Cisco Carrier Routing System

Cisco Carrier Routing System Carrier-Grade サービス エンジン PLUS モジュール

データ シート





Cisco Carrier Routing System Carrier-Grade サービス エンジン PLUS モジュール



製品概要


Cisco® キャリア ルーティング システム(CRS)は、優れたパフォーマンス、最先端のサービス インテリジェンス、環境に配慮した設計、および長寿命のシステムを提供します。Cisco CRS は、多次元的なエンジニアリングに基づいた最先端のチップセット アーキテクチャを採用し、独自の自己回復機能を備えた分散オペレーティング システムである Cisco IOS® XR ソフトウェアを搭載しています。

従来のパケットベースのデータ通信は、次世代ネットワーク(NGN)上を多方向に行き交うビデオやインタラクティブ メディアに替わりつつあります。このようなトラフィック パターンの変化が、企業や個人ユーザにサービスを提供するパブリック ネットワークとプライベート ネットワークのアーキテクチャ基盤にとって、新たな問題となっています。Cisco CRS は、メディア対応の Cisco IP NGN であるメディアネットの一部として、非常に信頼性の高い運用と、シングルシャーシ フォーム ファクタから大容量のマルチシャーシ システムへ容易に拡張できるスケーラビリティを提供します。マルチメディア サービスに必要な帯域幅とインテリジェンスを提供する一方で、消費電力、冷却要件、ラックスペースを大幅に削減し、業界トップクラスの効率を実現するように設計されています。Cisco CRS-3 モデルは CRS-1 をベースにしています。後方および前方の互換性を備え、既存および将来の投資が今後数十年にわたって保護されるよう支援します。

Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン PLUS(CGSE-PLUS)は、Cisco High-Scalability Solution の重要な要素です。ハードウェア(図 1)は、キャリアクラスの性能と拡張性を提供する統合マルチ CPU サービス モジュールです。Cisco CGSE-PLUS は、ルーティングと複数のインテリジェント アプリケーションとの統合を可能にする IP NGN 向けに設計されています。Cisco Open Network Environment Platform Kit(Cisco OnePK)アプリケーション、Software-Defined Networking(SDN)アプリケーション、分析アプリケーション、Cisco Carrier-Grade IPv6 ソリューション アプリケーション、DDoS(分散型サービス拒否)攻撃対策アプリケーションを実行できます。

Cisco CGSE-PLUS は、Cisco CRS-1 および Cisco CRS-3 の全モデルでサポートされる、シングルスロット モジュールです。また、2010 年 11 月にリリースされた Cisco Carrier Grade サービス エンジン(CGSE)物理層インターフェイス モジュール(PLIM)の第 2 世代ハードウェアでもあります。

SDN と分析


Cisco CRS-1 および Cisco CRS-3 ルータ モデルは、Cisco IOS® XR ソフトウェアでサポートされる Cisco OnePK サービス セットを介して、SDN インフラストラクチャをサポートします。OnePK サービス セットは、Cisco CRS-1 および Cisco CRS-3 ルータ プラットフォーム上で複数のアプリケーションをブレード ホスティング モードまたは外部サーバ ホスティング モードで実行します。次世代のキャリアクラス サービス ハードウェアである Cisco CGSE-PLUS は、Cisco CRS-1 および CRS-3 ルータ上で Cisco OnePK アプリケーションをホストするように設計されています。また、Cisco OnePK アプリケーションは分析アプリケーションとも統合可能なため、インテリジェントなルーティング メカニズムや新たな収益機会、サービス プロバイダー向けに最適化されたネットワーク インフラストラクチャの実現をサポートします。

Carrier-Grade IPv6 ソリューション


Cisco CRS に搭載された 1 つまたは複数の Cisco CGSE-PLUS モジュールによって運用される Cisco Carrier-Grade IPv6 ソリューションは、数十ギガビットの性能で数千万の IP アドレス変換をサポートするため、IPv4 アドレス枯渇問題への対処と IPv6 への移行が容易になります。また 1 台のシャーシに複数のモジュールを搭載できるため、Cisco Carrier-Grade IPv6 カバレッジを増加させる場所に高性能なソリューションを導入できます。Cisco CGSE-PLUS は、ライン レートによる変換情報のアカウンティングとロギングによって、可用性の高いアーキテクチャをサポートします。このプラットフォームの Cisco IOS XR ソフトウェアは、Cisco CGSE-PLUS を通して一部のパケットを迂回させる柔軟な方法を提供すると同時に、グローバルな IPv4 および IPv6 パケットが Cisco CRS フォワーディング インフラストラクチャを通常どおりに通過できるようにします。

図 1 Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン PLUS

図 1 Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン PLUS


優れた性能


Cisco CRS に搭載された Cisco CGSE-PLUS は、Cisco Carrier-Grade IPv6 サービスにキャリアクラスの性能を提供します。

  • ステートフルな IPv4 および IPv6 ネットワーク アドレス変換(NAT)に対して、1 秒あたり 100 万以上の接続を確立
  • Cisco NetFlow バージョン 9 を使用した NAT ステートのリアルタイム オフボックス ロギング
  • IPv4 および IPv6 のラインレート フォワーディング
  • あらゆるサービスに卓越したエンドユーザ エクスペリエンスを提供する優れた性能

優れた拡張性


ネットワークを利用する加入者やアプリケーションの数は増え続けており、これに対応するために Cisco CGSE は次のような拡張性を備えています。

  • Cisco CGSE-PLUS モジュール 1 つあたり最大 8 千万のステートフルな NAT 変換をサポート
  • 数十万のプライベート IPv4 加入者によるパブリック IPv4 インターネットへのアクセスをサポート
  • 数十万のプライベート IPv6 加入者によるパブリック IPv4 インターネットへのアクセスをサポート
  • 1 台のシャーシで複数の Cisco CGSE-PLUS モジュールをサポートし、必要に応じて性能を拡張可能

統合サービス


Cisco CGSE-PLUS モジュールは、定評の高い Cisco CRS ハイエンド ルーティング プラットフォーム向けに設計されています。また、Cisco CRS-1 および CRS-3 のすべてのフォーム ファクタ(8 スロット、16 スロット、およびマルチシャーシ バージョン)でサポートされます。この豊富な導入オプションにより、サービス プロバイダーのニーズに合わせて拡張できます。また、Cisco CGSE-PLUS は Cisco CRS のルーティング インテリジェンスと統合されているため、1 つの OS で優れた運用効率を実現できます。Cisco CRS プラットフォームは Secure Domain Routing(SDR)をサポートするため、サービス プロバイダーは仮想ネットワーク インフラストラクチャで CGSE-PLUS を統合することもできます。

Cisco CGSE-PLUS で使用可能なサービスには、Cisco CRS プラットフォームでの IPv4 と IPv6 のすべてのルーティングとフォワーディングのほか、以下のものがあります。

  • RFC4787、RFC5382、RFC5508 で規定されている IETF NAT の動作に基づいて IPv4 アドレス枯渇問題に対処する、サービス プロバイダー クラスのステートフルな IPv4 ネットワーク アドレス変換(NAT44)
  • IPv6 Rapid Deployment Border Relay(6rd BR、RFC5969 で規定)
  • IETF BEHAVE の仕様に基づいたステートフルおよびステートレス IPv4/IPv6 変換

Cisco CRS に搭載された Cisco CGSE-PLUS インターフェイス モジュールは、差し迫る IPv4 アドレス枯渇問題に対処し、サービス プロバイダーの現在の運用モードを維持するソリューションを提供します。また、IPv6 トンネリングと変換機能を有効にするための低リスクでコスト効率に優れた方法も提供します。

図 2 Cisco Carrier-Grade IPv6

図 2 Cisco Carrier-Grade IPv6


製品仕様


表 1 に、Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン(CGSE-PLUS)の製品仕様を示します。

表 1 製品仕様

項目 説明
シャーシの互換性 現在の Cisco CRS-3 ラインカード シャーシすべて
フォワーディング エンジン互換性 シスコのフォワーディング エンジン:CRS-MSC-140G および CRS-FP-140
ソフトウェアの互換性 Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 4.3.1
プロトコル
  • NAT44(RFC4787、RFC5382、RFC5508)
  • Cisco NetFlow バージョン 9
  • ポート コントロール プロトコル(RFC 6887)
機能の概要
  • NAT44
  • IPv6 Rapid Deployment Border Relay(6RD BR)
パフォーマンス
  • 80 Gbps のスループット
  • 各シャーシの PLIM の最大数:
    • 8 スロット:5
    • 16 スロット:10
信頼性とアベイラビリティ
  • システム トラフィックに影響を与えない活性挿抜(OIR)
ネットワーク管理
  • Cisco IOS XR ソフトウェア コマンドライン インターフェイス(CLI)
  • XML インターフェイス
  • Cisco Active Network Abstraction(ANA)
寸法
  • Cisco CRS シャーシの PLIM スロットを 1 つ使用
  • 重量:3.2 kg(7.05 ポンド)
  • 高さ:4.255 cm (1.675 インチ)
  • 奥行:28.4 cm (11.13 インチ)
  • 幅:52.2 cm (20.6 インチ)
電力 150 W
環境条件
  • 保管温度:-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
  • 動作温度:
    • 通常:5 〜 40 °C(41 〜 104 °F)
    • 短時間:-5 〜 50 °C(23 〜 122 °F)
  • 相対湿度:
    • 通常:5 〜 85 %
    • 短時間:5 〜 90 %、ただし、乾燥した空気 1 kg あたりに含まれる水分が 0.024 kg を超えないこと
短時間とは、連続で 96 時間以下、1 年間の合計で 360 時間以下(ただし、1 年間の発生回数は 15 回以下)であることを意味します。


認定および適合規格


表 2 に、Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン PLIM の標準適合規格を示します。

表 2 認定および適合規格

項目 説明
安全規格
  • UL/CSA/IEC/EN 60950-1
  • IEC/EN 60825 レーザーの安全性
  • ACA TS001
  • AS/NZS 60950
  • FDA:米国連邦規則のレーザーに関する安全基準
EMI(電磁波干渉)
  • FCC クラス A
  • ICES 003 クラス A
  • AS/NZS 3548 クラス A
  • CISPR 22(EN55022)クラス A
  • VCCI クラス A
  • BSMI クラス A
  • IEC/EN 61000-3-2:電源高調波
  • IEC/EN 61000-3-3:電圧変動およびフリッカ
イミュニティ(基本規格)
  • IEC/EN-61000-4-2:静電気放電イミュニティ(8 kV 接触、15 kV 大気中)
  • IEC/EN-61000-4-3:放射イミュニティ(10 V/m)
  • IEC/EN-61000-4-4:電気的高速過渡イミュニティ(2 kV 電力、1 kV 信号)
  • IEC/EN-61000-4-5:サージ AC ポート(4 kV CM、2 kV DM)
  • IEC/EN-61000-4-5:シグナル ポート(1 kV)
  • IEC/EN-61000-4-5:サージ DC ポート(1 kV)
  • IEC/EN-61000-4-6:伝導妨害に対するイミュニティ(10 Vrms)
    IEC/EN-61000-4-8:電源周波数磁界イミュニティ(30 A/m)
  • IEC/EN-61000-4-11:電圧ディップ、瞬断、電圧変異
ETSI および EN
  • EN300 386:電気通信ネットワーク機器(EMC)
    EN55022:情報処理機器(エミッション)
    EN55024:情報処理機器(イミュニティ)
  • EN50082-1/EN-61000-6-1:一般イミュニティ標準
Network Equipment Building Standards(NEBS) この製品は、次の要件を満たします(認可申請中)。
  • SR-3580:NEBS 基準レベル(レベル 3)
  • GR-1089-CORE:NEBS EMC および安全性
  • GR-63-CORE:NEBS 物理保護


発注情報


シスコ製品の購入方法については、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、「購入案内」を参照してください。ご注文時には、表 3 の発注情報をお使いください。

表 3 キャリア グレード NAT ライセンスの発注情報

製品の説明 製品番号
CGN、DDoS 対策、SDN 用の CRS サービス カード CRS-CGSE-PLUS(=)
ソフトウェア ライセンス(6RD 変換に対応) XC-6RD-BR
ソフトウェア ライセンス(柔軟な NAT44 または NAT64 変換に対応) XC-XLAT-ANY-10M


サービスとサポート


シスコは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーを独自に組み合わせた革新的なサービス プログラムを提供し、お客様から高い評価を受けています。シスコのサービスは、ネットワーク インテリジェンスおよびビジネスの能力を高めるためのネットワーク投資の保護、ネットワーク運用の最適化、および新しいアプリケーションのためのネットワークの準備を支援します。シスコ サービスの詳細については、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、http://www.cisco.com/jp/ を参照してください。

関連情報


Cisco CRS に関する情報や Cisco CRS に使用可能な他のインターフェイスに関する情報の詳細については、
http://www.cisco.com/jp/go/crs/ を参照してください。

Cisco CRS Carrier-Grade サービス エンジン PLIM の詳細については、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、http://www.cisco.com/jp/go/crs/ を参照してください。