Cisco Security Agent

イントロダクション

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。

エンドポイントに常に見張りを

エンドポイントに常に見張りを

Cisco® Security Agent は、アップデート不要の攻撃防御機能、ポリシーによるデータ損失防止(DLP; Data Loss Prevention)機能、およびシグニチャベースのウイルス検出機能を 1 つのエージェントに搭載した、初のエンドポイント セキュリティ ソリューションです。これらの機能を独自の手法で組み合わせることで、サーバやデスクトップを高度な Day Zero 攻撃から保護し、シンプルな管理インフラストラクチャの中で、利用の許可と、コンプライアンス ポリシーの適用を実現しています。


Cisco Security Agent は、さまざまな利点を備えています。

  • アップデート不要の攻撃防御機能により、脆弱性が公開されるたびに急いでパッチを適用する必要がなくなるため、パッチの適用に伴うダウンタイムと IT 運用コストを最小限に抑えることができます。
  • 機密データの「見える化」と制御により、ユーザの操作や、ターゲットを絞ったマルウェアによって引き起こされるデータ損失を防止します。
  • 事前に用意されたコンプライアンス ポリシーと利用の許可ポリシーを使えば、アクティビティの効率的な管理、レポート、および監査が実現します。
  • 「常にセキュリティを見張る」能力により、ユーザが企業ネットワークに接続していない場合や最新のパッチが適用されていない場合でも、システムが常に保護されます。
注目のコンテンツ

Cisco Security Agent 機能概要フラッシュデモ (6:01 min)
サーバや PC などエンドポイントからの情報漏えい、マルウェアの動作を「ふるまい検知」で抑制・防止する、CSA の概要と特徴を製品デモでご紹介します。

Cisco Security Agent 6.0 の新機能 (8:09 min)
Cisco Security Agenet の機能と利点を解説し、情報漏えい対策やコンプライアンス準拠ポリシなど Cisco Security Agenet 6.0 で追加された新機能を紹介します。

新製品情報 - Cisco Security Agent 6.0
エンドポイントに必要なセキュリティを統合

エンドポイントに必要なセキュリティを統合

CSA バージョン 6.0 は、従来の機能に加え、データ損失防止(DLP; Data Loss Prevention)、ワイヤレス セキュリティ、侵入防御、ウイルス/スパイウェア対策、およびパーソナル ファイアウォールの機能を、ひとつのエージェントに統合しました。新たに、Windows Vista にも対応しています。

データシートはこちら >

製品資料

お問い合わせ