Cisco Configuration Professional

Cisco ISR および WAN エッジ ルータ向け Cisco Configuration Professional


注意:本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート





Cisco ISR および WAN エッジ ルータ向け Cisco Configuration Professional


製品概要

Cisco® Configuration Professional は、Cisco ISR、Cisco 7200 シリーズ、7301 シリーズ ルータなど、Cisco IOS® ソフトウェア ベースのアクセス ルータ用の GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)デバイス管理ツールです。Cisco Configuration Professional は、GUI ベースの使いやすいウィザードにより、ルータ、セキュリティ、ユニファイド コミュニケーション、無線、WAN、および LAN の基本設定を簡素化します。Cisco Configuration Professional のワークフローにより、中堅企業および大企業のお客様とシスコのパートナーは、CLI(コマンドライン インターフェイス)の知識がなくても、シスコのルータを短時間で簡単に配置、設定、および監視することができます。

Cisco Configuration Professional は、中堅企業および大企業のブランチ オフィスでルータを展開するネットワーク管理者と販売代理店向けの、重要な生産性向上ツールです。Cisco Configuration Professional を使用すると、少ないコストで確実かつ容易に、ルータ、ユニファイド コミュニケーション、セキュリティ、および無線ネットワーク設定を実装できます。Cisco Configuration Professional の設定は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)においてその内容が確認されたものです。つまり、Cisco Configuration Professional に組み込まれた設定チェックにより、エラーが軽減します。Cisco Configuration Professional を使用すると、ルータのパフォーマンス統計情報、システム ログ、およびセキュリティ ログをリアルタイムでプロアクティブに監視することで、ネットワークの潜在的な問題を回避することもできます。

Cisco Configuration Professional にはスマート ウィザードが用意されており、シスコのLAN および WAN インターフェイス、Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)、ステートフルなアプリケーション ファイアウォール ポリシー、IPS、IPSec VPN、QoS、および NAC ポリシー機能の詳細設定がサポートされます。

Cisco Configuration Professional は、ISR 向けの新しいデバイス マネージャであり、順次 SDM(シスコ ルータおよび Security Device Manager)の後継になります。SDM と同様に、Cisco Configuration Professional は、ネットワーキングのテクノロジーと用語を理解していることを前提としていますが、Cisco CLI に慣れていないユーザもサポートします。今後、Cisco Configuration Professional には、新しい音声機能やその他のテクノロジーが追加される予定です。新しいバージョンの Cisco Configuration Professional の最新バージョンのダウンロードについては、http://www.cisco.com/go/ciscocp を参照してください。

ルータを独自に設定しようと考えているシスコのお客様とパートナーは、Cisco Configuration Professional Express を使用できます。Cisco Configuration Professional Express は、ルータのフラッシュに組み込まれた GUI ツールです。このツールを使用すると、シスコのパートナーとお客様は、アクセス ルータの LAN/WAN インターフェイス、および最小限の Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ機能を独自に設定できます。


お客様の利点

現在のビジネスは、これまでにないほどネットワーク ベースのアプリケーションおよびコミュニケーション ツールに依存しています。パートナーおよびお客様との基本的なコミュニケーションを維持し、従業員の生産性とビジネスの収益性を維持するために、ネットワークは常に安全、確実、かつ最適に実行できるようにする必要があります。ただし、最新のビジネス ネットワークは、有線/無線ネットワーキング、セキュリティ、および音声テクノロジーといった広範囲にわたります。ネットワークの適切な設定および運用は、複雑でコストと時間がかかる作業です。

Cisco Configuration Professional は、このような課題に対処するために企業が使用できるデバイス管理ツールです。Cisco Configuration Professional には、お客様やパートナーが使用できる詳細な設定 GUI 画面が用意されており、ルータの複雑なルーティング、セキュリティ、音声および無線の各機能を簡単に設定できます。


使いやすい組み込みのアプリケーション インテリジェンス

Cisco Configuration Professional のユーザは、Cisco IOS ソフトウェア CLI を使用しなくても、シスコ ルータをリモートで設定および監視できます。Cisco Configuration Professional GUI(図 1)は上級以外の Cisco IOS ソフトウェア ユーザの日常業務を支援します。そのために、使いやすいスマート ウィザード、ルータ、セキュリティ、音声管理の自動化、および包括的なオンライン ヘルプとチュートリアルによるユーザの補助を提供します。

図 1 Cisco Configuration Professional のホームページと設定オプション

図 1 Cisco Configuration Professional のホームページと設定オプション


ユーザは、Cisco Configuration Professional のスマート ウィザードを使用して、コミュニティ作成およびルータ設定のワークフローに従い、LAN、WLAN、および WAN インターフェイス、ファイアウォール、Intrusion Prevention System(IPS; 侵入防御システム)、IP Security(IPSec)VPN を体系的に設定できます。Cisco Configuration Professional のスマート ウィザードには、適切ではないセキュリティ設定をインテリジェントに検出し、修正方法を提示する機能があります。 たとえば、WAN インターフェイスのアドレスにDynamic Host Configuration Protocol(DHCP; ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)によるアドレス指定が設定されていれば、DHCP トラフィックがファイアウォールを通過できるように設定します。Cisco Configuration Professional に組み込まれたオンライン ヘルプには、設定のための基礎知識や、ユーザが Cisco Configuration Professional に正しいデータを入力するための段階的な手順が記載されています。また、ユーザがよく目にするネットワーク関連、セキュリティ関連、および音声関連の用語と定義を載せたオンライン用語集もあります。

Cisco Configuration Professional では、Cisco IOS ソフトウェアとそのセキュリティ機能に習熟したネットワークの専門家向けに、ルータのセキュリティ機能を迅速に設定および微調整するための詳細設定ツールが用意されています。この機能を使用すると、ルータに設定変更を適用する前に、Cisco Configuration Professional によって生成されたコマンドを確認できます。Cisco CLI に慣れていないユーザはこのプレビュー機能を使用して、Cisco IOS ソフトウェアのルーティング機能およびセキュリティ機能に関してシスコが推奨する設定を習得できます。今後のリリースでは、Cisco CLI コマンドを Cisco CallManager Express および Cisco Unity Express にダウンロードする GUI 画面でもこのプレビュー機能を使用できるようになります。


統合されたセキュリティ設定

新しいルータを導入する場合、Cisco Configuration Professional ユーザは、International Computer Security Association(ICSA)および Cisco Technical Assistance Center(TAC)によって推奨されたベスト プラクティスに従って、Cisco IOS ソフトウェア ファイアウォールを迅速に設定できます。詳細なファイアウォール ウィザードを使用すると、高、中、または低の各レベルのアプリケーション ファイアウォール ポリシー設定を 1 回の操作で導入できます。Cisco Configuration Professional により、最も強力な VPN デフォルト設定が構成され、セキュリティ監査も自動的に実行されます(図 2 を参照)。また、ファイアウォールのルータ ロックダウン機能や、安全なサイト間接続 VPN の設定も一度の操作で実行できます。

図 2 セキュリティ監査

図 2 セキュリティ監査


設定済みのルータで Cisco Configuration Professional を起動すると、セキュリティ監査を 1 度の操作で実行し、一般的なセキュリティの脆弱性と比較しながらルータ設定の利点と弱点を評価することができます。管理者は、それぞれのビジネス ニーズに合わせて、既存のルータ セキュリティ設定を微調整できます。Cisco Configuration Professional は、モニタリング、障害管理、およびトラブルシューティングなどの日常業務にも利用できます。


統合された音声設定

Cisco ISR に組み込まれた Cisco Unified Communications Manager Express の呼処理機能および Cisco Unity Express のボイスメール アプリケーションを設定することで、Cisco Configuration Professional は、Cisco IP テレフォニー システムを簡単に設定できます。新しい IP テレフォニー システムを導入する場合、Cisco Configuration Professional を使用することで、ユーザ、電話、内線、ダイヤル プラン、Time Division Multiplexing トランク、および Survivable Remote Site Telephony など、テレフォニーの初期導入に必要な機能を迅速に設定できます。ページング グループ、アドホック会議、夜間サービスなど、複数の音声システム機能も設定できます。Cisco Configuration Professional を設定済みのルータで起動すると、管理者は導入済みの構成における電話ユーザの移動、追加、変更などを簡単に実行できます。Cisco Configuration Professional は、すべての設定を生成するにあたり、Cisco TAC が推奨するベスト プラクティスを利用できます。Cisco Configuration Professional ダッシュボードの音声サービスにアクセスするだけで、システムを簡単に設定および構成できます(図 3)。

図 3 システムの設定および構成

図 3 システムの設定および構成


コスト削減

Cisco Configuration Professional は、デバイスの配置コストおよびネットワーク管理コストをかけることができず、専任の経験豊富な技術者がいない大企業のブランチ オフィスや中規模企業に最適です。Cisco Configuration Professional を使用すると、シスコの販売代理店や企業は、ルーティング、セキュリティ、音声、およびネットワークの設定を容易にまた確実に実行できます。Cisco Configuration Professional が生成した Cisco IOS ソフトウェアのセキュリティ ソフトウェア設定は、Cisco TAC によってその内容が確認されたものです。Cisco Configuration Professional が生成した Cisco IOS ソフトウェアの音声ソフトウェア設定は、シスコの CCIE® Voice の専門家によって推奨されます。Cisco Configuration Professional に組み込まれている設定チェック機能、上級者向けの設定エディタ、便利なデフォルト設定を使用することにより、ネットワーク、セキュリティ、および音声管理者の生産性が向上します。

このような Cisco Configuration Professional の各種機能により、設定エラーの頻度が減少し、ネットワークのアベイラビリティが改善されます。

大規模なネットワークを使用する企業では、Cisco Configuration Professional を使用して最適な設定を構築したあと、Cisco CNS Configuration Engine 2.0 * などのネットワーク管理ツールを使用して展開できます。

* 日本では未発売


製品仕様

表 1 に、製品仕様を示します。

表 1 Cisco Configuration Professional の製品機能および利点

製品機能 利点
包括的なリモート管理
  • 独自の管理ツールによって、ルータがセキュリティ、音声、およびリモートアクセスのソリューションを提供
  • デスクトップまたはラップトップからリモート管理が可能
独自のルータ設定
  • Cisco Configuration Professional Express は、ルータのフラッシュに組み込まれた Cisco Configuration Professional GUI ツールの縮小バージョンです。このツールにより、シスコのパートナーとお客様は、アクセス ルータの LAN/WAN インターフェイス、および最小限の Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ機能を独自に設定できる
ルータの状態の一覧表示
  • ルータのハードウェア、ソフトウェア、およびVPN、ファイアウォール、QoS(Quality of Service)などの主なルータ サービスの一覧をグラフィカルに表示する
ルータのセキュリティ監査
  • 既存ルータの脆弱性を判定
  • (Cisco TAC、ICSAによって推奨された)ベスト プラクティスに基づくルータのセキュリティ ポリシーをすばやく適用
1 回の操作によるルータ ロックダウン
  • セキュリティや Cisco IOS ソフトウェアに関する専門知識がなくても、ファイアウォールと Cisco IOS ソフトウェアを簡単に設定できる
頻度の高いルータ設定作業とセキュリティ設定作業を支援するスマート ウィザード
  • Cisco TAC 推奨の設定を生成
  • ルーティングとセキュリティに関する知識を組み込むことで設定エラーを防止
  • Cisco IOS ソフトウェアの新しいセキュリティ機能は、ネットワーク管理者の研修に時間をかけなくても、簡単に習得できる
  • 既存のネットワーク インフラストラクチャを低コストで容易にセキュリティ保護できる
WAN および VPN のトラブルシューティング
  • ルーティング、LAN、WAN、セキュリティの各機能をルータ上に統合することで、詳細なトラブルシューティングが可能になり、平均修復時間(MTTR)を短縮
  • ルーティング、LAN、WAN、セキュリティの各機能がルータに統合されているため、IPSec VPN や WAN リンクを詳細にトラブルシューティングできる
  • Cisco TAC ナレッジ ベースのリカバリ アクションにレイヤ 2 以上のトラブルシューティングを統合
QoS ポリシー
  • WAN および VPN の帯域幅とアプリケーション パフォーマンスをさまざまなビジネス ニーズ(音声とビデオ、エンタープライズ アプリケーション、Web など)に合わせて効率よく簡単に最適化
  • 事前定義されている 3 つのカテゴリ:リアルタイム、ビジネス クリティカル、およびベスト エフォート
Network-Based Application Recognition (NBAR)
  • 事前に定義されたサービス ポリシーと比較しながら、WAN および VPN 帯域幅のアプリケーションによる使用状況をリアルタイムで確認できる
  • トラフィック パフォーマンス モニタリングを提供
リアルタイムのモニタリングとロギング
  • 管理者は、ルータのリソースとセキュリティを予防的に管理して、ネットワーク上のミッションクリティカルなアプリケーションに影響を及ぼす前に対処可能
リアルタイムのネットワーク リソースおよびルータ リソースのモニタリング
  • ルータ リソースとネットワーク リソースの使用状況を迅速に分析
  • LAN および WAN トラフィックと帯域幅使用状況をグラフィカルなグラフで表示
タスクベースの Cisco Configuration Professional ユーザ インターフェイス
  • IPSec VPN、ファイアウォール、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)、IPS などのセキュリティ設定をより迅速かつ簡単に設定
  • ホームページのダッシュボード ビューによりルータ サービス設定のクイック スナップショットを提供
Cisco Configuration Professional Express ウィザードベースのルータの導入
  • 基本的な WAN アクセス設定に対応した、迅速かつ簡単なルータの導入
  • 上級以外のユーザに最適なルータ導入ツール
デジタル証明書
  • 事前共有鍵よりはるかにスケーラブルで安全なソリューションを提供
  • Cisco Configuration Professional、Cisco IOS ソフトウェア認証局サーバ、および Easy Secure Device Deployment(EzSDD)と組み合わせて簡単に使用、展開できる
ロールベースのアクセス
  • Cisco IOS ソフトウェアの CLI ビュー機能を使用して、さまざまなルータ管理者とユーザに対応した制限付きのタスクベースのロールを定義
  • 高付加価値を提供するシスコのリセラーとサービス プロバイダーが、Customer Premises Equipment(CPE; 宅内装置)サービスを表示するためのグラフィカルなビューをエンド カスタマーに提供できるようにする
  • 出荷時にデフォルトで設定されているプロファイル:
  • 管理者
  • ファイアウォール管理者
  • Easy VPN クライアント ユーザ
  • モニタのみのビュー
シスコのライセンス管理
  • Cisco Configuration Professional は Cisco License Manager(http://www.cisco.com/go/clm )を起動して、デバイスのライセンスを管理
Secure Sockets Layer(SSL)ベースおよび Secure Shell(SSH)プロトコル v2 ベースの安全なリモート アクセス
  • PC と Cisco ルータ間を安全に接続することで、リモート管理が可能


Cisco Configuration Professional バージョン 1.0

Cisco Configuration Professional バージョン 1.0 は、ISR LAN/WAN インターフェイス、および Cisco IOS ソフトウェアのセキュリティとルータ無線機能の設定をサポートします。Cisco Configuration Professional v1.0 では、ルータの Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ機能の最小限のモニタリングもサポートされます。

表 2 〜 6 に、Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる Cisco IOS ソフトウェアの機能、ルータ プラットフォーム、およびルータ モジュールを示します。

表 2 Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる Cisco IOS ソフトウェアの機能

Cisco IOS ソフトウェアの機能 サポートの詳細
VPN Easy VPN Server、Easy VPN Remote、Enhanced Easy VPN(DVTI)、SSL VPN、Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)over IPSec、Dynamic Multipoint VPN(DMVPN)(フルメッシュまたはハブスポーク)、Voice and Video Enabled VPN(V3PN)、デジタル証明書、VPN モニタ、およびトラブルシューティング
ファイアウォール ゾーンベース ファイアウォール、ステートフル インスペクション、アプリケーション ファイアウォール、精細なプロトコル インスペクション、ネットワーク エッジ、ファイアウォール ログ、およびポリシー テーブル
IPS 12.4(9)T またはそれ以前の T Train および Cisco IOS ソフトウェア12.4 Mainline の各リリースに加えて、12.4(11)T2 リリースの Cisco IOS ソフトウェア IPS 機能との互換性(自動シグニチャ プロビジョニング、ダイナミック シグニチャの更新とシグニチャ カスタマイズ、イベント ビューア、シグニチャ作成ウィザード、脅威に基づいたシグニチャ カテゴリ)
高度な設定 Cisco IOS ソフトウェア認証権限サーバ、AutoQoS フェーズ II、Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)ウィザード、ACL、VLAN、CLI プレビュー モード、DHCP サーバ、WLAN、日付/時刻、Network Time Protocol(NTP)、Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)、SSHv2、管理アクセス ポリシー、ダイナミック DNS、802.1X L2 ポート、802.1X L3 spouse and kids
ルーティング OSPF(Open Shortest Path First)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Routing Information Protocol(RIP)v2、およびスタティック

表 3 Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされるシスコ ルータ製品とソフトウェア リリース

シスコ ルータ製品 ルータでサポートされている最低限の Cisco IOS ソフトウェア リリース
CISCO861-K9、CISCO861W-GN-P-K9、CISCO881-K9、CISCO881W-GN-P-K9 12.4(15)XZ および 12.4(20)T
1812-J、1812W-J、1812W-P、1841 12.4(9)T および 12.5(1)M
C1861-SRST-B/K9、C1861-SRST-C-B/K9、C1861-UC-2BRI-K9 124-11.XW6
Cisco ISR 2801、2811、2821、および 2851 12.4(9)T および 12.5(1)M
Cisco ISR 3825 およびCisco ISR 3845 12.4(9)T および 12.5(1)M
Cisco 7204VXR、7206VXR、および 7301 ルータ Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(2)T または 12.3(3)M、B train、E train、および S train のサポートなし

表 4 Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる Cisco ISR インターフェイスのテクノロジー

Cisco ISR インターフェイスのテクノロジー 詳細
インターフェイス 10/100/1000 イーサネット、802.11 a/b/g および 802.11 pre-n 無線、非対称 DSL(ADSL)、ADSL2+、G.SHDSL、シリアル T1/E1、ISDN Bit Rate Interface(BRI)、AM、802.11a/b/g(ISR 上)と 802.11b/g/n(860 および 880 シリーズ上)、およびケーブル モデム
WAN FR、PPPoA、PPPoE、PPP、HDLC、RFC 1483、ダイヤル バックアップ、ADSL 自動検出、QoS、NBAR、およびトラブルシューティング

表 5 Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる Cisco 7xxx モジュール

Cisco 7xxx モジュール 詳細
Cisco 7xxx 上のポート アダプタ PA-2FE-FX、PA-8E、PA-4E
Cisco 7xxx 上の Network Processing Engine(NPE; ネットワーク処理エンジン)と Network Service Engine(NSE; ネットワーク サービス エンジン) NPE-400、NPE-G1、NPE-G2
Cisco 7xxx 上のサービス アダプタ SA-VAM2+、C7200-VSA

表 6 Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる Cisco ISR インターフェイス(WIC/HWIC)とモジュール(AIM/NM)

Cisco ISR インターフェイスおよびモジュールのテクノロジー 詳細
WIC WIC-1T、WIC-2T、WIC-2A/S、WIC-1DSU-T1-V2、WIC-4ESW、WIC-1B-S/T-V3、WIC-1AM、および WIC-2AM
HWIC HWIC-1FE、HWIC-2FE、HWIC-4T、HWIC-4A/S、HWIC-8A/S-232、HWIC-8A、HWIC-16A、HWIC-4ESW-POE、HWIC-D-9ESW-POE、HWIC-4ESW、HWIC-D-9ESW、HWIC-CABLE-E/J-2、HWIC-AP-AG-J、HWIC-AP-G-J
AIM AIM-VPN/SSL-3、AIM-VPN/SSL-2、AIM-VPN/SSL-1、AIM_VPN/HPII-PLUS、AIM_VPN/EPII-PLUS、および AIM_VPN/BPII-PLUS
NM NM-4T、NM-4A/S、NM-8A/S、NM-16ESW、NM-16ESW-1GIG、NM-16ESW-PWR-1GIG、NM-2FE2W-V2、NM-1FE2W-V2、NM-1FE-FX-V2、NM-16ESW-PWR、NMD-36ESW-PWR-、NMD-36ESW-PWR-2GIG
NME NME-WAE-502-k9、NME-WAE-522-k9、NME-WAE-302-k9、NME-XD-48ES-2S-P、NME-X-23ES-1G-P、NME-16ES-1G-P、NME-XD-24ES-1S-P、および NME-X-23ES-1G


Cisco Configuration Professional v1.1

Cisco Configuration Professional v1.1 は、2008 年第 3 四半期に発売される予定です。

Cisco Configuration Professional v1.1 では、Cisco Configuration Professional v1.0 でサポートされる機能に加え、ISR 音声インターフェイス、Cisco CallManager Express、Cisco Unity Express、および Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ機能の設定をサポートしています。

Cisco Configuration Professional v1.1 では、Cisco 860 および 880 シリーズ ルータで使用可能な、Cisco IOS ソフトウェアのコンテンツ フィルタリング機能の設定もサポートしています。

表 7 〜 9 に、Cisco Configuration Professional v1.1 でサポートされる Cisco IOS ソフトウェアの機能、ルータ プラットフォーム、およびルータ モジュールを示します。

表 7 Cisco Configuration Professional v1.1 でサポートされる Cisco IOS ソフトウェア機能(Cisco Configuration Professional v1.0 に含まれない機能)

Cisco IOS ソフトウェアの機能 サポートの詳細
音声システム機能 ページング グループとページング番号、アドホック会議、夜間サービス、インターコム、営業時間外、コール パーク
ユーザ/電話/内線 システム短縮ダイヤル、1 台の電話での複数回線、ハント グループ、ピックアップ グループ、二重回線、共有回線、ソフト キー
ボイスメール ボイスメール初期化、システム全体のデフォルト設定、メッセージ ウェイティング インジケータ、メールボックス
Time-Division Multiplexing(TDM; 時分割多重)トランク T1-PRI、単一回線 TDM トランク(BRI、FXS、DID、および FXO)
電話 アナログ電話と IP 電話(電話機ロード サポート)
ダイヤル プラン 制限クラス、インバウンド呼処理、着信ダイヤル プラン、発信ダイヤル プラン、コール ブロッキング、全転送、通話時転送、無応答時転送、発信者 ID ブロッキング
マルチサイトでの展開 H.323 および SIP Voice-over-IP(VoIP)パラメータ、モバイル ユーザ(コーデックおよび CIPC)
Survivable Remote Site Telephony(SRST) ゲートウェイ モードの場合、ゲートウェイから通信するための Media Gateway Control Protocol(MGCP)、Session Initiation Protocol(SIP)、または H.323 プロトコルによりゲートウェイ モードをサポート
コンテンツ フィルタリング 高付加価値を提供するシスコのリセラーとパートナーは、アクセス ルータでコンテンツ フィルタリングを設定し、(サードパーティ製データベースで設定されたカテゴリに基づいて)URL を許可または拒否したり、キーワードや特定のドメインをブロックしたりできる。コンテンツ フィルタリング機能は、企業ネットワーク内からの URL、キーワード、または特定のドメインへのアクセスをブロック

表 8 Cisco Configuration Professional v1.1 でサポートされるシスコ製品とソフトウェア リリース(Cisco Configuration Professional v1.0 に含まれない製品とリリース)

シスコ製品 詳細
Cisco 850および870シリーズ ルータ 12.4(9) T2(最低限の Cisco IOS ソフトウェア リリース)
IP フォン ATA、CIPC、7902、7905、7906、7910、7911、7912、7960/14、7960/14x2、7961/14、7961/14x2、7920、7921、7931、7935、7936、7940、7941、7941GE、7942、7960、7961、7961GE、7962、7962/14、7962/14x2、7970、7971、7970/14、7970/14x2、7971/14、7971/14x2、7985、7975G、7965G、7945G、7962G、および 7942G

表 9 Cisco Configuration Professional v1.1 でサポートされる Cisco ISR 音声インターフェイス モジュール

Cisco ISR インターフェイスおよびモジュールのテクノロジー 詳細
アナログ音声インターフェイス カード VIC2-4FXO、VIC2-2FXS、VIC2-2FXO、VIC2-2BRI-NT/TE、VIC-2DID、VIC-4FXS/DID
T1/E1 音声インターフェイス カード VWIC2-1MFT-T1/E1、VWIC2-2MFT-T1/E1
音声ネットワーク モジュール NM-HD-1V、NM-HD-2V、NM-HD-2VE、NM-HDA-4FXS、NM-HDV2、NM-HDV2-1T1/E1、NM-HDV2-2T1/E1
音声拡張モジュール EVM-HD-8FXS/DID、EM-HDA-8FXS、EM2-HDA-4FXO、EM-HDA-3FXS/4FXO、EM-HDA-6FXO、EM-4BRI-NT/TE
ボイスメール AIM-CUE、NME-CUE

バージョン 2.3.2 以降

Cisco CallManager Express バージョン 4.0 以降


クライアントのシステム要件

表 10 に、クライアントのシステム要件を示します。

表 10 クライアントのシステム要件

 
PC のオペレーティング システム
  • Windows Vista:Business Edition および Ultimate Edition
  • Windows XP(SP2 を適用)
その他のソフトウェア
  • Sun JRE 1.5.0_11
  • Adobe Flash Player
PC ハードウェア
  • 2 GHz 以上のプロセッサ
  • 512 MB 以上の DRAM、1 GB を推奨
  • ディスプレイ:1024 × 768
  • 200 MB の空きディスク容量
ブラウザの要件
  • Microsoft IE 6.X 以降


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細は、「購入案内」を参照してください。

Cisco Configuration Professional SKU はすべて、無料の SKU です。表 11 に、発注情報を示します。

表 11 Cisco Configuration Professional の発注情報

Cisco Configuration Professional の製品番号 説明
CCP-CD Cisco Configuration Professional ソフトウェアは CD で出荷される。Cisco Configuration Professional Express は、ルータのフラッシュにも組み込まれている。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルは、ルータのフラッシュと NVRAM の両方にある。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルにより、ユーザは Cisco Configuration Professional Express に接続し、初めてルータを設定できる
CCP-CD-NOCF Cisco Configuration Professional ソフトウェアは CD で出荷される。Cisco Configuration Professional Express は、ルータのフラッシュにも組み込まれている。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルは、ルータのフラッシュにのみある。ルータの NVRAM では、デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルを使用できない
CCP-EXPRESS Cisco Configuration Professional CD は、ルータに付属の CD では出荷されない。Cisco Configuration Professional Express のみが、ルータのフラッシュに組み込まれている。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルは、ルータのフラッシュと NVRAM の両方にある。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルにより、ユーザは Cisco Configuration Professional Express に接続し、初めてルータを設定できる
CCP-EXPRESS-NOCF Cisco Configuration Professional CD は、ルータに付属していない。Cisco Configuration Professional Express は、ルータのフラッシュに組み込まれている。デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルは、ルータのフラッシュでのみ使用できる。ルータの NVRAM では、デフォルトのルータ コンフィギュレーション ファイルを使用できない

表 12 に、Cisco Configuration Professional を搭載したシスコ ルータを示します。

表 12 Cisco Configuration Professional を搭載したシスコ ルータ

ルータ ファミリ 使用可能な Cisco Configuration Professional の製品番号
Cisco 860 および 880 シリーズ CCP-CD、CCP-CD-NOCF、CCP-EXPRESS、CCP-EXPRESS-NOCF
Cisco ISR 2801、2811、2821、および 2851(CCP v1.1 が発表されるまで、これらのプラットフォームでは Cisco Configuration Professional SKU を使用できない) CCP-CD、CCP-CD-NOCF、CCP-EXPRESS、CCP-EXPRESS-NOCF
Cisco ISR 3825 および 3845(CCP v1.1 が発表されるまで、これらのプラットフォームでは Cisco Configuration Professional SKU を使用できない) CCP-CD、CCP-CD-NOCF、CCP-EXPRESS、CCP-EXPRESS-NOCF


ソフトウェアの無料ダウンロード

PC にインストールできる最新の Cisco Configuration Professional ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center にアクセスしてください。


シスコのサービス

シスコのサービスにより、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらを利用するユーザは相互に連携できます。

現在、ネットワークは、ユーザ、情報、およびアイデアをよりよく統合するための戦略的なプラットフォームになっています。サービスと製品が連携して、ビジネスのニーズや機会に合わせたソリューションを作成することで、優れた機能を発揮します。

サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチにより、ネットワーク ライフサイクルの各段階で必要なアクティビティが定義され、サービスの向上に役立ちます。シスコ、経験豊富なパートナーのネットワーク、およびお客様が連携した協調的なサービス提供により、最善の結果を得ることができます。

サービスについての詳細は、以下の URL を参照してください。

お問い合わせ