Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ

Cisco UCS C200 M2 高密度 ラックマウント サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ をご覧ください。

パフォーマンスと柔軟性の両立

UCS C シリーズ ラックマウント サーバを比較

Cisco UCS C200 M2 サーバは、ネットワーク インフラストラクチャ、Web サービス、メインストリーム データ センター、ブランチ オフィス、リモート オフィスの実稼動レベルの用途に対応できるように構築された、高密度 2 ソケット 1RU ラックマウント サーバです。

定評のある Cisco UCS C200 M1 を基盤とする Cisco UCS C200 M2 サーバは、最新の Intel Xeon 5600 シリーズ マルチコア プロセッサを使用して、Cisco Unified Computing System の機能を拡張し、より優れたパフォーマンスと効率性を実現します。

特長

  • 最大 2 基の Intel Xeon 5500 または 5600 シリーズ マルチコア プロセッサ
  • 最大 192 GB の業界標準 DDR3 メイン メモリ
  • 2.5 インチ(最大 8 つ)または 3.5 インチ(最大 4 つ)の内部 SAS/SATA ディスク ドライブ。総容量を 8 テラバイト(TB)まで拡張可能
  • 最大 4 つまたは 8 つの SATA ドライブで組み込みの RAID 0 および 1 をサポート。オプションのメザニン カードを使用して最大 4 つまたは 8 つの SAS/SATA ドライブで RAID 0 および 1 をサポート。4 つの SAS/SATA ドライブで RAID 0、1、5、6、10 をサポート。オプションの LSI MegaRAID カードを使用して 8 つの SAS/SATA ドライブで RAID 0、1、5、6、10、50、60 をサポート
  • ハーフ レングスの Gen 2 PCIe スロット 2 個(フル ハイト x16 およびロー プロファイル x8 PCI Express 各 1 個)、内蔵ギガビット イーサネット ポート 2 つ、および 10/100 Mbps イーサネット管理ポート 1 つ(コントローラへのアクセスに使用可能)
  • 前面および背面パネルにビデオ接続、USB 接続 ×2、シリアル ポート接続のインターフェイスを装備

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

注目のコンテンツ

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク
Cisco Unified Computing はトップクラスのパフォーマンス ベンチマークを示します。受賞歴を誇り、お客様を成功に導きます。パフォーマンス ベンチマーク情報はこちらを参照ください。
Cisco Unified Computingは、主要なアプリケーション・仮想化・OSとの相互運用性を認定されたプラットフォームであり、データセンターの主要なシステム管理ツールとの相互運用も可能です。相互運用情報はこちらを参照ください。

PDF Cisco UCS C シリーズ サーバの管理 (PDF - 688 KB)
包括的で柔軟性に優れた標準ベースの管理能力について詳しく説明しています。

PDF 概要:シスコ ユニファイド コンピューティング システム (PDF - 3.68 MB) [英語]
シスコ ユニファイド コンピューティング システムは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を 1 つの緊密なシステムに統合し、総所有コスト(TCO)を削減して、ビジネスの俊敏性を高めることを目的として設計されています。

UCS 事例

Cisco IT での DC 事例

製品資料

お問い合わせ

Cisco UCS C シリーズ 今日から始めるシスコ ラックマウント サーバ