Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

Cisco IOS XRv 9000 ルータ

ダウンロード

データ シート





Cisco IOS XRv 9000 ルータ



製品概要


Cisco IOS® XRv 9000 ルータには Cisco IOS XR ソフトウェアの機能セットが実装されています。仮想化された汎用 x86 コンピューティング プラットフォームで動作し、Cisco IOS XR ソフトウェアを利用する従来の物理的な Cisco® ルータ プラットフォームを補完します。これらの物理ルータには、Cisco Network Convergence System ルータ、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ、Cisco Carrier Routing System(CRS)プラットフォームなどが含まれます。これからはサービス プロバイダーは、物理ルータを活用した運用の効率改善やサービスの強化を図りながら、物理ルータを仮想フォーム ファクタへ簡単に移行することができます。Cisco IOS XRv 9000 ルータ(図1)によって、俊敏性やネットワーク効率の向上、資本コストと運用コストの削減、需要に基づいたネットワーク容量の効果的な増減が可能になります。

Cisco IOS XRv 9000 ルータの主な機能


  • ネットワーク機能仮想化(NFV)インフラストラクチャによるエンドツーエンドのソリューション、仮想ネットワーク機能、サービス オーケストレーションおよび管理
  • 復元性と安定性に優れ、充実した機能を持つ Cisco IOS XR ソフトウェアをベースに、Cisco IOS XR ソフトウェアと同じノースバウンド API と管理機能を備え、既存の OSS やビジネス サポート システム(BSS)との円滑な統合を実現
  • QoS、アクセス コントロール リスト、NetFlow などのサービス プロバイダー エッジ機能を備えた高性能データ プレーン
  • コントロール プレーンとデータ プレーンを分離したアーキテクチャにより、マルチコア、マルチソケット、マルチサーバ間でのシステムの拡大、縮小を実現

Cisco IOS XRv 9000 ルータは、次の 2 つの形態での導入が可能です。

  • 仮想ルート リフレクタなどのコントロール プレーン機能を有するルータ
  • Cisco nPower ネットワーク プロセッサ ユニット(NPU)用に特別に開発され、x86 用に最適化されたコードベースとインテル® データ プレーン開発キット(DPDK)を活用した高性能データ プレーンを有するルータ
図 1. Cisco IOS XRv 9000 ルータ

図 1 Cisco IOS XRv 9000 ルータ


コントロール プレーンとしての Cisco IOS XRv 9000 ルータ:Cisco IOS XR ソフトウェアは、業界をリードするキャリアクラスのオペレーティング システムで、広く普及しているシスコのエッジおよびコア ルータ プラットフォームをサポートしています。このモジュラ型 OS は非常に高いレベルの可用性を実現します(図2)。また、マルチプロセス/マルチスレッド アーキテクチャに基づき、最新のマルチソケット、マルチコア プロセッサを活用することで、拡張性とパフォーマンスを強化しています。

図 2. Cisco IOS XR ソフトウェアの高可用性

図 2 Cisco IOS XR ソフトウェアの高可用性


データ プレーン(バーチャル フォワーダ)としての Cisco IOS XRv 9000 ルータ:仮想フォワーダは、Cisco NPU ベースの物理プラットフォーム向けに開発された機能とフォワーディング コードを使用します。ただしそれは、NFV ベースの汎用 CPU 環境向けに最適化されたものです。ソフトウェア ベースのパケット分類機能を改善するために、Intel Streaming SIMD Extensions 2(SSE2)と Advanced Vector Extensions(AVX)命令を使用しています。機能を並列処理するためにメモリ アクセスは非同期です。またデータ構造は、キャッシュを最も効率よく使用できるよう最適化されています。さらに、バッチ化されたパケット配信と処理、および機能実行プロセス全体での高速な負荷分散処理によって、サービス プロバイダーが必要とする機能を備えた非常に高性能なデータ プレーンを実現します。

表 1. 導入モデルと利点

機能 利点
サービス プロバイダーは、低スループットで十分なロケーションでもレイヤ 3 プロバイダー エッジ機能を提供する必要があります。この場合、サービス プロバイダーはすでに物理的な Cisco ASR 9000 シリーズ デバイスに基づくサービスを提供しており、低スループットで十分なロケーションでも同じサービスを提供したいと考えています。
仮想プロバイダー エッジ
  • 広く使用されている ASR 9000 シリーズ プラットフォームで一貫したアーキテクチャ
  • Cisco IOS XR ソフトウェアをベースにした充実したネットワーク エクスペリエンス
  • 従量性ベースのモデルを使用することで資本コスト(CapEx)と運用コスト(OpEx)を削減
従来よりサービス プロバイダーは、ルート リフレクタとして物理的なルーティング デバイスを導入していました。ルート リフレクタ アプリケーションは、コントロール プレーンを集中的に使用し、データ プレーンの使用率が低くなります。そのため物理ルータが持つ性能を十分に活用しているとは言えません。
仮想ルート リフレクタ
  • Cisco IOS XRv 9000 ルータを使用して、多くのルート リフレクタを、少数の仮想ルート リフレクタに集約
  • 多くの物理ルート リフレクタを維持するために必要な物理的な専有面積、電力供給、冷却、配線にかかる諸経費を大幅に削減

ライセンス


Cisco IOS XRv 9000 ルータは、複層的で柔軟なライセンス スキームを提供しています。拡張性、スループット、導入モデル、期間などの条件を選択することが可能です。このライセンス構造により、サービス プロバイダーは必要とされるライセンスだけ購入頂くことが可能となります。ライセンスは Cisco Smart Software Licensing でアクティブ化されます。Cisco Smart Software Licensing の詳細については、http://www.cisco.com/c/en/us/products/abt_sw.html [英語] を参照してください。

製品仕様


Cisco IOS XRv 9000 ルータの仕様を表 2 に示します。

表 2. Cisco IOS XRv 9000 ルータの仕様

機能 説明
Cisco IOS XR パッケージ このソフトウェアは、ISO、仮想マシン ディスク(VMDK)、OVA、QCOW2 形式で利用可能。
サポートされるハイパーバイザ
  • VMware ESXi 5.5
  • Red Hat Kernel-Based Virtual Machine(KVM)(Red Hat Enterprise Virtualization 3.1、および Red Hat Enterprise Linux 6.3)
  • KVM on Ubuntu 14.04 LTS
OS レベルの仮想環境 Linux Containers(LXC)
リソース仕様 Cisco IOS XRv 9000 ルータは、Cisco Unified Computing System(Cisco UCS ®)サーバ、および VMware ESXi、Red Hat KVM、Ubuntu KVM をサポートするサードパーティ サーバで動作します。サーバは少なくとも次のリソースを保持している必要があります。
  • CPU:4 コア
  • メモリ:16 GB
  • ディスク容量:50 GB
  • ネットワーク インターフェイス:2 枚以上の仮想ネットワーク インターフェイス カード(vNICs)(ハイパーバイザが許容する上限数まで)
管理
  • 仮想マシンの作成と導入:OpenStack、VMware vCenter、VMware vCloud Director
  • プロビジョニングと管理:Cisco IOS XR CLI、Secure Shell(SSH)Protocol、Telnet、Cisco Prime インフラストラクチャ、Cisco Prime ネットワーク サービス コントローラ、OpenStack コンフィグ ドライブ
  • モニタリングとトラブルシューティング:Simple Network Management Protocol(SNMP)、Syslog、Embedded Event Manager(EEM)
サポートされる機能
  • NFV:仮想 PE(vPE)および仮想 RR(vRR)
  • ルーティング:Border Gateway Protocol(BGP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Intermediate System to Intermediate System(IS-IS)Protocol、マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)、Label Distribution Protocol(LDP)、RFC 3107 準拠
  • カプセル化:IEEE 802.1Q VLAN、IEEE 802.1ad(QinQ)、ハイ アベイラビリティ:プロセスリスタート、SMU、Bidirectional Forwarding Detection(BFD)、BGP Prefix-Independent Convergence(PIC)
  • データ プレーン機能:階層型 QoS(H-QoS)、アクセス コントロール リスト(ACL)、合法的傍受、Unicast Reverse Path Forwarding(uRPF)

保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証ページを参照してください。

シスコ キャピタル


目標の達成を支援するファイナンス


シスコ キャピタルは、お客様が目標の達成と競争力の維持に必要なテクノロジーを導入できるよう支援します。CapEx の削減をサポートし、成長を加速させ、投資金額と ROI を最適化します。シスコ キャピタル ファイナンス プログラムにより、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および補完的なサードパーティ製機器を柔軟に購入することができます。また、それらの購入を 1 つにまとめた計画的なお支払い方法をご用意しています。シスコ キャピタルは 100 ヵ国以上でサービスを利用できます。詳細はこちら [英語]。

関連情報


http://www.cisco.com/c/en/us/products/ios-nx-os-software/ios-xr-software/index.html [英語]