Cisco Aironet クライアント アダプタ

Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタ

PDF GET ACROBAT データシート

IEEE 802.11b 用クライアント アダプタ



[目次]
[イーサネットに匹敵する速度と伝送領域の拡大]
[企業クラスの無線 LAN セキュリティ]
[クライアントサポート拡張によるクライアントネットワーク管理機能の強化]
[モバイルプロフェッショナルのための優れたクライアントソリューション]

製品イメージ

ワイヤレス クライアント アダプタは、企業の機動性と柔軟性を増強するための鍵となります。ユーザは有線による制限を受けることなく、建物内のどこにいてもネットワークやインターネットへアクセスできるようになるため、生産性の増大につながります。Cisco Aironet(R) 350 シリーズのインフラストラクチャ デバイスの一部である Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタは、機動性に加えて、ニーズが高まっているパフォーマンスやセキュリティ、管理性を実現する、エンタープライズ対応ソリューションです。

ワイヤレス クライアント アダプタは、AP によるアドホック型のピアツーピア・モードや、インフラストラクチャ・モードのワイヤレスネットワークにさまざまなデバイスを接続します。Cisco Aironet 350 シリーズクライアントアダプタには、PC カード(PCMCIA)と PCI(Peripheral Component Interconnect)の2種類のインターフェイスが用意されており、モバイル型およびデスクトップ型のコンピュータデバイスからあらゆるネットワークリソースに対するワイヤレス接続が、簡単に実現できます。したがって、新規従業員のネットワークへの追加や、一時的なワークグループのサポート、会議室でのインターネットアクセスの提供などにも、迅速に対応できるようになります(図 1 参照)。

 Cisco Aironet 350 シリーズ クライアント アダプタの機能は以下の通りです。

  • 優れた伝送領域とスループット
  • セキュアなネットワーク通信
  • 設定および管理の簡易性を考慮した豊富なユーティリティ
  • IEEE 802.11b の高速規格に準拠
  • 一般的なオペレーティングシステムすべてに対応

図 1:クライアントデバイスにワイヤレス クライアント アダプタを装着すれば、複数のAPと通信しながら設備内を自由に移動できます。
図 1:クライアントデバイスにワイヤレス クライアント アダプタを装着すれば、複数のAPと通信しながら設備内を自由に移動できます。
イーサネットに匹敵する速度と伝送領域の拡大

Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタは、50 mW の最大送信電力と業界最高の受信感度を実現しており、ワイヤレスクライアントで可能な最高の伝送領域と信頼性を備えています。Cisco Aironet 350シリーズの信号処理は先進的で、オフィス環境で頻発するマルチパス伝播の管理を支援します。また、ネットワークパフォーマンスを妨害する周囲のノイズや干渉を解決するインテリジェントなフィルタリング機能を持っています。ワイヤレス LAN(WLAN)のパフォーマンスにおいてシスコの優位性を築く Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタは、ユーザが事実上有線接続と同等の接続状態を享受できる最高のスループットを実現しています。Cisco Aironet 350シリーズ クライアントアダプタは、DSSS(Direct Sequence Spread Spectrum)技術と2.4GHz帯域を使用する、IEEE 802.11b規格に準拠した製品です。そのため、他社の規格準拠 WLAN 製品との互換性が保証されています。

return to top
企業クラスの無線 LAN セキュリティ

無線 LAN で最も懸念されるのはセキュリティです。 Cisco Aironet 350 シリーズでは、Cisco Wireless Security Suite を中心とするスケーラブルで管理しやすいシステムを使用し
て、企業のネットワークを保護します。 Cisco Wireless Security Suite は、ポートベースのネットワーク アクセスを制御する 802.1X 標準に基づき、ユーザ ベースの認証に Extensible Authentication Protocol(EAP; 拡張可能認証プロトコル) フレームワークを利用します(図 2)。
Cisco Wireless Security Suite は、さまざまなクライアント デバイスと相互運用できます。 また、これは EAP Cisco Wireless(LEAP)、Protected Extensible Authentication Protocol(PEAP)、Extensible Authentication Protocol Transport Layer Security(EAP-TLS; EAP トランスポート レイヤ セキュリティ)、および EAP-Tunneled TLS(EAP-TTLS)などの 802.1X 認証タイプをすべてサポートしています。 これらと同様の認証タイプをサポートする各種の Remote Access Dial-In User Service(RADIUS)サーバも、企業でのスケーラブルな中央集中型のユーザ管理に使用できます。 Cisco Wireless Security Suite には、標準化前の Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)によるパケット単位のキー ハッシング、Message Integrity Check(MIC; メッセージ完全性チェック)、およびブロードキャスト キー ローテーションなどの拡張機能も含まれています。
また、WiFi の新セキュリティ基準である WPA にも対応予定です。

図 2:802.1X アーキテクチャをベースとした、企業クラスのセキュリティ システム、Cisco Wireless Security Suite
図 2:シスコ製品の802.1xアーキテクチャは、WLANにおける最初のエンタープライズ レディなセキュリティシステムです。 return to top
クライアントサポート拡張によるクライアントネットワーク管理機能の強化

シスコのワイヤレス クライアント アダプタには、すべて ACU(Cisco Aironet Client Utility)と呼ばれるユーティリティが装備されており、アダプタの設定や監視、管理を、GUI(グラフィカルユーザインターフェイス)から直観的に操作できるようになっています(図 3 参照)。ACU のサイト計測ツールでは、信号強度などの情報をグラフィックでわかりやすく詳細に表示するため、AP を適切な場所に設置することができます。また ACU では、SNR(信号対雑音比)の dB 値や、信号レベルおよびノイズレベルの dBm 値など、データの定量化機能が改良されています。オフィスや自宅といった環境ごとのセッティングプロファイルをユーザが作成できるようにもなっており、在宅勤務者やビジネス出張者が環境を移動する場合も、アダプタを簡単に設定できます。そのため、チャネル選択、SSID(Service Set Identifier)、WEP キー、認証方式を、場所ごとに設定できます。デバイスドライバは、Windows 95、98、NT 4.0、2000、ME、XP、CE、Mac OS、Linux といった一般的なすべてのオペレーティングシステムに対応して用意されています。

図 3:ACU のサイト計測ツールを使えば、簡単に AP を適切な場所に設置することができます。
図 3:ACUのサイト計測ツールを使えば、簡単にAPを適切な場所に設置することができます。 return to top
モバイルプロフェッショナルのための優れたクライアントソリューション

Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタは、時間と場所を問わず情報にアクセスする必要のあるビジネスユーザに対して、高い伝送領域と信頼性、パフォーマンスを提供します。Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタは、Cisco Aironet 製品が持つ高度なセキュリティサービスとの連携により、ビジネスクリティカルな情報をセキュアに通信します。さらに最も重要な点として、シスコのクライアントソリューションは操作性にも優れており、ワイヤレスの機動性が持つメリットを完全に透過的に提供しています。

表 1:Cisco Aironet 350 シリーズ クライアントアダプタの仕様
対応データレート 1、2、5.5、11 Mbps
ネットワーク規格 IEEE 802.11b
システムインターフェイス AIR-PCM35x: PCカード(PCMCIA)Type II
AIR-PCI35x: PCI(Peripheral Component Interconnect)Bus
周波数帯域 2.4 ~ 2.4897 GHz
ネットワークアーキテクチャタイプ インフラストラクチャ/アドホック モード
伝送方式 DSSS(Direct Sequence Spread Spectrum)
メディアアクセスプロトコル CSMA/CA(キャリア検知多重アクセス/衝突検出)
変調方式 DBPSK(1 Mbps 時)
DQPSK(2 Mbps 時)
CCK(5.5 Mbps/11 Mbps 時)
接続チャネル数 14
同時接続チャネル数 4
受信感度 1 Mbps: -94 dBm
2 Mbps: -91 dBm
5.5 Mbps: -89 dBm
11 Mbps: -85 dBm
遅延拡散 1 Mbps: 500 ns
2 Mbps: 400ns
5.5 Mbps: 300ns
11 Mbps: 140ns
送信電力選択 50 mW(17 dBm)
30 mW(15 dBm)
20 mW(13 dBm)
5 mW(7 dBm)
1 mW(0 dBm)

* 最大値は各国の規定によって変わります。
伝送領域(US 仕様の場合の標準値) 屋内:
  • 40 m: 11 Mbps 時
  • 107 m: 1 Mbps 時
屋 外:
  • 244 m: 11 Mbps 時
  • 610 m: 1 Mbps 時
規格 FCC Part 15 によりライセンス不要、Class B デバイスとして準拠;DOC 規定準拠;ETS 300.328、FTZ 2100、MPT 1349、ARIB STD-T66、RCR STD-33A 規格準拠
対応 OS Windows 95、98、NT 4.0、2000、ME、XP、CE、Mac OS、Linux
アンテナ AIR-PCM35x: 据え付け型ダイバシティダイポール
AIR-LMC35x: MMCX コネクタ(アンテナはオプション、ユニットに含まず)x 2
AIR-PCI35x: RP-TNC コネクタ付き 2.2dBi ダイポール(外付け着脱式)
暗号キー長 128 ビット
セキュリティ アーキテクチャ クライアント認証 認証:
  • 802.1X のサポート(LEAP、PEAP、EAP-TLS および EAP-TTLS を含む)により、相互認証、およびユーザごと、セッションごとの動的な WEP キーを生成
  • MAC アドレスおよび標準 802.11 認証メカニズム
暗 号化:
  • 40 ビットおよび 128 ビットの静的および動的な IEEE 802.11 WEP キーをサポート
  • プレスタンダードな TKIP WEP 拡張: キー ハッシング(パケット単位のキー生成)および MIC
  • ブロードキャスト キー ローテーション
ステータス表示 リンク状態、リンク アクティビティ
外形寸法(横 x 奥行 x 高さ) AIR-PCM35x: 5.4 cm x 11.1 cm x 0.3 cm
AIR-LMC35x: 5.4 cm x 8.4 cm x 0.3 cm
AIR-PCI35x: 16.8 cm x 9.8 cm x 1.3 cm
重量 AIR-PCM35x: 45 g
AIR-LMC35x: 40 g
AIR-PCI35x: 125 g
環境
温度: AIR-PCM35x、AIR-LMC35x -- -30 ~ 70°C
AIR-PCI35x -- 0 ~ 55°C
湿度: 10 ~ 90 %(結露しないこと)
入力電源要件 +5 VDC =/- 5 %
標準電力消費(50 mW 送信電力選択時) 送信:450 mA
受信:270 mA
スリープモード:15 mA
保証 1 年間


return to top 更新日: 2003 年 4 月 7 日