UCS Bシリーズ ブレード サーバ

Cisco UCS B シリーズ ブレード B200/B250 M2 サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ をご覧ください。

データ シート





Cisco UCS B シリーズ ブレード B200/B250 M2 サーバ




Cisco Unified Computing System の概要


Cisco® Unified Computing System は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を統合して 1 つのシステムにまとめる、次世代のデータ センター プラットフォームで、総所有コスト(TCO)を削減し、ビジネス アジリティ(俊敏な対応力)を高めることを目的として設計されています。このシステムは、低遅延のロスレス 10 ギガビット イーサネット ユニファイド ネットワーク ファブリックを、エンタープライズクラスの x86 アーキテクチャ サーバと統合します。また、スケーラビリティの高いマルチシャーシ プラットフォームであり、システム内のすべてのリソースが、一貫した管理ドメインのもとに統合されます(図 1)。

図 1 可用性の高い統合されたアーキテクチャの Cisco Unified Computing System

図 1 可用性の高い統合されたアーキテクチャの Cisco Unified Computing System


Cisco UCS B200 M2 サーバおよび UCS B250 M2 サーバは、定評のある Cisco UCS B200 M1 および UCS B250 M1 サーバを基盤としています。また、次世代の Intel プロセッサ技術である Intel® Xeon® 5600 シリーズ プロセッサを使用して、Cisco Unified Computing System の機能を拡張します。この強力なプロセッサによって、以前のモデルと同程度の消費電力で、処理可能なコア数、スレッド数、およびキャッシュが増え、投資回収期間の短縮と、生産性およびエネルギー効率の向上が可能になりました。Cisco Unified Computing System と Intel Xeon 5600 シリーズ プロセッサを組み合わせたこの製品を使用することで、TCO をさらに削減し、ビジネスの俊敏性を向上させ、データセンターの仮想化に向けて大きく前進できます。

製品概要


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、Cisco Unified Computing System を構成する非常に重要な要素です。同シリーズは、現在と将来のデータセンターにスケーラブルで柔軟なコンピューティングを提供しながら、TCO も削減します。

Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、業界標準のサーバ テクノロジーに基づいており、次のような特長があります。

  • 最大 2 基の Intel Xeon シリーズ 5600 マルチコア プロセッサ
  • オプションの 2 つの SAS ハード ドライブ(前面アクセス、ホットスワップ可能)
  • デュアルポート メザニン カード接続を 2 つまでサポートし、最大 40 Gbps の冗長 I/O スループットに対応
  • 業界標準の DDR3 メモリ
  • 統合サービス プロセッサによるリモート管理(Cisco UCS Manager ソフトウェアで確立されたポリシーも実行)
  • 各サーバのフロント コンソール ポートを通じて、ローカルのキーボード、ビデオ、およびマウス(KVM)にアクセス可能
  • リモート KVM、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)プロトコル、および仮想メディア(vMedia)によるアウトオブバンド アクセスと、Intelligent Platform Management Interface(IPMI; インテリジェント プラットフォームの管理インターフェイス)

Cisco UCS B シリーズには、2 つのブレード サーバ モデルがあります。Cisco UCS B200 M2 2 ソケット ブレード サーバと、Cisco UCS B250 M2 2 ソケット拡張メモリブレード サーバです(図 2)。Cisco UCS B200 M2 は DIMM スロット 12 本を備え、最大 192 GB のメモリに対応するハーフ幅のブレードで、1 台のメザニン アダプタをサポートします。Cisco UCS B250 M2 は、DIMM スロット 48 本を備え、最大 384 GB のメモリに対応するフル幅のブレードで、2 台までのメザニン アダプタをサポートします。

図 2 Cisco UCS B200 M2 および UCS B250 M2 ブレード サーバ

図 2 Cisco UCS B200 M2 および UCS B250 M2 ブレード サーバ


表 1 に、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバの機能の比較を示します。

表 1 Cisco UCS B200 M2 および UCS B250 M2 の機能の比較

モデル 最大メモリ容量 メモリ サイズおよび速度 サイズとフォーム ファクタ 各シャーシの最大サーバ数 各システムの最大サーバ数 メザニン アダプタ スループット
Cisco UCS B200 M2 DIMM 12 本、最大 192 GB 4 GB、8 GB および 16 GB のDDR3、1333 MHz ハーフ幅 8 320 1 最大 20 Gbps の冗長 I/O スループット
Cisco UCS B250 M2 DIMM 48 本、最大 384 GB 4 GB および 8 GB の DDR3、1066 MHz および 1333 MHz フル幅 4 160 2 最大 40 Gbps の冗長 I/O スループット


機能と利点


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、要件の厳しい仮想アプリケーションと非仮想アプリケーションに対応するために、パフォーマンス、エネルギー効率、柔軟性の向上を目的として設計されています。Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、Intel Xeon シリーズ 5600 プロセッサをベースとしています。このサーバはアプリケーションの要求にプロセッサのパフォーマンスを適応させることができ、利用状況に応じてエネルギー使用量をインテリジェントに調節します。

Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは、ユニファイド ファブリックへのアクセスに Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)を使用します。この設計により、従来の LAN および SAN の接続性を維持しながら、アダプタ、ケーブル、アクセスレイヤのスイッチ数を削減することが可能になっています。このようなシスコの革新的技術により、初期投資と運用コスト(管理オーバーヘッドや、電源と冷却のコストを含む)を削減できます。

Cisco UCS Manager に組み込まれているシスコの革新的なサービス プロファイル テクノロジーは、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバと、その I/O 特性をプロビジョニングします(詳細については、Cisco UCS Manager:Cisco Unified Computing System のエンドツーエンド管理 (PDF - 1.03 MB) を参照してください)。サーバのプロビジョニングとアプリケーションの導入に必要なインフラストラクチャ ポリシーは、サービス プロファイルにカプセル化されています。たとえば、電源と冷却、セキュリティ、アイデンティティ、ハードウェアの健全性、イーサネットとストレージのネットワーキングなどに関するポリシーです。サービス プロファイルを使用することで、プロビジョニングに必要な手動ステップ数、人的ミスの可能性、サーバとネットワークの導入回数を減らすことができます。さらに、サービス プロファイルによって、Cisco Unified Computing System 全体でのポリシーの一貫性と整合性が向上します。

Cisco UCS B250 M2 は、最大 384 GB の業界標準メモリを使用して、要件の厳しい仮想化と大型データセットの作業負荷に対応するために、パフォーマンスと容量を強化します。このテクノロジーは、要件の厳しい作業負荷に対して、コスト効率の高い効率的なメモリ設置面積を実現します。

Cisco UCS B200 M2 は、実稼動レベルの仮想化と、その他の主流となるデータセンター作業負荷に対応するために、簡易性、パフォーマンス、高密度をバランスよく兼ね備えています。

表 2 は、Cisco UCS B シリーズの機能と利点です。

表 2 機能と利点

機能 利点
ユニファイド ファブリック
  • 必要なネットワーク インターフェイス カード(NIC)、ホスト バス アダプタ(HBA)、スイッチ、ケーブルの数を減らすことで、TCO を削減できる
サービス プロファイル サポート
  • アプリケーションの導入とサーバのプロビジョニングに必要なすべてのインフラストラクチャ ポリシーを完備している
  • 必要な手動ステップ数と人的ミスの可能性が減少し、サーバ ポリシーの一貫性と整合性が向上する
  • 数日かかっていたサーバとサポート インフラストラクチャのプロビジョニングを数分で行えるため、IT 部門の視点をメンテナンスから戦略的イニシアチブへと切り換えることができる
自動検出
  • 設定不要。Cisco Unified Computing System のすべてのコンポーネントと同様に、ブレードの認識と設定は Cisco UCS Manager によって自動的に行われる
シスコ拡張メモリ テクノロジー
  • Cisco UCS B250 M2 を使用することで、最大 384 GB の DDR3 メモリを使用可能
  • 大幅にメモリ設置面積を増やすことで、パフォーマンスと容量を強化し、要件の厳しい仮想化および大型データセットの作業負荷に対応する
  • 仮想から物理への統合比率が高いため、サーバ数とライセンス コストを削減できる
  • 高価な高密度 DIMM の代わりに低密度 DIMM を使用して、よりコスト効率の高いメモリ設置面積を実現できる
タイプのサーバ ブレード
  • メモリおよび I/O 帯域幅に柔軟性を持たせることで、アプリケーションの要件を満たす
メザニン アダプタ
  • 柔軟性、パフォーマンスの向上、業界標準との互換性、仮想環境に対するネットワーク ポリシーの一貫性を提供する
ホットスワップ可能な SAS ドライブ
  • 各ブレードがローカル ストレージとしてドライブ(前面アクセス、ホットスワップ可能)を 2 台までサポートするため、冗長性オプションと容易なサービサビリティが提供される
  • 効率と容量のために 10,000 RPM のドライブ、パフォーマンスのために 15,000 RPM のドライブをサポートする
内蔵 RAID 0 および 1 のサポート
  • 追加のコストをかけずにデータを保護できる
Intel Xeon シリーズ 5600 マルチコア プロセッサ
  • アプリケーションの要求にプロセッサのパフォーマンスを適応させ、利用状況に応じてエネルギー使用量をインテリジェントに調節する
  • Cisco UCS B200 M2 を使用することで、最大 192 GB の DDR3 メモリを使用できる
インテル インテリジェント パワー テクノロジー
  • パフォーマンス要求を満たしながら、プロセッサとメモリを可能な限りの低電力状態に自動的に切り換えて、エネルギー コストを削減
インテルの次世代バーチャライゼーション テクノロジー
  • クラス最高水準の仮想化パフォーマンス、優れたスケーラビリティ、高い柔軟性、サーバ管理の簡素化を実現
高度なモニタリング
  • 各ブレードに、高度な環境モニタリングを提供
  • ブレードの環境管理を最適化するために、ユーザのしきい値を使用可能


仕様


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバは Cisco Unified Computing System 環境で使用する設計になっており、この統合環境で機能するためには、Cisco UCS Manager、UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクト、UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシ、および UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダが必要です。

表 3 は、Cisco UCS B シリーズの仕様です。表 4 は、適合標準規格です。

表 3 製品仕様

項目 仕様
プロセッサ
  • Intel Xeon シリーズ 5600 プロセッサ 1 基または 2 基
  • Cisco UCS B250 M2 で選択可能なプロセッサ:Intel Xeon X5690、X5680、X5675、X5670、X5650、E5649、E5640、E5620
  • Cisco UCS B200 M2 で選択可能なプロセッサ:Intel Xeon X5690、X5680、X5675、X5670、X5650、E5649、E5640、E5620
メモリ
  • Cisco UCS B200 M2 1 台あたり、最大 12 本の DIMM スロット
  • UCS B250 M2 1 台あたり、最大 48 本の DIMM スロット
  • DDR3 registered DIMM をサポート
  • DDR3 低電圧 DIMM をサポート
メザニン アダプタ スロット
  • Cisco UCS B200 M2 1 台あたり 1 本
  • Cisco UCS B250 M2 1 台あたり 1 本または 2 本
メザニン アダプタのタイプ
  • Cisco UCS 82598KR-10 ギガビット イーサネット ネットワーク アダプタ
  • Cisco UCS M71KR-Q QLogic 統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
  • Cisco UCS M71KR-E 統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
  • Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カード
ハード ドライブ ブレード 1 台あたり最大 2 台の 2.5 インチ SAS または SATA ソリッド ステート ディスク(SSD)ドライブ(前面アクセス、ホットスワップ可能)
ハード ドライブのオプション
  • 73 GB SAS(15,000 rpm)
  • 146-GB SAS(10,000 rpm および 15,000 rpm)
  • 300-GB SAS(10,000 rpm)
  • 100-GB 15mm SATA SSD
管理 Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトから、Cisco UCS Manager により管理
温度:動作時 10 〜 35°C(50 〜 95°F)
温度:非動作時 -40 〜 65°C(-40 〜 149°F)
湿度:動作時 5 〜 93%(結露しないこと)
湿度:非動作時 5 〜 93%(結露しないこと)
高度:動作時 0 〜 3,000 m(0 〜 10,000 フィート)(最大周囲温度は、300 m ごとに 1°C 低下
高度:非動作時 12,000 m(40,000 フィート)


表 4 適合標準規格:安全性および EMC

仕様 説明
適合規格 本製品は、指令 2004/108/EC および 2006/108/EC による CE マーキングに準拠しています。
安全性
  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950-1
  • GB4943
EMC:放射
  • 47CFR Part 15 (CFR 47) Class A
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CISPR2 2 Class A
  • EN55022 Class A
  • ICES003 Class A
  • VCCI Class A
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • KN22 Class A
  • CNS13438 Class A
EMC:イミュニティ
  • EN50082-1
  • EN61000-6-1
  • EN55024
  • CISPR24
  • EN300386
  • KN 61000-4 シリーズ


発注情報


製品をインストールしてご利用いただくにあたり、購入する必要のあるすべてのコンポーネントについてご確認ください。また、Cisco Ordering Tool への直接リンクおよび製品番号(表 5)も示します。

シスコ製品の購入方法については、「購入案内」を参照してください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

表 5 発注情報

製品名 部品番号
UCS B200 M2 ブレード サーバ N20-B6625-1
UCS B250 M2 ブレード サーバ N20-B6625-2


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証 [英語] のページを参照してください。

シスコ ユニファイド コンピューティング サービス


データセンターのすべてのリソースを 1 つの視点から捉えることで、シスコは業界をリードするパートナー各社と共に、ユニファイド コンピューティング環境への移行を加速するサービスを提供します。シスコ ユニファイド コンピューティング サービスにより、データセンター リソースの迅速な展開と継続的な運用業務の最適化が可能となるため、お客様のビジネス ニーズを適切に満たすことができます。これらのサービスやその他のシスコのデータセンター サービスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/dcservices/ を参照してください。

シスコが選ばれる理由


シスコは、お客様のご要望に耳を傾け、エンタープライズ データセンター向けに信頼あるテクノロジーを提供してきた豊富な経験があります。シスコが提供する標準ベースのソリューションは、業界をリードするさまざまな企業から成るパートナー エコシステムに支えられて、お客様のソリューションをエンドツーエンドでサポートします。ユニファイド コンピューティングは、製品をネットワーク、サーバ、ストレージ、オペレーティング システム、アプリケーションに分類する従来のアプローチを、データセンターに一体化した総合ビジョンへと進化させます。シスコは世界の大手テクノロジー プロバイダーの 1 つとして、ユニファイド コンピューティングのビジョンの実現に向けたリソースと専門技術を持ち、お客様を中心とした製品開発に力を入れています。

関連情報


Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバの詳細については、 http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_b/index.html を参照してください。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。 http://www.cisco.com/web/JP/product/toprunner/index.html#~computer