マルチプレクサ

イントロダクション

先進的なデジタル アプリケーションの未来をその手に

現在の複雑な集約型サービス ネットワークでは、強力で柔軟、かつコンパクトな多重化技術がデジタル ヘッドエンドに必要です。デジタル ビデオの登場で新しいサービスや対話型アプリケーションが次々と利用できるようになり、人々がテレビを見る方法が変化してきています。これらの新サービスや対話型アプリケーションにより、事業者がシスコの Digital Content Manager(DCM)を利用して得られる収入のチャンスは次第に広がり、増加しています。この非常に高密度な、将来を見据えたマルチプレクサ/ビデオ処理プラットフォームは、現在および将来のデジタル サービスの立ち上げと管理をサポートすると同時に、運用上のニーズに対する自由と柔軟性をもたらします。

DCM は次のような点で役立ちます。

  • すべてのデジタル サービスを管理し、最大 2,000 までの Standard-Definition(SD; 標準解像度)MPEG ビデオ ストリームまたは最大 500 までの High-Definition(HD; 高解像度)MPEG ビデオ ストリームを単一のプラットフォームで効率よく処理し、多重アーキテクチャにおける新しい自由度と同時に、これまで得られなかった優れたスケーラビリティとストリームあたりのコストをたった 2 RU ですべて実現
  • 利用可能なネットワーク帯域幅の最適化と管理(特に、普及が進んでいる HDTV 向け)
  • 少ない帯域幅で多くの番組を配信すると同時に、シスコの次世代レート変換アルゴリズムによりクラス最高のビデオ品質を維持
  • コンテンツ オンデマンドなど、多数のプログラムのシームレスなスプライシング機能を特長とし、広告挿入による新たな収入源を創出
  • ブロードキャスト サービスおよびビデオ オンデマンド両方のコンテンツの保護。DCM は DVB SimulCrypt 準拠
  • 1:1 のデバイス冗長性とサービスの冗長性で、競争力を維持するために必要なネットワークの信頼性を提供
  • 急速に増す複雑さとデジタル ビデオ ストリーム数を効率よく処理すると同時に、全体的なビデオ画質を改善
  • 前方誤り訂正機能付きの IP ネットワーク経由による、信頼性の高い転送

シスコのマルチプレクサ製品ポートフォリオには、D9600 シリーズもご用意しています。このシリーズは、多用途で省スペースなソリューションとして、単一の 1RU または 2RU ユニット内に、リマックス、高度なヘッドエンド プロセッサ、およびトランスポート ストリーム プロセッサを組み合わせたものです。

製品資料

お問い合わせ