Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダ

Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。最新のUCSシリーズ情報は ユニファイドコンピューティング/サーバ をご覧ください。

データ シート





Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダ



Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダ

Cisco Unified Computing System の概要

次世代のデータセンター プラットフォームである Cisco® Unified Computing System は、総所有コスト(TCO)の削減とビジネス俊敏性の向上を目的として、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を緊密に統合して 1 つのシステムを作ります。このシステムは、低遅延でロスレスの 10 ギガビット イーサネット ユニファイド ネットワーク ファブリックにエンタープライズ クラスの x86 アーキテクチャ サーバを統合します。このシステムは複数シャーシを統合することができる拡張性に優れたプラットフォームであり、それら統合したリソースのすべてを 1つの管理ドメインとして統合管理します(図 1)。

図 1 Cisco Unified Computing System は可用性の高い統合型アーキテクチャ

図 1 Cisco Unified Computing System は可用性の高い統合型アーキテクチャ

製品概要

Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダは、ブレード サーバのエンクロージャにユニファイド ファブリック機能を追加するための製品です。ブレード サーバとファブリック インターコネクトとの間の 10 ギガビット イーサネット接続を可能にすると共に、診断、配線、および管理を容易にします。

Cisco UCS 2100 シリーズによって、Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトと Cisco UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシの間の I/O ファブリックが拡張され、すべてのブレードとシャーシがロスレスで確実な転送が約束された FCoE(Fibre Channel over Ethernet)ファブリックによって 1 つに結ばれます。 ファブリック エクステンダは分散ライン カードと同様の製品であるため、スイッチングは行わず、ファブリック インターコネクトの拡張機能の 1 つとして管理されます。 このようなアプローチを取ることで、シャーシからスイッチングが取り払われ、インフラストラクチャ全体の複雑さが低減します。また、Cisco Unified Computing System の規模を拡大してシャーシの数を増やしても、必要なスイッチの数が増えることはないので、TCO が削減されると共に、すべてのシャーシを 1 つの管理ドメインとしていつでも扱うことが可能になります。

Cisco UCS 2100 シリーズは、シャーシ環境(電源、ファン、およびブレード)の管理もファブリック インターコネクトと連動して行います。 したがって、シャーシ毎に管理モジュールを用意する必要はありません。

Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダは、Cisco UCS 5100 シリーズ シャーシの背面に取り付けるように作られています。 Cisco UCS 5100 シリーズ シャーシ 1 台でファブリック エクステンダを 2 枚までサポートでき、キャパシティと冗長性が向上します(図 2)。

図 2 Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの背面に 2 枚の Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダを挿入

図 2 Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの背面に 2 枚の Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダを挿入


Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダ

Cisco UCS 2100 シリーズの最初の製品が Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダです(図 3)。 10 ギガビット イーサネット(FCoE 対応)の SFP+(Small Form-Factor Pluggable Plus)ポート 4 個によってブレード シャーシをファブリック インターコネクトに接続します。 また、8 個の 10 ギガビット イーサネット ポートがあり、ミッドプレーンを通してシャーシ内の 8 個のハーフ幅スロットそれぞれに接続されます。 ファブリック エクステンダは一般に、冗長化のために 2 枚 1 組で使用され、この 2 枚を合わせるとシャーシの I/O 帯域幅は最大 80 Gbps となります。

図 3 Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダ

図 3 Cisco UCS 2104XP ファブリック エクステンダ


機能と利点

Cisco UCS 2100 シリーズの主な機能と利点を表 1 にまとめます。

表 1 機能と利点

機能 利点
Cisco UCS Manager による管理
  • シャーシに管理モジュールが不要となるため、シャーシがステートレスになるため、TCO が削減される
  • 単一の可用性の高い管理ドメインにすべてのシステム シャーシが属するため、管理作業が減少する
自動設定
  • ファブリック エクステンダとファブリック インターコネクトの間で自動的にファームウェアのレベルが同期されるので、操作が簡素化される
ユニファイド ファブリック
  • 必要な NIC、HBA、スイッチ、およびケーブルの数が減るため、TCO が削減される
  • イーサネット内にファイバ チャネル パケットが透過的にカプセル化される
自動フェイルオーバー アクティブ/アクティブのデータ プレーンによってアベイラビリティが向上する
帯域幅の拡張性 実際のワークロードに合わせてシステム全体のキャパシティが最適化されるので、TCO が低減される
環境監視 シャーシ管理モジュールが不要になる
ロスレスのファブリック LAN と SAN のトラフィックを 1 つのトランスポート上に集約するための、信頼性の高い堅牢な基盤が確立される
プライオリティ フロー制御(PFC)
  • 単一のネットワーク リンク上で伝送される複数のトラフィック フローの管理が簡素化される
  • 複数のサービス クラスがサポートされるので、ロスレス型と従来型の両方のイーサネットを同じファブリック上で伝送できるようになる
システム全体の帯域幅管理 システム全体で一貫した QoS(Quality of Service)管理が可能
Cisco VN-Link テクノロジー
  • 仮想化環境と物理環境の運用モデルを統一
  • 仮想化環境と非仮想化環境のネットワーク可視性のレベルの統一
  • 仮想化環境における診断とトラブルシューティングの能力が向上する
  • ホスト間で仮想マシンが移動するときのネットワークおよびセキュリティのポリシー適用が簡素化される
SFP+ ポート
  • さまざまな相互接続方法があり、柔軟性が向上する(たとえば、配線距離が短い場合は Twinax ケーブル、長い場合はファイバを使用)
  • ポートあたりの消費電力は従来のソリューションよりも少ない


製品の仕様

ケーブル

表 2 に、Cisco UCS 2100 シリーズのケーブル接続仕様を示します。

表 2 ケーブル仕様

コネクタ(メディア) ケーブル 距離 消費電力(各サイド) トランシーバ遅延(リンク) 標準
SFP+ 銅線(CU) Twinax 1、3、および 5 m 〜 0.1 W 〜 0.1 マイクロ秒 SFF 8431
SFP+ 超短距離(USR) MM OM2
MM OM3
10m
100m
1 W 〜 0 マイクロ秒 なし
SFP+ 短距離(SR)およびマルチモード ファイバ(MMF) MM OM2
MM OM3
82m
300 m
1 W 〜 0 マイクロ秒 IEEE 802.3ae
SFP+ 長距離(LR)MMF および SR SMF SMF 上で最大 10 km 1 W 〜 0 マイクロ秒 IEEE 802.3ae


パフォーマンス

  • ハードウェア フォワーディング速度 160 Gbps
  • 低遅延カットスルー設計により、パケット サイズ、トラフィック パターン、または有効化された機能にかかわらずトラフィック遅延が一定で予測可能

レイヤ 2

  • レイヤ 2 VLAN トランク
  • IEEE 802.1Q VLAN カプセル化
  • VLAN および仮想 SAN(VSAN)を最大 256 個サポート
  • Cisco VN-Link アーキテクチャをサポート
  • 全ポートでジャンボ フレームをサポート(最大 9,216 バイト)
  • ポーズ フレーム(IEEE 802.3x)

QoS

  • レイヤ 2 IEEE 802.1p(CoS)
  • CoS ベースの出力キューイング
  • 出力の完全優先キューイング
  • 出力ポート ベースのスケジューリング: WRR(Weighted Round-Robin)
  • ポートあたり 4 個のハードウェア キュー

ハイアベイラビリティ

  • Cisco UCS 5100 シリーズ ブレード サーバ シャーシ内で最大 2 つのファブリック エクステンダが動作可能
  • アクティブ/アクティブのデータ プレーン運用(フェイルオーバーあり)
  • 障害発生時に一方のファブリック エクステンダから他方へのフェイルオーバーが可能
  • アクティブ/パッシブの管理プレーン運用
  • 管理プレーンのノンストップ運用がサポートされる(アクティブのファブリック エクステンダに障害が発生した場合はパッシブのファブリック エクステンダにシャーシ管理が引き継がれる)

管理

  • ファブリック エクステンダの管理を Cisco UCS Manager に統合(管理インターフェイスの詳細については Cisco UCS Manager のデータシートを参照してください)
  • ブレード サーバ シャーシのコンポーネント(電源、ファン、ブレードなど)をファブリック インターコネクトの一部として管理可能
  • ファブリック エクステンダとファブリック インターコネクトの間で常にファームウェアのレベルが同期される

低遅延、ロスレスの 10 ギガビット イーサネット ユニファイド ネットワーク ファブリック

  • PFC(プライオリティごとのポーズ フレームのサポート)
  • DCBX(Data Center Bridging Exchange)プロトコル
  • IEEE 802.1Qaz: 帯域幅管理

業界規格

  • IEEE 802.1p: CoS 優先順位設定
  • IEEE 802.1Q: VLAN タギング
  • IEEE 802.3: イーサネット
  • IEEE 802.3ad: LACP
  • IEEE 802.3ae: 10 ギガビット イーサネット
  • SFP+ サポート

物理仕様

SFP+ 光ファイバ

Cisco Unified Computing System の製品は、短距離用に 10 ギガビット イーサネット SFP+ Twinax 銅ケーブルを、長距離用に SFP+ 光ファイバをサポートします。 SFP+ には、他の 10 ギガビット イーサネット接続オプションと比べて、以下のような利点があります。

  • 小型の 10 ギガビット イーサネット フォーム ファクタ
  • 他のタイプの光インターフェイスとの相互運用性:XENPAK、X2、および XFP(10 Gigabit Small Form-Factor Pluggable)
  • 低電力消費
  • ホットスワップ可能なデバイス

環境

  • 物理寸法(高さ×幅×奥行): 19.4 × 3.5 × 18.3 cm(7.64 × 1.36 × 7.2 インチ)
  • 動作温度:32 〜 104°F(0 〜 40°C)
  • 非動作時温度:-40 〜 158°F(-40 〜 70°C)
  • 湿度: 5 〜 95%(結露しないこと)
  • 高度: 0 〜 3,000 m(0 〜 10,000 フィート)

重量

  • 1.134 kg(2.5 ポンド)

適合標準規格 安全性と EMC

表 3 に、Cisco UCS 2100 シリーズの適合規格の要約を示します。

表 3 適合標準規格 安全性と EMC

仕様 説明
法規制への準拠 本製品は、指令 2004/108/EC および 2006/95/EC による CE マーキングに準拠しています。
安全性
  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950-1
  • GB4943
EMC: 放射
  • 47CFR Part 15(CFR 47)Class A
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CISPR22 Class A
  • EN55022 Class A
  • ICES003 Class A
  • VCCI Class A
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • KN22 Class A
  • CNS13438 Class A
EMC: イミュニティ
  • EN50082-1
  • EN61000-6-1
  • EN55024
  • CISPR24
  • EN300386
  • KN 61000-4 シリーズ
RoHS 本製品は、Ball Grid Array(BGA)鉛ボールおよび鉛プレスフィット コネクタを除き RoHS 5 に準拠しています。


保証に関する情報

保証については、Cisco.com の製品保証 のページ(英語)を参照してください。

シスコ ユニファイド コンピューティング サービス

データセンターのすべてのリソースを一つの視点からとらえることで、シスコは業界をリードするパートナー各社と共に、ユニファイド コンピューティング環境への移行を加速するサービスを提供します。シスコ ユニファイド コンピューティング サービスは、お客様のビジネス ニーズを満たすために、データセンター リソースの迅速な展開と、継続的な運用作業の最適化を支援します。 ユニファイド コンピューティング サービスおよびその他のシスコ データセンター サービスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/dcservices/ を参照してください。

関連情報

Cisco UCS 2100 シリーズ ファブリック エクステンダの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs2100/index.html を参照してください。