Cisco Catalyst 6500 シリーズ

Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュール

データ シート





Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット インターフェイス モジュール



製品概要


Cisco Catalyst® 6500 シリーズ スイッチには、Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール、16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール、8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール、4 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュールなど、多様な 10 ギガビット イーサネット モジュールが用意されており、大企業、小売・店舗、およびサービス プロバイダーのデータセンターやキャンパスでのさまざまなニーズに対応します。銅線モジュールは RJ-45 コネクタをサポートし、カテゴリ 6、6A、7 タイプのケーブルで最大 100 m の運用距離を提供します。ファイバ モジュールはプラグ可能光ファイバをサポートし、シングルモード ファイバで最大 80 km、マルチモード ファイバで最大 300 m の運用距離を提供します。

16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール


16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール(図 1)は、1 台の Cisco Catalyst 6509 スイッチ シャーシで最大 130 の 10 ギガビット イーサネット銅線ポートを、また Cisco Catalyst 6500 Virtual Switching System(VSS; 仮想スイッチング システム)1440 では最大 260 の 10 ギガビット イーサネット ポートを収容可能であり、第一に高速サーバ接続向けのデータセンター アクセス、第二にスイッチ間の接続などに向けて設計されています。このモジュールは、4 ポートごとに 1 つのポート グループを形成し、全 16 ポートで 4 つのポート グループという構成になっています。ユーザは、各ポート グループをオーバーサブスクリプション モード(ポート グループごとに 2 〜 4 ポートを使用)とパフォーマンス モード(ポート グループごとに 1 ポートを使用)のいずれかで運用できるので、一部のポートをサーバへの接続に、その他のポートをスイッチの相互接続に、と柔軟に利用できます。パフォーマンス モードでは、最大 4 つの 10 ギガビット イーサネット ポートを使用して、VSS における仮想スイッチ リンク作成に使用できます。 1

図 1 Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール

図 1 Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサ
ネット銅線モジュール


16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール


16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール(図 2)は、1 台の Catalyst 6509 シャーシで最大 130 の 10 ギガビット イーサネット ポートを、および VSS 構成時では最大 260 の 10 ギガビット イーサネット ポートを収容可能であり、ファンアウトとポート密度が非常に重要な LAN キャンパスの集約やデータセンター アクセス向けに設計されています。このモジュールは、4 ポートごとに 1 つのポート グループを形成し、全 16 ポートで 4 つのポート グループという構成になっています。ユーザは、各ポート グループをオーバーサブスクリプション モード(ポート グループごとに 2 〜 4 ポートを使用)とパフォーマンス モード(ポート グループごとに 1 ポートを使用)のいずれかで運用できるので、一部のポートをパフォーマンス モードでサーバ接続に、その他のポートをオーバーサブスクリプション モードでワイヤリング クローゼットへのアップリンクに、と柔軟に利用できます。パフォーマンス モードでは、最大 4 つの 10 ギガビット イーサネット ポートを使用して、VSS における仮想スイッチ リンク作成に使用できます。2また、16 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュールでは大幅な消費電力の削減が実現されています。8 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュールと比較した場合、ポートあたりの消費電力が半分なので、電力コストを大幅に節約できます。

図 2 Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビットイーサネット ファイバ モジュール

図 2 Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサ
ネット ファイバ モジュール


8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール


8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール(図 3)は、1 台の Cisco Catalyst 6509 シャーシで最大 66 の 10 ギガビット イーサネット ポートを、および VSS 構成時では最大 132 の 10 ギガビット イーサネット ポートを収容できます。このラインカードは 64 Gbps のスイッチング パフォーマンスをサポートしているため、LAN キャンパスやデータセンターのコアまたは集約レイヤでの使用に最適です。8 ポートのすべてが、VSS 構成に必要な VSL として使用できます。

図 3 Cisco Catalyst 6500 8 ポート <br />10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール

図 3 Cisco Catalyst 6500 8 ポート 10 ギガビッ
ト イーサネット ファイバ モジュール


4 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール


4 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール(図 4)は、オーバーサブスクリプションがなく、ライン レートが重要とされるネットワーク構成向けに設計されています。1 台の Cisco Catalyst 6509 シャーシで最大 34 の 10 ギガビット イーサネット ポートを、また VSS 構成時で最大 68 の 10 ギガビット イーサネット ポートを収容できます。

図 4 Cisco Catalyst 6500 4 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール

図 4 Cisco Catalyst 6500 4 ポート 10 ギガビット イーサネ
ット ファイバ モジュール


モジュールの相互運用性


4 つのモジュールはすべて、10 ギガビット イーサネット アップリンク搭載 Cisco Catalyst 6500 シリーズ Virtual Switching Supervisor Engine 720 および Cisco Catalyst 6500 シリーズ Supervisor Engine 720 での利用が可能で、1 ラインカードあたり 40 Gbps のスイッチ ファブリック接続を提供します。世界中で数多くの実績を持つ Cisco Catalyst 6500 シリーズに搭載可能なこれらの 10 ギガビット イーサネット モジュールは、既存のすべての Cisco Catalyst 6500 シリーズ ラインカードおよびサービス モジュールとの互換性を持っています。サービス プロバイダーや企業は機器の大規模なアップグレードを行う必要がなく、新しいレイヤ 2 〜 7 のサービスとネットワーク機能を導入して、ネットワーク コストを削減し、収益やユーザの生産性を向上させることができます。

Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールは、キャンパスやデータセンターのディストリビューションやコアに導入して、トラフィックの集約、またはビル間接続、Point of Presence(POP; アクセス ポイント)接続、Wide Area Network(WAN; ワイド エリア ネットワーク)エッジ接続、および Metropolitan Area Network(MAN; メトロポリタン エリア ネットワーク)接続に使用されます。これらのモジュールは、IEEE 802.3ad リンク集約、Cisco ® Distributed EtherChannel テクノロジーによるフォールトトレラント接続、および同じシャーシ内の 8 ポートを使用する EtherChannel 接続単位で最大 80 Gbps の帯域幅の拡張をサポートしています。また、多くの帯域幅を必要とするアプリケーションのセキュリティと予測可能なパフォーマンスを確保するために、ハードウェア ベースのマルチキャスト レプリケーション、Quality of Service(QoS; サービス品質)、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)、ジャンボ フレーム、および低遅延もサポートしています。

用途


  • 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール:データセンター アクセスおよびスイッチ間接続
  • 16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール:LAN キャンパスおよびデータセンターのディストリビューションと、データセンター アクセス(ファンアウトとポート密度が重要なネットワーク)
  • 8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール:データセンター コアおよびディストリビューション、LAN キャンパス コアおよびディストリビューション、サービス プロバイダー
  • 4 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール:コア、ビル間接続、POP 、WAN エッジ、および MAN 接続(オーバーサブスクリプションがなく、中〜低密度の 10 ギガビット イーサネット密度が必要な環境)

詳細については、ホワイト ペーパー『10 Gigabit Ethernet Switching for Enterprises(企業環境における 10 ギガビット イーサネット スイッチング)』 (http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/products_white_paper0900aecd802a648b.shtml [英語])を参照してください。

主な機能と利点


表 1 に、Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールの主な機能と利点をまとめます。

表 1 Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールの主要機能の比較

機能 4 ポート 10 GbE ファイバ モジュール 8 ポート 10 GbE ファイバ モジュール 16 ポート 10 GbE ファイバ モジュール 16 ポート 10 GbE 銅線モジュール
ポート 4 8 16 16
光ファイバ XENPAK X2 X2
  • 光ファイバなし
  • 銅線(RJ-45)コネクタ
スイッチ ファブリック接続 40 Gbps (80 Gbps 全二重) 40 Gbps (80 Gbps 全二重) 40 Gbps (80 Gbps 全二重) 40 Gbps (80 Gbps 全二重)
オーバーサブスクリプション 1:1 2:1 4:1 4:1
フォワーディング エンジン
  • デフォルト:集中型フォワーディング カード(CFC)
  • オプション:分散フォワーディング カード(DFC3A、DFC3B、DFC3BXL、DFC3C、または DFC3CXL を使用)
  • WS-X6708-10G-3C:分散フォワーディングの場合は DFC3C を搭載(256,000 ルートをサポート)
  • WS-X6708-10G-3CXL:分散フォワーディングの場合は DFC3CXL を搭載(100 万ルートをサポート)
  • WS-X6716-10G-3C:分散フォワーディングの場合は DFC3C を搭載(256,000 ルートをサポート)
  • WS-X6716-10G-3CXL:分散フォワーディングの場合は DFC3CXL を搭載(100 万ルートをサポート)
  • WS-X6716-10T-3C:分散フォワーディングの場合は DFC3C を搭載(256,000 ルートをサポート)
  • WS-X6716-10T-3CXL:分散フォワーディングの場合は DFC3CXL を搭載(100 万ルートをサポート)
キュー
  • RX:8q8t
  • TX:1p7q8t
  • RX:8q4t
  • TX:1p7q4t
オーバーサブスクリプション モード:
  • RX:ポートあたり 1p7q2t
  • TX:ポート グループあたり 1p7q4t
パフォーマンス モード:
  • RX:ポートあたり 8q4t
  • TX:ポートあたり 1p7q4t
オーバーサブスクリプション モード:
  • RX:ポートあたり 1p7q2t
  • TX:ポート グループあたり 1p7q4t
パフォーマンス モード:
  • RX:ポートあたり 8q4t
  • TX:ポートあたり 1p7q4t
キューイング メカニズム
  • Class of Service(CoS; サービス クラス)ベース キュー マッピング
  • CoS ベース キュー マッピング
  • Differentiated Services Code Point(DSCP)ベース キュー マッピング
  • CoS ベース キュー マッピング
  • DSCP ベース キュー マッピング
  • CoS ベース キュー マッピング
  • DSCP ベース キュー マッピング
スケジューラ
  • Deficit Weighted Round Robin(DWRR)
  • Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出)
  • DWRR
  • WRED
  • 出力時の Shaped Round Robin(SRR)
オーバーサブスクリプション モード:
  • DWRR
  • WRED
パフォーマンス モード:
  • DWRR
  • WRED
  • 出力時の SRR
オーバーサブスクリプション モード:
  • DWRR
  • WRED
パフォーマンス モード:
  • DWRR
  • WRED
  • 出力時の SRR
ポート バッファ ポートあたり 16 MB ポートあたり 200 MB オーバーサブスクリプション モード:
  • ポート グループあたり 90 MB
パフォーマンス モード:
  • ポート グループあたり 200 MB
オーバーサブスクリプション モード:
  • ポート グループあたり 90 MB
パフォーマンス モード:
  • ポート グループあたり 200 MB
ハードウェア ベースのマルチキャスト レプリケーション
  • 入力と出力
  • レプリケーション エンジンあたり約 20 GB
  • モジュールあたり 2 つのレプリケーション エンジン
  • 入力と出力
  • レプリケーション エンジンあたり約 50 GB
  • モジュールあたり 2 つのレプリケーション エンジン
  • 入力と出力
  • レプリケーション エンジンあたり約 50 GB
  • モジュールあたり 2 つのレプリケーション エンジン
  • 入力と出力
  • レプリケーション エンジンあたり約 50 GB
  • モジュールあたり 2 つのレプリケーション エンジン
ブリッジドおよびルーテッド パケットのジャンボ フレーム サポート 最大 9,216 バイト 最大 9,216 バイト 最大 9,216 バイト 最大 9,216 バイト
シャーシあたりの 最大ポート密度 34 ポート(9 スロット シャーシ) 66 ポート(9 スロット シャーシ) 130 ポート(9 スロット シャーシ) 130 ポート(9 スロット シャーシ)
VSS あたりの最大ポート密度 68 ポート 132 ポート 260 ポート 260 ポート
仮想スイッチ リンクの作成時に使用 不可
  • パフォーマンス モード:可(出荷開始後のソフトウェア リリースでサポート)
  • オーバーサブスクリプション モード:不可
  • パフォーマンス モード:可(出荷開始後のソフトウェア リリースでサポート)
  • オーバーサブスクリプション モード:不可
サポートされる スーパーバイザ エンジン 10GE アップリンク搭載 Cisco Catalyst 6500 シリーズ Virtual Switching Supervisor Engine 720、または Policy Feature Card(PFC; ポリシー フィーチャ カード)搭載 Supervisor Engine 720(シャーシは最も動作モードの低いものに合わせて動作) 10GE アップリンク搭載 Cisco Catalyst 6500 シリーズ Virtual Switching Supervisor Engine 720、または PFC 搭載 Supervisor Engine 720(シャーシは最も動作モードの低いものに合わせて動作) 10GE アップリンク搭載 Cisco Catalyst 6500 シリーズ Virtual Switching Supervisor Engine 720、または PFC 搭載 Supervisor Engine 720(シャーシは最も動作モードの低いものに合わせて動作) 10GE アップリンク搭載 Cisco Catalyst 6500 シリーズ Virtual Switching Supervisor Engine 720、または PFC 搭載 Supervisor Engine 720(シャーシは最も動作モードの低いものに合わせて動作)
サポートされる シャーシ
  • すべての Cisco Catalyst 6500 E シリーズ シャーシ、C6509-NEB-A シャーシ、ファン トレイ 2 を搭載した E シリーズ以外の Catalyst 6500 シリーズ シャーシ、Cisco 7600 シリーズ シャーシ、7600-S シリーズ シャーシ(NEBS 準拠:動作温度は最大 55°C)
  • E シリーズ以外の Cisco Catalyst 6503 シャーシではサポートされない
  • すべての Catalyst 6500 E シリーズ シャーシ(6503-E、6504-E、6506-E、6509-E シャーシ)、6509-V-E シャーシ、デュアル ファン トレイを搭載した C6509-NEB-A シャーシ、デュアル ファントレイを搭載した Cisco 7604 シャーシおよび 7609 シャーシ、7600-S シリーズ シャーシ(NEBS 準拠:動作温度は最大 55°C)、または
  • ファン トレイ 2 を搭載した E シリーズ以外のシャーシ(6506、6509、6513 シャーシ)、シングル ファントレイを搭載した C6509-NEB-A またはシングル ファン トレイを搭載した Cisco 7606、7613、7609 シャーシ(NEBS 非準拠:動作温度は最大 40°C)
  • E シリーズ以外の Cisco Catalyst 6503 シャーシではサポートされない
  • すべての Catalyst 6500 E シリーズ シャーシ(6503-E、6504-E、6506-E、6509-E シャーシ)、6509-V-E シャーシ、およびデュアル ファン トレイを搭載した C6509-NEB-A シャーシ(NEBS 準拠:動作温度は最大 55°C)、または
  • ファン トレイ 2 を搭載した E シリーズ以外のシャーシ(6506、6509、6513 シャーシ)、およびシングル ファン トレイを搭載した C6509-NEB-A(NEBS 非準拠:動作温度は最大 40°C)
  • E シリーズ以外の Cisco Catalyst 6503 シャーシおよび 7600 シリーズ シャーシではサポートされない
  • すべての Catalyst 6500 E シリーズ シャーシ(6503-E、6504-E、6506-E、6509-E シャーシ)、6509-V-E シャーシ、およびデュアル ファン トレイを搭載した C6509-NEB-A シャーシ(NEBS 準拠:動作温度は最大 55°C)、または
  • ファン トレイ 2 を搭載した E シリーズ以外のシャーシ(6506、6509、6513 シャーシ)、およびシングル ファン トレイを搭載した C6509-NEB-A(NEBS 非準拠:動作温度は最大 40°C)
  • E シリーズ以外の Cisco Catalyst 6503 シャーシおよび 7600 シリーズ シャーシではサポートされない
スロット要件
  • Cisco Catalyst 6503-E、6504-E、6506、6506-E、6509、6509-E、6509-V-E、6509-NEB-A、Cisco 7604、7607、7609、7600-S シリーズ シャーシの任意のスロットを使用可能
  • Cisco Catalyst 6513 または Cisco 7613 シャーシではスロット 9 〜 13 のみを使用可能
  • Cisco Catalyst 6503-E、6504-E、6506、6506-E、6509、6509-E、6509-V-E、6509-NEB-A、Cisco 7604、7606、7609、7600-S シリーズ シャーシの任意のスロットを使用可能
  • Cisco Catalyst 6513 または Cisco 7613 シャーシではスロット 9 〜 13 のみを使用可能
  • Cisco Catalyst 6503-E、6504-E、6506、6506-E、6509、6509-E、6509-V-E、6509-NEB-A シャーシの任意のスロットを使用可能
  • Cisco Catalyst 6513 シャーシではスロット 9 〜 13 のみを使用可能
  • Cisco Catalyst 6503-E、6504-E、6506、6506-E、6509、6509-E、6509-V-E、6509-NEB-A シャーシの任意のスロットを使用可能
  • Cisco Catalyst 6513 シャーシではスロット 9 〜 13 のみを使用可能
オンボード メモリ デフォルト 256 MB(512 MB または 1 GB にアップグレード可能) デフォルト 1 GB デフォルト 1 GB デフォルト 1 GB

16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線ラインカードでは、カテゴリ 6、6A、7 タイプのケーブルをサポートしています。

8 ポートおよび 16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ ラインカードは Cisco 10GBASE-CX4、-SR、-LRM、-LX4、-LR、-ER X2 モジュールをサポートしています。

4 ポート ファイバ ラインカードは Cisco 10GBASE-CX4、-SR、-LRM、-LX4、-LR、-ER、-ZR、-DWDM、-WDM-REC、-LW XENPAK モジュールをサポートしています。

同じタイプの XENPAK と X2(XENPAK SR と X2 SR など)は、相互に接続できます。

表 2 に、Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールでサポートされるプラグ可能光ファイバを示します。

表 2 Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールでサポートされるプラグ可能光ファイバ

X2 製品番号 XENPAK 製品番号 トランシーバ タイプ 波長 IEEE 標準 最大距離および ケーブル タイプ3
X2-10GB-LRM XENPAK-10GB-LRM 10GBASE-LRM 1310 nm シリアル IEEE 802.3aq 220 m までのマルチモード ファイバ
X2-10GB-SR6 XENPAK-10GB-SR 10GBASE-SR 850 nm シリアル IEEE 802.3ae
  • 26 m までの 62.5 ミクロン FDDI グレード マルチモード ファイバ
  • 33 m までの 62.5 ミクロン 200 MHz × km マルチモード ファイバ
  • 66 m までの 50 ミクロン 400 MHz × km マルチモード ファイバ
  • 82 m までの 50 ミクロン 500 MHz × km マルチモード ファイバ
  • 300 m までの 50 ミクロン 2000 MHz × km マルチモード ファイバ
X2-10GB-LR6 XENPAK-10GB-LR+ 10GBASE-LR 1310 nm シリアル IEEE 802.3ae 10 km までのシングルモード ファイバ
X2-10GB-ER6 XENPAK-10GB-ER+ 10GBASE-ER 1550 nm シリアル IEEE 802.3ae 40 km までのシングルモード ファイバ4
X2-10GB-LX46 XENPAK-10GB-LX4 10GBASE-LX4 WWDM 1310 nm IEEE 802.3ae
  • 300 m までの 62.5 ミクロン FDDI グレード マルチモード ファイバ
  • 240 m までの 50 ミクロン 400 MHz × km マルチモード ファイバ
  • 300 m までの 50 ミクロン 500 MHz × km マルチモード ファイバ
X2-10GB-CX45 XENPAK-10GB-CX4 10GBASE-CX4 銅線 IEEE 802.3ak 15 m までの 8 ペア 100 Ω InfiniBand ケーブル
ZR X2 (現在使用不可) XENPAK-10GB-ZR 10GBASE-ZR 1550 nm シリアル - 80 km までのシングルモード ファイバ
DWDM X2 (現在使用不可) DWDM-XENPAK-xx.yy DWDM 32 波長、 C バンド 100 GHz ITU グリッド 80 km までのシングルモード ファイバのシングル ストランド、32 波長6
RX のみの WDM X2(現在使用不可) WDM-XENPAK-REC RX のみの WDM 1530-1565 nm - RX のみ、TX なし、80 km までのシングルモード ファイバ
LW X2 (現在使用不可) XENPAK-10GB-LW 10GBASE-LW 1310 nm シリアル IEEE 802.3ae 10 km までのシングルモード ファイバ
3取り付け前にご使用のモジュールでサポートされる正確な距離を計算する場合は、XENPAK および X2 のデータ シートの光仕様を参照してください。サポートされる正確な距離は、使用するシングルモード ファイバ ストランドの接合数とコネクタ数によって異なります。
Cisco 10GBASE XENPAK モジュールのデータ シート
Cisco 10GBASE X2 モジュールのデータ シート
Cisco 10GBASE DWDM XENPAK モジュールのデータ シート
4 IEEE 802.3ae 標準に準拠しています。20 km 未満の場合、5 dB 1550 nm 固定損失減衰器が必要です。スペアとして 5 dB 固定損失減衰器を使用できます(製品番号 WS-X6K-5DB-ATT=)。
5 EMI に準拠するには、WS-X6708-10G-3C および WS-X6708-10G-3CXL で SR、LR、ER、LX4、CX4 X2 光ファイバのバージョン -02 以降、WS-X6716-10G-3C および WS-X6716-10G-3CXL で SR と CX4 光ファイバのバージョン -02 以降、ER 光ファイバのバージョン -03 以降、および LR と LX4 X2 光ファイバのバージョン -04 以降が必要です。これらの制限は LRM には適用されません。詳細については、リリース ノートまたは別紙の Q&A を参照してください。
6この DWDM XENPAK では、任意のパッシブ MUX DEMUX を使用できます。Cisco ONS 15216 FlexLayer も 1 つの選択肢となります。

製品仕様


表 3 に、Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールの製品仕様を示します。

表 3 製品仕様

製品 仕様
標準プロトコル IEEE 802.1d、IEEE 802.1p、IEEE 802.1q、IEEE 802.1s、IEEE 802.1w、IEEE 802.3x、IEEE 802.3ad、IEEE 802.3ae、IEEE 802.3ak、IEEE 802.3aq、IEEE 802.3an
物理仕様
  • Cisco Catalyst 6500 シリーズ シャーシまたは Cisco 7600 シリーズ シャーシの 1 スロットを使用
  • 寸法(高さ×幅×奥行):3.0 x 35.6 x 40.6 cm (1.2 x 14.4 x 16 インチ)
  • 重量:
    • Cisco Catalyst 6708 および 6716:5.9 kg(13 ポンド、X2 コンポーネントを除く)、X2:1 基ごとに 113 g(1/4 ポンド)
    • Cisco Catalyst 6704:4.5 kg(10 ポンド、XENPAK および DFC コンポーネントを除く)、XENPAK:1 基ごとに 302 g(2/3 ポンド)
環境条件 動作温度:
  • 動作認定済み:0 〜 40°C(32 〜 104°F)
  • 設計および動作試験済み:0 〜 55°C(32 〜 130°F)
  • 保管温度:-40 〜 75°C(-40 〜 167°F)
  • 相対湿度:10 〜 90%(結露しないこと)

動作高度:

  • 動作認定済み:-150 〜 2,000 m(-500 〜 6,500 フィート)
  • 設計および動作試験済み:-150 〜 3,000 m(-500 〜 10,000 フィート)
適合規格 Cisco Catalyst 6500 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールをシステムに搭載した場合、次の EMC および安全基準に適合する

EMC 標準:

  • FCC Part 15(CFR 47)クラス A
  • ICES-003 クラス A
  • VCCI クラス A
  • EN55022 クラス A
  • EN55024
  • CISPR24
  • CISPR 22 クラス A
  • AS/NZS CISPR 22 クラス A
  • ETS 300 386
  • KN 22 クラス A
  • EN 50082-1
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • EN61000-6-1
  • CNS13438 クラス A
  • KN6100 -4 シリーズ

安全基準:

  • UL 60950-1
  • CAN/CSA C22.2 No. 60950
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950-1
  • IEC 60825 クラス 1
  • EN 60825 クラス 1
  • 21CFR 1040
NEBS 基準レベル SR-3580 Issue 3、2007 年 6 月(GR-63-CORE issue 3 および GR-1089-CORE issue 4)
ETSI
  • ETS 300 019-2-1、クラス 1.1 Storage
  • ETS 300 019-2-2、クラス 2.1 および 2.2 Transportation
  • ETS 300 019-2-3、クラス 3.1E Stationary Use
ネットワーク管理
  • ETHERLIKE-MIB(RFC 1643)
  • IF-MIB(RFC 1573)
  • Bridge MIB(RFC 1493)
  • CISCO-STACK-MIB
  • CISCO-VTP-MIB
  • CISCO-CDP-MIB
  • RMON MIB(RFC 1757)
  • CISCO-PAGP-MIB
  • CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB
  • CISCO-VLAN-BRIDGE-MIB
  • CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB
  • ENTITY-MIB(RFC 2037)
  • HC-RMON
  • RFC1213-MIB(MIB-II)
  • SMON-MIB
電力要件
  • WS-X6716-10T-3C: 509.3W (12.1A @ 42V)
  • WS-X6716-10T-3CXL: 538.7W (12.8A @ 42V)
  • WS-X6716-10G-3C: 457.8W (10.9A @ 42V)
  • WS-X6716-10G-3CXL: 487.2W (11.6A @ 42V)
  • WS-X6708-10G-3C: 444.36W (10.58A @ 42v)
  • WS-X6708-10G-3CXL: 473.76w (11.28A @ 42V)
  • WS-X6704-10GE(DFC3CXL を搭載):362.46 W(8.63 A @ 42 V)
  • WS-X6704-10GE(DFC3C を搭載):333.06 W(7.93 A @ 42 V)
  • WS-X6704-10GE(DFC3BXL を搭載):402.36 W(9.58 A @ 42 V)
  • WS-X6704-10GE(DFC3B を搭載):377.16 W(8.98 A @ 42 V)
  • WS-X6704-10GE(DFC3A を搭載):389.76 W(9.28 A @ 42 V)
  • WS-X6704-10GE(CFC を搭載):295.26 W(7.03 A @ 42 V)
簡単な消費電力の計算については、http://www.cisco.com/go/powercalculator/ [英語] を参照してください。
インジケータ
  • ステータス:グリーン(正常動作)、レッド(障害)、オレンジ(モジュール起動中)
  • リンク:グリーン(ポート使用可能、接続済み)、オレンジ(ポート使用不可)、オフ(ポート使用可能、未接続)

発注情報


表 4 に、発注情報を示します。

表 4 発注のための製品番号

製品番号 説明
10 ギガビット イーサネット モジュール
WS-X6716-10T-3C Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール(DFC3C を搭載)
WS-X6716-10T-3CXL Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール(DFC3CXL を搭載)
WS-X6716-10G-3C Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュール(DFC3C を搭載)、別途 X2 が必要
WS-X6716-10G-3CXL Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュール(DFC3CXL を搭載)、別途 X2 が必要
WS-X6708-10G-3C Cisco Catalyst 6500 8 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュール(DFC3C を搭載)、別途 X2 が必要
WS-X6708-10G-3CXL Cisco Catalyst 6500 8 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュール(DFC3CXL を搭載)、別途 X2 が必要
WS-X6704-10GE Cisco Catalyst 6500 4 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュール、別途 XENPAK が必要
DFC のアップグレード
WS-F6700-DFC3CXL DFC-3CXL
WS-F6700-DFC3C DFC-3C
WS-F6700-DFC3BXL DFC-3BXL
WS-F6700-DFC3B DFC-3B
WS-F6700-DFC3A DFC-3A
X2 光ファイバ
X2-10GB-LRM 10GBASE-LRM X2(マルチモード ファイバ)
X2-10GB-SR 10GBASE-SR X2(マルチモード ファイバ)
X2-10GB-LR 10GBASE-LR X2(シングルモード ファイバ)
X2-10GB-ER 10GBASE-ER X2(シングルモード ファイバ)
X2-10GB-LX4 10GBASE-LX4 X2(マルチモード ファイバ)
X2-10GB-CX4 10GBASE-CX4 X2(銅線 InfiniBand ケーブル)
XENPAK 光ファイバ
XENPAK-10GB-LRM 10GBASE-LRM XENPAK(マルチモード ファイバ)
XENPAK-10GB-SR 10GBASE-SR XENPAK(マルチモード ファイバ)
XENPAK-10GB-LR+ 10GBASE-LR XENPAK(シングルモード ファイバ)
XENPAK-10GB-ER+ 10GBASE-ER XENPAK(シングルモード ファイバ)
XENPAK-10GB-LX4 10GBASE-LX4 XENPAK(マルチモード ファイバ)
XENPAK-10GB-CX4 10GBASE-CX4 XENPAK(銅線 InfiniBand ケーブル)
XENPAK-10GB-ZR 10GBASE-ZR XENPAK(シングルモード ファイバ)
DWDM-XENPAK-xx.yy DWDM XENPAK(xx.yy は 30.33 〜 60.61 までの範囲)(シングルモード ファイバ)
WDM-XENPAK-REC 受信専用 XENPAK(シングルモード ファイバ)
XENPAK-10GB-LW 10GBASE-LW XENPAK(シングルモード ファイバ)(WAN PHY)
CX4 トランシーバのケーブル接続
CAB-INF-28G-1= XENPAK-10GB-CX4 の 1 m CX4 パッチ ケーブル
CAB-INF-28G-5= XENPAK-10GB-CX4 の 5 m CX4 パッチ ケーブル
CAB-INF-28G-10= XENPAK-10GB-CX4 の 10 m CX4 パッチ ケーブル
CAB-INF-26G-15= XENPAK-10GB-CX4 の 15 m CX4 パッチ ケーブル

注:

  • 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュール:
    • WS-X6716-10T-3C には、WS-X6716-10T と WS-F6700-DFC3C が含まれます。
    • WS-X6716-10T-3CXL には、WS-X6716-10T と WS-F6700-DFC3CXL が含まれます。
    • これらのモジュールの前面パネルには、WS-X6716-10T と表記されています。
    • Cisco IOS® ソフトウェア コマンドを使用すると、WS-X6716-10T と WS-F6700-DFC3C または WS-F6700-DFC3CXL が表示されます。
  • 16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール:
    • WS-X6716-10G-3C には、WS-X6716-10GE と WS-F6700-DFC3C が含まれます。
    • WS-X6716-10G-3CXL には、WS-X6716-10GE と WS-F6700-DFC3CXL が含まれます。
    • WS-X6716-10GE と表記されています。
    • Cisco IOS ®ソフトウェア コマンドを使用すると、WS-X6716-10GE と WS-F6700-DFC3C または WS-F6700-DFC3CXL が表示されます。
  • 8 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュール:
    • WS-X6708-10G-3C には、WS-X6708-10GE と WS-F6700-DFC3C が含まれます。
    • WS-X6708-10G-3CXL には、WS-X6708-10GE と WS-F6700-DFC3CXL が含まれます。
    • これらのモジュールの前面パネルには、WS-X6708-10GE と表記されています。
    • Cisco IOS ソフトウェア コマンドを使用すると、WS-X6708-10GE と WS-F6700-DFC3C または WS-F6700-DFC3CXL が表示されます。

サービスおよびサポート


シスコは、お客様がそのネットワーク サービスを最大限に活用するため、各種サービスプログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツールをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業の拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービスまたはシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

関連情報


Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6500/index.html を参照するか、最寄りの代理店までお問い合わせください。

1VSS における Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュールのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(33)SXI4 以降でサポートされます。Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット銅線モジュールでの仮想スイッチ リンク サポートも、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(33)SXI4 以降でサポートされます。
2VSS における Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュールのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(33)SXH2 で利用可能です。Cisco Catalyst 6500 16 ポート 10 ギガビット イーサネット ファイバ モジュールでの仮想スイッチ リンク サポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(33)SXI で利用可能です。