Cisco Catalyst 6500 シリーズ

Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32 プログラマブル インテリジェント サービス アクセラレータ(PISA)

Q&A





Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32 プログラマブル インテリジェント サービス アクセラレータ(PISA)


製品とアーキテクチャの概要


サービスとスケーラビリティの概要


ソフトウェアの概要


管理性の概要

製品とアーキテクチャの概要

Q: Cisco® Catalyst® 6500 Supervisor Engine 32 プログラマブル インテリジェント サービス アクセラレータ(PISA)とは何ですか。
A: A. Cisco Catalyst 6500 モジュラ スイッチ用 Supervisor Engine 32 Programmable Intelligent Services Accelerator(PISA; プログラマブル インテリジェント サービス アクセラレータ)は、中堅・中小規模の企業、エンタープライズ、サービス プロバイダーのネットワークに対して、優れたディープ パケット インスペクション、アプリケーション認識、セキュリティ、アベイラビリティ、管理の各サービスを提供します。
Cisco Catalyst 6500 シリーズ Supervisor Engine 32 PISA に搭載されている PISA 機能は、これまでマルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード(MSFC)が提供していた管理およびコントロール プレーン機能に加えて、ネットワークベース アプリケーション認識(NBAR)やFlexible Pakcet Matching(FPM)といったインテリジェントなサービスに対するハードウェア アクセアレーションを、マルチギガビット レベルの速度で提供します。Supervisor Engine 32 PISA には Policy Feature Card 3B(PFC3B; ポリシー フィーチャ カード 3B)も搭載されており、Cisco Catalyst 6500 Supervisor Engine 32 との機能面およびパフォーマンス面での互換性を確保されています。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA は、どのような要件のネットワークに適していますか。
A: このスーパーバイザー エンジンは、キャンパス アクセス ネットワークのセキュリティ保護、統合サービス MAN/WAN アプリケーション、中堅・中小企業のバックボーン機能に最適です。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA で利用できるアップリンク オプションには、どのようなものがありますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA には、次の 2 つのバージョンがあります。
  • 8 ポートのギガビット イーサネット アップリンクと 1 つの 10/100/1000 ポートを搭載した Supervisor Engine 32 PISA
  • 2 ポートの 10 ギガビット イーサネット アップリンクと 1 つの 10/100/1000 ポートを搭載した Supervisor Engine 32 PISA
Return to Top

Q: 既存の Supervisor Engine 32 へのドーター カード アップグレードとして PISA を入手することはできますか。
A: いいえ。PISA は Cisco Catalyst 6500 の 2 種類の新しいスーパーバイザ エンジン オプションの形態でのみ入手できます。
Return to Top

Q: MSFC2A と PISA の違いは何ですか。
A: PISA は MSFC2A のスーパーセットです。PISA は、MSFC2A がこれまで提供してきた管理およびコントロール プレーン機能のすべてを提供します。それらに加えて、NBAR や FPM といったインテリジェントなサービスに対するハードウェア アクセラレーションをマルチギガビット級の速度で提供します。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA は、Supervisor Engines 32 でサポートされている機能をすべてサポートしますか。
A: はい。Supervisor Engine 32 PISA は PFC3B とともに提供されます。これにより、Supervisor Engine 32 と同じ機能とサービスが利用できます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA に搭載されている PISA のアーキテクチャ的な機能はどのようなものですか。
A: Supervisor Engine 32 PISA では、アプリケーション認識型サービスに、高性能でプログラム可能なディープ パケット インスペクションを統合することができます。このアーキテクチャにより、複数のサービスが並行してマルチギガビット速度で稼働できます。さらに、このアーキテクチャでは、高性能なハードウェアベースの AES 暗号化エンジンも統合されます。このエンジンでは、将来的にマルチギガビット速度の暗号化サービスも提供できます。
Return to Top

Q: Supervisory Engine 32 PISA のデフォルトの DRAM およびフラッシュメモリのサイズを教えてください。
A: A. 表 1 に DRAM のサイズを示します。

表 1 DRAM のサイズ

スイッチ プロセッサ ルート プロセッサ
DRAM 512 MB 1 GB
ブートフラッシュ 512 MB 256 MB


Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA はコンパクト フラッシュ リムーバブル ストレージに対応していますか。
A: はい。Supervisor Engine 32 PISA は外部コンパクト フラッシュ スロットを 1 つ搭載しており、256 MB または 512 MB の コンパクト フラッシュ カードを装着できます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA がサポートするライン カードにはどのようなものがありますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA は、すべてのクラシック ライン カードと、すべての CEF256 ライン カード(DFCなし)をサポートしています。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA がサポートする WAN インターフェイスにはどのようなものがありますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA では、拡張版 FlexWAN モジュールと、SIP(共有ポート アダプタ[SPA] インターフェイス プロセッサ)、および SIP に関連して Supervisor Engine 32 と Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF の組み合わせで利用できる SPA をサポートしています。最新情報については、ソフトウェアのリリース ノートを参照してください。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA がサポートするサービス モジュールにはどのようなものがありますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA は、ファイアウォール サービス モジュール(FWSM)、IP Security(IPsec)SPA、およびネットワーク解析モジュール(NAM)をサポートしています。
Return to Top

Q: 2 枚の Supervisor Engine 32 ボードをハイアベイラビリティ構成で使用することはできますか。
A: はい。Supervisor Engine 32 PISA は、アクティブなスーパーバイザとスタンバイ スーパーバイザのどちらでも、アップリンクで「ノンストップ フォワーディング/ステートフル スイッチオーバー(NSF/SSO)」をサポートしています。ハイアベイラビティをサポートするためには、同型のスーパーバイザを Cisco Catalyst 6500 で使用する必要があります。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA に搭載されている NBAR と FPM の機能は、SSO 対応ですか。
A: Supervisor Engine 32 ソフトウェアの初期リリースでは、NBAR は SSO対応ではありません。しかし後続のリリースでは、NBAR を SSO 対応にすることが計画されています。FPM はステートレス型の機能なので、SSO 対応は適用されません。
Return to Top

サービスとスケーラビリティの概要

Q: PISA が搭載する NBAR や FPM といったインテリジェントなサービスに対するハードウェア アクセラレーションのパフォーマンスはどの程度ですか。
A: PISA は、Internet mix(IMIX)トラフィックに対して BAR や FPM などのインテリジェント サービスを 2 Gbp の速度で加速することができます。これは、ギガビット イーサネット Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)アップリンクを使って 2 台のディストリビューション レイヤ スイッチに接続しているような典型的なエンタープライズ ネットワーク環境におけるキャンパス アクセス ネットワークに最適です。また、PISA は WAN/MAN 展開向けの OC48/STM16 インターフェイスのサポートも提供します。Supervisor Engine 32 PISA の将来のソフトウェア リリースでは、「インテリジェントな」トラフィックを定義する機能も提供する予定です。これにより、「インテリジェント」と定義したトラフィックをアクセラレーションのために PISA にリダイレクトでき、ネットワークは実質的にマルチギガビット速度で稼働できます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA でサービス アクセラレーションのパフォーマンスを最大化するためには、何を行う必要がありますか。
A: 最大のパフォーマンスを得るには、Supervisor Engine 32 PISA 上の 2 ポートの外部ギガビット アップリンクを専用の PISA チャネル インターフェイスに変換する必要があります。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA が搭載する NBAR や FPM などのインテリジェント サービスで、パケット インスペクションはどれだけの深さまで可能ですか。
A: FPM と NBAR では、パケット内部を 4 KB まで検査できます。ただし、初期リリースでは、NBAR のカスタム ポリシーで検査できるパケット内部の範囲は 256 バイトに制限されています。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA の NBAR や FPM は、ジャンボ フレームをサポートしていますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA はジャンボ フレームをサポートしています。初期リリースでは、最大 4 K バイトのフレームまで検査できます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA の NBAR では、ディープ パケット インスペクションとアプリケーション ポリシーのスケーラビリティの上限がどうなりますか。
A: 表 2 に、Supervisor Engine 32 PISA の NBAR によるディープ パケット インスペクションとアプリケーション ポリシーにおけるスケーラビリティの上限を示します。

表 2 NBAR のスケーラビリティの上限

  NBAR
ステートフル
最大スループット 2 Gbps
L3 IPv4 パケットのサポート
現在サポートされている PDLM 数 90+
正規表現のサポート 可(PDLM のみ)
正規表現によって 1 行の中で照合できる最大バイト数 32 バイト
最大クラス数 32
クラスあたりの最大照合数 8
最大ポリシー数 1024
最大インターフェイス数 1024
オフセット照合を行うカスタム ポリシーのサポート 可(TCP および UDP パケットのみ)
カスタム ポリシー(ペイロード内の検査範囲) ペイロード内部 256 バイト
1 行の中で照合できる最大ビット数 32 バイト


Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA の FPM では、ディープ パケット インスペクションとアプリケーション ポリシーのスケーラビリティの上限がどうなりますか。
A: 表 3 に、Supervisor Engine 32 PISA の FPM によるディープ パケット インスペクションとアプリケーション ポリシーにおけるスケーラビリティの上限を示します。

表 3 FPM のスケーラビリティの上限

  FPM
ステートフル 不可
パケット インスペクションの深さの上限 ペイロード内部 4 KB
最大スループット 2 Gbps
L3 IPv4 パケットのサポート
カスタム プロトコル ヘッダー定義のサポート 可(XML)
カスタム分類記述ファイルのサポート 可( XML)
サポートするポリシー マップのアクション Permit(許可する)、drop(廃棄する)、log(記録する)
オフセット照合を行うカスタム ポリシーのサポート
1 行の中で照合できる最大ビット数 32 バイト
正規表現のサポート 可(最大 48)
正規表現によって 1 行の中で照合できる最大バイト数 32 バイト
最大クラス数 32
クラスあたりの最大照合数 8
最大ポリシー数 1024
最大インターフェイス数 1024


Return to Top

Q: パケットに PISA のハードウェア アクセラレーションを適用する必要があるかどうか、システムはどのようにして判断するのですか。
A: トラフィックを PISA に送るかどうかの判断は、主として、インターフェイスに NBAR や FPM のようなインテリジェントなサービスが設定されているかどうかに基づきます。これらのサービスのうち一方でも設定されていれば、トラフィックは PISA にリダイレクトされてディープ パケット インスペクションを受けます。そうでない場合、トラフィックは通常の PFC データ パスを通ります。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA 用の NBAR PDLM は、どこからダウンロードできますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA 用のNBAR PDLM は、http://www.cisco.com/pcgi-bin/tablebuild.pl/pdlm からダウンロードできます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA の NBAR がサポートするプロトコル/アプリケーションは、どこで調べられますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA の「データシート」ドキュメントに、NBAR がサポートするプロトコル/アプリケーションの一覧があります。Supervisor Engine 32 のデータシートは、http://www.cisco.com/jp/product/hs/switches/cat6500/prod_literature.shtml を参照してください。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA 用の FPM PHDF ファイルはどこからダウンロードできますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA 用の FPM PHDF ファイルは、 http://www.cisco.com/pcgi-bin/tablebuild.pl/fpm にあります。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA では、どのようなタイプのインターフェイスに対して FPM や NBAR のポリシーを適用できますか。
A: FPM および NBAR のポリシーは、Supervisor Engine 32 PISA 上の任意のレイヤ 3 LAN ポート(ルーテッド ポート、SVI、ポート チャネル)に適用できます。WAN インターフェイスや MPLS VPN/トンネル インターフェイスに適用することはできません。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA 上のインターフェイスに NBAR または FPM を設定する際、互換性のない機能はありますか。
A: Microflow ポリシングは、FPM または NBAR を設定したインターフェイスではサポートされません。
Return to Top

ソフトウェアの概要

Q: FCS 時点で Supervisor Engine 32 PISA がサポートするイメージにはどのようなものがありますか。
A: 表 4 に、Supervisor Engine 32 PISA が FCS 時点でサポートするイメージを示します。

表 4 Supervisor Engine 32 PISA のソフトウェア オプション

  ソフトウェア オプション
S3P3IBL-12218ZY Cisco CAT6000 SUP 32 PISA IP BASE LAN 専用
以下のサポートを含みます。
  • RIP、スタティック ルーティング、EIGRP スタブ
  • ネットワークベース アプリケーション認識(NBAR)
  • フレキシブル パケット マッチング(FPM)
S3P3IBK9L-12218ZY Cisco CAT6000 SUP 32 PISA IP BASE SSH LAN 専用
  • 以下のサポートを含みます。
  • RIP、スタティック ルーティング、EIGRP スタブ
  • ネットワークベース アプリケーション認識(NBAR)
  • フレキシブル パケット マッチング(FPM)
S3P3IS-12218ZY Cisco CAT6000 SUP32 PISA IP SERVICES
IP BASE イメージと同じ機能に加え、以下のサポートを含みます。
  • IPv4 ルーティングおよびサービス
S3P3ISK9-12218ZY Cisco CAT6000 SUP32 PISA IP SERVICES SSH
IP BASE イメージと同じ機能に加え、以下のサポートを含みます。
  • IPv4 ルーティングおよびサービス
S3P3AIK9-12218ZY Cisco CAT6000 SUP32 PISA ADVANCED IP SERVICES SSH
IP SERVICES イメージと同じ機能に加え、以下のサポートを含みます。
  • アドバンスト MPLS フィーチャ セット
  • レイヤ 3 IPv6 サービス
  • アドバンスト FPM 管理


Return to Top

Q: モジュール型 Cisco IOS ソフトウェア イメージは、Supervisor Engine 32 PISA をサポートしていますか。
A: モジュール型 Cisco IOS ソフトウェア イメージは、初期リリース時点では Supervisor Engine 32 PISA をサポートしません。後続のリリースでは、このサポートを追加する予定です。
Return to Top

Q: Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)ZY は、どの Supervisor Engine 32 イメージとの機能パリティを備えていますか。
A: Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)ZY は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF との機能パリティを備えています。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA は、IPv6、マルチキャスト、MPLS トラフィックをサポートしますか。
A: はい。Supervisor Engine 32 PISA は、IPv6、マルチキャスト、MPLS トラフィックをサポートしています。ただし初期リリースでは、IPv6、マルチキャスト、MPLS トラフィックに対する NBAR および FPM サポートは存在しません。
Return to Top

管理性の概要

Q: Supervisor Engine 32 PISA がサポートする関連 MIB にはどのようなものがありますか。
A: 以下をサポートしています。
  • CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB:NBAR によるプロトコル検出の統計情報を、SNMP を使用して中央のパフォーマンス モニタリング システムに取り込む機能を提供します。
  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB:QoS 設定に対する読み取りアクセスを提供します。また、modular QoS CLI に基づいた QoS 統計情報も提供します。これには、クラス マップやポリシー マップのパラメータに関する情報も含まれます。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA で NBAR のサポートに利用できる、プロビジョニング用およびモニタリング用のツールにはどのようなものがありますか。
A: Supervisor Engine 32 PISA で NBAR をプロビジョニングおよびモニタリングする場合は、QoS Policy Manager(QPM)を使用できます。また、NBAR のモニタリングについては、AdvenNet、Computer Associates、InfoVista、Micromuse などの Cisco QoS パートナー各社もサポートしています。
Return to Top

Q: Supervisor Engine 32 PISA で FPM のサポートに利用できる、プロビジョニング用およびモニタリング用のツールにはどのようなものがありますか。
A: FPM プロビジョニングは、Cisco Security Manager の柔軟なコンフィギュレーション オプションを通じて管理できます。Cisco Security Manager の将来のリリースでは、Supervisor Engine 32 PISA の FPM ポリシー マネジメントとモニタリングをサポートする予定です。
Return to Top