Cisco Prime Central

イントロダクション


サービス ライフサイクル タスクの効率的な実行

Cisco Prime™ Central は、集中管理の威力を実感できる製品です。今日の複雑なマルチドメイン ネットワークをエンドツーエンドで管理するには、Cisco Prime Carrier Management スイートが欠かせませんが、Cisco Prime Central を使用することで、このスイートのすべてのコンポーネントをセキュアな共通のインターフェイスを経由して利用できるようになります。ドメイン マネージャやサービス ライフサイクル管理の各アプリケーションと強固に統合されているので、オペレータは設計、フルフィルメント、アシュアランス、分析などのサービス ライフサイクル タスクをシームレスかつ効率的に実行できます。

機能と利点

Cisco Prime Central には、次の機能があります。

  • Cisco Prime Carrier Management スイートのコンポーネントとすぐに統合できます。
  • 統合されたクロスドメインのオペレータ ワークフローにシングル サインオンでアクセスでき、ポイント アンド クリックによるプロビジョニング、トラブルシューティング、およびパフォーマンス分析を実行できます。
  • セキュアな管理アクセス、管理作業、および制御が可能です。
  • ローカル ハードウェアおよびソフトウェア障害時に自動的にフェールオーバーします。
  • 各種の標準規格に準拠したノースバウンド インターフェイスと統合プローブに対応しています。

また、次の利点があります。

  • 運用コスト(OpEx)を削減して得られた資産を、新しい収益源に向けた戦略と計画策定のために有効活用できるという運用上のメリットがあります。
  • 一貫したワークフローを使用することで、業務効率が向上します。
  • 運用の冗長性により、ビジネスの継続性が向上します。
  • 少ないオーバーヘッドで、BSS/OSS やサードパーティ製品と迅速に統合できます。
  • 柔軟な導入が可能であるため、コストを削減できます。

関連リソース


お問い合わせ