UCS Bシリーズ ブレード サーバ

Cisco UCS B230 M2 ブレード サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ をご覧ください。

データ シート





Cisco UCS B230 M2 ブレード サーバ





製品の概要


Cisco® UCS B230 M2 ブレード サーバは、業界最高クラスの密度を誇る 2 ソケット ブレード サーバ プラットフォームです。この製品は Cisco Unified Computing System™ ポートフォリオに欠かせない重要な要素で、コンパクトでありながら、Cisco Unified Computing System アーキテクチャにおいて基幹業務クラスのアプリケーションに対応できる高いパフォーマンスを提供します。データ センターでの限られたスペースを活用して、処理パフォーマンスの向上と大容量のメモリの確保が必要な IT 用途に最適です。

シスコは、幅広いシステム選択肢と信頼できる x86 コンピューティング システムの提供者となるべく、継続的に取り組んでいます。Cisco UCS B230 M2 は、仮想化環境内でのミッション クリティカルなアプリケーションに対応するために、新たなレベルのパフォーマンス、エネルギー効率、信頼性、およびセキュリティを提供することで、Cisco Unified Computing System の機能をさらに拡張します。

業界標準のサーバ テクノロジーをベースとする Cisco UCS B230 M2 には、次のような特長があります。

  • Intel® Xeon® マルチコア プロセッサ E7-2800 番台 1 基または 2 基。プロセッシング コアは最大 20
  • Double Data Rate 3(DDR3)メモリを用いた、業界標準の 40 nm クラスのテクノロジー対応の DIMM スロット× 32
  • ソリッドステート ドライブ(SSD)× 2(オプション)
  • 最大 20 Gbps の冗長 I/O スループットに対応するデュアルポート メザニン スロット× 1
  • Cisco Integrated Management Controller(IMC)によるリモート管理(Cisco UCS Manager ソフトウェアで確立されたポリシーを実装)
  • 各サーバのフロント コンソール ポートを通じて、ローカルのキーボード、ビデオ、およびマウス(KVM)でアクセス可能
  • リモート KVM、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)プロトコル、および仮想メディア(vMedia)によるアウトオブバンド アクセスと、Intelligent Platform Management Interface(IPMI; インテリジェント プラットフォームの管理インターフェイス)

Cisco UCS B230 M2 はハーフ幅のブレードです(図 1)。この高密度 2 ソケット サーバは、6 ラックユニット(6RU)の Cisco UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシに最大 8 台まで搭載することができ、ラック ユニットあたり業界最高の密度を実現します。

図 1 UCS B230 M2 ブレード サーバ

図 1 UCS B230 M2 ブレード サーバ


表 1 に、Cisco UCS B230 M2 の概要を示します。

表 1 Cisco UCS B230 M2 の概要

モデル プロセッサ ソケット数 最大メモリ容量 メモリのサイズと速度 サイズとフォーム ファクタ 各シャーシの最大サーバ数 Cisco Unified Computing System あたりの最大サーバ数 メザニン アダプタ スループット
UCS B230 M2 ブレード サーバ 2 registered DIMM(RDIMM)32 個、最大 256 GB 4 GB および 8 GB DDR3、Error-Correcting Code(ECC)RDIMM ハーフ幅 8 320 1 最大 20 Gbps の冗長 I/O


機能と利点


IT 部門では、データセンターの利用スペースを最大限に活用し、コンピューティング パフォーマンスとメモリ容量を増大させる手段が求められています。このニーズに対し、シスコは最新の Intel® Xeon® プロセッサ E7-2800 番台のアーキテクチャの利点を活用して、より高いレベルのパフォーマンス、信頼性およびセキュリティを提供します。シリコンレベルの高い信頼性とセキュリティ機能により、ハードウェア エラーの自動管理、マルウェア攻撃からの保護、およびデータ整合性の維持を実現し、基幹系サービスの可用性が向上します。シスコは Cisco UCS B230 M2 の導入によって、業界最高クラスの性能を備えた高密度なハーフ幅フォーム ファクタの 2 ソケット ブレード サーバ プラットフォームを提供します。Intel® Xeon® プロセッサ E7-2800 番台のパフォーマンスと、最大 32 個の DIMM スロットの組み合わせにより、Cisco UCS B230 M2 はコンパクトなサイズで、高いパフォーマンスと卓越したコア数あたりメモリ容量を実現し、仮想化のパフォーマンス向上、(ソケット単位ライセンスのような)ソフトウェア ライセンス コストの削減、さらに多くの仮想マシンの実装を支援します。

Cisco UCS B230 M2 の管理には、UCS を構成するすべてのシステム コンポーネントを中央で管理できる、実績ある組み込み管理システム Cisco UCS Manager を使用します。また、Cisco UCS Manager に組み込まれているシスコの革新的なサービス プロファイル テクノロジーにより、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバとその I/O 特性のプロビジョニングを行います(詳細は、Cisco UCS Manager:Cisco Unified Computing System のエンドツーエンド管理 (PDF - 1.03 MB) をご参照ください)。サーバのプロビジョニングとアプリケーションの導入に必要なインフラストラクチャ ポリシーは、サービス プロファイルとしてカプセル化できます。たとえば、電源と冷却、セキュリティ、アイデンティティ、ハードウェアの健全性、イーサネットとストレージ アクセスなどに関するポリシーです。サービス プロファイルを使用することで、プロビジョニングに必要な手作業ステップ数、人的ミスの発生率、サーバとネットワークの設定工数を減らすことができます。さらに、サービス プロファイルによって、Cisco Unified Computing System 全体でのポリシーの一貫性と整合性が向上します。

Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、ユニファイド ファブリックへのアクセスに Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)を使用できます。この設計により、従来の LAN および SAN 接続性を維持しつつ、アダプタ、ケーブル、アクセス レイヤ スイッチの数を削減できます。このようなシスコの革新的技術により、初期投資(CapEx)と運用コスト(OpEx)(管理オーバーヘッドや、電源と冷却のコストを含む)を削減できます。I/O アダプタ オプションにある、Cisco Unified Computing System 独自技術の、Cisco UCS M81KR Virtual Interface Card(VIC; 仮想インターフェイス カード)は、ダイナミック仮想アダプタとインターフェイスを 128 個まで提供します。これらはすべて Cisco UCS Manager および VMware vCenter Server と緊密に統合されます。この高度なファブリック インターフェイスは Cisco VN-Link テクノロジーを組み込み、仮想マシンにネットワークの可視性を提供するとともに、移行時に設定とポリシーが仮想マシンに追従するようにします(詳細は、Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードを参照ください)。Cisco UCS B230 M2 は、この高性能アダプタを 1 枚搭載でき、Intel® Xeon® プロセッサ E7-2800 番台の優れた処理能力を活用できます。

Cisco UCS B230 M2 は、Oracle Real Application Cluster(RAC)、Microsoft SQL、およびシングル インスタンスの Oracle データベースの作業負荷や、VMware ESX および Microsoft HyperV を使用する仮想化の負荷など、要件の厳しいデータベース作業負荷を効率的に処理するように設計されており、金融サービス企業やサービス プロバイダーに最適です。

強力な Cisco UCS B230 M2 は、パフォーマンス、密度、エネルギー効率およびコスト効率を高度なバランスで提供します。

表 2 に、Cisco UCS B230 M2 の機能および利点を示します。

表 2 機能と利点

機能 利点
ユニファイド ファブリック
  • 必要なネットワーク インターフェイス カード(NIC)、ホスト バス アダプタ(HBA)、スイッチ、ケーブルの数を減らすことによって、総所有コスト(TCO)を削減
Cisco UCS Manager サービス プロファイルによる統合
  • データ センターへのサーバ展開に必要な手動ステップ数が減少し、サーバ ポリシーの一貫性と整合性が向上
  • 数日かかっていたサーバとサポート インフラストラクチャのプロビジョニングを数分で行えるため、IT 部門の視点をメンテナンスから戦略的イニシアチブへと切り換えることができる
自動検出
  • 設定不要。Cisco Unified Computing System のすべてのコンポーネントと同様に、ブレードの認識と設定は Cisco UCS Manager によって自動的に行われる
高度なモニタリング
  • Cisco UCS Manager により各ブレードに高度な環境モニタリングを提供
  • ブレードの環境管理を最適化するために、ユーザのしきい値を設定可能
メザニン アダプタ
  • CNA および仮想インターフェイス アダプタを選択でき、柔軟性、パフォーマンスの向上、業界標準との互換性、仮想環境に対するネットワーク ポリシーの一貫性を提供
オプションのローカル ストレージ
  • ブレードサーバ 1 台あたり、オプションで最大 2 台の SSD をサポート(前面アクセス可能)
  • RAID 0 および 1 をサポート
Intel® Xeon® プロセッサ E72800 番台
  • 膨大なコンピューティングを必要とするスタンドアロン アプリケーションと仮想環境の幅広いニーズに応じて、パフォーマンス、メモリおよび I/O キャパシティを提供
  • インテル ターボ ブースト テクノロジーおよびインテル インテリジェント パワー テクノロジーによってアプリケーションの要求にプロセッサのパフォーマンスを適応させ、利用状況に応じて電力使用量をインテリジェントに調節し、必要とされるパフォーマンスを実現しながらもコストを削減
  • Machine Check Architecture(MCA)Recovery などの高度な信頼性に関しての機能により、ハードウェア エラーを自動的に監視、レポート、および回復して、データの整合性を維持し、ミッション クリティカルなサービスをオンラインに保つ


仕様


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは Cisco Unified Computing System 環境で使用する設計になっており、この統合環境で機能するために、Cisco UCS Manager と UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクト、5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシ、および 2100 シリーズ ファブリック エクステンダが必要です。

表 3 に、Cisco UCS B230 M2 の仕様を示します。

表 3 製品仕様

項目 仕様
プロセッサ
  • Intel® Xeon® プロセッサ E7-2800 番台 1 基または 2 基
プロセッサ コア
  • プロセッサ 1 基あたり 6、8、または 10 コア(プロセッサモデルにより異なる)
メモリ
  • 32 個の DIMM スロット
  • 8 GB 40 nm クラス DDR3 RDIMM で、最大搭載メモリ容量 256 GB
メザニン アダプタ スロット
  • Cisco UCS B230 M2 1 台あたり 1 個
ディスク ドライブ
  • 1 ブレードあたり最大 2 台の SSD(前面アクセス、ホットスワップ可能)
ディスク ドライブ オプション
  • 32 GB / 64 GB / 100GB の SSD
ドライブ コントローラ
  • LSI SAS2108 RAID コントローラ
  • RAID 0 および 1 をサポート
管理
  • Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトから、Cisco UCS Manager により管理
温度:動作時
  • 10 〜 35 °C(50 〜 95 °F)
温度:非動作時
  • -40 〜 65 °C(-40 〜 149 °F)
湿度:動作時
  • 5 〜 93 %(結露しないこと)
湿度:非動作時
  • 5 〜 93 %(結露しないこと)
高度:動作時
  • 0 〜 3,000 m(0 〜 10,000 フィート)(最大周囲温度は、300 m ごとに 1 °C 低下)
高度:非動作時
  • 12,000 m(40,000 フィート)


表 4 は、適合標準規格です。

表 4 適合標準規格:安全性および EMC

仕様 説明
適合認定 本製品は、指令 2004/108/EC および 2006/108/EC による CE マーキングに準拠しています。
安全性
  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950-1
  • GB4943
EMC:放射
  • 47CFR Part 15(CFR 47)Class A
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CISPR2 2 Class A
  • EN55022 Class A
  • ICES003 Class A
  • VCCI Class A
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • KN22 Class A
  • CNS13438 Class A
EMC:イミュニティ
  • EN50082-1
  • EN61000-6-1
  • EN55024
  • CISPR24
  • EN300386
  • KN 61000-4 シリーズ


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証 [英語] のページをご参照ください。

シスコ ユニファイド コンピューティング サービス


シスコは、業界をリードするパートナー企業とともに、データセンターのリソースを一元的に扱うことで、Cisco UCS ソリューションの導入・移行を支援するサービスを提供します。シスコ ユニファイド コンピューティング サービスを利用することにより、サーバの設計配置や、ビジネス ニーズに応じた運用の最適化、シスコのユニファイド コンピューティング アーキテクチャの導入・移行が確実・スムーズになります。詳細については、シスコ販売パートナーもしくは、シスコ営業窓口までお問い合わせください。

シスコが選ばれる理由


シスコは、お客様の要求に耳を傾け、エンタープライズ データセンターのための確かな技術革新を提供することに関する豊富な経験があります。シスコが提供する標準ベースのソリューションは、業界をリードするさまざまな企業から成るパートナー エコシステムに支えられて、お客様のソリューションをエンドツーエンドでサポートします。ユニファイド コンピューティングは、製品をネットワーク、サーバ、ストレージ、オペレーティング システム、およびアプリケーションに分類する従来の方法を改善し、データ センター全体としてのビジョンへと高めます。シスコは世界最大級のテクノロジー プロバイダーとして、ユニファイド コンピューティングのビジョンを実現するためのリソースと経験を持ち、カスタマー フォーカスに力を入れています。

関連情報


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバの詳細は、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_b/index.html をご参照ください。

本製品以外の UCS 製品情報ページ

http://www.cisco.com/jp/go/unifiedcomputing/ をご参照ください。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

http://www.cisco.com/web/JP/product/toprunner/index.html#~computer