Cisco Carrier Routing System

イントロダクション

次世代インターネットの基盤の構築

Cisco Carrier Routing System(CRS-X)は、低コストな拡張と、IP および光ネットワークのコンバージェンスを実現し、10 年で 10 倍の容量増加という実績を持つアーキテクチャです。高度なサービス インテリジェンスと環境に配慮した設計、システムの長期利用を可能にします。さらに、独自の自己回復機能を備えた分散オペレーティング システムである Cisco IOS XR ソフトウェアが採用されています。

エラスティック コアの拡張

エラスティック コアの拡張

Cisco CRS-X は IP と光ネットワークのコンバージェンスにより低コストな拡張を実現 (4:42 min)

CRS-X:インテリジェンスと速度

CRS-X:インテリジェンスと速度

Cisco Carrier Routing System が複数の世界最大手のサービス プロバイダー ネットワークを駆動 (58 sec)

ビデオを観る

機能と特長

サービス プロバイダーがビデオ、クラウド、モバイルのサービスを効率よく提供するためには、既存の 10 G のネットワーク インフラストラクチャを 100 G 以上に移行する必要があります。また、トポロジの変化への迅速な適合と低コストな拡張の重要性についても広く認識されています。

これらのすべてを実現するのに最も優れた方法は、 インテリジェントかつプログラム可能で、スケーラブルなエラスティック コアを利用することです。エラスティック コアと Cisco Carrier Routing System(CRS-X)を使用することで、以下を実現します。

  • スロットあたり 400 Gbps での中断のない運用
  • シングルシャーシからマルチシャーシ システムまで、業界最先端のスケールを提供
  • プログラム可能な Cisco nLight テクノロジーを使用して 100 G 以上の速度をサポート
  • インテリジェントな IP、効率的なコア伝送、光トランスポートのサービスを結合
  • インテリジェントなレイヤ 4 〜 7 サービスを通じてネットワークの収益性を向上
より低コストで、より綿密に制御

より低コストで、より綿密に制御

Cisco WAN Automation Engine により、可視性、トラフィック管理をはじめ多くのことを改善

詳細はこちら

製品サポート サービス

シスコのサービスは、運用効率を向上させ、サポート コストを削減するとともに、可用性リスク管理を改善します。

関連リソース

お問い合わせ