Guest

Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダ

大規模運用で俊敏性、柔軟性、簡素化を実現

Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダは、データセンターの運用をシンプルにします。このシリーズのエクステンダは Cisco Data Center Networking ポートフォリオの一部であり、既存のネットワーク インフラストラクチャや、シスコのアプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)と統合できます。 このファブリック エクステンダは、ご使用のデータセンターのネットワークにアクセス ポートの接続を追加する柔軟なソリューションを提供します。

次世代の Cisco Nexus 2300 シリーズ ファブリック エクステンダについて紹介します(3:05 min)。

費用効果の高いファブリックの拡張性

費用効果の高いファブリックの拡張性 [英語]

一元管理によるファブリック エクステンダ テクノロジーの利点をご覧ください。

機能と特長

Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダは、ラック サーバ、ブレード サーバに接続性を提供するとともに、統合されたファブリック展開を実現できる設計になっています。シスコ ファブリック エクステンダ ポートフォリオの第 3 世代の製品である Nexus 2300 シリーズは、さまざまなメリットを提供します。

データセンター向けの先進的なイノベーションの実現:

  • サーバ アクセスにおける 100 M または1 Gbps から 10 Gbps への移行をシンプルに実現
  • シスコの 40 GB 双方向光ファイバのサポートにより、40 ギガビット イーサネットへのコスト効率の高い移行を実現
  • 大容量のバッファにより、マルチキャスト フィードやトラフィックなど、さまざまなワークロードをサポート
  • 追加の Ternary Content Addressable Memory(TCAMI)による、高度な機能とローカルのフロー リダイレクト機能の連携

総所有コストの削減:

  • トップオブラック(ToR)設計の柔軟性とシンプルな配線
  • シンプルな管理とエンドオブロー(EoR)設計の効率的な使用

アーキテクチャの柔軟性の向上:

ファブリック エクステンダ テクノロジーが、効率的なリソースの使用にどのように役立つかをご覧ください。(3:54 min)

ファブリック エクステンダ テクノロジーが、効率的なリソースの使用にどのように役立つかをご覧ください。(3:54 min)