Cisco RF ゲートウェイ シリーズ

Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE

データシート





Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE



製品の概要

Cisco® RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE(図 1)は、Cisco RF ゲートウェイ 10 ユニバーサル エッジ QAM モジュレータのために開発された製品であり、ケーブル ネットワークのエッジにおけるアグリゲーションおよびトラフィック管理機能の管理のしかたを一新します。Cisco RF ゲートウェイ 10 に合わせて最適化されたスーパーバイザ エンジン V-10GE は、冗長構成として展開すれば自動フェールオーバーが可能です。Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2 S の持つ包括的なフィーチャー セットに加えて、管理、イーサネット アグリゲーション、およびパケット フィルタリングの機能のすべてが、この製品によってキャリア クラスの Cisco RF ゲートウェイ 10 プラットフォームに組み込まれます。

これまでは、スイッチやルータを外部からエッジ QAM に接続して、一つ一つ設定しなければなりませんでした。それぞれ独立した要素であるスイッチとルータおよびエッジ QAM の管理機能は限られていたため、エッジ ソリューションの規模を拡張しようにも、思いどおりにはできませんでした。統合型の Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE ならば、Cisco IP 次世代ネットワーク(IP NGN)のインテリジェンスを活用して、ゲートウェイにおけるパケット フォワーディングおよびラインカードの管理の効率と拡張性を高めることが可能です。

図 1 Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE

図 1 Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE


データおよびビデオのトラフィックの管理の処理は、データ プレーンとコントロール プレーンに分けることができます。データ プレーンは、さまざまなサービス(たとえば、イーサネット スイッチング、ルーティング、アグリゲーション、フィルタリング)のアグリゲーションとエッジ QAM リソースへのフォワーディングを管理します。ビデオおよび DOCSIS® の制御インターフェイスとの相互作用の管理は、コントロール プレーンが行います(たとえば、ゲートウェイ内でのビデオ セッションのセットアップと破棄、VoIP コールの作成、高速データ サービスの管理、パケット分配と環境要因の管理など)。ケーブル事業者は、スーパーバイザ エンジン内のアグリゲーション管理ユーティリティを使用すれば、ゲートウェイ全体の動作状態に関する詳細な情報を 1 つのラインカードから取り出すことができます。

機能と利点

表 1 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE の機能と利点を示します。

表 1 機能と利点

機能 利点
総スイッチング キャパシティ 102 Mpps および 136 Gbps エッジ QAM アプリケーションのためのイーサネット アグリゲーションを RF ゲートウェイ 10 のスーパーバイザ上で直接実行できるので、ラック スペースが縮小され、ネットワーク内のハードウェアの総数が削減されると共に、ネットワーク アーキテクチャの柔軟性が高まります。
10GE ポート 2 個と GE ポート 4 個を内蔵 柔軟なアップリンク接続が可能になり、複数の顧客ネットワーク アーキテクチャにも対応できます。
スーパーバイザ冗長性のサポート キャリア クラスのハイアベイラビリティ パフォーマンスを実現します。
Cisco Catalyst® シリーズ スイッチ スーパーバイザ ファミリから受け継いだスーパーバイザ設計 親プラットフォームから包括的な機能セット(レイヤ 2 スイッチング、レイヤ 3 ルーティング、アドバンスト セキュリティ、IPv6 サポートなど)を継承しています。親プラットフォームからの機能セットは今後も拡張され、将来のハードウェアやソフトウェアにも対応可能です。
分散アーキテクチャ(コントロール プレーン終端はスーパーバイザ上、データ プレーン終端は RF ラインカード上) コントロール プレーンおよびデータ プレーンの処理の高度な管理によって、パフォーマンス、ハイアベイラビリティ スイッチオーバー時間、リソース利用率、および運用効率を最適化します。
Cisco IOS ソフトウェア バージョン 12.2S を実行 ハイエンドの Cisco スイッチおよびルータ共通の、サービス プロバイダーのためにカスタマイズされた機能セットを利用できます。機能はそのままで、エンドツーエンドの高度なネットワーキング アーキテクチャをサポートします。


製品の仕様

表 2 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE のハードウェア仕様を示します。

表 2 製品仕様

仕様 値  
物理仕様 Cisco RF ゲートウェイ 10 シャーシのスーパーバイザ スロット 1 個を占有
重量 2.5 kg(5.5 ポンド)
環境 動作高度:-60 〜 3,000 m
保管温度:-40 〜 70°C(-40 〜 158°F)
動作時温度:0 〜 40°C(32 〜 104°F)
相対湿度:10 〜 85%(結露しないこと)
LED システム状態:緑(正常動作)、赤(障害)
スイッチ使用負荷:アグリゲーション スイッチングの使用率を 1 〜 100% の範囲で表す
コンソール ポート RJ-45 メス
管理ポート 10/100 BASE-TX イーサネット
リセット ボタン スイッチはくぼみで保護
SDRAM(Synchronous Dynamic RAM) 512 MB
コンパクト フラッシュ 128 MB 構成可能
イーサネット アップリンク インターフェイス
スーパーバイザ 2 台(アクティブ/スタンバイ冗長モードで動作) GE × 4、10GE × 2(シャーシあたりの最大数)
スーパーバイザ 1 台(非冗長モードで動作) GE × 4、10GE × 2(シャーシあたりの最大数)
サポートされる SFP(Small Form Factor Pluggable)
GE インターフェイス SFP-GE-S、SFP-GE-L
10GE インターフェイス X2-10GB-SR、X2-10GB-LR


Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE は、ハイパフォーマンス イーサネット スイッチングの機能セットを備えています。トラフィック管理に関しては、次のような高度な機能があります。

  • QoS(Quality Of Service)
  • 仮想 LAN(VLAN)
  • 複数トラフィック キューイング手法、たとえば IP DSCP(Differentiated Services Code Point)
  • フル機能のトラフィック分類、マーキング、およびポリシング

表 3 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE のソフトウェア仕様を示します。

表 3 ソフトウェア仕様

仕様
中央集中型スイッチングの総キャパシティ 102 Mpps および 136 Gbps
IPv4 ルーティング エントリ 128000
アクセス コントロール リスト(ACL) 32,000
スイッチド ポート アナライザ(SPAN)
  • 入力側 × 2、出力側 × 4
  • SPAN ポートを通して、1 つのポートまたはポートのグループ、またはスイッチ全体のトラフィックを 1 つのネットワーク アナライザまたは RMON プローブからモニタリング可能
ハイアベイラビリティ機能
ハイアベイラビリティ ソフトウェア機能
  • Route Processor Redundancy(RPR)(ウォーム リブート、非ステートフル、ラインカード リセット)
  • Open Shortest Path First(OSPF)高速コンバージェンス:SPF(Shortest Path First)および LSA(Link-State Advertisement)のインクリメンタル スロットリング
  • 1:N RF ラインカード冗長管理
  • ハイアベイラビリティに関する将来のソフトウェア リリースでの機能拡張としては、ステートフル スイッチオーバー(SSO)や ISSU(In Service Software Upgrade)などが予定されています。
マルチキャスト機能
Cisco IOS の基本的なマルチキャスト機能セットに加えて、高度なエッジ QAM マルチキャスト機能を実行します。
マルチキャスト
  • IP マルチキャスト ルーティング プロトコル:PIM(Protocol Independent Multicast)希薄モード、稠蜜モードなど
  • SSM(Source Specific Multicast)および ASM(Any-Source Multicast)
  • IGMP(Internet Group Management Protocol)
マルチキャスト ルート 32,000
ユニーク ビデオ マルチキャスト セッション最大数 2,048(ロード バランシングされる)
セキュリティ機能
Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE は、多数の強力なセキュリティ機能を備えています。たとえば、TACACS+、Secure Shell(SSH)プロトコル、および RADIUS によって、スイッチの集中制御が可能になると共に、不正なユーザによる設定変更を防ぐことができます。また、標準および拡張の ACL をすべてのポートに対して設定できます。その他に、802.1X によるユーザ認証とアカウンティング、およびユニキャスト MAC フィルタリングが可能です。
コントロール プレーン ポリシング ハードウェア内
レイヤ 2 スイッチングおよびレイヤ 3 ルーティングの機能
Cisco IOS のスイッチングおよびルーティングの機能には、ハイパフォーマンス ハードウェア ベース パケット フォワーディング、VLAN のフル機能、多数のルーティング プロトコル(IPv4、EIGRP、OSPF、IS-IS、RIP、RIP2、BGP)のサポート、UDLR(UniDirectional Link Routing)、L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)などがあります。


表 4 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE の管理機能を示します。

表 4 管理

プラットフォーム管理および SNMP の機能
プロビジョニング、メンテナンス、および障害解決のための豊富な管理機能
  • 1 つのコンソール ポートと 1 つの IP アドレスですべてのシステム機能を管理
  • ソフトウェア構成管理(ローカルおよびリモートのストレージなど)
  • オプションのコンパクト フラッシュ メモリ カードにソフトウェア イメージを保存可能(バックアップとして、およびソフトウェア アップグレードを容易にするため)
  • SNMP(Simple Network Management Protocol)v1、v2、v3 インスツルメンテーション(包括的なインバンド管理が可能)
  • コマンドライン インターフェイス(CLI)ベースの管理コンソール(詳細なアウトオブバンド管理が可能)
  • show コマンド(細分化されたモニタリングおよびトラブルシューティングが可能)
  • Cisco NetFlow 統計情報
  • Cisco Discovery Protocol(CDP)v1、v2
  • Network Timing Protocol(NTP)
  • レイヤ 2 traceroute
  • SNMP MIB:
  • Cisco Network Element Management 1.3 準拠
  • IF-MIB
  • ENTITY-MIB
  • DOCS-IF-MIB
  • DOCS-IF-MCMTS-MIB
  • DOCS-CABLE-DEVICE-MIB
  • DTI-MIB
  • SCTE HMS Video MIB
  • SCTE HMS QAM MIB


規制への適合

表 5 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 およびそのコンポーネントの規制適合および放射の情報を示します。

表 5 Cisco RF ゲートウェイ 10 の規制適合と放射

規定
Network Equipment Building Standards(NEBS)/European Telecommunications Standards Institute(ETSI) UL 60950CAN/CSA-C22.2 No. 60950、EN 60950、IEC 60950、TS 001、AS/NZS 3260
EMC FCC Part 15(CFR 47)Class A、ICES-003 Class A、EN55022 Class A、AS/NZS CISPR22 Class A、AS/NZS 3548 Class A、VCCI Class A、ETS 300 386、EN 55022、KN22、EN 61000-3-2、EN 61000-3-3
EMI EN550082-1、EN55024、EN61000-4-2、EN61000-4-3、EN61000-4-5、EN61000-4-6、EN61000-4-8、EN61000-4-11、EN61000-6-1
安全性 GR-1089-CORE Level 3、ETS 300 019 Storage Class 1.1、ETS 300 019 Transportation Class 2.3(申請中)、ETS 300 019 Stationary Use Class 3.1、ETS 300 386
EMC、安全性、および環境に関する業界標準 NEBS 標準 GR-63-CORE および GR-1089-CORE に適合する設計
その他の業界標準 シスコ社内コンプライアンス基準


システム要件

表 6 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE のシステム要件を示します。

表 6 RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE のシステム要件

シャーシ Cisco RF ゲートウェイ 10(RFGW-10)
ソフトウェア Cisco IOS ソフトウェア 12.2(44) SQ


発注情報

表 7 に、Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE の発注情報を示します。シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 7 RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE の発注情報

製品 製品名 説明
Cisco RFGW シリーズ スーパーバイザ RFGW-X4516-10GE RFGW スーパーバイザ V-10GE、10GE × 2(X2)および 1GE × 4(SFP)
RFGW-X4516-10GE RFGW スーパーバイザ V-10GE、10GE × 2(X2)および 1GE × 4(SFP)スペア
Cisco RFGW シリーズ スーパーバイザ メモリ オプション MEM-C4K-FLD128M Cat 4500 IOS ベース スーパーバイザ、コンパクト フラッシュ、128MB オプション
MEM-C4K-FLD128M= Cat 4500 IOS ベース スーパーバイザ、コンパクト フラッシュ、128MB スペア
Cisco RFGW シリーズ トランシーバ モジュール SFP-GE-S 1000BASE-SX 短波長、DOM あり(MMF、550m)
SFP-GE-L 1000BASE-LX/LH 短波長、DOM あり(SMF、10 Km)
X2-10GB-SR 10GBASE-SR X2 モジュール(MMF、26 m)
X2-10GB-LR 10GBASE-LR X2 モジュール(SMF、10 Km)
Cisco RFGW シリーズのスペアおよびアクセサリ RFGW-SUP-COVER RFGW スーパーバイザ スロット カバー
RFGW-SUP-COVER= RFGW スーパーバイザ スロット カバー スペア


サービスおよびサポート

シスコとパートナー各社がシスコのライフサイクル サービス アプローチを通じて提供する幅広いエンドツーエンドのサービスおよびサポートは、お客様のネットワークのビジネス上の利点と投資回収率を拡大するお手伝いをしています。このアプローチでは、テクノロジーとネットワークの複雑さに応じて最小限必要な作業を定義し、シスコのテクノロジーを適切に導入および運用して、ネットワークのライフサイクル全体をとおしてパフォーマンスを最適化できるよう支援します。

関連情報

Cisco RF ゲートウェイ 10 スーパーバイザ エンジン V-10GE の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/video/rfg/index.html を参照してください。

お問い合わせ