Cisco Video Surveillance Manager

Cisco Video Surveillance Manager 7


Cisco Video Surveillance Manager 7




ビデオ監視は、IP ネットワークのファブリック構造の中に緊密に組み込まれるようになってきており、ネットワークは、あらゆるタイプの物理セキュリティ システムを他のエンタープライズ システムに接続するプラットフォームになりつつあります。Cisco® Video Surveillance Manager(VSM)はこの流れを受けて、監視システムをネットワークに緊密に統合するツールを提供します。

Cisco VSM は、ビデオ監視のニーズに応える包括的なシステムです。このシステムでは、ビデオとネットワークの両方の技術を組み合わせてエクスペリエンスを最適化することにより、ネットワーク チームとセキュリティ チームが高い拡張性を備えた環境で効率的にコラボレーションできます。このセキュアなポリシー ベースのシステムを使用すれば、数千台のカメラを使用する環境でも、チームの生産性を最大にできます。

Cisco Video Surveillance Manager を構成する各コンポーネントが連携することで、企業にとって柔軟性と拡張性を備えたシステムが実現します。

Cisco Video Surveillance Operations Manager

Cisco Video Surveillance Operations Manager は、企業全体においてビデオの効率的かつ効果的な構成と管理を実現します(図 1)。IP ネットワーク内のビデオを構成、管理、表示、および制御する安全な Web ポータルが提供されるため、メディア サーバ、カメラ、エンコーダ、イベント ソースなどの大量のセキュリティ資産とユーザを簡単に管理できます。

図 1.     Cisco Video Surveillance Manager


Cisco Video Surveillance Operations Manager を使用すると、企業全体のビデオを迅速かつ効率的に設定および制御できます。Cisco Video Surveillance Media Server と連動して、管理者、システム インテグレータ、オペレータの多様なニーズに対応するための次の機能を提供します。

  • 単一のオペレーション マネージャに最大 10,000 台、1 つのフェデレーテッド システムに 100 万台以上のカメラが設定可能な拡張性の高いプラットフォーム
  • シンプルで使いやすいオペレータ用インターフェイスと管理者用インターフェイス
  • ロールに基づいたユーザ アクティビティのネットワーク優先度設定
  • 企業のシステム全体に対する、メディアネットを介した検出、登録、およびトラブルシューティング
  • 記録ポリシーに対する包括的な事前スケジューリング機能
  • GIS 座標を使用してカメラとフロア プランを配置する機能を備えた高度なマップ システム
  • 運用上のオーバーヘッドを最小限に抑えるのに役立つ、Lightweight Directory Access Protocol/Active Directory(LDAP/AD)に完全に統合された柔軟なユーザ構成
  • インライン ステータス表示を含む広範な健全性レポート
  • 綿密なシステム監査
  • サードパーティ製分析ソフトと統合し、ビデオを使用した分析メタデータの記録とインデックス付けを行えるセキュアな API
  • 追加のエンタープライズ コンポーネントやセキュリティ システム コンポーネントを統合できる柔軟な SDK

Cisco Video Surveillance Media Server

Cisco Video Surveillance Media Server は、Cisco Video Surveillance Manager のコア コンポーネントで、次のネットワーク ビデオ監視システム機能を実行します。

  • すべてのビデオ、音声、イベント情報の分散処理
  • 個々のカメラ レベルでの N + 1 冗長性
  • IP ネットワーク上の幅広いカメラおよびエンコーダからのビデオの収集とルーティング
  • カメラ ベースのストレージを採用したゼロ ビデオ損失
  • ローカル ビデオ、リモート ビデオ、および重複ビデオの安全なアーカイブ機能
  • 確認とアーカイブを行うためのイベント タギング
  • システム内ポスト録画モーション検知と検索
  • ライブ配信および過去の記録の両方に対応した帯域幅の管理

IP ネットワークの性能と高度な機能を活用することにより、Cisco Video Surveillance Media Server ソフトウェアは、アプリケーション、ユーザ、カメラ、およびストレージを必要に応じて追加できます。これにより、本ソフトウェアは、他のビデオ監視システムの追随を許さない柔軟性と拡張性を提供します。

  • 小規模システムから数千台のカメラを使用するシステムまで、幅広い導入
  • ダイナミック プロキシを介した帯域幅とコンピューティング リソースの最適化
  • ライブ映像と録画に対する数百ユーザによる同時アクセスに対応
  • 1 台のメディア サーバで、Motion JPEG、MPEG-4、H.264 などの標準ビデオ コーデックに同時対応
  • イベント、クリッピング、動き検出時の録画、およびループ ベースのアーカイブ オプションを使用したストレージ節約
  • Cisco サービス統合型ルータ内のモジュールから、専用 1 ラックユニット(1 RU)または 2 ラックユニット(2 RU)サーバ、および Cisco Unified Computing System?(Cisco UCSR)C シリーズ ラック サーバ、Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバまで、柔軟な導入オプション

新機能を追加するための投資アップグレード、ユーザ要件の変化への対応、幅広い展開シナリオのサポートが可能です。

Cisco Video Surveillance Manager Express

Cisco Video Surveillance Manager Express は、完全に独立した運用を実現するため、各サイトにメディア サーバとオペレーション マネージャが必要となる小規模な分散展開向けに設計されています。VSM Express により、このような小規模な分散展開でも VSM の機能セットすべてを低コストで利用できます。VSM Express には、 単一のオペレーション マネージャ、単一のメディア サーバ、および 32 台までのカメラをサポートする Cisco Video Surveillance の Safety and Security Desktop アプリケーション(SASD)ライセンスがバンドルされています。VSM Express は、10,000 台までのカメラをサポートする完全な VSM システムにアップグレードできます。VSM Express Operations Manager システムも連携させて、1 つの画面からの集中モニタリングが可能です。

対応プラットフォーム

表 1 に、Cisco Video Surveillance Media Server がサポートするプラットフォームを示します。

表 1.    Cisco Video Surveillance Media Server がサポートするプラットフォーム

製品番号

説明

CPS-UCS-1RU-K9 Cisco Connected Safety and Security UCS C220
CPS-UCS-2RU-K9 Cisco Connected Safety and Security UCS C240
CPS-MSP-1RU-K9 Cisco Physical Security マルチサービス プラットフォーム 1 RU
CPS-MSP-2RU-K9 Cisco Physical Security マルチサービス プラットフォーム 2 RU
CIVS-MSP-1RU ビデオ監視向け Cisco マルチサービス プラットフォーム 1 RU
CIVS-MSP-2RU ビデオ監視向け Cisco マルチサービス プラットフォーム 2 RU
CIVS-MSP-4RU ビデオ監視向け Cisco マルチサービス プラットフォーム 4 RU
UCS B および C シリーズ Cisco UCS C シリーズおよび B シリーズ向け Cisco VSM を参照してください
UCS E シリーズ Cisco UCS E シリーズ向け Cisco VSM を参照してください
UCS Express Cisco UCS Express 向け Cisco VSM を参照してください を参照してください

発注情報

表 2 に、Cisco Video Surveillance Manager の製品番号の一覧を示します。

表 2.     発注情報

製品番号

説明

FL-CPS-MS-SW7

FL-CPS-MS-SW7 1 台のメディア サーバのライセンス

FL-CPS-OM-SW7

1 つの Operations Manager のライセンス

L-CPS-MS-SW7=

1 台のメディア サーバのライセンス(電子配信)

L-CPS-OM-SW7=

1 つの Operations Manager のライセンス(電子配信)

L-CPS-SASD-7=

1 つの Safety and Security Desktop(VSM7)のライセンス(電子配信)

L-CPS-VSM7-1CAM=

1 つの Camera Connection(VSM7)のライセンス(電子配信)

L-CPS-VSMS7-B-VM=

B シリーズの 1 台のメディア サーバのライセンス(電子配信)

L-CPS-VSMS7-C-VM=

C シリーズの 1 台のメディア サーバのライセンス(電子配信)

L-CPS-VSMS7-E-VM=

E シリーズの 1 台のメディア サーバのライセンス(電子配信)

L-CPS-VSOM7-B-VM=

B シリーズの 1 つの Operations Manager のライセンス(電子配信)

L-CPS-VSOM7-C-VM=

C シリーズの 1 つの Operations Manager のライセンス(電子配信)

L-CPS-VSOM7-E-VM=

E シリーズの 1 つの Operations Manager のライセンス(電子配信)

L-CPS-VSMX7=

Video Surveillance Manager Express のライセンス、最大 32 台のカメラ(電子配信)

L-CPS-VSMX7-UPG=

VSM Express から VSM へのアップグレードのためのライセンス(電子配信)


サービスとサポート

シスコとシスコ認定パートナーは、お客様が Cisco Physical Security ソリューションを最大限に活用し、投資収益率を高めるために支援いたします。サービスに対するシスコのライフサイクル アプローチでは、ソリューションのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義しています。これにより、次のことが可能になります。

  • お客様のビジネス ニーズに適した機能を特定することにより、導入コストを削減する
  • システムを支えるネットワークの準備状況を評価し、適正な設計を行うことで移行を促進する
  • 効果的な計画と専門家によるインストール、設定、および統合を通じて、円滑な実装を支援する
  • 受賞歴のあるテクニカル サポートにより、運用効率と投資価値を高める

シスコ サービスの詳細は、http://www.cisco.com/c/ja_jp/services/overview.html を参照してください。。

関連情報

Cisco Video Surveillance ストレージ シリーズ プラットフォームの詳細情報については、http://www.cisco.com/jp/go/physec にアクセスするか、または最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。