Cisco AMP(高度なマルウェア防御)の仮想プライベート クラウド アプライアンス

Cisco AMP(高度なマルウェア防御)の仮想プライベート クラウド アプライアンス


AMP プライベート クラウド型導入オプション

組織のプライバシー要件が高く、パブリック クラウドの利用を制限している場合、Cisco AMP(高度なマルウェア防御)のプライベート クラウド仮想アプライアンスを導入するオンプレミス オプションがあります。ビッグデータ分析、継続的な分析、ローカルに保存されるセキュリティ インテリジェンスを活用して、包括的で高度なマルウェア防御を提供します。

成長エンジンとしてのセキュリティへのアプローチ

成長エンジンとしてのセキュリティへのアプローチ

ジョン・チェンバーズが IoE のチャンスを確実に捉える方法について解説します。[英語]

ビデオを観る
違反の迅速な検出と修正

違反の迅速な検出と修正

Cisco AMP は、可視性と制御性を提供し、マルウェアを途上で阻止します。(4:24 min)

詳細はこちら

特長と機能

Cisco AMP は不明な疑わしいファイルを発見すると、シスコと Sourcefire(現在はシスコの一部)の両社の巨大なパブリック クラウド セキュリティ インテリジェンス ネットワークを活用して、ファイルの処分を検索します。匿名化された SHA256 情報のみを送信し、その後 AMP プライベート クラウドを更新してレトロスペクティブ(遡及的)なセキュリティを有効にします。

主な利点

プライバシーを確保

AMP プライベート クラウドおよび管理システムは、単一のオンプレミス製品で、完全独立型の仮想マシンを通してハードウェアにインストールされます。

ネットワークおよびエンドポイント保護を提供

AMP プライベート クラウド仮想アプライアンスは、エンドポイント向け Cisco AMP にはコネクタを使って、ネットワーク向け Cisco AMP には直接接続し、ネットワークをマルウェアから防御します。

ニーズに合わせた拡張が可能

それぞれのプライベート クラウド インスタンスは、最大 10,000 個のコネクタをサポートするため、複数のプライベート クラウド仮想アプライアンスを環境に追加できます。

Cisco AMP プライベート クラウド オプションには、AMP パブリック クラウド型導入オプションと同じ機能が多く含まれます

仕様の概要

機能の比較

機能 AMP プライベート クラウド型導入オプション AMP パブリック クラウド型導入オプション
ファイルおよびデバイスの軌跡 対応 対応
脅威の根本原因 対応 対応
ローカルのクラウド セキュリティ侵害の痕跡(IoC)とアラート発行 対応 対応
シンプルで高度な
カスタム検出
対応 対応
クラウド検索とレトロスペクティブ(遡及的)なアラート発行 対応 対応
ファイルの分析とプロパティ、スケジュールしたスキャン 非対応 対応
securityreport-100x80

2015 年シスコ年次セキュリティ レポート

攻撃を防御する側には、その計画と対策の間にギャップが生じます。攻撃者はそれを悪用し、検知されないように不正な行為を実行します。その方法についてご確認ください。

レポートをダウンロード
an91745-100x80

AMP 購入ガイド

購入基準を理解して、高度なマルウェアに効果的に対応できます。

詳細はこちら
nss-lab-100x80

NSS ラボ、Sourcefire を優れた製品として評価

Cisco AMP がセキュリティの有効性と総所有コストで業界をリードする理由をご確認ください。

レポートを読む

関連資料

お問い合わせ