Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータ

イントロダクション

Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータ

ブランチ オフィスでボーダーレス ネットワークを可能に

モデルを比較する

Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータは、ブランチ オフィスにインタラクティブ メディア コラボレーションとバーチャライゼーションを提供し、同時に運用コストを下げることで、ブランチ オフィス革命の次の段階を推進することを目的に設計されています。

オンデマンド サービス:Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータは、オプションのサービス モジュールのハードウェアからソフトウェアの配布を分離することで、総所有コストを削減します。さらに、シスコのリッチ IOS 機能をすべて有効にし、新しいサービスをすばやく導入できるユニバーサル IOS イメージが用意されています。
投資保護:Cisco 1900 シリーズは、導入コストを削減し、柔軟性を拡大します。投資保護としては、既存の WIC および HWIC の多くがサポートされていることも挙げられます。
エネルギー効率:Cisco 1900 アーキテクチャには、インテリジェント電源管理による効率の高い電源が組み込まれています。
高性能:Cisco 1900 シリーズは、前世代の ISR に比べてパフォーマンスが大幅に向上しています。
最大 150 の VPN トンネル
NTT東日本 フレッツ 光ネクストに対応
詳しくはシスコ製品のフレッツ 光ネクスト対応状況オフ サイトをご覧ください。
* Cisco サービス統合型ルータは、NTT東日本 フレッツ 光ネクストに対応しています


Cisco 1900 シリーズは、セキュリティ、ワイヤレス、およびアプリケーション サービスの統合によって比類のない総所有コスト節約およびネットワーク アジリティを提供します。

注目のコンテンツ

シスコの第 2 世代サービス統合型ルータでサポートされるモジュール (PDF - 413 KB)
Cisco ISR と ISR G2 でサポートされるサービス モジュール、ネットワーク モジュールおよび音声モジュールなどのインタフェースカードを、Cisco IOS の対応バージョンとともに一覧表にしました。



製品資料

*「フレッツ光ネクスト」その他のフレッツサービス名は、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。「フレッツサービス」との接続については、2010年1月時点において、シスコが接続確認を実施したものです。将来にわたって必ずしも接続性を保証するものではありません。

お問い合わせ