Cisco UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクト

イントロダクション


効率的な相互接続によるコスト削減

接続されているすべてのブレード、シャーシ、ラック サーバのネットワーク接続と管理を強化します。 Cisco UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトは、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ、UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシ、UCS C シリーズ ラック サーバ、UCS Mini における管理および通信の中心となります。

機能と特長

6300 シリーズ ファブリック インターコネクトはシスコ ユニファイド ファブリックをサポートしており、ドメイン内のすべてのサーバについて、LAN および SAN 接続を柔軟に行うことができます。

ファブリック インターコネクトは通常、冗長ペアで導入され、ネットワークとストレージの両方へのアクセスを統一し、完全な仮想化環境の実現を推進します。

総所有コストの削減

6300 シリーズには、TCO の削減に役立つ機能がいくつかあります。 たとえば、次のような機能があります。

  • 最大 2.56 Tbps の帯域幅
  • Cisco UCS Manager ソフトウェアによる、統合された中央管理
  • ラインレート、低遅延、ロスレスの 1、10、40 ギガビット イーサネット(モデルによって異なる)および Fibre Channel over Ethernet(FCoE)、16/8/4 Gbps および 8/4/2 Gbps ファイバ チャネル対応のハイ パフォーマンス ポート

拡張性に優れたアーキテクチャ

Cisco ファブリック エクステンダ テクノロジーにより、管理の簡素化を維持しながら、単一の統合システムで最大 20 台までシャーシを接続できます。 その結果、専用シャーシの管理の必要性とブレード スイッチを排除し、ケーブル接続を減らすことが可能です。

Cisco Virtual Machine ファブリック エクステンダ テクノロジー

Cisco Data Center Virtual Machine ファブリック エクステンダ テクノロジーにより、物理と仮想環境の一貫した運用モデルと、これらの環境間での高い可視性が実現します。 このテクノロジーにより、仮想マシンをホスト間で移行させる際のセキュリティおよびネットワーク ポリシーの適用がシンプル化されます。

Cisco SingleConnect テクノロジー

SingleConnect は、データセンターのコンピューティングを接続、管理するための簡単、効率的かつインテリジェントな方法を提供します。 SingleConnect は、1 つの接続で以下を統合します。

  • ラック サーバとブレード サーバ
  • LAN、SAN、システムの管理
  • 物理サーバおよび仮想マシン

Cisco UCS 6300 シリーズ ファブリック インターコネクト モデル

  • 6332 および 6332-16UP ファブリック インターコネクト
    これらのトップオブラック(ToR)スイッチは、最大 160 台のサーバのドメインを管理します。
  • 6324 ファブリック インターコネクト
    このスイッチは Cisco UCS Mini ソリューションの一環として、Cisco UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシに組み込まれています。 最大 20 台のサーバをサポートできます。

関連リソース

お問い合わせ