Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

Cisco ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサ

Q&A





Cisco ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサ



一般情報


Q. Cisco® ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサとは何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズ エンベデッド サービス プロセッサ(ESP)とは、Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ用の集中型フォワーディング エンジンです。複数の機能が有効になっても高い帯域幅とスループットを維持するように、シリコンベースとハードウェアベースの両方でサポートします。現時点で Cisco ASR 1000 シリーズ向けに提供されている ESP は、Cisco ASR 1000 ESP 5 Gbps、10 Gbps、10 Gbps-N、20 Gbps、40 Gbps、100 Gbps、200 Gbps(製品番号 ASR1000-ESP5、ASR1000-ESP10、ASR1000-ESP10-N、ASR1000-ESP20、ASR1000-ESP40、ASR1000-ESP100、ASR1000-ESP200)です。5 Gbps ESP(ESP5)は 5 Gbps の帯域幅をサポートし、10 Gbps ESP(ESP10 と ESP10-N)および 20 Gbps ESP(ESP20)はそれぞれ 10 Gbps と 20 Gbps の帯域幅をサポートします。40 Gbps ESP(ESP40)は 40 Gbps、100 Gbps ESP(ESP100)は 100 Gbps、200 Gbps ESP(ESP200)は 200 Gbps の帯域幅をサポートします。1 + 1 の冗長性を必要とする顧客ネットワークに ESP を導入できます。

Q. ESP5、ESP10、ESP10-N、ESP20、ESP40、ESP100、ESP200 の主な違いは何ですか。

A. ESP5 は 5 Gbps、ESP10 は 10 Gbps の帯域幅をサポートします。ESP10-N も 10 Gbps の帯域幅をサポートしますが、IP セキュリティ(IPsec)暗号化サービスはサポートしません。ESP20 は 20 Gbps、40 Gbps ESP(ESP40)は 40 Gbps、100 Gbps ESP(ESP100)は 100 Gbps、200 Gbps ESP(ESP200)は 200 Gbps の帯域幅をサポートします。

Q. ESP10N は Cisco IOS® Zone-Based ファイアウォール機能をサポートしますか。

A. はい。Cisco IOS Zone-Based ファイアウォール機能は IPsec 暗号化を必要としないため、ESP10-N でもこの機能はサポートされます。

Q. この ESP シリーズの競争優位性をもたらす要素は何ですか。

A. すべての ESP には、業界をリードする革新的な Cisco QuantumFlow Processor(QFP)が採用され、次世代のフォワーディングおよびキューイングをシリコン レベルで実現します。

Q. これらの ESP が同種の製品を上回る性能を実現するための主な機能は何ですか。

A. このモジュールは、ハードウェア支援型の Quality of Service(QoS)、業界トップクラスのハードウェアベース暗号化、ジッターと遅延を最小限に抑える特殊なマルチキャスト パケット レプリケーションを備えています。これらの機能は、サービスの統合を実現するとともに、通常であればパフォーマンスの低下を招き、製造元の仕様どおりの最大スループットを発揮できなくなる複数機能の有効化を可能にします。ESP10-N は IPSec 暗号化サービスをサポートしません。

Cisco ASR 1006 または ASR 1013 ルータ シャーシと併用すると、ESP10、ESP20、ESP40、ESP100 のペア モジュール(Cisco ASR 1006 に搭載)、または ESP40、ESP100、ESP200 のペア モジュール(Cisco ASR 1013 に搭載)をルータに装着して(1 + 1 の冗長構成)、キャリアクラスの高可用性を実現できます。

Q. ESP10-N とは何ですか。

A. Cisco ASR 1000 ESP10-N は、Cisco ASR 1000 ESP10 の暗号化なしバージョンです。Cisco ASR 1000 ESP10-N では、暗号化されていない Cisco IOS ソフトウェア イメージのみがサポートされ、IPSec などの暗号化機能はサポートされません。この製品は、一部の国に適用されている、高度な暗号化テクノロジーの輸出入規制に対応する目的で開発されました。将来のリリースでは、Secure Shell(SSH)Protocol、Secure Sockets Layer(SSL)、および簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3(SNMPv3)などのセキュアなネットワーク管理機能が、NLR(輸出許可不要)イメージでサポートされる可能性があります。シスコの輸出規制に関する詳細は、Cisco Global Export Trade(シスコ国際輸出部)の Web サイト
http://www.cisco.com/web/about/doing_business/legal/global_export_trade/index.html)を参照してください。

製品の特長


Q. サービス プロバイダーのブロードバンド ネットワークにおける、5、10、20、40、100、200 Gbps ESP の役割は何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、ブロードバンド アグリゲーション ルータとして 8,000 〜 64,000 の加入者セッションを終端するほか、Voice over IP(VoIP)、ビデオ テレプレゼンス サービス、ハードウェア支援型のファイアウォール セキュリティを実現する Cisco Unified Border Element Service Provider Edition(別名セッション ボーダー コントローラ(SBC))などの機能をサポートします。このルータは、ギガビット イーサネットまたは 10 ギガビット イーサネットのアップリンク容量を必要とします。

Q. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、ポイントツーポイントの終端とアグリゲーション(PTA)を行うデバイス、L2TP アクセス コンセントレータ(LAC)、L2TP ネットワーク サーバ(LNS)としての導入に最適です。サービス プロバイダーのエッジ ネットワークにおける、5、10、20、40、100、200 Gbps ESP の役割は何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、サービス プロバイダーが提供する音声およびマルチメディア(Cisco TelePresence など)サービスと、エッジで直接インターフェイスします。このソリューションはオーバーレイ ネットワーク、ネットワーク アプライアンス、またはサービス ブレードを必要としないため、運用コストの削減および柔軟な導入モデルが可能になります。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、音声サービスおよびビデオ サービスの両方について保護シグナルをサポートし、アカウンティング、ファイアウォール、およびコール品質機能を有効化した状態で最大 200 Gbps のデータ トラフィックと同時に 32,000 の音声コールを実現します。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、高密度ギガビット イーサネット機能、または WAN リンク アグリゲーションと 10 ギガビット イーサネット アップリンク機能を持つ WAN アグリゲーション ルータとして機能します。この用途での Cisco ASR 1000 シリーズの主な利点には、レイヤ 2 とレイヤ 3 の VPN 機能のほか、企業と家庭のユーザ向けのトリプルプレイ(データ、音声、ビデオ)アプリケーションに対応するラインレートのマルチキャスト サポートがあります。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、Internet Protocol Radio Access Network(IPRAN)アグリゲーション システムや、高速な顧客宅内機器(CPE)としての導入にも最適です。

100 および 200 Gbps ESP は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで、より多くのブロードバンド セッション数への対応を可能にします。

Q. 企業ネットワークにおける、5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP の役割は何ですか。

A. Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、サービスおよび拡張性の面で優れた投資保護を提供するブランチ オフィス アーキテクチャを実現できます。このソリューションの利点には、マルチギガビットの暗号化速度(1.8 〜 78 Gbps)の IPsec、サービス プロバイダーのネットワーク停止を迂回してミッション クリティカルなアプリケーションの実行を保証するための WAN の最適化、Cisco IOS ソフトウェアがダウンした場合も維持される管理性があります。ESP10N は IPSec VPN サービスをサポートしません。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータを WAN アグリゲーションのヘッドエンドまたはインターネット ゲートウェイとして使用することで、サービス ブレードを必要とすることなく、ルータ内でマルチギガビットの Cisco IOS Firewall 機能を実現できます。最大 100 Gbps のファイアウォール処理はすべて、Cisco QuantumFlow Processor によってシリコン上で実行されます。また、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのベースライン機能とファイアウォール機能を有効化した状態で、パフォーマンスの低下を招くことなく、NetFlow バージョン 9 を通じた高速のロギングと継続的なフォワーディングを実現できます。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータはレイヤ 2 〜 レイヤ 7 のパケット データを取り込み、レイヤ 3 クラウドを介してデータセンターにパケットをルーティングできます。このソリューションでは、サービス ブレードは必要とされず、IP トラフィックのエクスポートと比べてパケットの完全な可視性が提供されます。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータは、業界最多レベルのモニタリング セッション数を提供します。

ソフトウェア リリース


Q. 2.5、5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP のサポートに必要な最小ソフトウェア リリースは何ですか。

A. 5 および 10 Gbps ESP に必要な最小ソフトウェア リリースは、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 2.1 です。10-N および 20 Gbps ESP に必要な最小ソフトウェア リリースは、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 2.2 です。40 Gbps ESP に必要な最小ソフトウェア リリースは、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.1S です。2.5 Gbps ESP に必要な最小ソフトウェア リリースは Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 2.4、100 Gbps ESP の場合は Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.7.1 です。200 Gbps ESP に必要な最小ソフトウェア リリースは、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.10.0 です。

Q. 2.5、5、10、10-N、20、40、100 Gbps ESP でサポートされる Cisco IOS ソフトウェアの機能は何ですか。

A. Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 2.1(ESP5 または ESP10)、リリース 2.2(ESP20)、リリース 2.4(ESP2.5)、リリース 3.1S(ESP40)、リリース 3.7S(ESP100)、リリース 3.10S(ESP200)でサポートされる機能の一部を以下に紹介します。

  • IPv4 と IPv6 のユニキャストとマルチキャスト
  • 高可用性:ノンストップ フォワーディング/ステートフル スイッチオーバー(NSF/SSO)および In-Service Software Upgrade(ISSU)
  • 一般に使用されるブロードバンド アグリゲーション機能と Cisco Intelligent Services Gateway(ISG)
  • Quality of Service(QoS)
  • セキュリティ アクセス コントロール リスト(ACL)
  • Cisco Unified Border Element(Service Provider Edition)
  • ネットワークベースのアプリケーション認識(NBAR)、Cisco IOS ソフトウェア Flexible Packet Matching(FPM)
  • NetFlow
  • Compressed Real-Time Transport Protocol(CRTP)
  • セキュリティ機能:ファイアウォール、ネットワーク アドレス変換(NAT)、IPSec(IPSec VPN サービスは ESP10-N ではサポートされません)
  • 一般に使用されるマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)のレイヤ 2 およびレイヤ 3 VPN 機能

Q. 2.5、5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP では、どのように高可用性がサポートされますか。

A. ESP の高可用性はシャーシによって異なります。Cisco ASR 1001、ASR 1002、ASR 1002-F、ASR 1002-X、ASR 1004 ルータは ESP の冗長化をサポートしないため、これらのシャーシでは ESP の高可用性もサポートされません。Cisco ASR 1006 ルータは ESP10、ESP20、ESP40、ESP100 の高可用性をサポートします。Cisco ASR 1013 ルータは ESP40、ESP100、ESP200 の高可用性をサポートします。

Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.1S は、シャーシ間のステートフルな冗長性をサポートし、ASR 1002、ASR 1002-F、ASR 1004 のファイアウォールおよび NAT 機能を実現します。

技術的背景


Q. 2.5、5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP の基盤には、どのようなハードウェア アーキテクチャがありますか。

A. 2.5、5、10、20、40、100、200 Gbps ESP は、革新的な Cisco QuantumFlow Processor マルチコア チップセットをベースとしています。データパス通信には、シスコ独自の高速シリアル リンクを使用します。

Q. 5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor によって直接実行される機能は何ですか。

A. Cisco QuantumFlow Processor は、MAC 分類、レイヤ 2 およびレイヤ 3 転送、QoS、ACL、VPN、ブロードバンド、NetFlow など、データプレーンのすべての転送機能を実行します。

Q. ESP の帯域幅(2.5、5、10、20、40、100、200 Gbps)は何を意味していますか。

A. ESP の帯域幅は、方向(入力、出力)を問わず、そのモジュールで転送可能なスループットの総量を意味しています。オーバーサブスクリプションにならない限り、この帯域制限によって、優先順位の高いトラフィックが影響を受けることはありません。

Q. 2.5 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. ESP2.5 の Cisco QFP チップセットには、それぞれ 900 MHz のクロック レートの 4 つのスレッドを実行可能な、20 の Packet Processor Elements(PPE)があります。ESP2.5 は、Cisco ASR 1002-F ルータに搭載した場合のみ利用できます。

Q. 5 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. ESP5 の Cisco QFP チップセットには、それぞれ 900 MHz のクロック レートの 4 つのスレッドを実行可能な、20 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 256 MB のメモリで補完され、64,000 のキューと 10 MB の連想メモリ(Ternary Content Addressable Memory(TCAM))をサポートします。さらに、ESP5 では 1 GB の DRAM メモリをボード コントローラ CPU に実装できます。

Q. 10 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. 10 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor チップセットには、それぞれ 900 MHz のクロック レートの 4 つのスレッドを実行可能な、40 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 512 MB のメモリで補完され、128,000 のキューと 10 MB の TCAM をサポートします。さらに、10 Gbps ESP では 2 GB の DRAM メモリをボード コントローラ CPU に実装できます。

Q. 20 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. 20 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor チップセットには、それぞれ 1.2 GHz のクロック レートの 4 つのスレッドを実行可能な、40 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 1 GB のメモリで補完され、128,000 のキューと 40 MB の TCAM をサポートします。さらに、20 Gbps ESP では 4 GB の DRAM メモリをボード コントローラ CPU に実装できます。

Q. 40 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. 40 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor チップセットには、4 つのスレッドを実行可能な、40 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 1 GB のメモリで補完され、128,000 のキューと 40 MB の連想メモリ(TCAM)をサポートします。

Q. 100 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. 100 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor チップセットには、PPE あたり 4 つのスレッドを実行可能な、124 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 4 GB のメモリで補完され、232,000 のキューと 80 MB の連想メモリ(TCAM)をサポートします。

Q. 200 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor の仕様を教えてください。

A. 200 Gbps ESP に搭載された Cisco QuantumFlow Processor チップセットには、PPE あたり 4 つのスレッドを実行可能な、248 の PPE があります。Cisco QuantumFlow Processor は 8 GB のメモリで補完され、464,000 のキューと 2 つの 80 MB 連想メモリ(TCAM)モジュールをサポートします。

製品の発注


Q. ESP の注文方法を教えてください。

A. シスコ製品のご購入については、「購入案内」(http://www.cisco.com/web/JP/ordering/index.html)と表 1 を参照してください。

表 1 製品の発注

製品名 製品番号
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 5 Gbps ASR1000-ESP5
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 10 Gbps ASR1000-ESP10
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 10 Gbps、暗号化なし ASR1000-ESP10-N
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 20 Gbps ASR1000-ESP20
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 40 Gbps ASR1000-ESP40
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 100 Gbps ASR1000-ESP100
Cisco ASR 1000 エンベデッド サービス プロセッサ 200 Gbps ASR1000-ESP200


ソフトウェアをダウンロードするには、Cisco Software Center
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/loc/download/index.html)にアクセスしてください。

Q. 5 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP5 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が表 2 にあるので、参照してください。

表 2 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP5 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1002 ルータ シャーシ ASR1002


Q. 10 Gbps ESP および暗号化なしの 10 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP10 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が表 3 にあるので、参照してください。

表 3 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP10 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1002 ルータ シャーシ ASR1002
Cisco ASR 1004 ルータ シャーシ ASR1004
Cisco ASR 1006 ルータ シャーシ* ASR1006
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 1 ASR1000-RP1
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2 ASR1000-RP2
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10 ASR1000-SIP10


* 2 つの ESP10 モジュールを使用して構成した場合、1+1 冗長性をサポート

Q. 20 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP20 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が 表 4 にあるので、参照してください。

表 4 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP20 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1004 ルータ シャーシ ASR1004
Cisco ASR 1006 ルータ シャーシ* ASR1006
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 1 ASR1000-RP1
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2 ASR1000-RP2
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10 ASR1000-SIP10


* 2 つの ESP20 モジュールを使用して構成した場合は、1+1 冗長性をサポートします。

Q. 40 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP40 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が表 5 にあるので、参照してください。

表 5 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP40 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1006 ルータ シャーシ* ASR1006
Cisco ASR 1013 ルータ シャーシ* ASR1013
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2 ASR1000-RP2
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10 ASR1000-SIP10


* 2 つの ESP40 モジュールを使用して構成した場合は、1+1 冗長性をサポートします。

Q. 100 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP100 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が表 6 にあるので、参照してください。

表 6 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP100 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1006 ルータ シャーシ* ASR1006
Cisco ASR 1013 ルータ シャーシ* ASR1013
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2 ASR1000-RP2
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 10 ASR1000-SIP10
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 40 ASR1000-SIP40
Cisco ASR1000 1600 W AC 電源 ASR1013/06-PWR-AC
Cisco ASR1000 1600 W DC 電源 ASR1013/06-PWR-DC


* 2 つの ESP100 モジュールを使用して構成した場合は、1+1 冗長性をサポートします。

Q. 200 Gbps ESP と互換性のある補完ハードウェア製品を教えてください。

A. ESP200 と互換性のあるシスコのハードウェア製品の一覧が表 7 にあるので、参照してください。

表 7 Cisco ASR 1000 シリーズ ESP200 互換のハードウェア

製品名 製品番号
Cisco ASR 1013 ルータ シャーシ* ASR1013
Cisco ASR 1000 ルート プロセッサ 2 ASR1000-RP2
Cisco ASR 1000 SPA インターフェイス プロセッサ 40 ASR1000-SIP40
Cisco ASR1000 1600 W AC 電源 ASR1013/06-PWR-AC
Cisco ASR1000 1600 W DC 電源 ASR1013/06-PWR-DC


* 2 つの ESP200 モジュールを使用して構成した場合は、1+1 冗長性をサポートします。

Q. 5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP に関する詳しい製品情報はどこで入手できますか。

A. 最寄りのシスコ代理店にお問い合わせいただくか、http://www.cisco.com/jp/go/asr1000/ をご覧ください。

Q. 5、10、10-N、20、40、100、200 Gbps ESP に関する価格情報はどこで入手できますか。

A. Cisco Pricing Tool(https://tools.cisco.com/qtc/pricing/MainServlet)を参照してください。