント/ブリッジに、環境内で検出された特定のバックグラウンド干渉レベルを設定できます。これにより、そのほかの無線システムとのコンテンション オーバーヘッドを削減できます。


まとめ

Cisco Aironet 1300 シリーズは、複数の固定またはモバイル ネットワークとクライアントの間に高速でコスト効率の高い無線接続を提供する柔軟な 802.11b/g 準拠の屋外アクセスポイント/ブリッジです。


製品仕様

リンク モードと製品の互換性

表 1 に、Cisco Aironet 1300 シリーズが動作するリンク モード、および各モードで互換性のある製品について示します。

表 1 リンク モードと製品の互換性

モード 適用ソリューション 統合型/Autonomous 互換性
アクセス ポイント Cisco Aironet 1300 シリーズは、過酷な屋外環境専用として設計されているため(ただし、屋内への設置にも対応)、屋外カバレッジが必要な WLAN ネットワークにとって理想的です。Cisco Aironet 1300 シリーズは、アクセス ポイントとして Wi-Fi 認定済みであり、Cisco Aironet やシスコ互換のクライアント デバイスで使用可能な革新的な機能もサポートしています。 統合型または Autonomous
  • 基本機能については Wi-Fi 認定済みの WPA または WPA2 クライアント デバイスと互換可能
  • 拡張機能については Cisco Aironet クライアントおよびシスコ互換のクライアントと互換可能
ブリッジ Cisco Aironet 1300 シリーズは、ポイントツーポイントまたはポイントツーマルチポイントのどちらかの構成で、リモート ネットワーク、一時的なネットワーク、またはモバイル ネットワークをコスト効率よく相互接続できます。Cisco Aironet 1300 シリーズは、すでに設置されている Cisco Aironet 350 シリーズ ワイヤレス ブリッジとの無線の互換性を備え、Cisco Aironet 350 シリーズ ワイヤレス ブリッジの後継/アップグレード版となります。ブリッジ モードで稼働する一方、クライアントとのアソシエーションをそのまま利用できるため、ブリッジ機能とアクセス ポイント機能を効率よく同時に提供できます。 Autonomous Cisco Aironet 1300 シリーズおよび 350 シリーズ ワイヤレス ブリッジと互換可能
ワークグループ ブリッジ Cisco Aironet 1300 シリーズは、ワークグループ ブリッジとして、ラップトップやそのほかのポータブル コンピュータなどのイーサネット対応デバイスを迅速に WLAN に接続します。標準的なイーサネット ハブやスイッチを追加することで、このようなデバイスを最大で 255 台まで Cisco Aironet アクセス ポイントまたはワイヤレス ブリッジへ接続できます。 Autonomous Cisco Aironet アクセス ポイントおよびシスコ ブリッジとの相互運用をサポート


プロトコル

表 2 に Cisco Aironet 1300 シリーズでサポートされるプロトコルを示します。

表 2 プロトコル

   
電波インターフェイスの標準

IEEE 802.11b または IEEE 802.11g

注:Autonomous ブリッジ モードは、より長距離のブリッジング通信を可能にするため、標準をさらに拡張した機能です。

周波数帯域
  • 2.412 ~ 2.472 GHz(CH1 ~ CH13)
無線変調

802.11b

  • Direct Sequence Spread Spectrum(DSSS):
    • Differential Binary Phase Shift Keying(DBPSK)@ 1 Mbps
    • Differential Quadrature Phase Shift Keying(DQPSK)@ 2 Mbps
    • Complementary Code Keying(CCK)@ 5.5 および 11 Mbps

802.11g

  • Orthogonal Frequency Divisional Multiplexing(OFDM):
    • BPSK @ 6 および 9 Mbps
    • QPSK @ 12 および 18 Mbps
    • 16-Quadrature Amplitude Modulation(QAM)@ 24 および 36 Mbps
    • 64-QAM @ 48 および 54 Mbps
メディア アクセス プロトコル CSMA/CA
Lightweight Access Point Protocol(LWAPP) 集中管理も可能にする Lightweight アクセス ポイントのネットワーク プロトコル
動作チャネル

802.11b/g

  • 13
ノンオーバーラップ チャネル 3
セキュリティ - ブリッジの場合 *

Cisco Wireless Security Suite:

認証

  • 802.1X のサポート(LEAP を含む)により、相互認証、および動的なユーザ単位、セッション単位の暗号キーを生成

暗号化

  • Cisco TKIP または WPA TKIP:キー ハッシング(パケット キーごと)、Message Integrity Check(MIC)、およびブロードキャスト キー ローテーション
  • AES(802.11i)
セキュリティ - アクセス ポイントの場合

WPA および WPA2 をサポートする Cisco Wireless Security Suite:

認証

  • 管理フレーム保護によって、無線ネットワーク インフラストラクチャによる 802.11 管理フレームの認証が提供される。これにより、アクセス ポイントからスプーフィングされたフレームや、インフラストラクチャ アクセス ポイントを装った不正ユーザを検出できる。アクセス ポイントで不正な攻撃が検出された場合、アクセス ポイントによってインシデントが生成され、コントローラ、Cisco WCS、または CiscoWorks WLSE 上でレポート収集が実行される
  • 802.1X のサポート ― Cisco LEAP、Protected EAP-Generic Token Card(PEAP-GTC)、PEAP-Microsoft Challenge Authentication Protocol Version 2(MSCHAPv2)、EAP Message Digest 5(EAP MD5)、EAP-Transport Layer Security(EAP-TLS)、EAP-Tunneled TLS(EAP-TTLS)、EAP-Subscriber Identity Module(EAP-SIM)、および EAP-Flexible Authentication via Secure Tunneling(EAP-FAST)が含まれ、相互認証、および動的なユーザ単位、セッション単位の暗号キーを生成

暗号化

  • WPA:Cisco TKIP または WPA TKIP:キー ハッシング(パケット キーごと)、MIC、およびブロードキャスト キー ローテーション
  • WPA2:AES(802.11i)
セキュリティ - ワークグループ ブリッジの場合 *

Cisco Wireless Security Suite:

認証

  • 802.1X のサポート(Cisco LEAP を含む)により、相互認証、および動的なユーザ単位、セッション単位の暗号キーを生成

暗号化

  • Cisco TKIP または WPA TKIP:キー ハッシング(パケット キーごと)、MIC、およびブロードキャスト キー ローテーション
  • AES(802.11i)
SNMP への準拠 バージョン 1 およびバージョン 2


* Cisco Aironet 1300 シリーズは、Autonomous デバイスの場合、ワークグループ ブリッジまたはワイヤレス ブリッジとして動作できます。Cisco Aironet 1300 シリーズが Cisco Unified Wireless Network アーキテクチャで動作する場合、アクセス ポイントとしてのみ動作します。

コンポーネント

表 3 に Cisco Aironet 1300 シリーズで使用できるコンポーネントを示します。

表 3 コンポーネント

   
パワー インジェクタ LR2 パワー インジェクタは、天候の影響を受けないエリアに適した標準の 10/100BASE-T イーサネット カテゴリ 5 RJ-45 インターフェイスを、過酷な屋外環境により適したデュアル同軸ケーブル対応のデュアル F 型コネクタ インターフェイスに変換します。Cisco Aironet 1300 シリーズに 100BASE-T インターフェイスを提供する一方、同じケーブルを介して装置に電力を供給するとともに、アプライアンスが誤って接続された場合にそれらが損傷しないように保護する電力検出機能を備えています。さらに、インストレーション担当者にとっての利点として、Automatic Medium-Dependant Interface Crossover(Auto MDIX)が組み込まれています。これにより、同じ機能性を維持しながら、デュアル ケーブルを交換できます。ネットワークのスイッチまたはルータからのより長いケーブル稼働距離をサポートするため、パワー インジェクタは、最大 100 m の同軸ケーブルに加え 100 m までの屋内カテゴリ 5 ケーブル、合計で最大 200 m のケーブル稼働距離に対応するように設計されています。また、落雷およびサージ保護機能も F 型コネクタ インターフェイスに内蔵されており、ネットワーク デバイスの保護をさらに強化しています。パワー インジェクタには、シスコが提供する 48 VDC 電源が必要です。
パワー インジェクタ LR2T パワー インジェクタ LR2T は、LR2 のすべての機能をサポートします。輸送関連のアプリケーション向けに設計され、+12 ~ +40 VDC の入力電圧範囲で稼働します。DC 電源はユーザが提供します。そのため、LR2T は車載電源や太陽光発電でも稼働可能です。
電源
  • シスコが提供する+48 VDC 電源(AIR-PWRINJ-BLR2= 用)
  • ユーザが提供する+12 ~ +40 VDC 電源(AIR-PWRINJ_BLR2T= 用)(自動車およびバスに搭載する場合、外部ロードダンプモジュールが必要)
AIR-BR1310G-J-K9 または AIR-LAP1310G-J-K9 一体型アンテナ
  • 垂直偏波
  • 13 dBi ゲイン
  • 38 度 H 面× 36 度 E 面(3 dB のビーム幅)


インターフェイス

表 4 に Cisco Aironet 1300 シリーズのインターフェイスを示します。

表 4 インターフェイス

  AIR-BR1310G-J-K9
AIR-BR1310G-J-K9-R
AIR-LAP1310G-J-K9
AIR-LAP1310G-J-K9R
AIR-PWRINJ-BLR2
AIR-PWRINJ-BLR2T
ステータス LED 4 つの LED:Install、Radio、Status、Ethernet 1 つの 2 色 LED(電力ステータスを表示)
F 型コネクタ デュアル同軸ケーブルが、全二重イーサネット、DC 電力、および全二重コンソール ポート(RS-232 接続)を搬送 デュアル同軸ケーブルが、全二重イーサネット、DC 電力、および全二重コンソール ポート(RS-232 接続)を搬送
アンテナ インターフェイス
  • AIR-BR1310G-J-K9 または AIR-LAP1310G-J-K9:電波インターフェイス(一体型指向性アンテナ)
  • AIR-BR1310G-J-K9-R または AIR-LAP1310G-J-K9R:2 つの RP-TNC 型コネクタ(外部アンテナ用)
-
DC 電力 - 2 ピン Switchcraft コネクタ× 1(ネジ固定用スリーブ付き)および同等のコネクタ× 1
RJ-45 インターフェイス - コンソール ポート アクセス用の RJ-45 コネクタ(9600 bps のみ)× 1 および 2 番めの 10/100BASE-T LAN インターフェイス用の RJ-45 コネクタ× 1
接地端子 2 個の接地端子(落雷保護用) -


メモリ要件

表 5 に Cisco Aironet 1300 シリーズのメモリ仕様を示します。

表 5 メモリ要件

   
8 MB のフラッシュ メモリ 新たな 802.11 標準と拡張機能をサポートするための、将来のファームウェア アップグレードに備えたメモリ スペース


パフォーマンス

表 6 に Cisco Aironet 1300 シリーズの動作性能を示します。

表 6 動作性能

  AIR-BR1310G-J-K9 または AIR-LAP1310G-J-K9 AIR-BR1310G-J-K9-R または AIR-LAP1310G-J-K9R
指定可能な送信電力の設定値

802.11b/g:

  • 10mW/MHz

802.11b/g:

  • 10mW/MHz
最大の存続可能受信レベル 10 dBm 10 dBm
受信感度(3200 バイト パケットで 10%)
  • 1 Mbps:-94 dBm
  • 2 Mbps:-91 dBm
  • 5.5 Mbps:-89 dBm
  • 11 Mbps:-85 dBm
  • 6 Mbps:-90 dBm
  • 9 Mbps:-89 dBm
  • 12 Mbps:-86 dBm
  • 18 Mbps:-84 dBm
  • 24 Mbps:-81 dBm
  • 36 Mbps:-77 dBm
  • 48 Mbps:-73 dBm
  • 54 Mbps:-72 dBm
  • 1 Mbps:-94 dBm
  • 2 Mbps:-91 dBm
  • 5.5 Mbps:-89 dBm
  • 11 Mbps:-85 dBm
  • 6 Mbps:-90 dBm
  • 9 Mbps:-89 dBm
  • 12 Mbps:-86 dBm
  • 18 Mbps:-84 dBm
  • 24 Mbps:-81 dBm
  • 36 Mbps:-77 dBm
  • 48 Mbps:-73 dBm
  • 54 Mbps:-72 dBm
最大のブリッジ相対速度(Autonomous モードのみ) 12 および 24 Mbps で時速 100 km(128 バイト パケットで 1% の PER)
アクセス ポイント モード:屋外到達範囲
  • 145 m(485 フィート)@ 54 Mbps
  • 330 m(1095 フィート)@ 11 Mbps

注:13 dBi 一体型アンテナ搭載アクセス ポイントおよびシスコ製クライアントを使用

  • 60 m(195 フィート)@ 54 Mbps
  • 135 m(445 フィート)@ 11 Mbps

注:5.2 dBi パッチ アンテナを接続したアクセス ポイントおよびシスコ製クライアントを使用

ブリッジ モード:ポイントツーポイント到達範囲 *
  • 1.1 km(0.7 マイル)@ 54 Mbps
  • 3.5 km(2 マイル)@ 11 Mbps

注:ルートおよびノンルート ブリッジで 13 dBi 一体型アンテナを使用

  • 5 km(3 マイル)@ 54 Mbps
  • 22 km(14 マイル)@ 11 Mbps

注:ルートおよびノンルート ブリッジで 21 dBi パラボラ アンテナを使用

注:環境、アンテナ ケーブル長に依存します

ブリッジ モード:ポイントツーマルチポイント到達範囲 *
  • 0.9 km(0.5 マイル)@ 54 Mbps
  • 4 km(2.4 マイル)@ 11 Mbps

注:ルートでは 14 dBi セクタ アンテナ、ノンルートでは 13 dBi 一体型アンテナを使用

注:環境、アンテナ ケーブル長に依存します

  • 2.2 km(1.4 マイル)@ 54 Mbps
  • 10 km(6.2 マイル)@ 11 Mbps

注:ルートでは 14 dBi セクタ アンテナ、ノンルートでは 21 dBi パラボラ アンテナを使用

注:環境、アンテナ ケーブル長に依存します



* ブリッジ モードは、Autonomous の場合でのみ使用できます。ここに示した距離は概数です。見積もりを目的とする場合にのみ使用してください。

物理仕様

表 7 に Cisco Aironet 1300 シリーズの物理仕様を示します。

表 7 物理仕様

  AIR-BR1310G-J-K9
AIR-BR1310G-J-K9-R
AIR-LAP1310G-J-K9
AIR-LAP1310G-J-K9R
AIR-PWRINJ-BLR2 AIR-PWRINJ-BLR2T
寸法 20.3 cm × 20.57 cm × 7.87 cm(8 インチ× 8.1 インチ× 3.12 インチ) 11.73 cm × 12.09 cm × 2.71 cm(4.62 インチ× 4.76 インチ× 1.07 インチ) 11.73 cm × 12.09 cm × 2.71 cm(4.62 インチ× 4.76 インチ× 1.07 インチ)
重量 1.25 kg(2.5 ポンド) 1 kg(2 ポンド) 1 kg(2 ポンド)
動作温度 - 30 ~ +55°C(- 22 ~ +131°F) - 30 ~ +55°C(- 22 ~ +131°F) - 30 ~ +55°C(- 22 ~ +131°F)
保管温度 - 40 ~ +85°C(- 40 ~ +185°F) - 40 ~ +85°C(- 40 ~ +185°F) - 40 ~ +85°C(- 40 ~ +185°F)
動作高度 4206 m(13,800 フィート) 4206 m(13,800 フィート) 4206 m(13,800 フィート)
保管高度 4877 m(16,000 フィート) 4877 m(16,000 フィート) 4877 m(16,000 フィート)
湿度 0 ~ 100%@38°C(100°F)(結露あり) 0 ~ 90% @ 38°C(100°F)(結露しないこと) 0 ~ 90% @ 38°C(100°F)(結露しないこと)
振動 SAEJ1455 セクション 4.9 SAEJ1455 セクション 4.9 SAEJ1455 セクション 4.9
筐体 NEMA 4、IP56、UL2083(環境的に封鎖されている) UL2083(金属ケース) UL2083(金属ケース)


電力要件

表 8 に Cisco Aironet 1300 シリーズの電力要件を示します。

表 8 電力要件

  AIR-BR1310G-J-K9
AIR-BR1310G-J-K9-R
AIR-LAP1310G-J-K9
AIR-LAP1310G-J-K9R
AIR-PWRINJ-BLR2 AIR-PWRINJ-BLR2T
AC 電力 不要 - パワー インジェクタからの DC 電圧を使用 100 ~ 240 VAC、+/- 10%(シスコが提供する電源) 不要
DC 電力 -
  • +48 VDC(+/- 10%)
  • 最大 9 W
  • +12 ~ +40 VDC(+/- 10%)
  • 最大 11 W


認定および準拠

Cisco Aironet 1300 シリーズは次の規格に準拠しています(表 9)。

表 9 認定および準拠

  AIR-BR1310G-J-K9
AIR-BR1310G-J-K9-R
AIR-LAP1310G-J-K9
AIR-LAP1310G-J-K9R
AIR-PWRINJ-BLR2
AIR-PWRINJ-BLR2T
国家規制への準拠 お客様は、各国での使用が認可されているかどうかを確認する責任があります。認可状況を確認したり、特定の国に該当する規制地域を確認したりするには、http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5679/ps5861/
product_data_sheet0900aecd80537b6a_ps430_Products_Data_Sheet.html
[英語] を参照してください。すべての規制地域が認可されているわけではありません。
Wi-Fi 認証 -
安全性
  • UL 60950 Third Ed
  • CSA C22.2 No. 60950-00
  • IEC 60950 Sec Ed(条項 1 ~ 4)
  • EN 60950; 1992(条項 1 ~ 4)
  • CSA 94/UL50 - NEMA Rated
  • UL 60950 Third Ed
  • CSA C22.2 No. 60950-00
  • IEC 60950 Sec Ed(条項 1 ~ 4)
  • EN 60950; 1992(条項 1 ~ 4)
  • UL2043
  • FIPS 140-2 Pre-validation List
無線に関する認定
  • FCC Part 15.247
  • RSS -139-1, RSS-210(カナダ)
  • EN 300.328(欧州)
  • ARIB-STD-T66 v2.1
  • FCC Bulletin OET-65CRSS-102
  • EN60945 準拠として設計済み
-
EMI および耐障害性(Class B)
  • FCC Part 15.107 および 15.109 Class B
  • ICES-003 Class B(カナダ)
  • EN 55022 Class B
  • EN 55024
  • AS/NZS 3548 Class B
  • VCCI Class B
  • EN 301.489-1 および 17(欧州)
  • CISPR 25、ISO 11452-24、EN50121、EN60571、および SAEJ1113 準拠として設計済み
  • FCC Part 15.107 および 15.109 Class B
  • ICES-003 Class B(カナダ)
  • EN 55022 Class B
  • EN 55024
  • AS/NZS 3548 Class B
  • VCCI Class B
  • EN 301.489-1 および 17(欧州)


そのほかの仕様

   
保証 1 年間



発注情報

シスコ製品の購入については「購入案内」をご覧ください。発注する適切なワイヤレス ブリッジと適切なアクセサリを判別するうえで、Cisco Aironet 1300 シリーズ 注文ガイド を参照すると役立ちます。


ソフトウェアのダウンロード

Cisco Aironet ソフトウェアは、Cisco Software Center からダウンロードできます。


サービスおよびサポート

シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化しネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。


追加情報

Cisco Aironet 1300 シリーズ ワイヤレス ブリッジの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/aironet を参照してください。